単語記事: 重戦機エルガイム

編集  

重戦機エルガイムとは、日本サンライズ制作ロボットアニメである。

タグ動画検索エルガイム / エルガイム or 重戦機エルガイム

概要

監督 富野由悠季
シリーズ
構成
渡邊由自
音楽
制作 日本サンライズ
製作 名古屋テレビ
創通エージェシー
日本サンライズ
話数 54

1984年から1985年にかけて放映された。監督富野由悠季永野護などスタッフに若手を多く起用している。
なお、人気は高かったようで、後に総集編2本と、まったくのオリジナル新作1本の計3本、OVAが発売された。

富野アニメの順番で言えば、ダンバインの後でΖガンダムの前。ただし、富野監督は翌年のΖガンダムの準備に追われたこともあり、この作品では若手スタッフにかなりの部分を任せていたらしく、特にキャラクターデザインメカニックデザイン世界設定を担当した永野護カラーが強く出た作品となっている。そのため、現在では永野の代表作となったファイブスター物語プロトタイプ的な作品と見る者も多い。

カモン王の末裔である主人公ダバ・マイロードが、ポセイダル軍に叛旗を翻しこれを打ち倒す物語コミカルな要素も多いが、特に中盤以降はシリアスな展開も多い。

主な登場人物

余談だが、本作のキャラの名前は基本的に日本人同様「姓」・「名」となっている。これはダバの本名がカモン・マイロードであることからも読み取れる。

ダバ・マイロード - 平松広和
主人公。アムとレッシイに二股をかける色男……と、当時のファンからも見られていたが、実際のところ二人が勝手に惚れて盛り上がっていた、という感が強い。というのも、彼にはそもそも義妹許嫁がいたからである。なにそのエロゲだが、その義妹は……。さらに、実は亡王子だったという事実も判明し、後半ではおのために反乱軍トップとして戦う事になってしまう。そして、ついに最後の敵を倒した後、彼が取った選択は、当時の視聴者に衝撃を与えた。
な搭乗機はエルガイムエルガイムMk-II
リリスファウ - 川村万梨阿
妖精フェラリオ少女。当初見世物小屋にいたところをダバに助けられて、以後一同と行動を共にする。
どう見てもダンバインのチャム・ファウである。も同じだし。
(当時のファンによると、チャムよりはやや平和義寄りらしい)
ミラウー・キャオ - 大塚芳忠
金髪リーゼントのお調子メカニック。女好き。ダバ幼なじみで親友というか悪友。メカニックの腕はかなり変態的(誉め言葉)で、エルガイムMk-II完成させたのも彼である。後半では量産機ディザートで戦闘に参加することもあった。ちなみに小説版では放射線死亡していたりする。実はバイセクシャルという設定がある。
ファンリア・アム - 本多知恵子
ダバに惚れてダバ一行に加わった少女。元盗賊で気が強く、後にレッシィがダバに惹かれて一同に加わってからは、しょっちゅう喧していた。ただし、ダバに対しては一途であり、彼の近くにいるために戦いに身を投じ、最終的には敵のエース級の相手を撃破するまでになっている。搭乗機は最初は量産機のディザートだったが、ダバがMk-II乗り換えて余ったエルガイムに搭乗。最終戦ではこれが功を奏する。
ガウ・ハ・レッシイ - 川村万梨阿
ポセイダル十三人衆の一人。当初はガチガチの軍人だったが、ダバに惹かれて反乱軍に加わり、物語中盤ではアムとのさや当てを演じる。搭乗機はヌーベル・ディザードなど。また、終盤ではダバ達から一歩引いて離れ、ホエールの艦長も務めた。最初の軍人時、ダバに寝返ったとき、ダバから離れて以降と、3回もキャラデザが変わっている。ぶっちゃけ中盤レッシィが一番可愛いと思います。
ギャブレット・ギャブレー - 速水奨
元は食い詰めた下級貴族で、ポセイダル軍への仕官をしようとしていたところで、たまたまダバ一行とトラブルになってしまった。その後仕官はうのだが、なぜかダバ達とばかり戦うことになる。また、色々あってダバ義妹に惚れてしまったりもしている。いわゆる主人公ライバルポジション。ちなみに最終的には、ポセイダル十三人衆入りを果たすまで昇格し、一艦を任されるまでになっている。
少々思い込みがしいものの、いわゆる好青年の類であり、ポセイダルとの最後の戦いでは義によってダバに助太刀する。乗機はバッシュアシュラ・テンプル、アトールなど。色々乗り換えているのもライバルポジションの宿命か。
なお、「戦闘メカ ザブングル」にはほぼ同姓同名の女性キャラクターミス・ギャブレット・ギャブレイ)が存在する。
オルドナ・ポセイダル - 島津冴子
色の瞳に銀色髪の毛というド手な姿の惑星ガストガルの統治者。かつてペンタゴナ統一戦争をテンプルナイツを率いて戦い勝利することで、現在絶対者としてペンタゴナワールド全体に君臨。バイオリレーションにより永遠の若さを保っている。なお、普段テレビに出ていた『オルドナ・ポセイダル』なる人物の正体はアマンダラ・カマンダラの愛人ミアン・クゥ・ハウ・アッシャー。
アマンダラ・カマンダラ - 豊田一(※TV版)
ペンタゴナワールド有数の死の商人。ポセイダル軍と反乱軍双方に武器を供給している。その正体はオルドナ・ポセイダル本人でありラスボス。この人もバイオリレーションで若さを保っていた。

主なヘビーメタル

ヘビメタル(HeavyMetal)は、エルガイムにおけるロボットの総称。モーターヘッドではない。
いわゆるカスタム機であるA級と、量産機であるB級があり、基本的にはB級は束になってもA級には勝てない、となっている(実際は束になってかかれば勝てることもある)。また、B級よりさらに作業機械に近い、マシンナリィと呼ばれるものもある。

エルガイム
A級ヘビメタル。搭乗者はダバ→アム。前半の役機。全身純な機体であり、元はヤーマン族が残した機体ガイラムを量産も可なようにデチューンした機体(ガイラム自体は後にフルフラットが乗ってくる)。ジャンプ時などに、足の装甲(ランダムスレート)が左右に開くのが印的。
武器はパワーランチャーセイバーランサー、Sマイン等。FSSジュノーンのご先祖様(デザイン的な意味で)。
最後の戦いの最後を飾った機体でもある。
エルガイムMk-II
A級ヘビメタル。搭乗者はダバ。後半の役機。元はポセイダル軍で開発された(未完成)機体アモンデュール・スタックだったものを、色々あってキャオが魔改造の末完成させた。最大の特徴は飛行形態への変形を持つこと。
エルガイムと較べると、グレーがかった色合いと、鋭いつきから、より戦闘的なイメージがある。武器はパワーランチャーセイバーバスターランチャー等。
実はその頭部は最強のHMと名高い幻の機体・ブラッドテンプル(3号機)のもの。そしてその頭部には……。
グライア
ポセイダル軍で最も普遍的に使用されているB級ヘビメタル。いわゆるザクポジションの機体。
バッシュ
A級ヘビメタルFSSバッシュ・ザ・ブラックナイトのご先祖様(デザイン的な意味で)。いまいち活躍の印が薄い。最後にギャブレーが乗ってくることでは有名か。
本編中に出てくる機体はすべてコピーで、オリジナルはすでに失われているらしい。
オージェ
A級ヘビメタル色の肩バインダーから、ダバ達には「ピカ」と呼ばれていた。このバインダー先端のパワーランチャーと、バインダーに内装していた30基以上のランサーを乱射する攻撃で、本編前半のボスキャラと言っても過言ではかった。
勘違いされやすいが、13人衆が一人、ネイ・モー・ハン専用機というわけではない。作中では少なくとも彼女のを含めて二機存在している。
なお、この機体はレプリカで、オリジナル機体は最終回のポセイダルが乗っていたあれ(オージorオリジナルオージェ)である。
アシュラテンプル
A級ヘビメタル。通常の腕とは別に、サークルバインダーという円形の楯+パワーランチャーを持つ副腕が一対、つまり腕が4本ある異形の機体。
カルバリーテンプル
A級ヘビメタルにポセイダル軍の親衛隊が使用していた。スパロボで有名なレッシィの乗機は、本来はクワサン・オリビー専用機「ヘルミーネ」。
トール
A級ヘビメタル。終盤でギャブレーが乗っていたのと、変態的なごちゃ混ぜ機体アトールⅤ(マクトミン機)のせいで印深い機体。
ディザード
B級ヘビメタル反乱軍が作った、言わば量産型エルガイム。先行試作されたい機体(レッシィ専用機)と、量産されたい機体があり、い機体はレッシィ→アム→キャオと、常にダバのそばで使われていた。
ヌーベル・ディザード
A級ヘビメタル。レッシィにアマンダラから贈られた機体で、ディザードと名前は付いているが、ディザードやエルガイムには余り似てない。実は設定では変形機があるのだが、一説には永野スタッフに説明しなかったとかで、本編では変形したことがなかった。

主な楽曲

題歌の作曲筒美京平

エルガイム-Time for L-GAIM- - 前期オープニング
歌:MIO / 作詞:売野勇 / 作曲筒美京平 / 編曲松下
ノー・リプライ - 後期オープニング
歌:鮎川麻弥 / 作詞:売野勇 / 作曲筒美京平 / 編曲戸塚
スターライトシャワー - エンディング
歌:MIO / 作詞井荻麟 / 作曲筒美京平 / 編曲松下
傷ついたジェラシー - 挿入歌
歌:鮎川麻弥 / 作詞井荻麟 / 作曲筒美京平 / 編曲戸塚

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%87%8D%E6%88%A6%E6%A9%9F%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%A0
ページ番号: 803175 リビジョン番号: 2383303
読み:ジュウセンキエルガイム
初版作成日: 08/12/28 18:46 ◆ 最終更新日: 16/07/14 16:54
編集内容についての説明/コメント: キャラ説明に加筆、HM紹介の間違いや誤字の訂正と加筆。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

重戦機エルガイムについて語るスレ

91 : ななしのよっしん :2017/02/16(木) 08:28:43 ID: mPGEFlCCkw
完結編ではバッシュのせいでエルガイムmkIIが情けないHMになってたのが何ともな…。
92 : ななしのよっしん :2017/02/16(木) 08:36:15 ID: mauorvQuat
随分スパロボにご沙汰だしもう一回参戦してほしいな
エルガイムが出ているスパロボやったことないしさ
93 : ななしのよっしん :2017/02/16(木) 08:43:59 ID: SHaNiqAJbC
みんな名前で呼ばれてたのに、ダバだけはなぜみんなから名字でよばれてたのだろう。
94 : ななしのよっしん :2017/02/19(日) 18:04:47 ID: IhSGUOGvxn
>>93
白石琴似先生コミカライズ版「アンダー・ザ・サンズ」だとちゃんとマイロード呼びになってたね・・・違和感あったけど。

フルネームからして、脚本等の書類の遣り取りのミスダバだけ通称が苗字になっちゃったというのが自然かなあ
95 : ななしのよっしん :2017/02/26(日) 20:18:34 ID: d2npW6O0wf
富野は基本永野の好きにやらせてたけどファティマの設定だけは却下したらしいが富野は生体ユニットみたいなのは好きじゃないのかな
96 : ななしのよっしん :2017/03/16(木) 13:31:06 ID: BE1HEmXAC6
次にスパロボに出る時はダンバインセットで出てほしい
97 : ななしのよっしん :2017/05/14(日) 05:19:34 ID: A+sykwy7dJ
>>88
ディンに良く似たプディンのレプリカ下半身と
ディンに似てないプディンのレプリカ上半身と、
ブラッドの肩か。

めんどくさい設定にしたもんだ。
98 : ななしのよっしん :2017/05/18(木) 10:45:55 ID: UQuC4BB3qe
アンダー・ザ・サンズも面かったけどギャブレーがいないのは残念だったな
作者も後書きで本当は登場させたかったと書いてたけどじゃあ出せばいいじゃないかと^^;
99 : ななしのよっしん :2017/08/07(月) 01:11:24 ID: DI6ydEisvz
>>95
あそこまで男の欲望が詰まったものを出すのは邪だと言ってる。
(なおツンデレ補正有り
100 : ななしのよっしん :2017/09/23(土) 03:30:20 ID: HcCTGKxtYm
当時、朝日ソノラマから出ていた小説版の3巻に銀英伝からの剽窃があった件について(「こんな形は初めて~」、「興味深い魔術を~」なシーンがもろw)
小説作者シリーズ構成渡邉氏な辺りガチで業が深い(おかげで「ネイの死亡シーン」についてもオフレッサーパクリに見えてしまうのがw)
あと音楽の若氏も自分が担当した「ハングマン4」でエルガイムの後期BGMの一部をそのまま流用してたけどちゃんと許可とってたんだろうか?
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829