単語記事: 遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX TAG FORCE

編集

遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX TAG FORCEタッグフォース)とは、遊戯王オフシャルカードゲーム、及びアニメ遊☆戯☆王シリーズを題材としたPSPPS2ゲームである。
省略表記は、「TF」。

主な特徴

表題の通り「タッグデュエル」をテーマとしており、本作独自の「タッグフォースルール」でタッグデュエルを行うことになる。アニメでおなじみのタッグデュエルとは、LP・フィールドを共有するといった違いがある。詳しくは遊戯王カードWiki - タッグデュエルを参照されたし。ストーリーモードにおいては、CPUパートナーとのコンビネーションパートナーにあわせたデッキの構築も重要となる。なお、シングルデュエル普通に行える。

アニメを題材としたキャラゲーものとして見ても十分な出来である。原作キャラクターとタッグを組めるだけでも大きい。また、早乙女レイ三沢大地といった、原作イマイチ活躍しなかったキャラクターにスポットを当てる傾向にある。というか、明らかにやりすぎ。スタッフ自重しろ
もちろん、主人公や周辺の重要人物のストーリーもあり、原作とは違う視点で、原作世界観を楽しめる。裏設定のようなものなどが垣間見えたりすることもあり、このゲームの魅となっている。ファンとして嬉しい限りの、公式ファンサービス満載。

また、各作品とも発売前後のほぼ全てのカードを収録しているため、OCG対戦ツールとしての評価も高い。タッグフォース4からは遊☆戯☆王ファイブディーズへと舞台を変えた。タッグフォーススペシャルでは全シリーズキャラクター、舞台が登場することとなった。タッグフォーススペシャル時点で、カード7000枚以上収録されている。
そのほか、アニメに登場したオリジナルカードも多数収録。あのバーサーカーソウルまで収録しているのは、やはりスタッフの悪ノリだろうか。オリジナルカードも含めてカード拡大機もあり、実際のカードより詳細な観察ができる。遊戯王ファン御用達ゲーム

シリーズ一覧

各作品で連動特典があり、過去作を持っていると絵違いの三幻神とかが手に入る(まぁどうせヲーだけどね)
この連動は「セーブデータの引き継ぎではなくUMDを認識させなくてはダメ」なので注意。
他にも早乙女レイ十六夜アキ等の一部キャラを別コスチュームおよび過去の姿に切り替えることもできる。
(作品によっては該当キャラと一定以上デュエルして勝つことで、連動なしでも登場させられる)
また、TF5からTF6、TF6からTFSPでのみセーブデータの引き継ぎ要素がある。

遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX タッグフォース

2006年9月14日発売。
ストーリーは一期のセブンスターズ編、この作品はキャラごとのシナリオではなく三部構成である。
OCGをほぼ璧に再現したデュエル面と、アニメのあらゆるキャラが登場するシナリオで「ゲームカードおまけ」状態だった遊戯王ゲームの評価を一変させたシリーズ最初の作品。
シリーズ中、アニメと同じOPやBGMを収録しているため、今なおファンアイテムとしての価値は高い。

また、この頃からアカミア生徒や教師である様々なモブキャラともデュエルしたりタッグを組むことができた。茂野間ネオ石原姉妹など、シリーズの常連となっていくキャラもこの時に登場。 

遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX タッグフォースエヴォリューション

2007年12月6日発売。一の据え置き機でのTF
略称TFE。機体はされていたのだがまさかのTF1の劣化移植ボイス削除、OP削除カードプールは増えたが制限はそのままでバランス崩壊状態。
これを買うなら素直にTF1かTF2を買っておいたほうがいい。TF2とは連動特典があるが正直あってもなくてもどっちでもいい。

遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX タッグフォース2

2007年9月27日発売。
ストーリーはGX二期~三期前半。ヨハンやエド、ヘルカイザーが登場。代わりにセブンスターズ隼人といったキャラ削除される。
パートナーを選び個別シナリオ攻略するというスタンス確立した作品。
バカイザープロタクティクス(笑)と呼ばれるほどCPUデュエルAIが貧弱なのが難点。

遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX タッグフォース3

2008年11月27日発売。
GXの最終作品。ストーリーはGX四期のほぼラストまで収録。ただしダークネス及び遊戯は登場せず。
TF2削除されたセブンスターズ隼人も帰還したGXの総まとめであり、GX好きなら今でもやる価値あり。さらにTF1とTF2との連動特典もあるので持ってるとなお良い。
つまり全部買え。

デュエルAI善され、エドに至ってはDragoonD-ENDを3体並べてくるプロタクティクスを存分に味わえる。
反面思考時間が長くなってしまったが……。 
また、新規要素としてシンクロ召喚が登場。基本的に各キャラは使わないプレイヤー専用カードとなる。 

遊☆戯☆王ファイブディーズ タッグフォース4

2009年9月17日発売。
舞台は変わって5D'sシナリオダークシグナー編の途中まで。
善悪問わずとでもタッグを組めるという前シリーズ以上のフリーダムさとなり、特に友情を築いたアニメ主人公達を裏切り、ボスとともに殺していくルドガーシナリオは、シリーズシナリオとして評価が高い。

システム面も大幅に変更され、1日ごとにパートナーを変更できるようになった。

また、それまではマップ表示及びデュエル中のCGのみだったモブキャラにも立ち絵や名鑑での設定紹介ができるが、
代わりに前作では固有グラフィックを持っていたキャラも含めて数種類のイマイチぱっとしない出来の共通グラフィックに統一される。
ツインテールでなくなったゆきのんこと藤原雪乃や、メガネくなった委員長こと原麗華などの既存プレイヤーに密かな人気があったキャラ問答用で共通グラとなり、シリーズファンは寂しさを覚えるのだった。しかし……。 

遊☆戯☆王ファイブディーズ タッグフォース5

2010年9月16日発売
ストーリーはだいたい満足街編~悪魔の仕業でございます編あたりまで。舞台はWRGP……ではなくその前戦WTGP(ワールドタッググランプリ)
当時の最新パックである「STARSTRIKE BLAST」までを網羅したことでプレイヤーを驚かせる。
(それまではソフト発売より数カ前のパックまでしか収録することができていなかった)
また、データインストールに対応したことで懸念材料のロード時間の短縮に成功する(当時のコナミソフトによくあったように、一度スリープするとインストールしたデータ効化されるという仕様ではあったが)。

そして、前作で立ち絵こそついたが共通グラフィックとなったモブキャラ達が、個別グラフィックを得たことでもシリーズファンの度肝を抜いた(共通グラのままのキャラも多いが、それらも全員描き直されている。ただし女性だけ)

TF3までの染み深いデザインに回帰した常連モブに加え、ピンクヘアーリボンと言うキャッチーデザインで一躍TFシリーズ最高クラスの人気を得たツァン・ディレなど、モブキャラであるにも関わらず攻略としての魅が大幅増加。
シリーズでも一部で言われていた「カードゲームもできるギャルゲー」としての価値が上がった。ときメモラブプラスパワプロで名を馳せたコナミらしいといえばコナミらしい。

主人公の設定がTF4と異なっており、TF5TF6では同一人物であるとされている。
キャラシナリオでもTF5TF6で直接繋がってたりする上に、TF6にデッキレシピなどを引き継げるのでTF6が見つからなければやって見ることをお勧めする。

遊☆戯☆王ファイブディーズ タッグフォース6

2011年9月22日発売(DL版は2013年6月25日より配信)。
5D's最終作で、タッグフォースシリーズ自体の総まとめ的作品。ストーリーもWRGPでの死闘からアークレイドルでの最終決戦、そしてラストデュエルまでと5D'sを網羅している。上記のように5から地続きの作品であるため、可ならば5を先にプレイしておくことを勧める。

登場キャラクターゾーンアポリアチーム・ユニコーンチーム太陽チームラグナロクといったWRGP編のキャラクター、さらにはゴドウィンボマーが参戦し、5で削除されたダークシグナー編のキャラクターも総出演(4の闇牛尾秘書ドS御影、5の偽ジャック等は削除されてしまったが)と、まさしくシリーズの集大成。リアリストチーム・カタストロフなんていなかった。 
また、遊戯や十代、パラドックスといった劇場版キャラクターは参戦していない。

好評を博した女性モブキャラはさらに個別グラフィックが増えた他、放置されていた男性モブ全員リライトされ新規グラフィックになる(ただし個別グラ持ちはいない)

システムは5を継承。3がそうであったように新要素のエクシーズ召喚が収録され、シンクロキラーとして猛威を振るう機皇対策に有効。
データインストールスリープしても解除されなくなり、利便性が増した(DL版では関係ないが)
なお、ブレード・ガンナーのムービーが登録されない、デッキ切り替え機を使用するとデッキバグる、ZONEの名鑑が異様に動作が重いなどのバグが確認されており、DL版でも直っていない。気をつけていれば通常のプレイに影するものではないのが救いか。 

2013年の上半期頃までは、当時の段階で最終作ということでプレミアが付いてるため糞高い、がDL版が配信されたために入手は楽になった。
TF1からTF5まで連動特典でカードが入手でき、またTF5との直接の引き継ぎでDPカードが手に入る。
DL版は過去作UMD及び他のUMDソフトとの連動はできないので注意!

TF5からの引き継ぎ
過去作との主な連動

他にも各キャラダークシグナーver.シナリオを最初から始められたり入手困難なパックが最初から出たりする。

ダウンロード配信

ソフトを通じて公式サイトアクセスすることでレアカードデッキレシピ、禁止・制限リストを入手できる。
カードなら例えばNo.39 希望皇ホープNo.17 リバイス・ドラゴン氷結界の龍 ブリューナク氷結界の龍 グングニール氷結界の龍 トリシューラ光と闇の竜カオス・ソルジャー -開闢の使者-クリムゾン・ブレーダー強欲で謙虚な壺A・O・J カタストルなどなど現在でも環境一線級だったりするカードが多々手に入る。また上記の連動特典で手に入るレアカードも現在ではネット配信されている。

でさえ未経験者には難しいといわれるゲームなので活用するとゲーム攻略が楽になるだろう。
ただし自分で一から構築する楽しみや少しずつカードを入手していく楽しみは少なくなるので注意。

禁止・制限リストは基本的にはその時期の最新制限を配信するもので、自分のみに影CPUデッキが変わるわけではない。
TF5、6は発売1年後に禁止・制限・準制限全解放した「TFオリジナル禁止制限リストというとんでもないモノ(厳密には1枚のみ禁止になっているが)を配信しており、あらゆる禁止・制限カードを好きに使用することができる。 安易に使うと難易度全に崩壊するので、ご利用は計画的に

配信デッキレシピは有用なデッキもあるにはあるのだが、5以降はパロディ要素満載であり、「歌姫計画拡張」、「飛び出せヒゲ男」、「僕は相棒が少ない」、「儀式しなイカ!?」、「魔法使い 魔導か☆マジか」、「【うー】這い寄る混沌【にゃー】」等カオスの極み。任天堂ソフトモチーフってそれいいのかオイ。
DL配信開始後にはまさかのニコニコ動画のTF実況動画モチーフにしたデッキまで…まさしく公式が病気

遊戯王アーク・ファイブ TAGFORCE SPECIAL

公式サイトはこちら→遊戯王アーク・ファイブ TAG FORCE SPECIAL 公式サイト

2015年1月22日配信開始。ダウンロード販売限定。3000円(税込)、容量は536MB攻略本も同日発売された。
対応機種はPSPだがVitaでのプレイも可で、PSPVitaでの通信もできる。
オンラインによる対戦はこれまで同様不可能だが、PS3アドホックパーティーを経由することで可となる。
公式サイトでの表記は「遊戯王アークファイTAGFORCE SPECIAL」。省略名称はTFSP
アークファイブを代表するペンデュラム召喚も導入され、ノーマルデュエル(通常の1対1のデュエル)では、マスタールール3が適応される。
同年2月24日まで、DLによる期購入特典の配信もあり、「カオス・ソルジャー -開闢の使者-」、「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」、「琰魔竜 レッド・デーモン」、「No.101 S・H・Ark Knight」、「E・HERO アブソルートZero」の5枚が公式サイトから入手できる。

収録カード

収録カードは、ブースターパック「THE SECRET OF EVOLUTION」(2014年11月15日発売)、ストラクチャデッキシンクロンエクストリーム」(2014年12月6日発売)まで。これは喩ではなく、TFSPでは実際に発売されたこれらのパックを買うことが出来る。品薄状態の「トライブフォース」も買い放題である。

なお、週刊少年ジャンプ攻略本などに付属するパスワードを入する事でそれ以降に登場した《HSR 魔剣ダーマ》 《アルティマヤ・ツィオルキン》 《M・HERO》 《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》 《ハーピィ・ハーピスト》も使用可になる。2014年内のカードはほぼ使用可であり、その総数は7000枚以上である。(ただしPREMIUM PACK 17カードは上記の2枚以外は未収録)

オリジナルカードも変わらず収録されているが、TFSPからの全新規オリジナルカードい。
その代わり「デュエルカーバル」のオリジナルカードが統合されており、タッグフォースシリーズとしてはそれらが新規に当たる。

また、現実では非常に入手困難な世界大会賞品カード群も引き続き収録。
今までのシリーズではこれらは禁止カード扱いであったが、今回は最初から制限カードとなっている。
特に2014年大会賞品の「船-レオ号」と「牙狼の双王 ロムルス-レムス」はそのペンデュラムケールの数値からマッチ戦でなくても有用となる。
欠点としては、ゲーム内でもかなりレアで集めにくい事だろうか…

ストーリーモード

ストーリーアニメの全シリーズ、すなわち「デュエルモンスターズ」、「GX」、「5D's」、「ZEXAL」、「ARC-Ⅴ」の各内容に沿ったものを収録している。(クロスオーバーではない。)
キャラクターアニメシリーズから登場。加えて、これまでのTFシリーズ3DS遊☆戯☆王ZEXAL 激突!デュエルカーバル」(2013年12月発売。通称、デュエカ、DCなど)からも、いわゆるモブキャラクターが一部登場する。総勢、約190人!やっぱりKONAMIっていいやつじゃん!

ストーリーモード開始時にシリーズキャラクターを選択し、信頼度を上げ、一定の信頼度になるとイベントが発生する。 (これまでのTFシリーズプレーヤーであれば、初期TFストーリーモード同様と言えばお分かり頂けるだろう。)
ただし、会話やアイテム等のシステムは今作にはため、デュエルでのみ信頼度が上がる。
また、ストーリーがあるのは各シリーズ主人公及びキャラ4人の計25人のみであり、その他キャラクターモブ扱いで、固有ストーリー・共通ストーリーは存在せず、もちろん攻略も出来ない。そのため、一部ファンからはギャルゲー乙女ゲー要素が薄れて残念、と言われているとかいないとか。フリーデュエルでタッグを組むことは可。)

しかし、カード枚数・キャラクター数・デッキ数の収録量、ストーリー内容は購入者の多くを満足させているようだ。
(私情にはなるが、製作スタッフには感謝と拍手を送ると共に、TF7の発売を期待したい。)

TF6からの引き継ぎ

なお、過去作品との連動はない。

過去作からの変更点(マスターズルール変更点については除外)
タッグパートナー

ストーリーモードでタッグパートナーに出来るキャラクターは、以下の25人。彼ら彼女らには専用のストーリーキャラクターボイスがある。(ほとんど使い回しとか言わない。)
ただし、闇遊戯声優は変更されている。 (既に、アーケードゲーム遊☆戯☆王デュエルターミナル」では闇遊戯声優が変更されているが、担当声優の名前等は未表となっている。なお、本作では鯨井康介が担当。)

モブキャラクター

ボイスし。攻略にはならない。フリーデュエルではタッグを組める。

遊☆戯☆王ARC-V タッグフォース7
この項三沢化されています。

ニコニコでは

プレイヤー操作CPUに挑む動画の他、CPU同士の対戦動画も人気である。
CPUならではの、(いい意味で悪い意味でも)ありえないプレイングが見所。

また拾ったカードだけでデッキを作り、CPUに挑戦する伝説ゆっくり実況

なお、TF6にてダウンロード配信されたデッキレシピがニコニコ動画のTF実況動画モチーフになっている。
そのモチーフとなった動画はこれ。

ちなみに新作が発売される度に(特にタイトル表記が「GX」から「5D's」に変わった辺りでは)記事を分割するかでにしばし分かれていたりする。(そしてリダイレクト設定で落ち着くという流れが半ばお約束と化している)
(恐らく発売されるであろう)タッグフォース7からは「ZEXAL」と表記されると思われるので、そのときはまた議論の的になる未来線がひしひしと見える。
…などと言われていたが、「ZEXAL」放映時にタッグフォースシリーズは発売されず、3DSソフト遊☆戯☆王ZEXAL 激突!デュエルカーバル」(通称、DC)が発売された。
なお、タッグフォーススペシャルは「タッグフォース7」ではない。次作は「タッグフォース7」ですか?「タッグフォーススペシャル2」ですか?

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%81%8A%E2%98%86%E6%88%AF%E2%98%86%E7%8E%8B%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BAgx%20tag%20force
ページ番号: 749949 リビジョン番号: 2152960
読み:ユウギオウデュエルモンスターズジーエックスタッグフォース
初版作成日: 08/12/01 18:44 ◆ 最終更新日: 15/01/29 14:15
編集内容についての説明/コメント: 収録カードについて編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


573

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX TAG FORCEについて語るスレ

4241 : ななしのよっしん :2015/08/21(金) 19:04:21 ID: daGkK+Rt2P
あのクソバカウンコドルベ無能コンマイ上層部はスマホにハマってるから
4242 : jptgdtih :2015/08/26(水) 22:35:09 ID: vUa8DSSlWx
>>4241 ちゃっかりドルベが入ってるww
ときめもとかTFとかちゃんと作ればファンは買うのにな
4243 : ななしのよっしん :2015/08/26(水) 23:25:13 ID: IWzlGcPoSs
ゲーム自体は悪くないが積み込みがなぁ……
TF6の共通シナリオラグナロクとかチンパンAIはおろか人間でもろくに回せなさそうな束なのに先攻なら初手シンクロ宣or警or書、後攻なら初手orブリューナクの構えが飛んでこなかったためしがないくらいにひどい
ゲームで例えるなら個体値自由に決めれる代わりに
常にフロンティアクオリティがかかるポケモンとでも言うべきか
あとはシナリオ上仕方ないがせっかく主人公なのに機皇メタやらTGマシンナーズガチ組やらでカードプール少ない序盤に攻略させる気のないデッキ改造できるとはいえベースが弱小きわまりないのに当時の環境レベルの相手ぶつけてくる龍可とかゲームバランスで配慮がさすぎるとは思う
4244 : ななしのよっしん :2015/08/27(木) 00:28:04 ID: ucRNuWYh/1
ヒント:現在のコナミ幹部はゲーム嫌い

まあパワプロとかになるものは一応出すしTFも出るとは思うが

なんか最近内部が荒れてるっぽいんだよなぁ
TFスタッフはまだ事か?
4245 : ななしのよっしん :2015/08/27(木) 22:39:52 ID: Ea+Ufsl8fR
TFの開発は外部会社のテンキーが請け負ってるはずだから、開発スタッフという意味では事だろう
問題は開発のGOサインを出すコンマイ側の人間が事なのかどうかだ…
マジTF新作がもう出ないっていう事も覚悟はしておくべき
4246 : ななしのよっしん :2015/08/28(金) 22:38:39 ID: VyLmIhM+IB
>>4233
トレード・インを二枚くらい入れれば多少はマシになるはずあるいは
ゴブリンのやりくり上手を自分とパートナーデッキに三積するとかどうよ?
全部発動したら理論上こうなる↓

一枚=0枚 二枚目=一枚 三枚=二枚 通常のデュエルならここまで
四枚=三枚 五枚=四枚 六枚=五枚 タッグだとここまでいける
手札事故解消とドローを両立できるからおすすめ、が余ったらいれてみては
どうかな? 参考にならなかったらスマン
4247 : ななしのよっしん :2015/08/29(土) 03:56:14 ID: Q7VnsmzSeL
>>4243
TF6やってるけど詰め込みを感じたことはないなぁ
そんな状況が何度もあったらわかるが
そんなこと何度も連続して起こったことなんてないし同意しかねる
そもそも何度も同じことしてくるなら対策しやすくてむしろカモだろ

タッグフォースシリーズAIプレイングがもうちょっと良くならんものか
6からSPになってもオネストを考えなしに攻撃表示で召喚する等のプレインをしてくるのはちょっとなえる
4248 : ななしのよっしん :2015/08/29(土) 20:52:35 ID: Qp7S/lfFlz
味方の時はかかしのくせに敵になるとやけに回る
制限カードを毎回初手でバンバン使ってくる
を連発されると積み込みしてるんじゃないかと思うのは当然
とかシリーズとかで高確率でこっちの展開を邪魔してくる
だから序盤はやり過ごして持久戦に持ち込むようにしたな
普通に事故ってる時もあるし全部が全部そうではないけど
あとリトライ時のシャッフルが不十分だと感じる時もは多い
4249 : ななしのよっしん :2015/08/29(土) 23:53:50 ID: Ea+Ufsl8fR
>>4248
TF6って警告がまだ準制限だった時代だろ?それなら初手にそれなりの確率で握っていても不思議はない
それにその御影さんがライロならソラエクで手札交換して呼び込んでる事もあるし
は別に積み込みは感じた事はなかったけどな。かつてのDM6のアテム海馬のあれ並じゃなかったら普通に運の範疇だろ
4250 : ななしのよっしん :2015/08/31(月) 00:21:04 ID: RRwBgxBA8H
上層部の意向にしてもなぁ…
TFSPは開発費とか値段とかを言い訳に出来ない部分でも
何かコレジャナイ感が強い
キャラクターの口調が何か変だったりCPUデッキがいい加減な所とか
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015