編集  

転がるネイマール単語

コロガルネイマール

転がるネイマール(Rolling Neymar)とは、ブラジルサッカー選手ネイマールサッカーコートなどの間に転がる様子を表す言葉である。「演技が上手い」という皮として「劇団ネイマール」とも呼ばれる。

概要

もともとネイマールはわざと倒れるなどの過剰な被ファウルアピールダイビングシミュレーションと呼ばれる)をしがちだと批判が一部で上がっており、「ダイバー」「サッカーの上手い劇団員」などと揶揄されることがあった。

転がるネイマールが注されるようになった最初のきっかけは、2018FIFAワールドカップグループEで6月28日に行われたブラジルセルビアの試合である。セルビア背番号22の選手と接触した後、ネイマールが妙に長く転がる様子がカメラに映し出された。2018FIFAワールドカップでは、審判の補助として導入されたVARビデオアシスタント・レフェリー)によって、ファウルが疑われる行為の前後の映像が映し出されやすくなっており、それが転がるネイマールが注された一因と考えられる。

その後、後述するようにこのネイマールが転がる様子を別の動画と合成したgif画像やMAD動画海外日本ともに流行し始めるようになる。

さらにその後、7月2日に行われたメキシコ戦でも相手選手と接触し、長い間うずくまったり転がり回ったりする様子がカメラに映し出され、「いくらなんでもオーバーリアクションすぎるのでは?」と話題になった。ある海外メディアが計測した結果によると、ここまでのワールドカップ4試合でネイマールが倒れていた時間の合計は14分になるとも言われている。

7月7日ベルギー戦でもダイブし、審から注意されるもあったが、ブラジルはここで敗退したため本大会の転がるネイマールはここで見納めとなった。しかし、7月10日フランスベルギーで、フランス代表のエムバペ(ムバッペ)が相手のスローインの際にボールを渡さず、試合の進行を遅延させたとしてイエローカードを受けた際、ネイマールの名前が引き合いに出されるようになっていた。

なお、「審判団が彼を守っていない」「手に転倒しているのはケガの防止のためである」「メキシコ戦の際は足首をスパイクで踏まれており、大げさに痛がっているわけではない」というネイマールを擁護する意見も見られる(元ブラジル代表のロナウドトニーニョ・セレーゾなど)。一方で、ロナウドは「イエローカードを狙いすぎている」「ネガティブエネルギーをもっと有効活用すべきだ」と、ネイマールに対する批判もともに述べている。

ネイマール自身は敗退以前のインタビューでは特に批判については気にしていない様子だったが、敗退後の感想として、また後述するネットミーム化についてどのように思っているのかは不明である。

ネットミームとしての流行

いち転がるネイマールを取り入れたとされるのは南アフリカケンタッキーCMである。転がり始めた選手がそのままスタジアムの外まで出ていき、ケンタッキーの店まで転がり続ける…という内容。放送開始日は6月15日であり、転がるネイマールが話題になるのを見越して製作したと噂されている。

6月末のセルビア戦以降、「転がるネイマール」を素材にしたgifMADが流行し始めた。日本ではデジモンアドベンチャーのOP「Butter-Fly」と合わせたものが、作詞作曲者が巡回して感謝コメントを残すほど知られている。

また、7月5日ごろから「ネイマール!」という掛けや、他人の手などが体に触れたのを合図にして、一人ないしは大人数が一斉に倒れ転がり始めるという「ネイマールチャレンジ」なるものも流行し始めており、ハッシュタグ#NeymarChallenge」でその様子をい知ることができる(Twitterのモーメントリンク)。7月13日には全く関係ないはずのテニスウィンブルドンの試合で、背中ボールが当たった際にジョークとして真似をする選手が出てきており、各方面に影を与えている。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%BB%A2%E3%81%8C%E3%82%8B%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB
ページ番号: 5534598 リビジョン番号: 2607651
読み:コロガルネイマール
初版作成日: 18/07/05 20:00 ◆ 最終更新日: 18/07/15 16:00
編集内容についての説明/コメント: ウィンブルドンについて追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

転がるネイマールについて語るスレ

77 : ななしのよっしん :2018/07/15(日) 16:08:31 ID: m8CfUF2DnE
相手のラフプレーから身を守ったり、試合を有利に運ぶためにダイブが必要なのは分からなくもないけど、メッシロナウジーニョみたいなガチの最高クラスの選手は基本やらないんだよなぁ。
78 : ななしのよっしん :2018/07/15(日) 16:15:39 ID: U6ZNPwZjAt
ネイマールを転がすだけの雑なゲームとかありそう
79 : ななしのよっしん :2018/07/15(日) 16:26:09 ID: ItCphTLJYK
>>73
バスケは個人の退場だけでなく、チームファウルの制度があるから、積極的にファールやらせるというのは有り
「ハック・ア・シャック」のように、意図的にファールを与える戦術もあるし、
試合終盤だと、あと何回ファールできるかが重要になってくるしね

ファールを貰いに行くのがダメなら、コーナーキックの時に届かないのにジャンプしたり、
ロングボールに対して小柄な選手が競ったりするのもやめさせろという話になる
相手にボールまで届くと誤認させて、ファールを貰おうとしているわけだから
80 : ななしのよっしん :2018/07/15(日) 21:27:02 ID: jsirxXYnBH
転がるネイマールVS止まらないオルガ
81 : ななしのよっしん :2018/07/16(月) 01:14:10 ID: JhlJbb04eR
ファールやシミュの成否問わず、10カウント取って起き上がらなかったら10分間出場停止にしろ
あからさまなWIN-WIN籠や1点取ってイタリヤよろしくの全守備はいいが
子供だましですらなくなった演技でショー遅延させるのは本当につまんねぇわ

他のコンタクト系コートスポーツ知らんけど、こんなに転がるもんなん?
バスケのうろおぼえな記憶じゃこんなにひどくなかったような気がするんだけど
82 : ななしのよっしん :2018/07/16(月) 09:47:17 ID: MPWCUk9cgj
躍動感が凄いから許せるぞオイ
83 : ななしのよっしん :2018/07/16(月) 15:09:33 ID: cikGFvlkM2
>>81
カウント9.99で起き上がる熱い展開が頻発しそうだ
審判もカウント取るの後半になったらやたら長くなったり
84 : ななしのよっしん :2018/07/17(火) 06:07:44 ID: 5cPI2VIQGi
>>64
禁止事項に罰つけたら払えばやってもいいと解釈するが増えたって話と似たようなアレだよね
85 : ななしのよっしん :2018/07/20(金) 02:49:15 ID: Ez/wlPSZdH
>>83
悪徳審判ヒールシミュレーションだけ見てみぬふりしそう
サッカーヒールって何だよ
86 : ななしのよっしん :2018/07/21(土) 11:45:35 ID: 64A5STOSB/
>>85
カカトで蹴ることでしょ。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829