単語記事: 賢者の弟子を名乗る賢者

編集

“わし、かわいい

 

賢者の弟子を名乗る賢者とは、りゅうせんひろつぐによるWeb小説およびライトノベル作品である。
イラストちょこ(旧名:藤原)が担当。

概要

Web小説サイト小説家になろう」にて連載中のファンタジー小説

老練な賢者が半ば事故のような形で幼い少女の姿に変化してしまい、最初は戸惑いつつも徐々に少女としての人生を歩み出す物語。そのくるしい姿とは裏に、中身は世界でも有名な大賢者で独特の存在感を放つ美少女という設定が話題を集め、2015年7月時点で累計3000万PVを突破している。

VRMMOゲーム世界への転移、(転移世界から見れば)チート級のを持つ主人公など「小説家になろう」でよく見かける設定ながら、俺TUEEEE要素より独特な世界観やゆるやかな中の描写にウェイトが置かれているのが特長。

TS要素に関しても、かつての仲間達へのカミングアウトなどTSF好きが転生作品を忌避しがちな大きな要因である「既存の関係性のリセット」は成されておらず、主人公現実世界における言動を出さずにあくまでもかつてのゲーム上での「老練な賢者」というキャラクターを貫いている点で、TSが苦手な人や主人公がぶれるのが嫌いな人にも受け入れられやすい、幅広い層に対応した非常にバランスが優れるとなっている。

まぁ要するに、ミラおじいちゃんのわしかわいさだけに注していれば問題ない。

2014年6月にはマイクロマガジン社が発行している文庫レーベルGCノベルズより書籍版第一巻が発売された。
2016年7月現在既刊5巻。5巻はドラマCD付きの特装版も販売され、明らかにどこかで見たことのある主役のキャスティング……と、中の人が言っていた。

2016年7月28日オープンWEBコミックサイトコミックライドにおいて漫画版の連載が開始。8月25日からニコニコ静画にも掲載開始。
コミカライズはすえみつぢっかが担当。

あらすじ

VRMMOアークアース オンライン』で渋い老人姿の賢者ダンブルフ」としてゲーム世界にその名をかせていた青年がいた。

ある日、彼はアバターを作り変える課金アイテムを使い、遊び心でアバターを自分が理想とする美少女の姿へと徹夜キャラメイクした。

しかし、キャラメイク完成後に寝落ちしてしまい、次に眼を覚ますとそこは現実世界ではない、『アークアース オンライン』が現実となった世界異世界転移していたのだった。

更に、彼は自分の身に起こったある変化に気付く。いつもののある老人ではなく、自身が遊び心で創り上げた可憐な美少女の姿になっていることに。

このまま自身の正体がバレれば、今まで築き上げてきた威厳が失墜する。そう考えた彼は賢者ダンブルフ」の子「ミラ」を名乗る。

賢者の弟子を名乗る賢者という奇妙な構図になった彼め彼女の冒険もといが始まる――

登場人物

※書籍版を基に記述しています
CVドラマCD基準

ミラ / ダンブルフ・ガンダドア
CV丹下桜
VRMMOアークアース オンライン』のプレイヤー
召喚術士のエルダー(頂点)として君臨し、アルカイト王の建にも関わった九賢者の一人。
ある日彼は課金アイテム化粧」を使い、遊びのつもりで自分のアバターを理想的な美少女の姿へとキャラメイクしたが、途中で寝落ちしてしまい、が覚めると自身が作った美少女の姿になっていた。
丹精込めて作った渋い老人の姿に戻れなくなったことに多大なショックを受けると同時に、なんとゲーム世界からログアウト出来なくなっていることに気付く。そして情報収集していく過程で、更なる驚愕事実に行き着く。まずゲーム世界キャラクターだったはずのモンスターNPC独立した自我を持った「現実の存在」となっていること。さらに眠っている間にゲーム世界の年数が30年も経過していたことに。
現状を把握しつつ行動を開始するが、世界的に有名な賢者が可憐な美少女の姿になっていると知られては自身の券に関わるので、賢者ダンブルフ」ではなく賢者子「ミラ」と名乗ることにした。
その後ソロモンルミナリアといったかつてのプレイヤー仲間と再会し、逼迫した状況にあるアルカイト王の現状を打破する為、ソロモンから直々に残りの九賢者を見付けてくるよう依頼され、彼らを探すに出ることとなった。
その可憐な容姿から多くの男性女性を惹きつけており、本人も生まれ変わった自分の姿を見て、「わし、かわいいと満更でもない様子を見せている。
賢者時代のキャラクター名の由来は、『ハリー・ポッターシリーズに登場する魔法使いダンブルドア」と、『指輪物語』に登場する魔法使いガンダルフ」をもじったもの。
ソロモン
CV山岡ゆり
アルカイト王国王ミラとは対照的に少年の姿をしている。
アークアース オンライン』のプレイヤーの一人で、ダンブルフとはオープンβ版時代からの友人。
術士の立場が不遇であった時代、ダンブルフを自に誘い、彼と共に王と術士の発展の礎を築いた。
最近現れたミラとは違い、ログアウト出来なくなってからの30年間、国王として忙しい日々を送ってきた。ミラダンブルフ)が戻ったことで多少肩の荷が下りたようで、彼女のサポートをする傍ら度々仕事を依頼している。
ルミナリ
アルカイト王賢者の一人で、魔術師エルダー(頂点)。真紅と瞳を持つ妙齢の美女
アークアース オンライン』のプレイヤーの一人で、ダンブルフ、ソロモンとはオフ会でも顔を合わせたことのある親友の間柄。30年間ずっと王を続けているソロモンや最近やって来たミラダンブルフ)とは違い、彼女は20年前にこの世界に閉じ込められた。男を惹きつける魅的な外見をしているが、中の人は男。その為普段は見た通りの淑やかな話をするが、友人の前では男口調になる。遊び心で美少女アバターを作ったダンブルフとは違い、ルミナリアは根っからの女好きで積極的に女体姿を楽しんでいる。
マリア
CV本名陽子
ダンブルフの補佐官で、妖精族の少女(※妖精族は大人になっても子供の姿を保ち続ける)。
ダンブルフが行方不明となった30年間、たった一人で留守を守り続けてきた。 ダンブルフのことをよりも想っており、ダンブルフの子を名乗るミラからの健在を聞かされた時には思わず涙した。
そんな姿を見てミラも正体を隠していることに対する罪悪感が芽生え、3巻にてとうとうダンブルフ本人であることを明かした。その後もへの想いは変わらず、 彼女(彼)の帰還に感涙し、今まで離れ離れだった分の時間を取り戻すかのように積極的にミラとの距離を縮めようとしている。風呂や寝室まで共にしようとする為ミラは動揺を隠せないが、マリアく女同士だから問題ないとのこと。その甲斐甲斐しさにミラも心を打たれ、内心では新婚気分を味わっている。
リタリア
ルミナリアの補佐官の女性ダンブルフの大ファンで、彼の子を自称するミラに積極的に彼の話を聞こうとしている。後にミラからダンブルフ本人であることを明かされ、ショックのあまり一時茫然自失となった。
スレイマン
ソロモンの補佐官でエルフ男性。古代知識と精霊知識に長けている。
レオ
かつてダンブルフが長を務めていた召喚術のエルダー代行。精霊エルフハーフ青年
ダンブルフのかつての従者で、実際に師ではないもののダンブルフにとっては子のような存在だった。
ダンブルフの子を名乗るミラ興味を持ち、彼女と召喚術の話題やダンブルフとの思い出話にを咲かせた。
しかし後にミラからダンブルフ本人であることを聞かされ、彼の帰還に心から感するも、ミラとの会話の中でダンブルフの愚痴を言ってしまったことで内心冷や汗をかいていた。
ガレットアストル
CV日野聡
アルカイト王戦車団副団長ミラとは初対面時にソロモンの王宮までの案内役を務めて以降、ミラの運転手役として何かと縁がある。礼儀正しく気さくな性格で、ミラの信頼も得ている。が、重度の装甲車マニアで、彼のお気に入りである「アーマードジープ」を運転する時はつい夢中になってしまうことがある。
彼の行き付けである食堂兼宿屋の看板娘であるシェリーという女性とそれなりに仲が良い様子。
レイナード
アルカイト王近衛騎士団の団長。生な性格で、ソロモンとの謁見に何の礼も弁えずに接するミラに対し憤り、以降も尊大な態度を取るミラに不信感を抱き続けたが、後にミラ賢者(の子)としての実の当たりにし、認識をめるようになった。
ヨアヒム
アルカイト王の術士。ミラに突っかかるレイナードをとりなすなど人当たりの良い性格をしている。
ある一件がきっかけでミラソロモンの関係を誤解している。

関連静画

関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%B3%A2%E8%80%85%E3%81%AE%E5%BC%9F%E5%AD%90%E3%82%92%E5%90%8D%E4%B9%97%E3%82%8B%E8%B3%A2%E8%80%85
ページ番号: 5351967 リビジョン番号: 2399005
読み:ケンジャノデシヲナノルケンジャ
初版作成日: 15/07/18 13:31 ◆ 最終更新日: 16/08/27 03:00
編集内容についての説明/コメント: 静画のリンクが間違っていたので修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

賢者の弟子を名乗る賢者について語るスレ

8 : ななしのよっしん :2016/07/30(土) 00:32:46 ID: RpZahn4hQ6
少し前に流し読みしたっきりで、記事ができてたので覗いてみたんだが
ダンブルフ・ガンダドア」って名前だったんだね。
もしかしたら作中で言及されていたのかもしれないが
ダンブルドア + ガンダルフなのかね? ユニーク
9 : ななしのよっしん :2016/10/06(木) 23:15:46 ID: 6cNjI1GtiM
わしかわいいでるのもいいが
周りの人がミラでているのが楽しいね
10 : ななしのよっしん :2016/10/22(土) 20:21:15 ID: 2TvPH9icsw
TSFフォーラムでも言われていたけど、漫画版1話2話はせわしなくて作品の持ち味が活かしきれてない感はあったけど3話は丁度いいな。
11 : ななしのよっしん :2016/10/26(水) 20:56:18 ID: wEsN2PO3BE
(というよりわし?)tueeeeチートだが個人的には嫌味がなく、描写も間延びすると思える部分はとことんいているのでスラスラ読めるのが個人的には高評価。(ニコ漫の「原作ミラ旅行記」というコメも言い得て妙だと言える)

ただ、主人公ミラ以外のキャラの幾人かにはこういう物語でありがちなシリアス(切ない系・悲系)が付与されており、しかも描写はそういうものを売りにしてる作品と同じく容赦がない為、上記のように「極端な濃い(シリアス)な描写がなくてスラスラ読めてこりゃいいや」と思ってる読者は、そういった場面に出くわすと面食らう可性がある。

後、(少なくともweb版は)五十鈴連盟VSキメラクローゼンのエピソードが他とべて長く、中々進展しない場面や物語に中弛みを覚える可性もあると思う。
(この辺は書籍版で修正されてるかもしれんが…)

だが、基本的に描写はそこまでしつこくなく、しつこい場面が出てきて多少読み飛ばしたとしても前後の流れは問題なく把握出来るので、「こういう物語は描写が濃くて嫌だな」と思ってた人にもオス
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
12 : ななしのよっしん :2016/11/02(水) 08:30:55 ID: HG5UCm0/fC
快適なをするために魔法や召喚を使っていくのが結構好きだな
あとわしかわいい
13 : ななしのよっしん :2016/11/06(日) 12:26:12 ID: cvR8vpoGJe
しも精霊屋敷にお呼ばれしたい。
14 : ななしのよっしん :2016/12/29(木) 15:09:23 ID: ZBiYyBI8uo
オッサン流されすぎだろ、もう少し自分を強く持てよ
と昔読んだ時は思ったが本格的に「わし、かわいい」路線へ行くんならしゃあないわな
15 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 12:55:32 ID: C1acrABqD6
わし(53)
16 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 03:15:37 ID: 74M6nUdAy6
わしわかいくて世界観光しながら的へ向かって緩く進んでいくのが楽しい
17 : ななしのよっしん :2017/06/25(日) 22:49:31 ID: 1GUt/s9TqM
このテの作品にしては今の所プレイヤーの考えとかが小市民的と言うか日本人的というか割りとありそうな感じにしてるのがいいな
変に欲望が強かったりむやみに悪方面に行ってるよりよっぽどいい
その辺むしろNPCの方が厄介とか言うのは面いと思った

でもアニメ化とかその辺難しそうだな
チェーンイベントが続く感じっていうかメリハリがないからなあ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015