単語記事: 邪馬台国

編集  

邪馬台国とは弥生時代日本のどこかに存在したである。
様々な説があるがその場所は定かではない。 

概要

当時の日本では文字歴史を記録していないため、この時代の歴史中国歴史書にわずかに登場する日本(倭)の記述のみが頼りとなる。

つまり「三国志」の中の「書」の中の「東夷伝」の中の倭人に関する一節、よく言うところの倭人伝」邪馬台国に関するほぼ一の文献資料である。それによると、
 

の中で長期の内戦があったのち、卑弥呼という女性邪馬台国の王にすることによって争いを収めた。彼女は「」 に長じ、うまく人々の信頼を受けて支配している。夫はいないが、政治を補佐している。

彼女皇帝に使者を送り「親倭王」に任じられ、印を授けられた。

彼女の死後、大きな墓を作り、100人をえる奴隷が殉葬された。男の王が即位したが争いが絶えず、最終的に卑弥呼の一族である壱与という少女を王にすることによって、ようやく争いが収まった。


・・・といった感じである。そのほかにも邪馬台国が近隣の20数カを支配していたこと、その位置や風俗、身分構造などについて書かれている。 

邪馬台国はどこにあったのか?

倭人伝には邪馬台国への程が下記のように記されているのだが、この記述のままに地図をたどると太平洋上に出てしまうため、邪馬台国の位置を特定するには至っていない。また、卑弥呼の墓や印といった物的拠も発見されていないため、様々な人々が自らの思う邪馬台国論を唱えている。

江戸時代後期に新井白石が「大和奈良県)」にあったと説き、後に新井白石が「筑後福岡県)」にあったと説いたのが議論の始まりとされている。そう、発端はコイツである。

その後、本居宣長が「九州襲説」を提唱するなど、今日に至るまで結論の出ない論争が続いている。

な説としては、上記の「近畿説」と「九州説」が有名。しかし、やれ諏訪だ、山梨だ、インドネシアエジプト海底都市竜宮城、と様々な説もある。

魏志倭人伝の記述

  1. 朝鮮半島沿いに航行して、を経て東へ南へ7000里で倭の対、狗邪韓国に至る。
  2. を渡って1000里で対馬
  3. さらに南へを渡って1000里で壱岐
  4. またを渡って1000里で末
  5. 東南へ陸路で500里で邪馬台国従している)
  6. そこからまで東南へ100
  7. 不弥へは東へ100
  8. へは南へ船で20
  9. 邪馬台国へは南へ船で10日、陸路で一か
  10. (その南に狗があり、邪馬台国には従していない。)
  11. 帯方から邪馬台国までの距離12000里
※1里≒80mという説と1里≒400mという説が存在する。

前述の通り、この記述だと太平洋上に到達するため、解釈を加えてどうにか日本国内に到達するように様々な説が唱えられている。

放射読みから先はを起点にする読み方)や、方角を修正(南→東など)などする読み方、古代の地図が間違っていたとする説など実に様々。

なぜ場所が問題なのか

ところで、なぜ邪馬台国の場所を特定する必要があるのか。その大きな理由として大和政権の成立に関する問題がある。

仮に近畿邪馬台国があったとすると、3世紀にはすでに近畿北九州を支配する勢があったことになり、この勢大和政権につながったと考えることができる。

一方、九州邪馬台国があったとするならば、日本における統一権の登場はより後の時代になる。
ちなみに邪馬台国大和政権によって滅ぼされた説と邪馬台国が東遷して大和政権へつながった説とがある。 

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%82%AA%E9%A6%AC%E5%8F%B0%E5%9B%BD
ページ番号: 4940847 リビジョン番号: 2604769
読み:ヤマタイコク
初版作成日: 12/08/07 19:23 ◆ 最終更新日: 18/07/05 21:33
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「弥生時代」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

邪馬台国について語るスレ

207 : ななしのよっしん :2018/02/14(水) 23:24:52 ID: gTCCmhQIts
九州説を取るなら邪馬台国だけで七万戸という人口は酷く増しされていることにしないと苦しいな
もっとも距離の数単位の正確な減算法で邪馬台国九州に収めようとする九州説が、
距離は正確だけど人口は増ししまくりなんて苦しいをできるかどうか
208 : ななしのよっしん :2018/02/14(水) 23:31:53 ID: ypLCtaqzmJ
人口は反対側の大氏のサイズにあわせて増しされてるって説はあった気がする
それがこの場合適用できるかまではちょっとわからんが
209 : ななしのよっしん :2018/06/05(火) 14:13:08 ID: +iKV+LPNWd
>>207
増しされていないとしたらどうだろう

ウィキ情報すまんが7万もいない説は近畿説の言いがかりレベルのものが
広まったものらしい や遺跡と一緒で根拠がおかしいらしい

九州でもそれを信じたものと信じてないものがいるそうだ
210 : ななしのよっしん :2018/06/05(火) 14:24:38 ID: eJYXcNu1vt
使ってる教授様方によるきのこたけのこ論争だよねコレ
211 : ななしのよっしん :2018/06/05(火) 14:41:35 ID: 6JMCBKsEZu
これから研究調を続けていけば答えが確定する可性があるものと
単なる好みの問題(たけのこの圧勝ではあるんだが)を同列に扱うのは
ちょっと理があると思うの。
212 : ななしのよっしん :2018/06/06(水) 12:09:05 ID: gTCCmhQIts
>>209
そのWikipedia近代以前の日本の人口統計」による紀元200年の日本の総人口は研究者によって違うが50万人~70万人前後
増しなく邪馬台国が七万戸なら、日本の総人口はせいぜいその二倍~数倍に過ぎない
おまけにこの頃になると畿内や関東にも大規模なクニが出現しているから、九州に人口の大部分が集中していたといった試算も不可能になる
九州説を取るとすれば、デカい邪馬台国九州のどこにめるか、だな
213 : ななしのよっしん :2018/06/06(水) 21:27:18 ID: +iKV+LPNWd
>>212
本当だ 5070万と推定されてるな

>九州説を取るとすれば、デカい邪馬台国九州のどこにめるか、だな

いや日本列島に多くて70万なら九州にも近畿にも存在しえない
一戸2人から5人だろうから大体3.5人
7万戸×3.5=245000 
邪馬台国だけで日本総人口の半分近くになってしまうから
九州にあろうと近畿にあろうと
その他の地域の人口密度がスッカスカ 発泡スチロールのよう
214 : ななしのよっしん :2018/06/08(金) 22:47:00 ID: +iKV+LPNWd
邪馬台国論争と言えば遺跡やの話ばかりで人口はあまり議論の対にならないのよね
つまり何が言いたいのかというと近畿説の通説はどうなってるんだろうか?
何が流なんだろうかね?
215 : ななしのよっしん :2018/07/10(火) 21:44:55 ID: 9pR5ahtxRt
邪馬台国北九州だけど
邪馬台国ってなんか定住民、農耕民みたいなイメージあるけど洋民の顔が多分にあるよね
洋民にとっては障じゃなくて道路
敵国なのに更に南の薩摩と思しき投が友邦なのは路で繋がってるから
神武東征なんかの征説でもぶち当たるけどこの時代兵站の維持理でしょ
防衛側はまだ近隣から短期間で兵集められるけど、遠征側は長期間糧食維持して輸送もしなきゃいけない
兵站がこと難しいってことは邪馬台国が広域に影を持ってたのは軍事ゆえじゃなくて、大陸への玄関である北九州を支配しているっていう政治的理由では?
だから邪馬台国は周辺諸軍事で征できず、従えてるけどあくまで属で連合国家の体を成してると
216 : ななしのよっしん :2018/07/14(土) 19:23:27 ID: +iKV+LPNWd
>>215
考察だけど
この時代は兵站がそれほど重要じゃない

たとえば元の時なんて14万の軍隊が日本にやってきたけど
普通に考えたら14万の兵站維持なんて1日だってできっこない

にもかかわらず2かにわたって戦闘は続いてる

補給なしで軍を維持できた理由は現地略奪にあった

紀元前50年に発生したとされる倭と新羅の戦争もたぶん補給はなかった
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829