単語記事: 醍醐

編集

醍醐(だいご)とは、製品の一種である。元々はで「サルル・マンダ」といい、「最上製品」を意味するとされる。

概要

製品を精製する上で「→酪→生酥→熟酥→醍醐」の五段階の味、「五味」があるとされ、その最上製品が醍醐とされた。ちなみに熟酥はで「サルピス」といい、乳酸菌飲料「カルピス」のとなったことで知られる。

仏教の経典「涅槃経」には、悟りを得ることは「」から「酪」が、「酪」から「生酥」が、「生酥」から「熟酥」が、「熟酥」から「醍醐」が熟成精製されるのと同様であり、「涅槃経」は「醍醐」と同様であると言う記述が出てくる。これを五味相生の譬(ごみそうしょうのたとえ)という。

なお、ここから「醍醐」という言葉が生まれた。

地名

上記のとおりもともと仏教であり、日本でも寺院の名前に「醍醐」が付けられることが多かった。また、「醍醐のようにおいしいが湧き出るところ」「醍醐のようなおいしいの産地」などの意で地名も多く生まれた。

苗字

転じて日本苗字ともなる。苗字としては公家醍醐が知られる。五摂一条の分醍醐があった。江戸時代前期、霊元天皇の詔により一条昭良の次男、基が醍醐した。9代忠順は明治維新に貢献し、初代大阪府知事となった。維新後は侯爵となる。

また、安房漁師に醍醐氏があった。当は代々醍醐兵衛名乗り江戸湾にて漁を行っていた。

また、桓武千葉氏の一族に醍醐氏があったとされる。

現在、醍醐姓は関東地方に多く分布しているが、特に千葉県浦安市に集中して分布している。

曖昧さ回避

人名

実在の人物

追号
公家醍醐家

地名

その他

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%86%8D%E9%86%90
ページ番号: 4665358 リビジョン番号: 1216428
読み:ダイゴ
初版作成日: 11/07/02 16:40 ◆ 最終更新日: 11/07/02 16:40
編集内容についての説明/コメント: 新規作成
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

醍醐について語るスレ

1 : 黄泉人知らず ◆Yk9Pufb6Aw :2012/08/17(金) 15:38:43 ID: YjQZ3Pl9SJ
第六天魔王から。
これはいわゆる「チーズ」なのか「バター」なのかご教授願いたい。
へうげものに出てきた「らくだいご」なる調味料についても知りたし。
返信む。
追伸:グーグルに尋ねたが「らくだいご」の詳しいことはわからなかった。
2 : ななしのよっしん :2012/08/17(金) 15:45:51 ID: aMmTnjdEK2
>>1
具体的なレシピが失われているので、実際に食べられていたものがなんだったかは不明。
涅槃経」に記述があるのはたしかだけど、じゃあ実際食べられていたのがそれと同一か、
それとも別の加工品を涅槃経にちなんで醍醐と読んでいたのか、という問題もある。

らくだいごは「酪醍醐」じゃない?
3 : ななしのよっしん :2013/01/20(日) 16:28:18 ID: g3+ldNHZlA
>>1
>>2も言ってる通り、「らくだいご」は「酪醍醐」。
「酪」は牛乳製品のこと。
作中の描写だとヨーグルトっぽかったけど、字面も合わせて考えるなら「醍醐牛乳と混ぜたもの」すなわちチーズクリーム的なものだと思われる。
4 : ななしのよっしん :2013/12/26(木) 14:33:18 ID: LXzi8BEhL4
DAIGO
5 : ななしのよっしん :2014/02/25(火) 04:18:38 ID: 63o+ipRDTk
ダイゴさん大誤算
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015