単語記事: 足利

編集

足利あしかが)とは、日本苗字、地名である。

苗字としては室町幕府将軍を務めた源氏足利氏が著名。下野足利足利荘(現栃木県足利)発祥。安時代、の子、義康が足利を称したのが始まり。頼系の源氏が絶えた後、氏の嫡流として鎌倉幕府の御人として活躍した。のち尊氏の時に征夷大将軍となり、室町幕府を開いた。室町幕府の終焉ののち、直系は断絶している。

鎌倉古河がある。貞和年間に東支配のため足利尊氏の子、足利基氏が鎌倉派遣されたのが始まり。4代足利持氏の時に6代室町将軍足利義教と衝突した。持氏の子・成氏の時に下総古河に移った。しかし、義氏の時に断絶してしまう。室町幕府滅亡後、2代古河足利政氏の次男・足利義明から始まる小の裔・足利古河の再豊臣秀吉に許されて下野喜連川(現栃木県さくら喜連川)に領地を得た(この辺りのことは「足利義氏」項にて詳述)。江戸時代には喜連川氏に称し、喜連川となる。明治期には子爵となり、足利苗字を戻している。但し、途中何度か養子が入っている。

にもう一つがある。11代室町将軍足利義澄の子、足利義維が細川氏・三好氏に迎えられ那珂荘(現徳島県阿南那賀町)に住んだ。義維の子、足利義栄を十四代室町幕府将軍に輩出しているが次第に勢は衰えていき没落。江戸時代蜂須賀氏の客将として扱われており、苗字を変えていたが、幕末を離脱し苗字足利に戻している。そのため、士族となれず民となってしまった。但し、こちらの方が直系(つまり足利義昭)に血は近く、また、養子が入っていないため初代義康からの男系子孫である。

足利苗字とする武にはもう一つ、安時代に藤原氏の足利氏が存在した。足利氏と同じく足利荘発祥。藤原秀郷流という。方についたため没落した。

現在足利姓は全各地に偏在しているが、特に秋田県秋田付近や岩手県一関付近などで多めにみられる。

足利氏から分家した諸流

足利氏鎌倉時代に数多くの分を出しており、後々まで存続して活躍した名門も多い。

さらに吉良氏からは今川氏が、斯波氏からは最上氏などが出ている。

戦国時代今川義元最上義光忠臣蔵で有名な吉良上野介、総理大臣になった細川護煕など、元を辿れば皆足利の一門である。

これらの一門が室町時代には各地で守護として権勢をふるった。

曖昧さ回避

人名

実在の人物

源姓足利氏宗家・室町将軍家
鎌倉公方・古河公方・喜連川氏系
藤原姓足利氏

架空のキャラクター

地名

その他

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%B6%B3%E5%88%A9
ページ番号: 4711283 リビジョン番号: 2278583
読み:アシカガ
初版作成日: 11/08/30 19:16 ◆ 最終更新日: 15/10/23 05:39
編集内容についての説明/コメント: 誤字を修正、現時→源氏
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

足利について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2012/08/28(火) 23:15:15 ID: Thtg40CvFQ
読みやすく、面い記事ですね
です
2 : ななしのよっしん :2013/06/25(火) 22:46:19 ID: GANrP17jvA
どうせなら足利勇気を太字にしてほしかった。
3 : ななしのよっしん :2017/05/02(火) 01:37:39 ID: xa7GmRu+du
足利足柄を稀に混同する
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015