編集  

車載放送単語

シャサイホウソウ

車載放送(しゃさいほうそう)とは、自動車二輪車等の車両カメラを積載して、生放送配信をすることである。動画については「車載動画」の記事を参照。

概要

簡単に言えば、車載動画生放送版である。生車載車載生放送車載配信とも呼ばれている。ともニコニコ生放送では、2009年頃に配信が増加した。ニコニコ生放送で配信する際のタグは、この記事に繋がる車載放送タグではなく、車載タグを付けるのが一般的である。大部分は、ノートPC(デストクトップPCを使っている強者もいる)からの配信だが、最近では、スマートフォンiPhoneなどのポータブル端末・携帯端末、iPadGALAXY Tabからのタブレット端末からの放送、テザリングによる放送も増えてきた。

ちなみに配信者の性別は圧倒的に男性が多い。一応、女性生放送主もいるが、ごくわずかである。

また、ニコニコにおいては、一般的に車載放送をしている人を生放送主とは言わず、車載車載放送、または車載生主と言われることが多い。

配信方法

配信方法は複数ある為、な物をいくつか挙げておく。

主に用意するもの

ここで絶対に必要なものをここに例示する。詳細で特別必要なものは各方式の節の冒頭に例示する。

機材
配信ツール

PC+Webカメラで配信する

ノートPC+モバイル回線

詳細に必要なもの
方法

助手席(二輪車バイクなどは後ろの荷台、自転車リュック)にノートPCを積み、WebカメラWifiルーターを繋げて配信する方法。最も一般的でポピュラーな配信方法である。なお、Wifiルーターにおいて、電波の良さはやはり、docomoが一番といっていいだろう。(ちなみにイーモバイルは、山間部などは全く電波がない。)

また、配信すればバッテリーが減るのも当然で、長時間配信(特に、日中の予約)をする方はシガーソケットからPCに充電できる機関を用意すべきであろう。

そして、悪路などを走行する場合はWebカメラが落ちるのも当然なので何らかの固定対策が必要である。

さらに、高画質配信をしたい方は、FMEXsplitNLEなどの高画質配信エンコードソフトの使用を推奨する。

バイク原付自転車に関しては、ヘルメットカメラを装着するマウント方法(いわゆる殿様マウント)や、胸部や部あたりにカメラを装着するマウントハンドルに付けるマウントが一般的である。なお、ハンドルマウントは相当の振動があるため、何らかの対処が必要である。

また、安全面で運転中の操作の負担を軽くするため豆ライブ(豆ライブ改)という外部配信ツール配信たんというNwhoisプラグインツールなどの配信支援ツールが外部サイトリリースされている。

また、運転中の時はコメントが見えないので、棒読みちゃんなどの読み上げソフトの使用を要推奨する。

使用しない場合でも、USBなどでPCに繋げられるサブスクリーンが電器店で売っているので、それを装着すると良い。

ノートPC+テザリング回線

詳細に必要なもの
方法

携帯端末などでテザリングをして、配信する方法。Wi-Fiを利用するWi-Fiテザリングと、USBで直接PCと端末を繋ぐUSBテザリングが存在。

Wi-Fiテザリングは上記のWi-Fiルーターを利用する方法と基本的には同じ。
但し、ルータータイプと違い、AOSSや簡単設定などの簡易な設定手段がいため、Wi-Fiの設定は手動となる。
USBテザリングVista以降のWindowsならば繋いで端末でテザリングを有効化するだけとお手軽だが、PCで端末を充電するためPCの電的に負荷が大きい。
この場合、端末内に仮想的にローカルエリアネットワークが形成され、端末はネットワークアダプターとして認識されるのが一般的である。

どちらの方法もルーターと同じ役を端末が負うが、基本的にポート開放等はできない。

デスクトップPC+モバイル回線・テザリング回線

詳細に用意するもの
方法

少数だが、やっている人がいるので紹介。文字通り、助手席にデスクトップPCを積んでいる。場所取りのために、助手席を犠牲にした人もいる。

一部の人からは、この配信方法を使っている"botカー"と呼ぶ。

なお、この方法は膨大な電を消費する為、たびたびバッテリーあがりを起こす恐れがあるので、初心者の方はあまり推奨しない方法である。どちらかと言えば、PCに精通した人や、車載放送に慣れてきた中級者向け

PC+一眼レフカメラ(デジイチ)・高画質デジタルカメラで配信する

PC+Wifiルーター+HDMIコード+DMC-GH2・HDRカメラなどの一眼レフカメラ・高画質デジタルカメラ

詳細に必要なもの
方法

Wifiルーターに関しては上記と同じなので割愛

PCデジタルカメラに、HDMIコードを繋げて配信する方法。

これに、FMEXsplitNLEなどの高画質配信エンコードソフトを使用しようするとより高画質になる。

DMCシリーズ(デジイチ)に限っては、逆さマウント(天井に逆さまに装着して配信する方法。)が流なので、Xsplitが必ず必要である。(Xsplitで逆さま状態を直すため。)

スマートフォン端末、iPhone・iPad、タブレット端末で配信する

iPhone・iPad(ニコニコ公式配信アプリ)

必要なもの
配信ツール
方法

ニコニコ公式配信アプリiPhone、またはiPadから配信する方法。メリットはすぐに持ち出せて外配信へ切り替え可なことである。この場合は、固定する為にiPhone/iPad用の吸盤マウント、またはカーエアコンの排気口に付ける缶ホルダータイプの固定マウントが別途で必要である。(カー用品店や電器店、またはホームセンターへ行けば必ず売っている。)

電波画質はあまり保しない。(特に山間部)

また、吸盤マウントの場合でフロントガラスに付ける位置によっては交法に触れる可性があるので注意されたし。

Android端末・タブレット(NME)

必要なもの
機材
配信ツール
方法

Android端末・タブレットから、NMEを用いて配信する方法。2012年NMEリリースから急に増えてきた。メリットは、すぐに持ち出せて外配信へ切り替え可なことである。この場合も、iPhoneと同じように固定用の吸盤マウント、またはカーエアコンの排気口に付ける缶ホルダータイプの固定マウントが必要である。(こちらも、カー用品店や電器店、またはホームセンターへ行けば必ず売っている。)

なお、NMEアプリは、下記の開発者がオーナーコミュニティである「ひまわりストリーム」のコミュプロフィール掲示板から入手できるので参照されたし。

また、吸盤マウントの場合でフロントガラスに付ける位置によっては交法に触れる可性があるので注意されたし。

さらに、Google Playストアにて無料または有料のコメント読み上げソフトがあるので、安全面を考慮するため、インストールを要推奨する。

今ココなう!を使用する

車載放送明期の頃は、放送中にリスナーから「現在地は?」などと、現在走行している場所を聞かれることが多々あり、またリスナーが来て聞かれる毎に答えなければならかったため、少々面倒であった。これに対抗するために、有志のユーザーなどが「今ココなう!」というGPS連携による位置送信サービス、及びスマートフォンアプリを開発した。これは外部支援ツールの1つで、ニコニコ公式とは直接関係はないが、あると非常に便利なので、搭載をオススメする。使用料、ダウンロード料は無料である。使用方法は、「今ココなう!」の記事を参照。スマートフォンiPhoneにおいては、Google Playストア、ならびAppleストアで「今ココなう!」と検索すると出てくる。なお、NMEの放送に置いては、同様のサービスがあり、NMEを使用する場合のみなくてもよい。

さまざまな種類・形態の車載放送

自動車

最も一般的な車載放送軽自動車からスポーツカーオープンカー、なかにはフェラーリマツダAZシリーズなどの高級まで、いろいろなタイプ自動車から車載放送する形態。オープンカーの人は、の日の時は放送設備の没に要注意。

トラック

に、運送業者を仕事としている生放送主がやることが多い。軽トラックから大トラック、大トレーラーまで、さまざまな運送車両から車載放送をする形態。運送車両のため、高速道路を走行していることが多い。稀にデコトラからの放送がある。

バス

路線バス高速バスに乗って、最前列の席に座ってフロント部分、または側席に座って側面の部分へカメラスマートフォン端末のカメラを向けて車載放送する形態。ごく稀に運転手自身が車載放送することもある。夜行バスでやるときは就寝時間以降はやらないのがマナーである。明朝時間もまだ寝ている乗客がいるため、やらない方がいいだろう。また、高速バスでコンセントがついていないバス電池切れに注意。

特殊車両

稀に配信している人がいるので紹介。特殊車両とは、ショベルカーやクレーンなどいわゆる"働く"である。また工事車両のみならず、出前カフェクレープ屋などの出店車両から放送し、お店の様子を中継、宣伝している人もいる。

バイク・スクーター・原付

バイクスクーター原付から車載放送する形態。マウントはヘルメットマウント、いわゆる"殿様マウント"であることが多い。オープンカーの人と同じようにこちらも放送設備の没に注意。放送を強行する場合は何らかの防設備の用意を要推奨する。ただし、スマートフォン端末で防加工の端末ならば必要ない。

また、バイクスクーター原付で放送している人は、車載タグとは別に、バイク原付などバイクに関連するタグが付いていることがある。

自転車

自転車から車載放送をする形態。シティバイク、いわゆる""ママチャリ"から、スポーツバイクロードバイククロスバイクマウンテンバイクなど自転車の種類は多岐にわたる。稀に、後輪二輪で三輪タイプ自転車から放送する人もいる。こちらも、放送設備の没に注意。放送を強行する場合は何らかの防設備の用意を要推奨する。スマートフォン配信で防加工の端末ならば必要ない。

また、自転車で放送している人は、車載タグとは別に、自転車ロードバイククロスバイクなど自転車に関連するタグが付いていることがある。

レンタカー・レンタバイク・レンタサイクル

レンタカーレンバイクレンサイクル業者からを借り、自前の車載放送設備を搭載して放送する形態。上記の自動車バイクの項とほぼ変わらないが、なかには大トラックを借りて放送する人も稀にいる。放送主が出かけるごとにが変わるため、視聴者は毎回違った感覚で放送を楽しむことができる。放送する方は、レンタカーレンタルする際はクレジット払いが多いので注意が必要。(現レンタル車両もあるが、かなり限られてくる。)また、免許取得直後(特にわかマークの人)は、業者規定により借りられない所もあるのでこちらも注意が必要。(免許取得日から○ヶ~○年まではレンタル不可という規定がある。)

ただし、レンサイクルの場合は現や交通系の電子マネーで支払うことが多いので安心されたし。

痛車・痛単車(痛バイク)・痛チャリ

アニメなどのキャララッピング、いわゆる痛車・痛単痛チャリから放送する形態。レンタカーと同じく、自動車の項と変わらないが、痛車で際立って立つため、よく通りすがりの通行人にチラチラ(またはジーッと)見られ、たまにカメラ線になることも…

視聴者からは残念ながら放送主カメラのボディに向けない限り痛車デザインを見ることができない。ただ、一部の人は内装も凝っていることもあり、そういったデザインは見ることができる。

痛車車載放送している人は、よく車載痛車タグセットで設定していることがある

鉄道

鉄道展望動画生放送版。列車車窓カメラを向けて放送する形態。電車載放送鉄道車載放送と呼ばれる。また鉄道といっても分野が広く、鈍行列から特急列車新幹線まで、また路面電車ライトレール、索道(ケーブルカー)やロープウェイから放送する人もいる。ちなみに立山トロリーバスがあるが、全キャリア電波が届かないため、放送は物理的に不可能である。また、バスと同じく、コンセントが設置されていない列車では電池切れに注意。(特に緩行列)

船・フェリー

もはやタイヤがない乗り物ではあるが、一応紹介。船載放送(せんさいほうそう)、船載配信(せんさいはいしん)と呼ばれる。文字通り、船や甲デッキから外にカメラを向けて放送する形態。定期フェリー、遊覧船、連絡船からの放送が圧倒的に多い。さすがに、船を握ってる人からの放送はないが、まれに漁船からの放送が存在する。そういった放送は、大抵釣りをしに行っている人の放送である。ただ、へ行くほど電波が薄くなるため、遠いからの放送は現実的に不可能である。

また、からのみならず、、池からの船載放送もあり、船の大きさによっては、舟載放送と当ててもいいだろう。

その他の形態放送

その他、内からの放送以外にも、車載放送と呼ばれたり、車載タグが付くことがある放送を紹介。

車載オフ放送

各地で行われる車載オフの模様を放送する形態。co7800のオーナーであるかずさのすけ氏が年2回催する大規模な車載動画オフを筆頭に、各自で行われる小規模なオフまで、様々なオフ会の模様が放送される。

レース・痛車展覧会放送

道路ではなく、鈴鹿サーキットツインリンクもてぎなど、レース道路で行われるレース大会や、痛Gなど、各地から痛車が集まってお互いのを紹介しあう痛車展覧会などの模様を放送する形態。

公式放送での車載放送

公式放送では車載放送を滅多にやることがなかったが、2011年ニコニコカー誕生を皮切りに、徐々に増えてきた。ニコニコカーを中心に日本各地を放送したり、2012年新東名高速道路部分開通では、バスで実際に走って開通したばかりの道路の様子を放送。ニコニコカー公式企画ニコニ公式キャラバンでは、2011年10月2012年3月に行われたかずさのすけ催の車載動画オフの模様を中継放送した。また、からではないが、痛Gなどの大規模な痛車展覧会の中継もされた。

関連動画

関連コミュニティ

車載動画・車載放送関連ポータルコミュニティ

上記のコミュニティは、車載放送車載動画を専門としたポータルコミュニティで、でも車載放送をすることができる。ただし、ニコニコ車載動画(co6)、ニコニコ生車載動画(co7800)以外のコミュは、地域を限定したり、特定種を専門としているため、放送をするときは注意が必要である。また、各個人のコミュニティを持つ車載放送については、「ユーザー生放送:野外配信者一覧」を参照。

車載放送用外部支援ツール配布コミュニティ

豆ライブ・豆ライブ改関連

※機については「豆ライブ」の記事を参照。

nwhois・配信たん関連

 

※機については「nwhois」の記事を参照。

NME(ニコ生モバイルエンコーダー)関連

※機については「NME」の記事を参照。

その他の外部ツール・プラグインツール

Wangdora氏が製作する棒読みちゃんプラグインツールがあり、特定市町村に入るとそのご当地の生主が「○○○○に、入りました」とSEで読み上げてくれる。他にも、東北ずんこなどのVOCAROIDVOCAROID+で読み上げが可になるプラグインツールもある。また、上記の配信たんの使用期限が2013年1月1日になっていたため、製作者から許可をもらい、パッチを当てて使用期限を伸ばした配信たんが配布されている。(後述の関連リンク参照)

外部支援ツール・高画質エンコードソフト(FME・NLE・Xsplit)・NMEテストコミュニティ

※詳細は「テストコミュニティ一覧」の記事を参照。

関連商品

関連項目

外部リンク

下記参考サイトや外部ツール配布サイトチェックするとより車載放送を理解できるので閲覧を推奨する。

最後に

当たり前だが一番重要な事なので提言しておく。くれぐれも、安全運転法令遵守車載放送を楽しみましょう!!


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%BB%8A%E8%BC%89%E6%94%BE%E9%80%81
ページ番号: 4639506 リビジョン番号: 1788018
読み:シャサイホウソウ
初版作成日: 11/05/25 02:14 ◆ 最終更新日: 13/04/09 14:14
編集内容についての説明/コメント: 必要なもの追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

車載放送について語るスレ

6 : ななしのよっしん :2013/10/11(金) 08:45:56 ID: Kwl/L6GywP
車載放送って事故多いんだよな
が危険物である事を理解してから免許とって欲しいわゆとりは。

何で携帯で通話して運転するのがダメかいつになったら理解できるんだ
この犯罪者たちは



7 : ななしのよっしん :2014/03/30(日) 16:11:01 ID: D9Dzxthgmv
>>6

運転中にケータイアウトなのは論だが、車載機器は法的には線機器類に相当するので罰則適用外なんだぜ。ちなみにそうであっても使用のために交通の危機を起こした場合、3ヶ以下の懲役又は5万円以下の罰、が適用される場合があるので注意。
8 : ななしのよっしん :2014/03/30(日) 16:12:56 ID: D9Dzxthgmv
もっと細かく書くと、ハンフリーである事とハンドルを離す必要がない仕様である事、に該当しない場合はアウトなのだ。
9 : ななしのよっしん :2014/09/20(土) 02:32:05 ID: s6cVOGyppD
中に長距離移動してる放送を見ながら寝ると何とも心地よい。
10 : ななしのよっしん :2014/10/03(金) 17:02:52 ID: n92aS4Yf/B
絶望的なほど面くない放送だらけ
11 : ななしのよっしん :2015/01/18(日) 21:39:14 ID: BBoJyRoZCb
生放送記事カテゴリ変更したら?
12 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 08:34:13 ID: LgeJ920sOa
作業の片手間に見ると結構いい
13 : ななしのよっしん :2016/09/12(月) 19:49:34 ID: LgeJ920sOa
普通車の配信はまったりだけどトラック車載はたまに配信者の素が出るのが嫌になって見なくなったな
14 : ななしのよっしん :2017/05/16(火) 06:46:07 ID: 8EGqwH7WIa
運送業やってる人の車載配信は繊細すぎるというかたまになんでキレてんのって場面に遭遇するな
15 : ななしのよっしん :2017/12/15(金) 14:15:11 ID: hdkz4OoJ0f
>>10
車載配信なんてそんなものだろ
なにとべてんだか
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829