単語記事: 超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム

編集
ネタバレ注意

良い子のみんな気をつけろ!この記事はネタバレ成分に満ちているぞ!

ここから下は自己責任で見てくれ。では、トランスフォーム!

超ロボット生命体 トランスフォーマー プライムとは、2012年4月から放送中のトランスフォーマーシリーズアニメである。

概要

米国では2010年11月から『Hub』(ハスブロとディスカバリーチャンネル合同運営)により放送開始、現在物語完結していない。アニメーション制作ポリゴンピクチュアズ。

日本では2012年4月7日よりテレビ東京系列において放送開始。実写版同様の海外名準拠だが、一部は名称が変更されているのもある。

前作のアニメイテッドべると1話の衝撃的展開等、過シリアスな場面が多い事も特徴。
おなじみの岩浪美和監督演出による日本語版も、ギャグこそあれど次回予告暴走しない等、度合いは控えめになっている。
 岩浪く「ストーリーがしっかりしているからあまり崩さないようにしてる、許してるのは狂言回しの役になってもらっているスタースクリームなど一部だけ」とのこと。
エアラクニッドなど子供に見せるにはキツいキャラに関しては特に脚色を入れているようだ。

2012年、第39回デイタイムエミーアニメーション番組特別部門最優秀賞を受賞した。 

深夜の完全変形2時間スペシャル

2012年8月12日深夜トランスフォーマーシリーズにおいて異例の深夜の二時間特番が組まれた。
おふざけあり、マニアックトークあり、ヲタ大歓喜のコメントありなど、濃ゆいスペシャル番組がファンを盛り上げた。
その中ではかつてのCGビーストウォーズアニメイテッドを彷彿とさせるような、おふざけ前回のリミックス作品などが放映された。 

衝撃の結末

最終回大人の事情により、最近の子供アニメではしい超絶バッドエンドとなった(しかも、岩浪監督作品恒例の最終回合唱もなかった)。米国では続編となるビーストハンターズが放映中だが、そちらも息の長い放映ではない予定……。

きっとよいこのみんなが信じ続けていれば、ハンターズはOVAとかでやってくれるかもしれない!
オートボットのみんなを信じて、復活を待とう!

あ、ちなみに玩具は「参乗合体トランスフォーマーGo!シリーズビーストハンターズ玩具リリースされます。買ってネ!

登場人物(リストは日本語版に出演しているキャラのみ)

オートボット

オプティマスプライム  - 森川智之 / 英 - ピーター・カレン

オートボット令官。姿は実写版に近い。これまでの令官とべると和義者としての面が強く、慈悲深い。
過去の名はチビオライオンパックスであり、サイバトロン情報収集員であった。メガトロンメガトロナスとは友人であったが、その後の末と思想の違いで対立してしまう。
サイバトロンが汚染された際、プライマスからマトリクスを受け継ぎ、オプティマス・プライムとなる。
ガイアユニクロンに対しマトリクスのを解放した結果、オプティマスになってからの記憶を失ってしまい(つまりオライオンパックスに戻った)、メガトロンに懐柔されてディセプティコンへ入れられてしまう…が、心はオートボットだったということで、29話にて離反。ジャックが持ってきたベクターシグマデータによりオプティマスに戻った。記憶喪失中に行ったアイアコンの遺産データ調メガトロンに利用されることになる。46話でマトリクセイバーを入手。

最終回、絶体絶命のオートボット全員逃がす。そして、マトリクセイバーを振い・・・・・

バンブルビー  - 日共に

実写版同様発回路に支障が出ている。しかも実写版と違いラジオでも会話できないため常に電子音で、その言葉がわかるのは一部のみ。
メガトロンに体を乗っ取られたり、トランスフォームコグを盗られ変形できなくなった事もある。深夜スペシャルでは設定を視してしゃべってしまった。

ラチェット  - 飛田展男 / 英 - ジェフリー・コムズ

オートボットの頼れる看護員にして留守番参謀。人間の技術を信用しないなど堅物…の割にははっちゃけたりする事も。日本語版ではドリフネタまで披露した。
22話にて、人工の合成エネルゴン完成させそれまでの憤をらすがごとくディセプティコン達を圧倒するが、メガトロンには勝てず、自らの精を好戦的にしてしまうと気付き、合成エネルゴンは破棄された。だが…。
ファンからオートボットのゲ医扱いをされている。

バルヘッド  - 長嶝高士 / 英 - ケビンマイケルリチャードソン

アニメイテッドではアイアンハイドだったが今回は海外版通り。日本語版の中の人アニメイテッドでサムダック博士を演じていた。やっぱり怪キャラだが、今回は元レッカーズの一員だったりとワイルドさが一段と増した。ミコとはリア充関係仲が良い。21話で一時期異常に知が向上した引き換えに記憶を失ってしまいかけた事がある。41話ではアイアコンの遺産「エネルゴン(通称エネ)」を火山に捨てるべく孤軍奮闘するが、任務成功の直前、ハードシェル弾によって倒れる。43話~45話までリハビリ中の身で、一時は新人のスモークスクリーンと険悪だったが戦いを通じて戦友となる。

アーシー   - 伊藤静 / 英 - スマリー・モンタノ

バイクさん。アーシーといえば基本的にピンクだったが今回はとなった。パートナーを2人も失うなど、かなり陰惨な過去を送っているが、現在は人間のジャックパートナー関係。過去の事に当たると冷静でいられなくなる。
 「お・し・お・き・よ」

クリフジャンパー  - 杉山紀彰 / 英 - ドゥエイン・ジョンソン

おなじみ血祭り要員。1話にて手な活躍を見せるが…ディセプティコンに捕まりスタースクリームに殺されてしまった。挙句、ダークエネルゴン実験台にされてテラーコン(所謂ゾンビ)化してしまう。G1ではデストロン血祭りにあげようとしたが、逆に今回は血祭りにあげられてしまったのである。オォゥ…。過去回想(43話)でもスタースクリームに捕まっていたがその時はアーシーと共に脱出。

ホイルジャック  - 泰勇気 / 英 - ジェイムズ・ホラン

G1ではマッドサイエンティストであったが、まさかのバルヘッドの古い友人。「~で」が口癖。単独行動を好み、一度宇宙立ったが、再会した同僚、シースプレーをドレッドウイングに殺され、復讐のために地球に再来。一件の後、地球に留まることに決め、ビークルモードスキャンした。

イルゲート  - 石上裕一 / 英 - ジョシュ・キートン

アーシーの元パートナー。姿は本編では確認しづらいがクリフジャンパーと同の模様。サイバトロンの大戦時にエアラクニッドに殺されてしまう…

レッカーズ

オートボットの別働隊にして特殊工作部隊。バルヘッドホイルジャックが在籍していた。他のメンバーロードバスターインパクターロトストームパイだったが4人とも故人。  

スモークスクリーン  - 興津和幸 / 英 - ノーラン・ノー

アイアコンの警備をしていた新人トランスフォーマー。ディセプティコンに捕まっていたが脱出ポッド地球にたどり着き、オートボットの一員となる。新人ながら抜けがない。因みに、中の人が(TFシリーズは初参戦ながら)中の人なのか、それとも音響監督繋がりなのか、CM予告にて震えるぞトランスフォーマー!燃え尽きるほどプライム!速の暴走を見せた。

ディセプティコン

メガトロン  - 藤原啓治 / 英 - フランク・ウェルカー

ご存じ破壊大帝
ユニクロンの血」といわれるダークエネルゴンを執拗に狙うなどの行動から、厨二病大帝と呼ばれる事も。オプティマスとは因縁の関係である。5話の戦闘で意識不明の重体に陥ったが14話にてついに復活。23話にて、ダークエネルゴンの在りかを見つけ、狂喜するも…ガイアユニクロンにオプティマスを倒せなかったという理由で愚か者扱いされ、オプティマスと共にユニクロン打倒を持ちかける。
ガイアユニクロン打倒後は記憶を失ったオプティマスオライオンをディセプティコンに引き入れて利用している。
過去の名はメガトロナスであり、サイバトロンの拳闘士であった。政治革に失敗し、オライオンが次期プライム補に選ばれてしまった念からディセプティコンを結成した。たび重なるアイアコンの遺産奪取の失敗と、オプティマスがマトリクセイバーを手に入れてしまったことから焦りを感じ、過去のプライム右手移植。そしてソラスプライムハンマーを使い、ダークエネルゴンで作った武器『ダークエネルゴンセイバー』を使いマトリクセイバー駕する。その武器に酔いしれる様と果てしなき野望はオプティマスから「邪な妄想」と諭された。最終回右手を切られるも、人質作戦で手に入れたオメガキーオメガロックを起動、地球に巨大な要塞を作りオートボットを圧倒する。

スタースクリーム  - 鶴岡聡 / 英 - スティーヴン・ブルー

ニューリーダー病まっしぐ航空参謀。6話以降ニューリーダーの座についたものの部下に信頼されず、14話にて復活したメガトロン様にやはりお仕置きされる。日本語版ではお笑い芸人してる模様。トランス、フォオォォム!と、変形の時のがとても特徴的。よいこのみんなも最近真似してきてくれる……らしい?(ちなみに国立在住らしい)
19話にて洞窟に閉じ込められメガトロンに助け出され、20話にて心を試みる。が、エアラクニッドとオートボット達に散々なにあわされ、メガトロンにも殺されそうになると考えた結果、ディセプティコンから離反する。
しかしやめてからもディセプティコンの母艦からエネルゴンを盗み出そうとしたり抜けがない。30話にてサイラス率いるメックと手を組んで人造トランスフォーマーの計画に協バンブルビートランスフォームコグを利用しようとしたが、失敗した代償としてトランスフォームコグを奪われ、トランス、フォオォォム!できなくなってしまう。
 39話で南極に来訪し、アイアコンの遺産のひとつ「エイペックス・アーマー」を手に入れてハイになるがオプティマスとドレッドウィングの共同作戦によりに沈められ、スモークスクリーンにアーマーを取られてしまう。が、49話でレッドエネルゴンを駆使してオメガキーをすべて入手し、メガトロンの元に戻ってきた。最後にはトランス、フォオォォム!できるようになった。

スタースクリームクローン  - 同上

36話でスタースクリームが輸送船ハービンジャーで見つけた5体のプロフォーム達を自分の手駒として作り上げたタカラトミーもびっくりなクローンだっぺ。メガトロン殺するべくネメシスに乗り込むが、1体が偶然ネメシスに乗っていた偵察中のバルヘッドを挑発してしまったために彼に破壊され、他の3体もメガトロンに倒されてしまう。生き残った最後の1体はオリジナルスタスクにとって代わろうとしたけど見抜かれてやられてしまいましたんだ。

なぜかクローンが受けたダメージオリジナルにも痛みが伝わってしまう。日本語版では語尾が特徴的。

サウンドウェーブ  - 日共に

喋らない。(ただし人の言葉を借りる事がある)
今回も有能情報参謀。部下はレーザービーク(コンドル)のみとなっている。普段は情報収集がメインだが、戦闘たるや恐ろしいものであり、「怒ると怖い」タイプ

スカイウェイ  - 岩崎征実 / 英 - リチャードグリーン

6話にて登場する大のディセプティコン守護者(玩具では爆撃兵)。スタースクリームが部下にしようとしていたが…バンブルビーの攻撃を受けて戦死。そして第15話にてスタスクの持っていたダークエネルゴンでテラーコン化。

レッドウイング  - 岩崎征実 / 英 - トニー・トッド   

32話から登場するスカイウェイクの双子(原版ではともされる)。ディセプティコンの護送船アルマダの 船長(原版ではディセプティコンの一部隊、シーカーズリーダー)であり、スカイウェイクと違い爆弾を駆使した戦略的な戦いが得意。彼を殺したオートボットに復讐するべく地球に来訪。メガトロンに対しては忠実。39話で南極アイアコン遺産をめオプティマス決闘。その後遺産を手に入れたスタスクを倒すため一時的に共闘。

50話での死の相を知り、ディセプティコンの現在に失望した彼はソラスプライムハンマーオートボットに託し、スタースクリーム殺しようとするが… 

メイクシフト  - ?(泰勇気の可性あり) / 英 - ケビンマイケルリチャードソン

8話にて登場する、あらゆるトランスフォーマーへの変装が出来る潜入兵。本来の姿はシルエットのみで、不明。
ホイルジャックに化けてオートボットの基地の場所を割り出そうとするが失敗。爆弾を取り付けられてディセプティコンの元へ送り返され…爆死した。余談だが、彼は海外TF小説Exiles』にてとあるTFにも化けて出演していたりする。

メディックノックアウト  - 増谷康紀 / 英 - ダラン・ノリ

スポーツカーに変形する働かないナルシスト軍医。日和見義者でもある。
 「ゲ医」なるあだ名が存在するが、彼は間違ってもアレ系ではないし、公式海外公式イベント「ボットコン」2011年トークコーナー)でも否定しているのでご安心を。

ウォーブレークダウン  - 伊丸岡篤 / 英 - アダムボールドウィン

壊すの大好き!ウォーブレークダウン!!」が口癖の好戦的パワーファイター。というか脳筋
バルヘッドライバルにしてノックアウトパートナー。第16話にて、サイラス率いるメックに捕まり、解体されそうになる。バルヘッドの援護でなんとか逃げ出すも、彼のデータはメックのキメラ計画に利用される。その後もメガトロンに信用されなくなったりと不憫。そして33話、裏切りを図ったエアラクニッドの処刑を任されるも逆に彼女の挑発に乗せられてしまい、「びびでばびでぶ~!!」 断末魔とともに惨死。遺体はメックによって回収される。そしてその後、瀕死の重傷となったサイラスの新たなボディとなった。

エアラクニッド 柚木涼香 / 英 ‐ ジーナ・トーレス

一人で勝手に地球へやってきたクモっぽい姿の女戦士。アーシーとは切っても切れない因縁がある。17話でヘリスキャンした。26話で自分のおもちゃの売り上げのためにメガトロンの居ぬ間にニューリーダー宣言をするが、メガトロンの忠実な部下であるサウンドウェーブの制裁をくらってしまった。深夜版、20話ではワスピーターの事も口にしていたが……33話ではそんなワスピーターインセクティコン達を手中にし、36話で本格的な反逆をするもインセクティコンが次々とやられてしまい、自身もアーシーとの戦いで休眠用カプセルに閉じ込められステイシス・ロック(機停止)状態に。カプセルオートボット基地に運ばれた。(が、AM劇場では元気だったりすると本人談)今回も吹き替えセリフネタだらけで中の人イメージと相まって彼女のキャラだけビーストウォーズと同じ空気になっている。

インセクティコン  - 加藤賢崇 / 英 - スティーヴン・ブルーム、ケビンマイケルリチャードソン、etc...

けら(アーシー談)フンコロガシ(ビーコン談)。ディセプティコンがサイバトロンに残していたインセクティコンの一体が29話に登場し、地球に存在している別の個体が33話に登場。38話でアーシーナンパと戦う。原版では唸りでほとんど喋らないが(一応、しゃべる回も存在する。)日本語版では恐怖感を緩和するためかワスピーターでお染みの加藤賢崇やりたい放題にアテレコ吹き替えを行った。カブトムシに変形するが、羽音はやはりブンブンなので口癖はワスピーターと同じである。決まった……。36話で大量発生。メガトロンを倒そうとするが次々とやられてしまう。エアラクニッドが機停止に陥った時に戦意喪失。本当のご人さま、メガトロンに忠実となった。

ハードシェル  - 岩田光央 / 英 - デビッド・ケイ

インセクティコンリーダー格。レッカーズメンバーを倒してきた猛者。通常のたちと違い原版でも喋れるほどの知があるが、彼も例に漏れずアドリブだらけのうるさいおもろいキャラクターになっている。42話でバルヘッドにとどめを刺せなかった罰としてホイルジャック殺の命令を受けるも、ミコミサイル発射で戦死。着払いの事から頭が離れられない模様。

ショックウェーブ  - 三宅健太 / 英 - デビッド・ソボロ

スタスク、音波と並ぶ毎度おなじみディセプティコンのショック留守番参謀科学者。さらっと内ハッキングプログラムスペースブリッジも作れるくらいショックな技術を持っている。日本語版では何かとショックショックつぶやいたりぼやいたりする。ほんの一昔前のサイバトロンでの騒動でアーシークリフ地球に来る原因を作った。
シーズン3では留守番がてらショックビーストを作って地球に来る予定。

ディセプティコンビーコン  - 泰勇気 / 英 - スティーヴン・ブルーム、ケビンマイケルリチャードソン、etc...

公式の設定ではプログラムによって動く量産型兵士とされているが、個々の人格を持つのが特徴。苦労人としての人気がひそかに高まっている。飛行機の二種類が存在。

その他

ガイアユニクロン  - 中村秀利 / 英 - ジョンノーブル

劇中、ダークエネルゴンは「ユニクロンの血」と呼ばれ、メガトロンが死者をらせるエネルギーとして使っていた。
今回のユニクロンの正体は地球」そのものでありプライマスに追放された後地球コアとして眠り続けていた。よってユニクロンを倒す事≒地球を滅ぼすこととなってしまう。戦う際は岩石から自分のコピーを大量に作り出すことができる。極めて独善的でありメガトロンの共闘案を断り、オプティマスの和解案にもを貸さなかった。
26話にてマトリクスにより意識を封印されてしまう。

プライマス&最初の13人

オプティマスは13人、ひいてはプライマス最後の子孫、プライムの血をひくTFとされる。13人のメンバーの中にはギャラクシーフォースベクターライムトランスフォーマー(実写映画)フォールンも含まれている。太古の時代にユニクロンを追放し、オールスパークを生み出したとされる。地球にそのメンバーが使用、および地球に隠していた遺産として、ソラスプライムハンマー、マトリクセイバーオメガキーが存在していた。

アルファトライオン  - 有本欽隆 / 英 - ジョージ・タケイ

公文書保管局長(ちなみに、海外では最初の13人である事が言われているが、過去シリーズの同名キャラもそうなのかは不明)。47話にてオプティマスプライムのマトリクセイバーを通じて現れた。過去からのメッセージとしての登場であり、 現在行方不明の身(アイアコン襲撃によるもの)。アイアコンの遺産を地球に送ったのは彼。

ネメシスプライム  - 石塚運昇 / 英 - クランシーブラウン

メックがオプティマスブレークダウンデータを解析し、スタスクトランスフォームコグを使用して作り上げた   人造のトランスフォーマー。意思はなく、サイラスの遠隔操縦によって動く。オプティマスオートボットの信用を落とすべく米軍基地を攻撃。その後オプティマスと対決するがファウラーに気を取られたサイラスが操縦しなかったために動けなくなったところをオプティマスによって倒される。 余談だが、本編では通常のオプティマスに汚し塗装+黄色いのが特徴であったが、玩具ではい。すなわち、あのブラックコンボイである。

戦艦ネメシス  - ?(岩崎征実の可性あり) / 英 - ケビンマイケルリチャードソン

1話から登場しているディセプティコンの戦艦37話で戦艦の修理のためにメガトロンダークエネルゴンを使用した結果、意志をもつようになる。オートボット、ディセプティコン関係なく邪魔な存在を縛りにし、アイアコンの遺産をめようとするも調に来たジャック達人間たちの機転により意志を消滅させられ、もとの戦艦に戻る。余談だが、プライム世界とは設定を共有したサイバトロン星での戦いにおいて、ネメシスの正体は…

地球人(仲間及び第3勢力メック)

※今作の舞台はアメリカネバダ州である。

ジャックダービー  - 福山潤 / 英 - ジョシュ・キートン

16歳高校生。立場的には実写映画でいう所のサムに近いが、いざという時に行動的になれる男。バイト後のバイクとの出会いがきっかけでトランスフォーマー達の戦いに巻き込まれる。戦いを通して成長を認められたのか、オプティマスベクターシグマの鍵を渡された。37話でのネメシス潜入作戦等、着実にチームをまとめるリーダーとして成長している一面が見られる。…が、スモークスクリーンコンビを組んだ際は悪ふざけを2人でしていた。

ラフ・エスキベル  - くまいもとこ / 英 - アンディペソ

12歳少年おとなしい性格ながら、オートボット基地のPCを直す、共施設のサーバーにハッキングバンブルビーの電子音を一理解できる等、G1チップに続く「フロッピーディスクを咥えたシャーロック・ホームズ」である。
23話でメガトロンの攻撃によるダークエネルゴンの影を受け、重症に陥るがラチェットの機転で助かる。

ミコ・ナカダイ  - 古木のぞみ / 英 - タニア・グナディ

日本からやってきた15歳キャラ学生行動的で、トランスフォーマー達の戦いに巻き込まれることに困惑せず、むしろ滅多にない体験としてオートボットとの交流を望む。 バルヘッドの事を大事に思っているらしく、42話では敵であるハードシェルを討つべホイルジャックと共に行動。

ウィリアムファウラー  - 乃村健次 / 英 - アーニーハドソン

アメリカ政府のエージェントにして、オートボットとのサポート強いられてる担当する男。まさんパンツ。6話ではスーツのまま戦闘機を乗りこなすというタフな仕事をやってのけている。頑固なようで実はお茶。劇中、3度も自分の乗る戦闘機ヘリをディセプティコンにスキャンされてしまう。だが、34話では元レンジャー隊員である事が判明したうえにサイラスとのリアルファイトを披露する。

ジューン・ダービー  - 生天目仁美 / 英 - マーキーポスト

ジャック美人さん。ジャック庭らしく、彼に対して過保護なところもある。17話にてメックと手を組んだエアラクニッドに捕らえられてしまい、その一件でトランスフォーマーの存在を知る。

サイラス(リーランド・ビショップ)  - 石塚運昇 / 英 - クランシーブラウン

政府から危険視されているテロリスト軍団「メック」のリーダートランスフォーマーの存在に興味を持ち、その技術を利用して世界征服にのりだそうとする。30話では本格的なTF実験が行われていた。ついに34話でネメシスプライム完成させ、オプティマスを倒そうとするが敗北墜落したネメシスプライムの下敷きにされてしまう。その後メック隊員に救出されるが、もはや助かる見込みはない。だが、それは現代の医学での話。待つのは死と思われたが、破壊されたブレークダウンのボディとを繋ぐという方法でまさかの復活を果たす。そしてディセプティコンにサイラス自身が開発した衛星兵器情報を与えるも、作戦は失敗。それによってメガトロンの怒りを買い、ノックアウト実験材料となり…

アームズマイクロン劇場

日本語版の編集の際カットされたシーン埋めのための日本語オリジナル要素の一つ。アニメーション制作はHiWaPlus。本編の登場人物は彼らの存在、そして自分たちの武器に変形しているという事を知らない…はず。

オーピー  - 森川智之:どこぞのイボンコやププみたくイジられやすい。 「私にいい考えがある

ビーツー  - くまいもとこバンブルビーの武器に変形。酔いしやすい。

アルエ  - 飛田展男ハワイからの手紙を「燃やせ」  個性の違う別個体・シャイニングアルエ軍団がいる。

アルク  - 伊藤静ダークエネルゴンジュースにどっぷり浸かっている模様。別個体も38話で唐突に登場。

ベーハー  - 長嶝高士:性格はアニメイテッドアイアンハイド(バルヘッド)に近い。

シエル  - 乃村健次マイクロンのはほぼ武器のと同じだが何故か違う。クリフェ…

ウージ - 泰勇気:「オプティマス人気が 落ちてぃます」 G1のごとく、発明らしい。

コスモクター:プラル(くまいもとこ)、サイス飛田展男)、ジェイズ(長嶝高士)により構成される

ソウ  - 加藤賢崇:38話で唐突に登場。玩具限定キャラ・スワーブのパートナー

エスツー  - 興津和幸:見たG1初代のゲスト・デフコンにそっくり。 

ゴラ  - 藤原啓治:破壊大帝マイクロン。みそ筋肉

ハデスもしくはハデスバットシュタインカマーバッハ666  - 同上:突如AM劇場を乗っ取ったナルシスト

グル  - 鶴岡聡:やはりニューリーダー病だった。

グラ  - 増谷康紀中の人は同じだが、宿りと違ってが高い。

ザム  - 伊丸岡篤:宿りと性格が似ている。夕飯までには帰ってこれた。

ノジ/イグ  - 泰勇気/イグはなし:ビーコンのマイクロン。

ゾリ  - なし:音もく這いよっている。

イダ  - 柚木涼香:宿りと違いオートボットとは友好的ですだ。

ジグ  - 岩崎征実ハデスコンボウェポンになっていた。

ダークマターカリバー:ガブ(泰勇気)、バル福山潤)、ダイ乃村健次)により構成される大剣。後にダークエネルゴンセイバーパワーアップ

ダゴ(R/F)  - 古木のぞみ兄弟で、フレンジーとランブル(2人とも玩具のみのキャラ)のパートナー

オズ  - 乃村健次スタントワイルドライダー玩具のみのキャラ)のパートナー。あやまりマンモス

ガリロボ君  - なし:12話にて突如姿を現したTF。デカい。

オプティマスグランドベース  - なし:ウージの妄想の中に登場した「スクランブルシティ計画」の一環。

余談

前作『アニメイテッド』などのように、今作もトランスフォーマシリーズに縁のあるキャスティングである。一例は一部を除き日本語版を抜

オプティマスプライム - 原版は初代と同じ、日本語版の中の人は、ビーストウォーズメタルスにおいてジャガーを演じていた人が担当。

ラチェット - ビーストウォーズでテラザウラークイックストライクを演じた。

バルヘッド - 前作『アニメイテッド』でサムダック博士ダイノボットのスナールを演じていた。

メガトロン - 日本語版はダーッ!!な恐竜。原版では初代破壊大帝であり、ウェルカメガトロンは実を言うと結構久々

スカイクエイク/ドレッドウィング - ビーストウォーズⅡにてビッグホーンを演じていた。

メディックノックアウト - スーパーリンクメガザラックを演じていた。

ウォーブレークダウン - 日本語版の中の人TFに出演するのは二度。でアニメイテッドでアーマーハイド、ワーパス、クリフジャンパーを演じていた。い。

エアラクニッド - ビーストウォーズブラックウィドーなどを演じていた(実はクモ女はこれで3度

ハードシェル - 日どちらもビーストウォーズTFシリーズで様々なキャラを演じていた。

ショックウェーブ - スーパーリンクオメガスプリーム等、アニメイテッドアイアンハイドバルヘッド)を演じた。

ガイアユニクロン - 日本語版の中の人はかつてもビーストウォーズにてユニクロンを演じていたが、これはエイリアンビーストコンボイの記憶から作り出したホロラムであり、ユニクロン本人を演じるのはこれが初

アルファトライオン - 日どちらもアニメイテッドにてヨケトロン中の人となった。

スタッフ

主題歌

 オープニングテーマ

FEELING」(第1話-第13話)  歌 - BIGBANG

TRANSFORMERZ」(14話~26話) 歌 - m-flo

TRANSFORMERZ version 2.0」(27話~最終話) 歌 - m-flo (40話以降は映像も変化)

エンディングテーマ

「I Believe in All」(第1話-第13話)  歌 - CLUTCHO

「A Little Bit」(14話~26話) 歌 - CLUTCHO

ディスコード」(27話~最終話) 歌  - 東京女子流 (40話以降は映像も変化)

関連動画

関連商品

おもちゃ

音楽

DVD

And Next...

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%B6%85%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E7%94%9F%E5%91%BD%E4%BD%93%20%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%20%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0
ページ番号: 4911818 リビジョン番号: 1827576
読み:チョウロボットセイメイタイトランスフォーマープライム
初版作成日: 12/06/21 11:57 ◆ 最終更新日: 13/06/06 19:25
編集内容についての説明/コメント: ビーストハンターズとGo!とリンク。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ぐっばいどれうぃん

サイラスブレークダウン

(▽ω^)

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

超ロボット生命体 トランスフォーマー プライムについて語るスレ

884 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 13:10:12 ID: 0PkWoZfskM
とはいってもアドベンチャーは続編である事を強く打ち出していたわけではいし
放送局も変更して新規出発していたわけだから、マニアはまだしも子供が気にするとは思えないけど

ライムだけじゃなく作品的つながりがアニメイテッド打ち切り作なわけだからやっぱり暗い作だけが問題とは思えないな
映画作品並のヒットを期待するハズプロの過剰な成果義も原因の一つなんじゃね

あと良く聞くけど海外より内の方が人気が高かったなんて数字が具体的に出てる話なの?
海外で出なかった玩具が出たぐらいしか知らないけど
885 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 20:45:35 ID: YYP+m+c65m
なぜこの人は「暗い作人気の低下は矛盾しない」というだけの話にこれだけ噛み付いてるのか
挙げ句の果てに売上はそこそこマシだった上に打ち切り事情が全く別のアニメイテッドまで持ち出してくるとか
886 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 20:50:59 ID: YYP+m+c65m
もう一度言うけども「暗い作だけが問題」だなんて一言も言ってないからね?
ブランドイメージの低下だとかのそういう作品の外の話ではなく
に作品の内容の何かが問題あったとしたら何なのか、ってことを考えたときに作が問題だったんじゃないか
ってことを言いたいだけ
別に君の意見を否定してるわけでないんだよ
887 : ななしのよっしん :2016/06/01(水) 08:53:49 ID: Pm1J8oO8vv
ライムはだらだらと65話も続けないでもう少しく打ち切ってさっさと方針転換すべきだったな
エミー賞取れてさぞ満足だろうがぶっちゃけ員見るないなと思ってるけどな
まあ、リターンズの過ち繰り返してシリーズトドメを差し掛ける段階で
ようやく子供に向き合って何が間違ってて何をめられていたのか気付けただけマシと思ってるよ
その結果がスタッフ共通の(実写コンビしてるが)トランスフォーマーアドベンチャーだもの
何が悪かったかを自覚できないアニメスタッフも多い中でこの点は評価できる

今度の新アニメはプライムアドベンチャーからスタッフが一新されるらしいが
最初から年齢層高めを想定してるとはいえ同じ過ちをしないことを願いたいね
888 : ななしのよっしん :2016/06/02(木) 22:02:30 ID: r/13uYf3Ro
>>884
シーズン2のある話からプライムの続編であることを強く打ち出しつつあるよ
889 : ななしのよっしん :2016/06/03(金) 18:09:57 ID: 3ezqNSkb8d
個人的にはガイアユニクロンの辺りで締めて欲しかったなぁ。ガイアユニクロンの設定や話もワクワクしたし
スタースクリームが飛べなくなった話の辺りはもう録画して所々飛ばしながら見てたわ
890 : ななしのよっしん :2016/07/23(土) 08:35:52 ID: r/13uYf3Ro
>>876
結局アドベシーズン3やるみたいだぞ
https://www.youtube.com/watch?v=nWr5LWCdP6w
891 : ななしのよっしん :2016/08/05(金) 10:47:46 ID: Rw9rDdR+fa
何故アドベンチャーが苦戦してるか?
オプティマス脇役メガトロンスタースクリームもいないのに人気出る訳かっただけの話だろ
シリアスギャグ以前の問題
892 : ななしのよっしん :2016/08/05(金) 16:52:42 ID: r/13uYf3Ro
ライムはオプティマスメインメガトロンスタースクリームも出てるのに苦戦したわけなんですが、それは
893 : ななしのよっしん :2016/10/27(木) 03:20:45 ID: p/G5Rh2Yka
プレダコンライジングだけ見てなかったんで最近になって見たんだが、尺が短いのに良くまとめてくれたなぁ
良いエンドだった
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829