単語記事: 遊戯王

編集

遊戯王ロゴ

遊戯王(正式名称遊☆戯☆王)とは、漫画家高橋和希による1996年から2004年まで週刊少年ジャンプに連載された漫画、およびその生作品である。

※この記事では遊戯王シリーズ全体について述べています。
テレ朝アニメについては「初代遊戯王」を、テレ東アニメについては「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」を、その他生作品については各作品の記事をご覧ください。

原作の概要

内気な高校生武藤遊戯は、古代エジプトの遺物である千年パズルを解いたことにより闇の人格を手に入れ、闇のゲームの番人となる。
危険で過ゲームで敵と勝負し、倒した敵に罰ゲーム精神崩壊など)を与え成敗する、というのが当初のストーリー
テーマは「友情」、ストーリー軸は「ゲーム」および「オカルト」となっており、ゲーム要素こそTCGにほぼ一本化したものの、これらの軸は長期連載の間もブレることはかった。ちなみにオカルト的要素を取り上げた漫画は『ジョジョの奇妙な冒険』や『三つ目がとおる』などがあるが、前者に関しては絵柄や人物描写、後者に関しては設定面(二つの人格を持つ主人公ヒロイン三角関係主人公額に現れる瞳など)でリスペクトともとれる部分が多い。

初期は一話~数話完結が基本だったため、さまざまな種類のゲームが登場したが、そのひとつである架の対戦カードゲームマジック&ウィザーズ」が特に人気が高かったため、中盤以降は読者層に合ったポップな絵柄に変貌するとともに、マジック&ウィザーズ」(M&W)がストーリーの中心となっていった。
(これについて、「当初は1度きりの使い捨てのアイデアの予定であった為、ルール等も一晩で考えた」らしい。)
この「M&W」は、後に「遊☆戯☆王オフシャルカードゲームデュエルモンスターズ」(遊戯王OCG)の名前で商品化され、大ブームを巻き起こす。このへんの事情はWikipediaや、高橋和希の記事を参照。

ちなみに、遊戯王OCG原作漫画のM&Wを元にはしているが、実際はかなりの部分でルールが異なっている。

原作漫画ニコニコ静画にて配信中、第一話のみ全編立ち読みも可原作未読のファンは、是非チェックしてみてほしい。

映画「THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」の開に先駆け、2016年4月11日から久しぶりに「遊☆戯☆王」が週刊少年ジャンプ本誌に復活。内容は映画関係の話であり、前後編・2週連続の特別読み切りとして登場する。

派生作品

カードの普及と共にメディアミックス展開をおこなったため生作品が多い。

※その他、詳しくは各作品の個別記事をご覧ください。

世界観・設定を共通とする生作品に「遊☆戯☆王R」、原作漫画の続編に「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」がある。
また、「遊戯王GX」は原作漫画ではなく「遊戯王DM」の続編であるため、細かな設定などが原作漫画と異なっている。(一例として、ペガサスの生死や、カードの名称など。)
遊戯王DM」はカードゲーム以外の話も行っているが、「遊戯王GX」、「遊戯王5D's」、「遊戯王ZEXAL」、「遊戯王アークファイブ」などは全にカードゲーム専門アニメになっている。

余談

遊戯王コラボは近年まで非常に少なく、スポンサーであるコナミの身内ネタ程度しかなく、日本アニメ雑誌でも特集が存在しなかった。
これは海外の権利事情が大きく関わっているとの一説があり、それが解決されたと思われるARC-V以降は「ナナナ」が登場したり、アニメ雑誌でも時折特集を組まれるようになっている。映画「THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」の開および遊戯王誕生20周年記念という事情もあってか、2016年には「モンスターハンタークロス」「アニメプラザカフェ」など積極的にコラボ活動を行うようになった。

ニコニコ動画における遊戯王

ニコニコでは他の漫画作品にべ、アニメ版の方がリスペクトされる事が多く、遊戯王の生みの親である漫画家高橋和希べて、加々美高浩を初めとしたアニメーターの方が持ち上げられる事が多い作品でもある。理由としてはアニメ版のネタから爆発的なブームが起こった事(後述)と、彼らアニメーター作画がそれぞれ個性的で、何かと作画崩壊が起こったり、美麗であったりする事が考えられる。(とはいえ、作画に関してそう捉えられるのはアニメファンならでは、であろう。)

また、後述の「ずっと俺のターン!」も含めてネットニコニコでも様々な形で影を与えており、たとえば後述するように「遊☆戯☆王」という正式名称に加えてタイトルの後ろに『YU-GI-OH!』というアルファベット表記が付く事になぞらえてか、ニコニコ動画コメントなどでも特徴的な台詞フレーズなどにはアルファベットを盛り込むのが定番化したのに一役買ったことであると思われる。一例を挙げると、

 

遊☆戯☆王が作品名称としては正式表記だが、ニコニコにおいては遊☆戯☆王表記の作品は検索避け作品である事を示す。

ずっと俺のターン!

以前より2ちゃんねるなどでは本作の「ずっと俺のターン!」ネタが一定の人気と知名度を得ており、それを契機としてアニメ版「遊戯王デュエルモンスターズ」のオリジナルの回であるドーマ編162話、通称「バーサーカーソウル」(YouTubeの動画参照)が爆発的なブームになり、以後様々なMAD作品がファンの手によって生み出されている。
MADには、普通本編動画を切り貼りしたもの(「遊戯王MADタグ参照)、本編の音を加工して電波ソングにしたもの(「遊戯王:音系MADタグ参照)など、多種多様なジャンルが存在し、現在も盛り上がりを見せている。
※他にも遊戯王MADの項にいくつかタグ分けの詳細があるので詳しくはそちらを参照願います。

※なお、遊戯王ゲーム作品内ではニコニコで人気のあるネタを見ることが出来る。

遊戯王の関連動画

「遊戯王MAD」タグ

最古の遊戯王MADである。

「遊戯王:音系MAD」タグ

遊戯王の登場人物 (通称は主にニコニコ内)

序盤~王編まで

編終了~バトルティ

王の記憶編~闘いの儀

アニメオリジナル(王編終了~バトルティ開始まで)

アニメオリジナル乃亜編)

アニメオリジナルドーマ編

アニメオリジナルKCグランプリ編)

他多数・・・

覚えておくと役立つかもしれない名台詞集

覚えておくと役立つかもしれない関連用語

遊戯王の関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%81%8A%E6%88%AF%E7%8E%8B
ページ番号: 81182 リビジョン番号: 2338761
読み:ユウギオウ
初版作成日: 08/05/18 12:14 ◆ 最終更新日: 16/03/19 14:51
編集内容についての説明/コメント: コラボ事情を追記 現行の漫画作品を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ダーツ様

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

熱き決闘者たち
神の怒り

遊戯王について語るスレ

1251 : ななしのよっしん :2017/03/22(水) 12:54:10 ID: 9Rlp3zGMV1
むしろ原作カードゲーム作品になってしまった時点で
もう原作に縛られる必要性がくなったと言っていい
1252 : ななしのよっしん :2017/03/22(水) 13:43:19 ID: MX5xAcpJeK
まーた責任押し付けてる
1253 : ななしのよっしん :2017/03/22(水) 17:21:11 ID: /NI3drrdPA
原作ジャンプルール打ち切りになりそうだったからカードゲーム原作漫画で導入。面いってんでバンダイがそれをコレクションカードカードダスで販売。思った以上に売れコントロール不可に。それをコナミが買い取って現OCG化。
GXはDMファン達の要望とコナミからの要望で作られ。原作認の元、本来は5D'sで終わる予定だったがゼアルに続いた。だから昔のルールに縛られなくても良いのは事実だが、どこまで行ってもOCG原作から生まれた事実は変わらないのだからコナミ体で原作おまけのタンコブで困る存在と言うならそれこそもう原作遊戯王の名でカードを売るなという話になる。
事実なら実際これをしても問題ないだろう。
絶対にコナミはやらんがな
1254 : ななしのよっしん :2017/03/25(土) 11:34:28 ID: bqa3woj+99
>>1240
ゼアルの問題をARC-Vに押し付けられたと思って作者にしながら増長しちゃってるけど、言うまでもなく、作者ARC-Vから関わらなくなったってことはゼアル放送時に協する気が失せる心の変化があったってことだからね…

>>1246
調べた場合はもちろん、調べなくとも感じることだけど、普通ゼアル及びゼアル信者が最大の原因だよ

描写放棄で唐突で強引な展開・数々の伏線放置・デュエル概念崩壊・過去作のパロディーだらけ・監督オナニー等々、問題だらけだったゼアルへの批判が人格攻撃やレッテル貼りで排斥されてなきゃ、ゼアル戦犯でもある上代起用を筆頭としたARC-Vの惨状はなかった
ゼアルOCGの売り上げがガタ落ちしてなけりゃ、20周年商法前から過去キャラに頼らずともゼアルキャラのストラクだって出せたし、魔導征竜や9期全般のような壊れでドーピングすることもなかった
そして何より、ゼアルより下が出来たと思って増長したゼアル信者によるARC-Vへの放火トドメを刺してる
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1255 : ななしのよっしん :2017/03/25(土) 11:44:12 ID: gODrC5Xpo0
勝手にあの頃に戻ってろ

と上代がARC-Vにひき続いてVRAINSのスタッフになることはなかったのは安堵
1256 : ななしのよっしん :2017/03/25(土) 11:46:20 ID: pTTAZbYElE
が見てもAV自体がクソな事が最大の原因なんだよなあ
ゼアルゼアル信者クソだからってAVがクソじゃなくなるわけじゃないから
1257 : ななしのよっしん :2017/03/25(土) 13:54:33 ID: wjgi4RtD5i
取り敢えず長文ゼアルゼアル言ってるが碌でもないのは理解出来たよ
1258 : ななしのよっしん :2017/03/25(土) 18:28:29 ID: VuXfK1bVUA
そもそも、当時から「あー、あの話のあの所はねー」みたいな感じで上代さんは批判されてたし、AVの構成が発表された時「え、あの話書いてた人だけど大丈夫なの?」ってもあったんだよなあ
小野監督5D'sやってたから大丈夫だろみたいな空気で流されたけど
つーか、何事も「ゼアルが嫌い」みたいな単純な感想で済ませればいいだけの話なのに、わざわざ悪しき元みたいな言い方してゼアルへのアンチ行為に正当性持たせようとしてるのがマジ気持ち悪い
だからゼアンチは腫物扱いされてるって客観視できないのかね
最近よく見る5D's・およびそのファン(≠信者)への責任転嫁・過度な叩きにも通じる所あるのがまた

まあ、長文内沸騰ゼアンチマジメに返すのもどうかとは思ってるが
1259 : ななしのよっしん :2017/03/25(土) 20:01:29 ID: ifXY2twnE4
そいつ他の記事にもいただぞ
まぁゼアンチはあんなんしかいないから同じゼアンチ仲間小野キッズ以外の遊戯王関係から嫌われてるしね
1260 : ななしのよっしん :2017/03/25(土) 23:52:48 ID: 6NQvTyB2VD
崇拝する監督の生み出したAVのアレっぷりに擁護しようにも後ろからFFされるんですっかり頭沸騰しちゃったのね可哀想に

あとカズキングはインスタでゼアルモンスターイラスト描いてるから
ゼアルの出来に落胆して〜なんて事は普通いと思うんですが
そもそもそれなら原作映画監督桑原に任せないだろうし

あ、あと遊矢のペンデュラムデザインにだけは一応関わってるんじゃなかったっけ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015