単語記事: 超獣機神ダンクーガ

編集

超獣機神ダンクーガとは、葦プロダクション(現:プロダクション リード)制作ロボットアニメである。
1985年4月12月までTBS系列で放送、全38話。

概要

主人公藤原達の教官であったシャピロキーツがムゲ・ゾルバドス帝国に寝返ったところからスタートする。

藤原結城沙羅司馬亮、式部雅人の4人はロス・イゴール長官の下、「獣戦機隊」を作り、ムゲ帝国に挑む。

それぞれにはイーグルファイター、沙羅にはランドクーガーにはビッグモス雅人にはランドライガーが配備された。このロボット達は「ノーマルタイプ」、「ヒューマノイドタイプ」、「アグレッシブタイプ」があり、イーグルファイター以外は獣に変形することが出来る。この4つのロボットは後に合体の封印が解除され、「ダンクーガ」というロボット合体できる。

シリーズ途中でロスの息子アラン・イゴールが「黒騎士隊」を結成し、飛行メカに変形可ロボットブラックウイングを駆って登場する。

このアニメTBS系列52話が制作予定だったが、打ち切りにより38話に短縮され、OVA完結編がリリースされることとなった。また、OVAで更に続編がリリースされ新たな敵「ディラド」の部隊と戦うことになる。

メカがいわゆるスーパーロボットでありながらそれを運用する主人公達が軍人というリアル系的な立ち位置にいるというのは当時としては新な設定であり、また魅的なキャラクターメカニック人気は、今なお衰えることがない。

一方で、作画が安定しなかったり脚本が支離滅裂だったりするせいで、スパロボファンからは「最もスパロボ補正を受けている作品」などと呼ばれることもある。だが、スパロボではOVAで登場した武器や映像メディアに登場しなかった没設定が登場するなど、追加された要素が多いため、これらを期待していたスパロボファンが肩すかしを食らったという側面がある事を記しておく。

なんにせよ、放送後20年を経てなお多くの人にされている作品であるのは間違いない。

主要キャラクター

メカニック

主題歌

OP1:「愛よファラウェイ」 ED1:「バーニング・ラヴ
・・・第1期のオープニング。詳細はそれぞれの項参照。

OP2:「ほんとのキスをお返しに」
歌:藤原理恵作詞冬杜花代子作曲:古本也、編曲戸塚
ED2「SHADOWY DREAM
歌:東郷和、作詞冬杜花代子作曲:東郷和、編曲戸塚

※OP、EDの第2期Ver.は打ち切りの為、わずか5回しか使用されなかった。

OVA

ダンクーガ放送終了後、OVAとして3作が発売されている。

失われた者たちへの鎮魂歌(レクイエム)

総集編+ムゲ帝国との最終決戦

葬られたはずだった第2期のOP、EDをそのまま使用している。

大張正己メカニックデザインを担当し、デスガイヤー専用機に「ザンガイオー」という名前を付けた。
よく「ダンガイオー」に名前が似ているとあるが、実はこの段階で「ダンガイオー」の名前が出ており、後に「破邪大星ダンガイオー」としてアニメ企画がたつ。

GOD BLESS DANCOUGA

ダンクーガOVA第2作。ダンクーガが「断」を使ったのはこの作品のみ。

この作品ではCDの発売元がキングレコードとなっているため、藤原理恵が担当してきたローラ・サリバンが笠原弘子バトンタッチされる。

この作品以降、藤原は「声優業はイヤ」とっていたが、後の「ダンクーガノヴァ」でゲスト出演している。

スーパーロボット大戦IMPACT」にて登場する戦闘BGM奇跡(ミラクル)」はこの作品の題歌。

小説版では、僅かだがエロ要素が追加されてる。

白熱の終章

ダンクーガOVA第3作で、完結作となる作品。全4話の構成で成り立つ。

一旦解散されていた獣戦機隊が再集結し、新たな敵「ディラド」との戦いに挑む。

ダンクーガデザインが簡略化されたため、一部のファンからは批判が出た。

また、最終話の際に雅人の代わりにシャピロランドライガーに乗り、死ぬまで戦った。

題歌は沙羅役の山本百合子が歌った「ためらいにピリオド」、そして最終話が獣戦機隊による「バーニング・ラヴ」。

その後の展開

スピンオフ作品として、長谷川裕一が「超獣機神ダンクーガBURN」という漫画を出している。1997年-1998年連載、単行本発行は角川書店

そして、続編として200年後の世界を描いた「獣装機攻ダンクーガノヴァ」が2007年アニメ化された。この作品では旧作キャラ声優として、F.S.役に矢尾一樹WILL役に若本規夫、ウラジミールに山本百合子がそれぞれ当てられている。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%B6%85%E7%8D%A3%E6%A9%9F%E7%A5%9E%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%82%AC
ページ番号: 4106242 リビジョン番号: 1777550
読み:チョウジュウキシンダンクーガ
初版作成日: 09/07/21 02:08 ◆ 最終更新日: 13/03/26 06:53
編集内容についての説明/コメント: 関連項目を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

超獣機神ダンクーガについて語るスレ

103 : ななしのよっしん :2016/12/08(木) 07:36:50 ID: FWf2rFeh2R
放送当事は製作でもダンクーガ合体後は作画合体前のビックモスと間違うほどみたいだったけど・・・
104 : ななしのよっしん :2017/02/04(土) 17:45:15 ID: Qq3L33nbMq
いろいろあって2週に突入したけど
話の面さは80年代としては中程度って感じで
80年代ロボットアニメの代表として持ち上げるのは辛い感じ
決してダメな訳じゃないんだけど…ってイメージ

話は基本は悪くないんだが、4クールだとネタ切れ気味になるのと
過ぎてギャグどないから、ネタ切れ気味回の繋ぎが難しい
良くも悪くも今アニメ的な部分の芽みたいな要素が多いし
なんかOVA要素も含めて最近の2クール深夜アニメとしての方は映えそう
最もそれを昭和にやったのがある種ダンクーガの知名度に繋がってるとも思うが
105 : ななしのよっしん :2017/05/21(日) 03:52:13 ID: lTeNQrULMZ
ガンダムWと並んで、当時の実態とスパロボスタッフの贔屓の差がしいからなぁ
ライディーンより参戦多いってのはどう見てもおかしい
106 : ななしのよっしん :2017/05/24(水) 22:23:08 ID: c3z6wwcx2q
打ち切りかったら、シャピロローラの関係やらルーナと沙羅の戦いやらが描かれたらしいね
107 : ななしのよっしん :2017/05/31(水) 21:04:39 ID: pgNyeUb4q+
>>105
軍に属してるスーパーロボットってところが扱いやすいんだろう
ムゲはいないのにダンクーガはいるっていうパターンも何度かあった気がするし
Vでヤマトが参戦したけどヤマトクルーの獣戦機隊って感じでもできるかも
やっぱりムゲがあってシャピロもいてってのが一番いいと思うけど
にしても一話から裏切る上官っていう展開はしい気がする
108 : ななしのよっしん :2017/07/17(月) 07:38:11 ID: osvk2Yqwf4
スーパー系とリアル系の渡し的な役を担ってる印だな
109 : ななしのよっしん :2017/09/19(火) 17:26:09 ID: bT8GjXkR8W
合体するのに20話近く掛かるのは出し渋ってるのかやる気なかったのかどっちなん?
110 : ななしのよっしん :2017/09/20(水) 19:37:03 ID: fTkd2Tfgtu
テコ入れの恐れも微レ存
111 : ななしのよっしん :2017/10/12(木) 02:38:51 ID: FWf2rFeh2R
>>109 ブースターのあるダンクーガ20話になろうがでないから出ないと言われてただけ。制作からしたらチームワークでということ
112 : ななしのよっしん :2017/10/17(火) 18:36:55 ID: FWf2rFeh2R
軍機違反をしそうなものばかり集めた話なんだから
何かで1機でも出撃出来ないときは合体できないような感じにしてただけ
ビックモスでいないときは合体が遅かったりする
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829