単語記事: 超次元ゲイム ネプテューヌmk2

編集

超次元ゲイム ネプテューヌmk2とは、コンパイルハートから2011年8月18日に発売されたプレイステーション3RPG。「超次元ゲイム ネプテューヌ」の続編に当たる。

2014年3月20日にはリメイク版である「次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2」が発売された。
変更点は以下。
あと、戦闘システム次元版になっているのでかなり別物である。 

  1. 日本一ちゃんの参戦タイミングREDちゃんが参戦する。なおREDちゃんは初代から実に4年ぶりの参戦となった。同じくがすとちゃんの参戦タイミングブロッコリーちゃんが参戦する。この二人は基本的に立ち位置は入れ替わった元のキャラと同じになるためイベント若干の変更がある。 
  2. 教祖が戦闘キャラとして使用できる。
  3. 上記のメーカー擬人キャラは下記のキャラに加え、サイコネクトツーちゃん、マーベラスAQLちゃん、鉄拳ちゃんが参戦する。ちなみにこのメンバーは「神次元ゲイム ネプテューヌV」及び初代リメイクである「超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1」にも登場する。
    なお、Re;Birth1にはMAGES.ちゃんが参加していたが、こちらでは5pb.ちゃんのままである。 
  4. バッドエンディングシナリオで分岐が発生。最悪の事態を回避できるようになった。これによりエンディングは1つ追加されて9個である。他のEDはリメイク前と同じ。

概要

業界初の実際のゲーム業界をテーマに、擬人化要素と萌え要素を前面に押し出したRPG超次元ゲイム ネプテューヌ』の正統続編。例によって異世界ゲイムギョウ界を舞台に、擬人化されたゲームハードキャラクターたちが今度は犯罪組織となったマジェコンヌと死闘を繰り広げる。

前作の続編ではあるが、パラレルワールドが舞台となっており、世界観等も変更されている。ストーリー上では前作の主人公ネプテューヌを始めとする四人の女神たちはマジェコンヌに敗れ、「ギョウカイ墓地」なるところへと落とされてしまっており、新たに彼女たちの女神補生たちが役となっている。また、シナリオは『もしドラ』で著名な岩崎氏が総監修を行っている。最初のテイザーサイトは「NPG」というフレーズと、携帯機が題材であることだけが読み取れる内容であったため、当時はコードネームNGPで呼ばれていたPlaystation Vitaでの発売かと噂された(結局、ネプギアの略であった)。

制作には、前作同様アイディアファクトリーコンパイルハートだけでなく、ガスト日本一ソフトウェアが協し、5pb.公式クレジットされるようになった(前作ではキャスティング等で協)。また、前作でクレジットされていたSEGAは外れている。

なお、どういう縁かあの稲船敬二コラボしており、投稿者の人生の悩みに答えるという“次元人生相談”が4月21日までの期間限定で開催されただけでなく、ゲーム内でも「クリエイターソード稲船」や「ドンナハンダンダ・ノヴァ」などの技を使うことによって、実写取り込みされた稲船氏が登場するという非常にシュールコラボがなされている。また、ノリで出演を決めてしまった高橋名人ゲスト出演をしており、何も知らずにゲームを始めたプレイヤーを驚かせた。

直接のメディアミックスではないが、前作のコミックス化作品である「超次元ゲイムネプテューヌがみつうしん」では第9話から女神補生達が登場を始めている。

登場キャラクター

女神候補生たち

本作のメインとなる「守護女神補の少女達。補生と銘打たれてはいるが、既に守護女神形態への変身を有している。守護女神達のであり、このため均年齢が前作にも増して低い。達にも言えることであるが、特殊を持った人間なのか、アンドロイドの類なのかは不明。

ネプギアCV:堀江由衣) Nepgear / Purple Sister
本作の主人公。プラネテューヌの女神補生で前作の主人公ネプテューヌ。明るく健気でだが、どこか天然女の子の世話を焼くことが趣味で、正義感が強い。
元ネタは恐らく「もしもネプチューンと同世代の携帯機があったら」と仮定した架セガハード
パッケージイラストにも描かれている変身時のコスチュームべて露出度が大きく増しているが、これは後期版(ライラックmk2)である。
※名前はセガゲームギアに似ているが、ゲームギアだとネプチューンべて世代が古すぎるため
ユニCV:喜多村英梨Uni / Black Sister
ステイションの女神補生で前作に登場したブラックハート同様勝気でプライドが高い一方で、優秀な彼女に対する劣等感を持っている。
元ネタは恐らくPSP、名前の由来は恐らくUMDユニバーサルメディアディスク)。
余談だが、後期版の変身時のコスチューム(ジェネレーション)はべて露出度がかに増しているが、なぜか胸が縮む(B→A。ちなみに縮むのは全女神女神補生達の中でも彼女だけ)。PSP-3000になってサイズダウンが行われたことをイメージしているものと思われる。
ロムCV:小倉唯Rom / White Sister
ルウィーの女神補生で前作に登場したホワイトハートラムとは双子で、ロムはそのにあたる。控えめで無口な性格だが、変身するとドSになるらしい。
元ネタは恐らくニンテンドーDSもしくは3DS、名前の由来は恐らく記憶媒体の一種を表すROM
変身した姿でラムと二人並ぶと、ハートが描かれるようになっている。
とりあえず掲示板空気が読めないからと言って、半年しがみつく必要はない。
ラムCV:石原夏織Ram / White Sister
ルウィーの女神補生で前作に登場したホワイトハートロムとは双子で、ラムはそのにあたる。とは異なり、邪気でやんちゃな性格だが、変身するとドSになるらしい。
元ネタは恐らくニンテンドーDSもしくは3DS、名前の由来は恐らく記憶媒体の一種を表す用RAM
ちなみに、ロムにも言えることであるが、ファーのついたワンピースのように見える衣服はコートで、この下にグレーワンピースを着ている(作中ではライブイベントシーンで披露している)。

前作の登場人物(守護女神)

を守護する守護女神。前作では「ハード」と読まれていたが、本作では普通に「しゅごめがみ」と読まれている。前作と異なり、相互の仲は然程悪くない模様(マジェコンヌという共通の敵が最初からいる関係と思われる)。また、前作とは異なり地上に常駐しているため、国家元首、及び軍の牽引役としての役職が正式に与えられている描写が見て取れる。

ネプテューヌCV:田中理恵) Neptune / Purple Heart
前作の主人公。プラネテューヌの守護女神クール巨乳だが、変身前はアホの子気で貧乳マジェコンヌに敗れ、ギョウカイ墓地で囚われの身に。
元ネタは恐らくセガがかつて開発していた幻のハードネプチューン
女神補生まで含めて変身前後での体格変化が最も大きく、変身前はネプギアよりも背が低い(ネプギア154cmに対して146cm変身後は164cm)。
グリーンハートCV:佐藤利奈) Vert / Green Heart
リーンボックスの守護女神。本名はベール(Vert=)。温厚だが、がつくほどの廃人ゲーマー。あと四人の中では一番の巨乳だった。余談だが、本作の新キャラクターモチーフ携帯機なので、彼女のは存在しない模様。他の三人ともどもマジェコンヌに敗れる。あだ名はベールさま
元ネタは恐らくXbox360。初期装備が「レッドリング」な辺り、旧Xbox360である模様。
自室の様子を見る限り、廃人レベル腐女子でもある模様。
ブラックハートCV:今井麻美Noire / Black Heart
ステイションの守護女神。本名はノワール(Noir=)。で責任感が強く、なんでもそつなくこなす。素直になれないタイプで、前作ではネプテューヌライバル意識を持っていた。他の三人ともども(ry
元ネタは恐らくプレイステーション3
ちなみに隠れオタゴシック系のミニレスツインテールガーターストッキングと妙にセクシャルな出で立ちのせいか人気が高い。前作では企画当初は主人公で、ベールブランをに持つ三姉妹の次女であったとのこと。
ホワイトハートCV:阿澄佳奈Blanc / White Heart
ルウィーの守護女神。本名はブラン(Blanc=)。無口おとなしいが、実は口がかなり悪く、変身後になるとそれに加えてキレやすくなる一面を持つ。趣味読書で自身も同人作家だが、人気はいま一つ。クリスティンもといファルコムちゃんの小説の大ファン。四人の中では一番の貧乳(変身71A、変身73A)。他の(ry
元ネタは恐らくWii

前作の登場人物(擬人化キャラ)

作中での種族は「メーカーキャラ」とされている。

アイエフちゃんCV:植田佳奈IF
前作でのパーティーメンバーの一人。前作ではネプテューヌやコンパと一緒にをし、マジェコンヌを打倒したが、今作ではネプテューヌ諜報部員に。相も変わらず世話焼き屋。個性豊かな面々の中では一の常識人であり、実質的なパーティーリーダー。典的なスピードタイプであるが、ややパワー不足が立つ。
アイディアファクトリー擬人化キャラ。装備名の「ナインブランド」は、アイディアファクトリーブランド名が9種類あることに因む。
コンパちゃん(CV:酒井香奈子) Compa
前作でのパーティーメンバーの一人。マイペース天然ドジっ娘。前作では上したての看護学生だったが、今作では新人ナースに。アイエフちゃんとは幼なじみ。様々な回復スキルを覚えるパーティー癒し役。
コンパイルハート擬人化キャラ
がすとちゃん(CV:桑谷夏子) Gust
前作でのパーティーメンバーの一人。自作アイテムを売りながらをしている錬金術師。見た幼女ががめつい。「~ですの」という語尾が特徴。強魔法を覚える会社擬人化キャラきっての火力の持ち
ガスト擬人化キャラ……と言うより、ガスト公式通販サイトガストショップ」のマスコットで、擬人化キャラ一既存のモチーフがある。
前作ではDLCの適用が必要だったが、本作では標準で仲間になる。ちなみに「ざーるぶるぐ」出身らしい。とりあえずレストランとは、名前が似てるだけで関係。
リメイクRB2では登場しない。
日本一ちゃんCV:水橋かおり) Nisa
前作でのパーティーメンバーの一人。困った人の前に突然現れる自称:ゲイムギョウ界の正義ヒーロー正義感が強いヒーロー馬鹿貧乳というか無乳(71AAA。ちなみにロムラム以下)。攻撃スキルだけでなく回復スキルも覚える万キャラ
余談だが、作中ではどこぞの魔法少女のパロディネタをやるというお茶な場面も(中の人つながり)。
日本一ソフトウェア擬人化キャラディスガイア4DLCとして逆輸入されたり、描き下ろしイラストグッズが発売されたりと、本家の方でも可がられているようである。英語名のNisa日本一ソフトウェアアメリカ法人名(Nippon Ichi Software America)。
リメイク版のRB2ではがすとちゃん共々参戦しない。
5pb.ちゃん(CV:nao5pb.
前作でのDLC追加キャラクターロックが大好きなデビューしたての新人アイドル。かなりの恥ずかしがり屋で一人称は「ボク」。声優は今作でも題歌を担当するnaoが演じている。
5pb.擬人化キャラ
前作ではDLCの適用が必要だったが、本作では標準で仲間になる。

新しく追加された擬人化キャラ

ケイブちゃん(CV:高橋まゆこ) Cave
mk2より新登場の会社擬人化キャラクターリーンボックス特命課に所属するシューター。背は高いが当たり判定は小さく、人ごみの中をすいすい歩くことが特技。性格はクールだが、かわいいものが大好き。
CAVE擬人化キャラデザインモチーフは同社のシューティングゲームシリーズである「デススマイルズ」の模様で、使用する武器も同作を意識した、羽根のような剣、または巨大なハサミとなっている。ちなみに中の人赤い刀をやっていた人である。マイナーとか言わない。
通常では仲間にならないが、DLCの適用により仲間になり、みんつぶイベントも発生するようになる。
ファルコムちゃん(CV:神田朱未Falcom
mk2より新登場の会社擬人化キャラクター世界を股にかける凄腕の冒険。困っている人を放っておけないおせっかいな性格。自分の冒険の記録をつづった『クリスティン漂流記』という冒険小説を執筆・出版している。
ファルコム擬人化キャラ・・・・というか、アドル・クリスティンエステル・ブライトを足して2で割ったような感じである。公式サイト企画である「ゲイムギョウ界大選挙」で出した際、日本ファルコム公式サイトツイッター投票が呼びかけられるなど、本家ノリノリである。
ちなみに声優神田朱未は同ファルコム作品である「空の軌跡シリーズエステル・ブライトを担当している。
通常では仲間にならないが、DLCの適用により仲間になり、みんつぶイベントも発生するようになる。当然ながら使用武器はドラゴンスレイヤー
初代コンパちゃん
ギョウカイ墓場にて眠りについている擬人化キャラの一人。頭から黄色ウサギのようなものが生えている(引っるといくらでも伸びるらしい)。コンパとは面識があるようで、コンパのみんつぶ発言で若干ながら人物像を垣間見ることができる。物語を進めてギョウカイ墓場のみんつぶを見られるようになると、その発言(寝言?)を見ることができるようになる。
コンパイル擬人化キャラデザインモチーフカーバンクル(というかカーバンクルガール)と思われる。
ふらぷらちゃん
ギョウカイ墓場にて眠りについている擬人化キャラの一人。天使のような姿をしている。物語を進めてギョウカイ墓場のみんつぶを見られるようになると、その発言(寝言?)を見ることができるようになる。
ライトプラン擬人化キャラ。ちなみに頭の上に浮かんでいるのは天使の輪ではなく三日月とのこと。
オデコちゃん
ギョウカイ墓場にて眠りについている擬人化キャラの一人。その名前に違わず、額を大きく広げた髪型が特徴。みんつぶの「チャラ夫」とは面識があるようで、彼のクエストの依頼文などから、僅かながら生前の人物像を垣間見ることができる。物語を進めてギョウカイ墓場のみんつぶを見られるようになると、その発言(寝言?)を見ることができるようになる。
DECO(データイースト)の擬人化キャラ。 

教祖

の信仰団体を統べる存在。同時に行政府においても、守護女神直属で国家運営を補佐する最高責任者でもある。イストワール以外は普通の人間と思われるが、本作の世界観ではそもそも登場人物がどういう生物なのかが曖昧であるため、カテゴライズにはあまり意味はない。立場としては守護女神に次ぐ最高権者であるが作中でそういった色合いを見せることはほとんどなく、実権をまだ持っていない女神補生とも交流があることが多い。

イストワールCV:かないみか) Histoire
プラネテューヌの教祖。前作にも登場したが、設定は異なり、本作では昔の女神に創造された人工生命体。見た幼女だが、豊富な知識でメンバーサポートする。なお、イストワールとはフランス語で「歴史」の意。前作では物語の大部分でひらがなフェイスマーク混じりのセリフ音も外観通りという状態だったが、本作では本来の落ち着いた音になっている。前作とは装が異なり、作中ではネグリジェ姿のイベントビジュアルもあったりする。
西沢ミナ(CV:仲谷明香Mina Nishizawa
ルウィーの教祖おっとりとした外見の女性で、破天荒女神たちの代わりに務をこなすしっかり者。普段は温厚そのものだが、怒らせると怖いらしい。均年齢が特に低いルウィーにとっては半ば母親がわり。
名前の由来はゲハ妊娠から。
宮寺ケイ(CV:三瓶由布子Jinguji Kei
ステイションの教祖ボーイッシュな外見の女性で、仕事を第一に考えるドライな性格の捻くれ者。見たとは裏趣味
名前の由来はゲハGKから。なぜか英語版でも苗字-名前の順になっている。
崎チカ(CV:小松由佳) Chika Hakozaki
リーンボックスの教祖。妖艶な外見の女性で、高飛車な性格の持ちベールを実ののように慕っているが、時たま暴走することも。見たとは裏に実は病弱
名前の由来はゲハ痴漢から。

犯罪組織マジェコンヌ Arfoire Syndicate of International Crime

本作における敵対勢。犯罪マジェコンヌを崇拝し、復活を論む組織であり、犯罪組織と銘打たれてはいるが、描かれ方はカルト宗教団体に近い。守護女神捕獲後の3年間で急に勢を伸ばし、中には背信行為と知って尚彼らに与する人間すら現れている。作中で下っ端らが「マジェコン」の頒布による信仰集めをしている姿がよく出てくる他、戦闘ロボットの生産なども行っている模様(名前はすべて実在するマジコン。なお、全種類に討伐クエストが存在する)。四天王英語CFW(Criminal of the Free Worldの略とのこと)は、しばしば海賊行為に悪用されるカスタムファームウェアが由来か。

マジック・ザ・ハードCV:たかはし智秋CFW Magic
マジェコンヌ四天王紅一点で、邪教を崇拝する人々にとっての守護女神的な存在。口数が少なくクール
トリック・ザ・ハードCV:上田耀上田燿司CFW Trick
マジェコンヌ四天王の一人で、難しいゲームクリアできず受験失敗した者たちの念から生まれた。びっくりどっきりメカ系の外見だが、幼女が大好きなロリコン趣味洗脳
公式サイトCVを間違えられている。
ブレイブ・ザ・ハードCV:伊藤健太郎CFW Brave
マジェコンヌ四天王の一人で、敵とは思えないほど純に子供を愛し正義感に満ち溢れた熱血。某勇者王のような外見をしている。貧しいためにゲームが買えない子供たちのために、マジェコンをばらまく。
ジャッジ・ザ・ハードCV:津田健次郎CFW Judge
マジェコンヌ四天王の一人で、ゲームが売れず夢を諦めたクリエイターたちの念から生まれた。某ホンダムのようなとても雄々しい外見をしており、言動も荒々しい。四天王の中では最弱。
下っ端(CV:皆川純子) Underling
犯罪組織マジェコンヌの構成員。どことなく日本一キャラ臭漂うデザイン女の子(?)。破壊工作からマジェコンヌの布教、果てはビラ配りまでこき扱われている下っ端。本名はリンダだがにも呼んでもらえない(ご丁寧に英語版でもunderling=「下っ端」)。
レチュー(CV:ニーコ) Pirachu
犯罪組織マジェコンヌに所属するネズミモンスター。悪知恵が働き、要領がいいため、しょっちゅう仕事サボっている。コンパちゃんの大ファン元ネタ割れ厨(Warez+厨房)。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

外部リンク

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%B6%85%E6%AC%A1%E5%85%83%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%A0%20%E3%83%8D%E3%83%97%E3%83%86%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%8Cmk2
ページ番号: 4610302 リビジョン番号: 2038520
読み:チョウジゲンゲイムネプテューヌマークツー
初版作成日: 11/04/14 16:30 ◆ 最終更新日: 14/06/14 00:54
編集内容についての説明/コメント: アイエフの記事へのリンク
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

超次元ゲイム ネプテューヌmk2について語るスレ

80 : ななしのよっしん :2014/03/17(月) 00:07:00 ID: sxq3br0NF5
mk2支配ENDトラウマな人はリバ2の新EDをみてほしいって
81 : ななしのよっしん :2014/03/31(月) 08:54:04 ID: wo7j05LYCh
聖剣エンドって言うからどんなもんかと思った真エンドコピペだった
新規絵もつなこじゃないし、まあリメイククオリティ
82 : ななしのよっしん :2014/03/31(月) 10:31:11 ID: SqmDkbQiQa
リバ1程ではないにしろ、ある程度の変は欲しかったねストーリー
Mk2で周回してると1周からもうダレる
REDぷちこも日がすの役にそのままぶち込んでるから浮いてる(特にRED
女神加入時のシェア操作がマジ面倒、せめて25くらいにしろよ
アイコンファルコムケイブごっぴ以外のメーカーイベント皆無
・かませジャッジ、空気マジック
仕様書加入教祖、まさか一切絡まないとは
BGMボイス音量ガバガバ(支配エンドノワとか)
・Vのギアを知ってるとMk2まんまのギアが凄いつまらない

いやまぁリメイクってこういうモンなんだろうけど直前のリバ1の出来が良かったし、シスターズジェネレーションとかいう大層なサブタイついてるしどうしても不満ばかり出てしまうよ
83 : ななしのよっしん :2014/04/01(火) 16:50:53 ID: beRYcTxARs
>>82
それでも結構いいデキだとは思うけどな
シェア調整はmk2の頃より楽になってるし
あとmk2主人公全開のネプギアをVよりに持ってたら不満噴出だろ
ただでさえVのネプギアの扱いに不満持ってる人わりといるんだから
84 : ななしのよっしん :2014/04/02(水) 01:28:05 ID: aI3dfpPeR5
>>83
>>82が言いたいのはMAGES.との絡みみたいなメカオタクとしての面が強調されたギャグイベントが追加されていないのが物足りないって事じゃないの?

DB症候群受けてないのがツマンネって意味なら氏ね
85 : ななしのよっしん :2014/04/02(水) 19:25:24 ID: SqmDkbQiQa
匿名の場だからと死ねとか軽々しく言うでないわ、最近の連中はそんな当たり前のこともわかんねぇのか

第一、83も、そうでないことくらい判るだろ
なんでギア主人公ゲームDB症候群望まなきゃいかんのか
リバ1が各キャラVやアニメノリネタを上手く混ぜてたろ、そういうのを期待してたらやはり残念に思えるだけだ
86 : ななしのよっしん :2014/04/03(木) 16:52:39 ID: beRYcTxARs
>>85
すまなんだ・・・
たしかに間違えてゼノグラシア見てテンション上がったり,ユニに盗撮カメラの説明してドン引きされるギアちゃんとか増えて欲しかったわ
87 : 天城KAITO :2014/09/23(火) 22:31:29 ID: WyCEXvW3uC
ケイの中の人三瓶由布子だったのかよハルトォォォォ!
88 : ななしのよっしん :2014/11/01(土) 22:37:37 ID: qJS+lAKcXq
>>87
こんな所に来てまで叫ぶ兄さんは嫌いだ……。
89 : ななしのよっしん :2015/11/25(水) 01:05:12 ID: 1YH/b32sqi
>>87>>88
次元にまで進出してくる決闘者次元は嫌いだ…。
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829