単語記事: 速記

編集

速記(shorthand; stenography)とは、発言などを書取る為に編み出された速書きの技法である。

概要

発言を正確に書き取るにはその話されるスピードに引き離される事く同等の速度で記述する必要がある。その為には書取りに要する時間を短縮するのが一番で、頻出する単や表現を略記したり、省略する事が最も有効な手段の一つである。速記はこうした数々の手法を実用に耐えるレベルの技術体系にめ上げたもので、に議事録を記録する用途として発展してきた。

速記は紀元前一世紀のローマが起と言われ、速記法の発明者として知られるのがマルクス・トゥリウス・ティロである。彼はキケロの口述筆記を担当し、議会演説の記録などでその手腕を発揮した。彼はキケロの死後その遺構や著作をめて出版していたされる。
ティロが編み出した速記術は彼の名をとってティロ式速記法(notae Tironiae; Tironian notes)と呼ばれるようになり、中世でもキリスト教院で使われた。

独自の速記術を考案し自ら用いていた人物として知られるのがレオナルドダ・ヴィンチで、彼は略号を駆使しながら13000ページに上ると言われる膨大な数の手稿を書き残した。また彼は利手の関係もありその内容は全て文字(字形が左右反転した文字)で書かれていた。

速記士

内では速記検定という日本速記協会認定資格制度(文部科学省後援)が存在する。

速記検定の等級は一級から六級まであり、六級で分速80字、一級で分速320字程度の記録められる。いずれの級位も高い正確性が必要とされ、六級で96%、二級以上では98%の正確度が合格基準となっている。受験料は六級が1,200円、一級が5,000円。受験資格はなく、下級資格から段階的に受験する必要もない。

受験時の速記法に定はく、試験問題の朗読速記符号で記録し、それを訳したものを原稿用に書いて提出する(速記符号は審外)。一級・二級合格者はそれぞれ「1級速記士」、「2級速記士」に認定され、速記書と速記の交付を受ける事が出来る。合格率は六級で六-七割、一級で7〜15%程度となっている。

関連動画

関連商品

リンク

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%80%9F%E8%A8%98
ページ番号: 5444706 リビジョン番号: 2410832
読み:ソッキ
初版作成日: 16/09/23 17:54 ◆ 最終更新日: 16/09/28 17:09
編集内容についての説明/コメント: 全体を加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

速記について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2016/09/23(金) 20:38:28 ID: WB7ubnjpE1
簡体字使うのが速記
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015