単語記事: 逃走中

編集


お金が欲しい…


つかった
確保
自首も勝ち
ハンターだ・・・
ハンターだ・・・ ハンターだ・・・ 制限
 
ハンターだ・・・
  かが
やってくれる

確保
ハンターから
逃げ
    切れば
逃走中ロゴ 確保
ハンター
来てます!!
見つかった・・・ 見つかった・・・
  獲得できる
それが・・・

逃走中
ハンターだ・・・
逃走者の位置情報がハンターに・・・

他人任せな男
見つかった・・・ 見つかった・・・ 誉れ
     しかないよ

INFORMATION

Nintendo 3DSソフト逃走中 あつまれ!最強の逃走者たち」(バンダイナムコエンターテインメント) 発売中

中 は こちら

逃走中とは、フジテレビ系で不定期に放送されているリアルタイムサスペンスバラエティ番組。

2004年10月から深夜の単発番組で6回、2007年4月から深夜番組『クロノス』の中で4回、同年10月からプライムタイムの番組『ジャンプ!○○中』の中で5回、2008年4月以降は放送形態が単発に戻り、現在ゴールデンタイムで放送されている。

概要

一言で言ってしまうと「を懸けた鬼ごっこ」。以下はな要素に触れながら説明していく。

逃走者

出演者でありゲームプレイヤーでもある。初期は10名前後、現在は18名前後、大きな回では20人以上参加することもある。現在の最高は30人。

出演者にはタレント芸人アイドルはもちろん、宣伝も兼ねて俳優女優、さらには現役・元を問わずスポーツ選手も参戦する。時には中々バラエティには参加しない人が参戦することも。基本的にはタイプがばらけるようなキャスティングだが、回によっては数人ほどある程度テーマが共通する人達を集めることも。

エリア

ゲームの舞台となる場所。中や、番組が貸し切ったテーマパークの中で行う。基本的に私有地は立ち入り禁止。屋内に入れる場所も定された場所のみ。論、交通法規も厳守。広さは東京ドームの個数で表される。

初期では下記に表す通り中だったが、最近では番組も有名になったことからパニックも想定されるということで、番組が貸し切った施設内がほとんど。しかし、ここ最近では地戦もちょろちょろと復活中。

時間

ゲームの制限時間。このカウントがゼロになるまで逃げ切れば「逃走成功」となる。初期は60分程度、放送が長くなるにつれ80分→90分→100分と伸びていき、3時間スペシャル流の現在120140分と初期の倍になっている。

賞金

Run for Moneyのために逃げる)」の通り、逃走者には逃げた時間に応じて賞が与えられる。その賞はいわば「秒給」。1秒逃げるごとにルールによって決められた額(100300円)が加算されていく。1秒100円でも1分で6000円、60分=時給にして36万円も得られるのだ。ただし、賞を得るためには最後まで逃げ切るか、後述の自首をすることで初めて自分の物にすることができる。

ハンター

鬼ごっこは「」がいなくちゃ始まらない。そのを務めるのが「ハンター」。スーツサングラスアンドロイドである彼らに触れられば「確保」となり、ゼロゲームからも排除される。

ハンター(逃走中)」の項も参照されたし。

自首

逃走成功と同じくもう1つの賞を得る手段。それが自首である。公衆電話から申告したり、特定の人物に宣言することで自首成立となり、成立時に貯まっている賞を持ち帰ってゲームから離脱できる。ただし、特定の条件があったり、手間のかかることをしなければならないなど、決して簡単に自首できるわけではない。

何かと批判されがちなシステムだが、いくら逃げようとも確保されてしまえば賞ゼロ。たとえ賞がちょっとだろうかミッションに参加しなかろうが、賞を手にすることが出来て初めて「勝ち」なのだ。

ミッション・通達

ゲーム途中では逃走者に対してミッションや通達が発令される。ミッションでは与えられた課題をクリアすることでアイテムの獲得や賞額がアップなどのボーナスが生まれる。しかし、失敗してしまうとハンターの追加やエリア封鎖といったペナルティが発生する。

ミッションエリア内を大きく動くものや、大勢で集まる物がほとんどであり、その分ハンターに見つかるリスクや体を消耗することになる。危険を冒して遂行するか、ペナルティを受け入れて動かないかといった葛・駆け引き・決断も重要である。決して「ミッションに動く人=偉い」「ミッションに動かない人=クズ」ではない。

以下はミッションの内容・通達である。

時限装置解除

プレイヤーに装着された時限装置を時間内に解除する。タイムアップ時に解除できていないと強制失格ハンターを呼びよせるアラームの音量が増してしまう。

解除には繋がっているコードの中から正しいコードを切ったり、他の人と落ちあってカードキーなどを使って解除しなければならない。

賞金アップ

クリアするとミッション終了時から賞単価がアップしたり、逃走成功時の賞が上乗せされるミッション。最近ではミッション参加に伴うリスクに加え、賞アップと引き換えにハンター放出、失敗すると減額といったペナルティが課されることも。リスクを冒さず確実に賞をもらいに行くか、大を夢見てミッションに挑むか、逃走者の人間性が垣間見えるミッション

ハンター放出

一番メジャーミッション定時間になるとハンター放出される。阻止するには定地点まで行き、ハンターボックスを封印する必要がある。初期は1人で封印すればクリアだったが、次第に2人以上の協が必要な物、アイテムが必要な物、失敗すれば逆に放出が確定してしまうものなど一筋縄ではいかなくなっている。ゲーム序盤では1体~3体放出程度だが、終盤になると10体や30体、場合によっては100体など桁違いの放出がかかっており、放出しようものなら逃げ切りはほぼ絶望的になる。これまでに逃げ切り成功した回でのハンター最高数(封鎖エリアに放たれた分や一旦放出後消滅した分を除く)は14体。

通報部隊・ハンターヘリ投入

ロングレッグマンや軍団などの通報部隊が投入、逃走者を見つけるとや太鼓で知らせハンターを呼びよせてしまう。ハンターヘリでは上から監視を行い、逃走者を見つけた時点で地上のハンターへ位置情報通報する。どちらも終盤戦のハンターが多い状況で投入されるため、通報されれば逃走成功は厳しくなってしまう。

復活チャンス・敗者復活戦

どちらも確保された逃走者にとっては賞獲得へのラストチャンス。復活チャンスでは、まだ生き残っている逃走者が定された課題をクリアすることでミッション発令時点で確保されていた人のうち1~3人の逃走者を復活させることができる。復活させる人は自分で選べる場合と抽選になる場合がある。また、賞に関しても復活者は自首不可・賞は半分となり、残った半分は復活させた人がもらう場合がある(つまり、復活させた人は賞の多寡はあれど獲得のチャンスが上がる)。

敗者復活戦ではゲームタイマーがストップ(その時点で生き残っている逃走者は確保されない)する。確保された人は時間内にミッション(大量のハンターをかいくぐり的地に着く、お金を稼いでバスに乗るなど)を成功させれば復活。ただし、ハンターが動いているときもあり、その場合は確保された時点で復活失敗となる。

エリア封鎖・移動

定された時間までに封鎖エリアを脱出・新エリアへ移動するミッション。移動にはアイテムを入手したり定された条件をクリアしなければならない。封鎖されたエリアには大量のハンターが放たれる場合もあり、そうなると脱出できなかった場合は確実に確保される。また、ミッションによってはクリアすることで封鎖を回避することができる。

ペア戦

所定の回では逃走者を2人1組の「ペアルール」が発動する。どちらか一方が逃走成功すれば、もう一方が確保されても両者とも逃走成功時の賞を得ることができる(あくまで「両者同額の賞を獲得」のため、両者逃走成功の場合でも賞は倍にならない。)。また、一方が自首をした場合は「両者自首」となり、どちらも自首時の額を獲得しゲームから離脱する(両者生存の場合でも2人とも離脱)。

単純に考えれば「ライフが2個」になるため、賞獲得のチャンスは大幅にアップする。しかし、ペアならではのミッション等もあるため、決して楽になるというわけではない。

裏切り者

あくまで逃走中は「個人戦」ではあるものの、ミッションなどを考えると「逃走者VSハンターの団体戦」という一面も持っている。そんな状態を一気に戦慄の状態にさせてしまう特別ルール

逃走者の中から「裏切り者」が選出。裏切り者となった人は「逃走者」でありつつ「運営の手駒」として動くことになる。裏切り者は他の逃走者を発見したら電話で本部に通報。その情報ハンターに伝えられ即確保に向かう。そして通報した相手が確保されれば裏切り者へボーナスが与えられることになる。ただし、あくまで裏切り者も「逃走者」であり、確保されてしまうと通常賞はもちろん、ボーナス全額没収されてしまう。

いくら通常賞が1秒100300円とはいえ、1人通報するだけで一気に5万~30もの大が上乗せされるというこのシステム欲望みたくもなるが、一方で人数が減るということはハンターに狙われる確率も上がり、ミッションの遂行も困難になるというデメリットもある。そういったリスクリターンをうまく秤にかけて賞を上乗せできるかが焦点である。

そして通常逃走者にとってはえらい迷惑な話である。ハンター以外に警しなければならない相手ができるうえ、下手したら自分の命さえも狙われかねない。しかもそんな時に限って「2人以上で接触する」ミッションが発令されるなど、ちゃんと信頼できる人を見極められるか、相手をちゃんと信じ込ませられるかがカギとなる。

ハンターゾーン

エリアの一に作られた特別エリアハンターゾーン」に突入するミッション。全長数十メートルほどのエリアに、ハンターが2~3体いるという高難易度エリア(通常は東京ドーム0.5個~1個分の広さにつきハンター1体なので、どれだけ難易度が高いか分かるだろう。)。入口はボタンを押して開閉するゲートになっており、ハンターが出入りすることはない。当然突入することは自らの身を大きく危険にさらすことになるが、ハンターゾーンの中にはミッションクリアに必要な物事があったり、ハンターの動きを一時的に止める「網」があったりと、入らざるを得ない・入りたくなるような仕掛けが待っている。エリア内には障物も多く設置されているため、通常よりも高い回避と純な走められる。

主な逃走者

ここでは有名プレイヤーについて紹介する。ここに挙げるのはこれまで全ゲーム通しての総逃走時間上位10人である(どうぶつ編まで)なお、密告中戦闘中といったその他のクロノスゲームに参加している場合はそれについても記述する。

*備考:ここでは逃走者の成績を表すのに「逃走率」という表記を使用する。逃走率は「逃走時間/ゲーム全体の時間」で表し、ゲーム全体に対しどの程度逃げたかを示す。全逃走者の均は55%程度、複数回参加者であれば60%で「まあまあ」、70%で「凄腕」、80%で「達人」と見ていいだろう。

なお、ゲーム終盤にて逃走時間が表示されない場合は逃走時間はゲーム時間と同時間・逃走率100%として扱う。また、「時えた決戦」では「個人戦」「チーム戦」別々の回としてカウント(90分×2回)する。

田中卓志(アンガールズ)

400人以上いる逃走中経験者中最多出場(18回)、全クロノスゲームを合わせると24回という「ミスタークロノス」。総逃走時間21時間14分45秒と、2位に圧倒的な差をつけている。

意外にも元陸上部(長距離)のためスピード・スタミナも高く、ハンターをサシで巻いたこともあるなど高い身体を持つ。一方、ミッション難易度リスクを豊富な経験から判断し参加・不参加を決めるなど、視聴者にとっての解説役としても機しているプレイヤー。そのため、「ミッション参加しまくり」「無双状態」といった手な活躍はいが、地味だけど重要ないぶし銀プレーも多く、その経験と実績はとっさの出来事の際にも頼られることも。

一方で、参戦回に若い女性アイドルが参加する際には、「恋愛中」と称し、賞そっちのけでターゲットに引くぐらいの猛アピールをするのも恒例。最近では篠崎愛AeLL.)や山本彩NMB48)と、胸が大きアイドルが好みの模様。しかし、妄想したり猛アピールしようとした結果ハンターに気づかれて確保されてしまうこともしばしば。

7回の参戦となった「狙われたハンター」で念願の逃走成功を果たし。それ以前・以後にも惜しいところで確保はかなりの回数経験しているが、その分低成績の回もないわけではなく、逃走率の均も66.79とそれほど高い成績ではない。

ちなみに、スタッフが共通するNumer0nや、ゲームのカルコロンロトロンにも多数参戦しており、クロノスゲームと合わせ累計33回参戦とまさに「ゲーム鉄人」といえよう。

これまでの勝利経験:逃走1回成功(132万円)

濱口優(よゐこ)

お笑いコンビよゐこ」のボケ…に見られるが実際はツッコミという名のとまどい担当。初参戦は2011年4月の「ハンター誕生」と意外と遅めだが、それ以来はほぼ毎回出場で現在11回参戦。総逃走時間は15時間18分53秒。

基本的には常連プレイヤーに多い「ミッションフル参加・他人を信じる性善説プレイヤー」であり、危険を顧みずできる限り多くのミッションに挑む正統派。賞は可であれば上げることを標とするが、「賞上昇と引き換えにハンター放出」など確保リスクが高くなる場合は挑まない。また、鬼畜通達に対し「村らしくない」と発言するなど現在逃走中世界観に通じており、世界観に深く入り込む傾向が他の逃走者とべて強い。

多くの回で高い成績を残すも、悪いときはかなり悪い成績。それでも逃走率は70.28と高い準を維持している。また、非賞獲得記録(11回連続賞ゼロ)は田中と並びトップである。最高記録は「ハンター誕生」の126分53秒/130分(97.65)。

他番組での数多くの活躍から運動経がよさそうに見えるが、スプリンは意外と低く、さらに終盤ではスタミナ切れということも多々。不惑を越えて初老に片足を突っ込んでいるため、寄る年波に勝てないというのも一因か。

吉村崇(平成ノブシコブシ)

お笑いコンビ平成ノブシコブシ」のボケ担当。初参戦は2011年1月の「卑弥呼伝説」。参戦回数8回。総逃走時間は11時49分1秒。

逃走率は79.1%と高めだが、毎回ゲーム後半~終盤で確保されており、未だ賞獲得はっていない。最高記録は「大江シンデレラ」の118分32秒/120分(98.78%)。

サシでハンターを撒いたこともあるほどの高い身体を持ち、ミッションにも非常に積極的で、全ミッションに参加、貢献した回もあり、自首も絶対しないという、自称「男の中の男」。ただし、自分には何のリスクもないミッションミッションと関係のないエリア内のイベントは参加を渋る傾向にある上、ここ最近は自己中心的な一面や、「か1人を犠牲にしてでもミッション成功と大多数の人間を生かす」とるなど、男らしくない面もしばしば散見されている。

また、同期後輩芸人に異様なほどの対抗心を燃やしており、田中卓志(アンガールズ)に対して「お前には負けないからな」と意気込んだり、同期のピースと井上裕介(NONSTYLE)が一緒に出演した回で、自身と相方の徳井健太が共にこの3人より長く生き延びているのを見て、「これはもうノブコブの時代」と天狗になったりしていた。

初期の頃はコンビで参戦した時、徳井に対して「(逃走中の)出演を断れ」、「向いてないんだよ、あれ(徳井)」などとコンビ参戦には否定気味だったようだが、最近では「少しんだ逃げ切り狙いの正統派タイプ吉村、「潜伏自首狙いリアリスト」の徳井とコンビでそれぞれ違った個性を持っており、コンビの片方だけが呼ばれることの多い最近のキャスティングの中でも、未だにコンビで呼ばれたり、それぞれがピンで呼ばれたり、徳井に至ってはエリアドラマキャストとしても出たりと、コンビって見せ場を期待されているようである。

眞鍋かをり

クロノス時代から参戦している「初代逃走クイーン」。初回参戦時は自首も考えていたが、今は逃げ切りしか眼中になく、ミッションも積極。時には全ミッション参加という荒業を成し遂げることも。総逃走時間は11時31分42秒。

女性ながらなかなかの足の速さに加え、最近では経験者としてのも発揮しており、難関ミッションハンターエリア突入」では、突入前に全員パートナーを確認し、か1人でも暗番号入手成功した場合は全員パートナーに連絡するという作戦を披露するなど逃走女王っぷりに磨きがかかっている。一方で、「他者の賞獲得」という勝利のためには自らの命をも犠牲にするなど男勝りな面もある。

一方で、敵であるはずのハンターする一面も持ち合わせており、初回参戦時には「捕まったら○されるのでは?」と、どごぞのビデオ妄想を繰り広げていたり、公式トーク番組にて「逃走中のここがおいしい点」についてプレゼンした際には「ハンターに惚れる」とプレゼンするなど、ベクトルが違うだけで意外と素はタナカと似たり寄ったりである。

これまで何度もあと一歩の所で涙をんできたが、「様はかぐや姫」編では中盤で一旦確保されるも、「沈黙の巨大迷宮」「アルティメット」でコンビを組んだ的場に助けられ復活。ミッションにも参加しながら事に逃げ切り、念願の初逃走成功を成し遂げた。この回での逃走率は53.23%だったが、それでも逃走率の均は9回参加で83.2%と常に高い準を保っている。最高記録は「アルティメット」での130分/130分(100%)(アルティメットルール発令後2人の確保)。

なお、クロノスで放送された護衛中では前半から圧倒的優位に立ち、一度も撃破の脅威にさらされないまま勝利している。さらに、6年後の「戦闘中」でも優勝し、257万円(クロノスゲーム史上2位の賞額)を獲得した。これにより、眞鍋は下記の藤森と並ぶ「クロノスゲーム3冠」を達成している。また、他局で放送された鬼ごっこゲームでも勝利し100万円を獲得するなど自他ともに認める「ゴッカー眞鍋の造)」である。

これまでの勝利経験:逃走1回成功(156万円)、護衛中勝利(33万7800円、4人割りで8万4450円)、戦闘中優勝(257万円)

澤部佑(ハライチ)

お笑いコンビ「ハライチ」のノリボケ担当。初参戦は「信長忍者の里」編。参加回数9回、総逃走時間は9時間5950秒で現在5位。最高記録は「禁断のと財宝村」の114分54秒/120分(95.33%)。均逃走率は60.5%とこれまた普通

ミッション参加姿勢は普通なだけにあまり印に残らない…というより「ミッションに挑む」より「ミッションに巻き込まれてしまう」体質のプレイヤー。これまでに「大統領を見つけたがいいが、どうすればいいか分からない(本来は大統領の元へ連れて行きハンター放出阻止する)ため足踏みし、半ばに強引につれていかれハンター封印」や「2ndSTAGE進出にがくらみセーフティーボックスに入ったがためにハンターゾーンに囚われる」など、思いっきゲーム展開に翻弄されたり、「時限装置を解除しようと女性プレイヤーに向かおうとしたら事務所先輩に圧をかけられ解除する」「他のプレイヤーからを言われてアイテムを持つことになる」など、他プレイヤーからも翻弄されている。とはいえ、どんな人にもゲーム中ではミッションでお世話になるかもしれないなど事前挨拶を欠かさないなど、そういったあたりに彼の人の良さが表れている気がしないでもない。

ゴリ(ガレッジセール)

参加回数7回。自身のホームグラウンドである「沖縄」にて相方川田とともに初参戦。以降も川田と共に出演していたが、「ラストミッション」以降はピンでの参戦となった。総逃走時間は9時間2552秒。

常連プレイヤーの例に漏れず、ミッション参加の頻度は高いが、「アルティメット」にて「本当はミッションやりたくないけどやると子供が喜ぶから」などと本音をこぼしており、公式トークでも「放送翌日に子供の学校で話題となり、それがまた伝わってお母さん方に伝わる」と、子供周りでの影を気にしている模様。また、逃走中視聴者にも話を聞いているらしく、「潜伏して生き延びたい」と言った逃走者に対し、「潜伏してる人って小学生からブーイング浴びてますよ」と忠告したりしていた。

逃走率は75.92とそこそこ高く、「逃走中1ゲーム中における逃走時間の最長記録」の保持者でもある(アルティメット130分/130分、逃走率100%)(アルティメットルール発令後最後の確保のため最長タイ)が、あと少しのところで捕まることが多く、未だ賞獲得はっていない。

ちなみに相方川田は初参戦となる「沖縄」にて逃走成功を果たし、賞128万円を獲得しているが、以降は成績、活躍共にパッとしない回が多くなり、「アルティメット」では自身が逃走成功経験者であるにもかかわらず逃走成功経験のないゴリのみが呼ばれるという事態が起こった。

藤森慎吾(オリエンタルラジオ)

参加回数9回。うちジャンプ!レギュラーとして5回参戦。

ゲーム内でも元気に若い女性逃走者から大物まで鼓舞するチャラ男っぷりを発揮しているが、まだまだ豊富な体明大卒の知性で攻略を狙う逃走者。4年ぶり6回逃走中(沈黙の巨大迷宮)で賞108万円を獲得。総逃走時間は9時間4分59秒。

その逃走スキルは高く、封鎖エリア脱出ミッションパートナーからの連絡を受け々脱出したことに対し、苦労して脱出した逃走中フリークの的場に「やっぱりすごい」と言わしめている。一方で頭を駆使したプレーも多く、上手く使えば「参謀」として、悪用すれば「狡猾なキレ者」としての役回りも多い。特に個人戦よりも複数人で協するチーム・団体戦の方がが 強いという特徴もある。事実、後述する4回の賞獲得経験の全てが「2人以上で協するタイプ」のゲームである。

この頭プレーはあまりインテリっぽさを出していなかったジャンプ!時代からも散見されており、賞アップと引き換えのハンター放出により次の回では相方を含むほぼ全員から裏切り者と疑われたり、密告中では相手の番号を知ってもすぐには潰さず、手駒として利用し、裏切られそうになったら即切り捨てるというなかなかの上級プレーも披露している。

9回中逃走率50%以下はわずか1回、70%以上7回、80%以上6回、90%以上3回という常に高い成績を残しており、逃走率も均78.55とかなり高め。

これまでの勝利経験:密告中勝利(35800円、2人割で175400円)、護衛中勝利(100万円、5人割で20万円)、逃走1回成功(108万円)、逃走中チーム戦勝利(200万円、10人割で20万円)

はるな愛

ニューハーフタレント。初参戦は「浅草」。参戦数8回で総逃走時間は8時間15分7秒。均逃走率は66.7%と常連らしい成績。最高は「卑弥呼伝説」での89.28%

ミッション姿勢・賞姿勢に関しては基本的に「中立」ともいえるプレイヤーミッション難易度によって参加・不参加を決めるほか、「卑弥呼伝説」ではハンター3体投入という状況から自首を選択するなど、柔軟なプレイングをしている。

一方、カッコイイ逃走者や「イケメン」なハンターにはアピールを忘れないのはやっぱり上位と同じ。時に度が行き過ぎて「セクハラ」になってしまうことも。また、逃走時や確保時には「大西賢示」が出てしまうのも恒例。他にもミッションに集中しすぎてハンターに気づかなかったり、への示が雑だったりと、大雑把な面が裏に出ることも。

獲得経験:「卑弥呼伝説」にて自首96万4200円

井上裕介(NON STYLE)

お笑いコンビNONSTYLE」のツッコミ担当。初参戦は濱口優(よゐこ)と同じく2011年4月の「ハンター誕生」と遅めで、参戦数もこれまで5回参戦と他の常連逃走者とべるとまだ少ないが、毎回いい成績をたたき出し、総逃走時間8時間0分59秒、逃走率も均81.52%とかなり優秀な成績を誇る。最高記録は「沈黙の巨大迷宮2」の88分46秒/90分(98.63%)。

基本的には「賞がたくさんほしい」という銭欲よりは「女性逃走者と一緒になりたい」という色欲が先行してしまっており、手当たり次第にキレイ女性逃走者に近づいてはたとえ既婚者であろうが「が守るから」「イケメン三銃士の1人」「ヒーローが君を迎えに行くよ」などと鳥肌が立つような言葉でコンビを組もうと持ちかけている。また、イケメン逃走者に対して異様なライバル意識があり、「新桃太郎伝説」では三浦木村了の2人と共に「イケメン三銃士」という称号を他2人の承諾を得ないまま勝手に名乗り、あたかも自分が芸人ではなくイケメンであるかのような発言を残している。「アルティメット」では名前が同じ「ゆうすけ」である上地雄輔に対して「どちらが本物のイケメンゆうすけ」か今回決めましょう」と勝負を持ちかけていた(結果は井上敗北)。しかし、あまり気づいてもらえないがどんな女性にも等に接し(接し方はともかく)、たとえ裏切られても後でちゃんと協してあげるなど意外にまっすぐな性格だったりもする。

その一方で「女性好きキャラ」と「ゲーム性」を両立したプレーも見せ、第0回戦闘中では敵である女性プレイヤー電話をし、「先ほどはをついたからお詫びボールを上げます」と言ってボールを設置し、来た所を襲撃する作戦なども披露した(結果は失敗)。また、この回では「ビッグバトルボール」を獲得し中盤~終盤にかけて大いに暴れまわる活躍を見せた。

狩野英孝

参加回数8回。初参戦は「王の走り人」。総逃走時間7時間5722秒。ゲーム時間120分ほどの長期戦に多く出ているためか実逃走時間は長いものの、ゲーム中盤程度に確保されることが多いため均逃走率は54.48%と常連参加者としては低め。最高記録は「様はかぐや姫」の12237秒(94.32%)。

自称イケメンらしく、ややナルシスト、若しくは熱苦しい言動も多いが、ゲームに対しては常にっ直ぐ(悪く言うと「バカ」)である。己の利益不利益問わず積極的に行動することが多いが、彼の場合はそのキャラクター性故か、逃走中においてはむしろ事態を余計にかき回してしまう存在となることも少なくない。大抵の場合はそこに笑いが伴うのがまた彼らしいといえば彼らしいのだが。

戦闘中では「小細工なしのガチンコ勝負」を好む傾向にあり、あの「野獣ボブ・サップを正面から撃破するというジャイアントキリングを達成している。また、他の逃走者と写真を撮影するミッションでは持ち2人に挟まれて不利な状況の中、上手く言いくるめて一緒に撮影して難を逃れ、さらにその足で撮影を断られ必死に逃げてきた演技で他の逃走者に近づき、そのまま撃破するなど、策を弄して戦うこともある。

その他にもフジテレビで放送された人狼ゲームにて策略をり巡らして勝利をするなど、「ポンコツの皮を被った勝負師」として他のゲーム番組でも活躍している。一部では絶好調な時の狩野の事を人狼番組で言った言葉にちなみ「ハイクオリティ(状態)」を呼ぶ人も。

日本映画学校出身の元俳優志望ということもあってか、かつては「信長忍者の里」での佐助、「卑弥呼伝説」での卑弥呼方従者などのドラマキャスト(ゲーム運営側)として登場することも多く、「明治の大事変」では新聞記者として主人公った。ゲームに多く参戦するようになってからは運営側としての出演はない。

ジャンプ!メンバー

逃走中レギュラー放送版『ジャンプ!○○中』のMCレギュラープレイヤー。番組内では5回行われ、うちオリラジはその後のゲームにも参戦している(藤森は4回、中田は3回)また、徳井もクロノス以前の単発に1回参戦している。

徳井義実(チュートリアル)

クロノス放送直前の単発時代から参戦。その時は終盤まで生き残る。成績的にはかなり良く、均逃走率は67.62%と上々。しかし、ミッション参加率は低く、他のプレイヤーを使ったり、高級ソファーのために裏切り者(他の逃走者をハンター通報することでボーナスがもらえる)になるなど思った以上に逃走中モラルは低い。

福田充徳(チュートリアル)

初戦のお台場編以外は初期の方で捕まることが多く、の盛り上げ役になることも多かった。均逃走率もジャンプ!メンバー5割を切っている(49.7%)。

中田敦彦(オリエンタルラジオ)

慶応卒のインテリ逃走者(放送当時はブレイクしたてだったのでそれほどインテリさは出していなかったが)。参戦数は相方藤森より1回少ない8回。総逃走時間は5時間33分36秒(17位)。逃走センスはなかなかよく、ジャンプ!で開催された5回中3回で後半戦に進んでいる。レギュラー版後半ではヒールっぷりを見せ、第4回にて賞欲しさにハンターを解放し、さらに他のプレイヤーにはを教えるなどの蛮行を藤森共々行った結果、次の回では2人とも裏切り者補とされてしまう羽に。

インテリらしく効率的だったり、狡猾な作戦も考えるが、「策士策に溺れる」の如く成功した例は少な。しかし、チーム戦ではその「効率重視」の姿勢が功を奏すことも多く、逃走中チーム戦では中田が確保後も藤森揮を執り、結果的に自チームを勝利へと導いた。

なんだかんだ言ってもオリラジの2人はお互いのことを信頼しており、相方がやられてもその分まで奮闘するという相乗効果もあってか、下記の3回の賞獲得時は全て「相方藤森と同チーム」の時である。

これまでの勝利経験:密告中勝利(35800円、2人割で175400円)、護衛中勝利(100万円、5人割で20万円)、逃走中チーム戦勝利(200万円、10人割で20万円)

山本裕典

ジャンプ!メンバー一の俳優仮面ライダーサソード

メンバー中一番若いことから体もあり、甘いマスク女性を虜にしまくり。そして頼まれると断れない優しい性格。

史上2人となるクロノスゲーム2回制覇の上、全逃走者中一1人しか成し遂げていない「2回逃走成功」を果たしている。

これまでの勝利経験:逃走2回成功(99万円+72万円)

主な逃走エリア

ここでは逃走中の舞台によく使われる地域・場所を紹介する。

渋谷

元祖逃走中聖地。扇形のエリア現在シンプルで狭い。しかし、「中で本気鬼ごっこ」というインパクトを植え付けるのには十分すぎるエリア

お台場

フジテレビのおひざ元。直線が多く見つかりやすいが、信号で巻くことも可一本道も多いので「曲がって回避」ができないことも。

アクアティヴィーナスポートもエリアとして使えたり、パレットタウンジョイリスなどお台場の名所をフルに利用したミッションも登場する。かなり広いのでエリア封鎖・エリア移動もお染み。100ハンターもばんばん登場する。

2007年を最後に登場せず、知名度の上昇からもうできないかと思いきや、2015年には8年ぶりのお台場決戦が実現。新エリアとして8年の間にできたダイバーティ東京でも逃走が行われた。

日光江戸村

和の逃走エリア。基本エリアとなる下町と高台に位置する南の里に分かれる。侵入可な建物が多く、長時間留まるプレーが散見される。また、入り組んだ路地が多く、ハンターに出会い頭というのも多々。路を利用して撒くことも可戦闘中でもおなじみのエリアである。

ハウステンボス

洋の逃走エリアメルヘン系設定の際もこちら。エリアは広く、だいたいが前後半制。封鎖しやすい、運河を流れる船などギミック満載。跳ねが動く際はハンター大量投入フラグ

富士急ハイランド

基本的に深夜開催のステージ。見らしがいいため見つかりやすい上巻きにくく、3回中2回全滅を出している難ステージエリア全域の停電→発行衣装立つ→照明復旧ミッション―の流れが定番。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

おなじみ大阪テーマパークラグーンを中心に円形状の逃走エリア。ET、ジョーズなどアトラクションをフル活用したミッションも。海外逃走中「Cha$e」でもユニバーサル・スタジオハリウッドが登場している。

エリア01

逃走中のために作られた仮想間…というのは設定で、実際は沖縄にある美タウンリゾートアメリカンビレッジ。狭い路地&建物と見らしがいい屋外というある意味嫌がらせのようなステージ。登場した4回中3回全滅した高難易度エリア。またこのステージが登場する際は、ドラマパートがターニングポイントを迎えるせいか、ステージ同様鬼畜な通達が登場するのも特徴的である。

歴史公園 えさし藤原の郷

岩手県にあるテーマパーク安時代の建築物が再現された施設で、「安時代」「昔話の世界」が舞台となる際に多く使用されている。逃走エリアは武屋敷エリアと御殿エリアに分かれており、2つのエリアは入り組んだ山で繋がれているため、高低差が逃走者を苦しめることも。また、地面もアスファルト・石畳・土・砂利と分かれており、特に砂利での逃走は逃走者・ハンターともに苦戦している。

房総のむら

江戸時代明治初期を舞台とするエリア。東エリアは宿場町となっており、祭りやぐらもある。西エリアは静かな武屋敷などが点在している。っすぐな細いが多いため、集団で逃げるのには不向き。民家等にも逃げ込めるが、梁や庭などこまごましたものが多いため、足を取られる間に追いつかれてしまうことも多い。

エリア・西エリアは一本のでつながれており、そこにある「門」が閉鎖されることでエリアが2つに分かれるミッションウリ。また、何かと恐竜が出現するステージでもある。

ロックハート城

逃走中では使われていないが密告中・解除中などで多々使われた有名ステージ。複雑なエリアと見らしがいいエリアに分かれる高低差のあるステージ。監視などもあり常時油断禁物。他番組の鬼ごっこでも使われた。

ワープステーション江戸

こちらも逃走中では使われておらず、もっぱら護衛中・戦闘中にて登場する。茨城にある江戸の町を模したテーマパークだが、赤字により現在NHKの子会社が管理する貸しスタジオとなっている。入り組んだ町エリアと乱戦になりやすい開けたエリアに分かれる。

エリア内ドラマ

「王編」からは逃走者のゲームとは別にエリア内でドラマが展開されるようになった。

基本的に世界観に合わせたお話(和風エリアであれば日本昔話ベース、洋エリアであれば童話ベースなど)が展開し、その展開に応じてミッションや通達が発令。その結果によってドラマの展開も左右されていき、さらなるミッションへとつながっていく。

そのためエリア内には「町人」としてエキストラゲームで言うならNPC)も多数存在する。人ごみに紛れることができるためハンターを捲きやすいが、逆にハンターを見つけにくいという欠点もある。また、ゲーム終盤ではエキストラがいなくなり、逃走者とハンターだけのエリア真剣勝負をしなければならないこともある。

放送でもゲーム中にドラマが挟まるため「茶番」「変なドラマが入ってから面くなくなった」という意見もあるが、実はミッションの意味合いがはっきりするようになったり(これまでは本部からの通達のみだったが、「○○なので△△を達成せよ」という意味づけができるようになった)、ミッション自体も逃走者のコミュニケーションや「ミッションの抜けを探す」という発想が問われるようになるなど、「単なる鬼ごっこ」から、さながら「ロールプレイングアクションゲーム」に進化したともいえる。

ちなみに、逃走中企画者がこのノウハウを生かして「今の逃走中から逃走パートを抜いた」ともいえる番組「怪生伝」も作っているので、気になった人はぜひ調べていただきたい。

頼みごと

ドラマパート導入時から追加された「裏ルール」。エリア内にいるドラマの登場人物や、エキストラからいろいろな頼みごとをされる。基本的にミッションより負担はかからないが、もちろん断ることも可

しかし、その人の頼みごとを解決してあげると逃走に有利なアイテムや後でミッション遂行に役立つアイテムが手に入ることもある。また、頼んだ人自身がミッションクリアの手助けをしてくれることもある。ただし、基本的に頼みごとの時点ではどんなメリットがあるかは教えてくれない。

なお、頼みごとはドラマ的には「悪役」の人も逃走者に対して頼みごとをすることもあるが、逃走者自身は「全ての情報を知ることができる視聴者」と違い、「ゲーム中のみの情報でしか知ることができない」ため、悪役とは知らず手助けをしてしまう事もある(それでも逃走者に対してメリットがあるのが救いか)。そうしたことにより後述する通りネット炎上したケースもあるので、ちゃんと逃走者の立場に立って考えましょう。

エリア内通貨

一部ステージでは通常の賞とは別に逃走者が別途手に入れることができる通貨が登場する。

和風ステージでは「1文」、明治ステージでは「1銭」単位で管理される。事前に支給される場合もあれば、ミッションや頼みごとをクリアしないと手に入らないこともある。

これらの通貨はミッションに必要なアイテムの購入や、ミッションクリアするために乗る電車バスの運賃として支払う。論、他の逃走者への譲渡も可。なお、確保された人の分に関しては没収されたりそのまま保持(生き残っている人にも渡せる)などまちまち。

後々のために手間を惜しんで稼いでおくべきか、他人に頼るべきか。今のミッションに使うべきか、後々のためにとっておくかなど、あくまで疑似通貨とはいえこれだけでもかなりの葛を見ることができる。

逃走中と「炎上」

逃走中は「個人戦」ではあるため、リスクを鑑みた結果のミッション不参加、あるいは他のプレイヤーを騙したり、頑固なまでに非協的になるといったケースも少なからず存在する。

しかし、視聴者の一部には「芸人たるもの正々堂々っ向から勝負すべき」という思想でもあるのか、時には逃走者が取った言動(場合によっては細なレベルで)に対し批判が上がり、放送終了後にはSNS炎上するという事例も多々存在している。特に、ゲームから安全に離脱する自首に関しては「ゲームっ向から挑まずに賞持ち逃げ」「根性なし」といった点で批判が起こり、自首者に対して炎上をさせるという事例も多数発生している。

以下では炎上タイプ別に事例を簡潔にまとめる

と、最逃走中放送→炎上」までがテンプレともいえるべき事例の多さである。あまりの多さに「もはや恒例行事」と達観視する人もいれば「炎上マーケティング」「やらせ」と揶揄する人も。この炎上っぷりはついに、テレビ東京系ドラマ「潜入捜アイドル 刑事ダンス」にて、劇中内に戦闘中ゲームとして「炎上中」が登場し、本家でも盛大に炎上した鈴木拓が出演した。

しかしながらめて知っておくべきなのは「逃走中は基本的に個人戦である」ということ。あくまで「ミッションクリアする事」「皆で賞を取ること」が標ではない。逃走者に与えられた最終標は「自分が賞を手にする」事である。論身を投じてミッションを成功させるのも醍醐味の1つではあるが、ミッション難易度・価値を判断して挑まないのも戦略の一つである。それをとやかく言うのは少し違うのではなかろうか。

特に自首に関しては逃走者に与えられた「ルール」であり、「権利」でもある。ルールの範囲内で自首をしたことに関して批判される筋合いはない。ルールにちゃんと則ってゲームに挑んだ結果であるからだ。確かに途中で投げ出すのがカッコ悪い、卑怯とも思えるかもしれないが、ルールを守っている以上それは正当なものではないだろうか(というか割とルールルーズな時もあって「木に登ったり」「通報部隊の首を絞めたり」とかもあったんだけれどね)

その他、よく見られる意見に対しての反論である。

  • 自首した場合は賞を半減すべき」→それでは賞単価の意味がない。何のための「1秒○円」なのか。
  • 自首禁止」「自首を設定した番組側が悪い」→同じく賞単価の意味がない。だったら最初から「逃げ切ったら100万円」とかにすればいいだけの話である。
  • 「逃走成功者が出たら自首した人は賞没収」「自首者が出たら逃走成功者は賞倍」→そもそもリタイアしてゲームから降りている時点で、その後のゲームの結果に「自分が手に入れた賞」が影されるというのもややおかしな話である。最も、過去ゲームでそういったケースいわけではなく、「最終ミッション失敗した自首者含め賞半減」といったケースや、逃走中アルティメットでは「最後まで残った人は賞2倍」といったケースもある。ただ、後者の場合は「数人での時間制限サババル」といった特殊な状況を制した人へのボーナスという意味合いが強いため、通常のゲームでそれをやってしまっては価値が薄れる。

なお、「やらせ」「台本がある」との摘には参加した岡村隆史を始め多くの人が「逃走者に対する台本一切なしのガチンコ勝負」とのことだが、一部逃走者はスタッフ視聴者の意図を組んでか、あくまで自的にそういった「燃える」行動をしたと言している。

ニコニコ動画やニコニコ生放送における逃走中

ニコニコ動画では逃走中BGMを使ったMADが多数存在する。
なお、当然ながら放送自体のアップロードハンター権利者)による確保の対となる。
(ただし確保を免れている例もいくつか存在している、というか現在進行形逃走中である。)
また、タグとしては逃走中映像BGMを使ったもののほかに、何かから逃げていたり追われている動画につくことがある。

リアルではコミュニティグループによって逃走中企画・開催されることもある。その場合は賞などは本家よりもスケールダウンすることや、賞なし(ポイントに換算)といった措置が取られることも多い。

また、最近では関連動画に示すようにオープンワールドゲームFF11GTA5Minecraftなど)を利用して逃走中を開催するケースも増えている。

関連商品

フジテレビオンデマンドで過去逃走中クロノス戦闘中を有料配信中。

関連動画

素材集

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%80%83%E8%B5%B0%E4%B8%AD
ページ番号: 4171542 リビジョン番号: 2418069
読み:トウソウチュウ
初版作成日: 09/09/30 22:36 ◆ 最終更新日: 16/10/18 01:45
編集内容についての説明/コメント: どうぶつ島での内容を中心に更新
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

逃走中について語るスレ

853 : ななし :2016/10/04(火) 20:44:53 ID: I4DUL41wQ6
放送まで残り5日なのでプレミアム会員の皆さん…放送日を加筆したほうがいいのでは…
854 : ななし… :2016/10/06(木) 12:53:33 ID: I4DUL41wQ6
編集が…
855 : ななしのよっしん :2016/10/07(金) 02:20:09 ID: 5kFDSjXo3X
週末の放送に向けていつものように深夜再放送してるけど
ずいぶん古い回(3年前?)をやってるね。どうしたんだろ。

このメンバー事務所回なのかな今度の放送
856 : ななしのよっしん :2016/10/08(土) 16:48:52 ID: iLCFP9Y6uN
【出演者 (50音順)】
伊藤一朗(Every Little Thing) / 岡田結実
加藤諒 / 澤部(ハライチ) / / 須賀健太
千秋 / 塚田僚一(A.B.C-Z) / 橋本(A.B.C-Z)
藤田ニコル / ぺえ / 水谷(卓球 リオ オリンピックメダリスト)
村本大輔(ウーマンラッシュアワー) / 八重樫東 / 柳沢慎吾
りゅうちぇる

頼りになるタイプの常連が居ないどころか経験者すら片手で事足りるという異常事態
857 : ななしのよっしん :2016/10/09(日) 06:16:02 ID: ZZkMs7SuNk
逃走中大好き
一年に数回の楽しみ
858 : ななしのよっしん :2016/10/10(月) 12:08:54 ID: n2NHL/Yrug
>>852
ああ、最近放送されなかったのはそれか… レギュラー逮捕は代役置いたらなんとかなるもんでもないしなぁ。

昨日水族館編は個人的には微妙だなぁ。どうしても動物のかわいさで視聴者を狙ってる感が出ちゃうからなぁ。逃走中動物は相性悪いかも。
あと久々の放送だったのに2時間だったからかスケールもそこまで大きくなかったかな。
859 : ななしのよっしん :2016/10/17(月) 13:09:29 ID: 4LXCKskXuY
ニコルりゅうちぇるが存外頑ってた。
向かってくる大相手に悲鳴ひとつ上げないで淡々とこないしていく姿かっけぇわ。
メンバーにいまいちがないと思ったら裏番組に優さんとおのののかが出ていて吹いた。
澤部はすっかり常連オーラが身についてきたね。
860 : ななしのよっしん :2016/10/19(水) 03:10:23 ID: jM8fcJjl5V
正直一番の楽しみは、ナレーター(マーク・大喜多さん)の毒舌
861 : ななしのよっしん :2016/11/05(土) 17:18:43 ID: 4VjEqW4/Nx
時間を短縮するミッションは割とあるけど、失敗すると延長になるタイプミッションってあんまりないな
862 : ななしのよっしん :2016/11/05(土) 17:56:32 ID: VxvurzF/cy
編の時間逆転ミッションは印深かった
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015