単語記事: 金色のガッシュ!!

編集  

金色のガッシュ!!とは、『週刊少年サンデー』で2001年6号~2007年4・5合併号まで連載されていた漫画である。
作者雷句誠。単行本は全33巻、ただし小学館問題により版権を引き上げたため絶版。のちに講談社から漫画文庫として再発行され、全16巻。
また、文庫版発売記念としての番外編が『どうぶつ』6巻に掲載されている。

なお、『金色のガッシュベル!!』の名前でアニメ2003年4月から2006年3月まで放映されていた。タイトルが変更されているのは商標に引っかかるためだといわれている。

概要

1000年に一度、魔界の王様を決める為、人間界に送られた100人の魔界の子供たちが戦うバトルストーリー
雷句誠の名前が幅広く売れた作品であり、『小学○年生』、『コロコロコミック』等数多くの場所でいろいろな漫画家漫画を連載したほど。

現在でも根強い人気を誇る漫画であり、『別冊少年マガジン』にて本編後の番外編が描かれたほどである。

主なキャラクター

以下多少ネタバレを含んでます。

そしてやはり、この御方を取り上げないわけにはいくまい。

関連動画

関連商品

関連項目・リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%87%91%E8%89%B2%E3%81%AE%E3%82%AC%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%21%21
ページ番号: 3851643 リビジョン番号: 2491393
読み:コンジキノガッシュ
初版作成日: 09/06/29 17:36 ◆ 最終更新日: 17/05/19 22:10
編集内容についての説明/コメント: サンビームに関する文章などを少し編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

金色のガッシュ!!について語るスレ

497 : ななしのよっしん :2018/01/03(水) 19:45:55 ID: z3tkJdzWbf
カルディオディオウに耐えられるスペックじゃなかったから出せない
リーヤは術の特性上理(シャオウは身体強化術、テッドは知らん)
パピリオはそもそもガッシュとほとんど接点
それでええやん、リーヤアニメで長生きしてザルチムとの因縁が終わった以上は作者から嫌われてる訳ではない

>>496
倒してるって言うよりかは騙し討ちが多い気がするがな
498 : 名無しのよっしん :2018/01/10(水) 03:47:13 ID: m5/giWsLID
クリアの『フェイ・ガンズ・ビレルゴ』って、
雑誌掲載時は『ガンズ・ランズ・ビレルゴ』
じゃなかったっけ?
499 : ななしのよっしん :2018/01/21(日) 00:39:44 ID: Ke/r5VZUqR
たまたま気になって試しに一巻だけ読んだら凄く面くて一気読みしてしまった
何でこんなに面漫画、もっとくに読まなかったんだろうと後悔するぐらいだ
今はアニメ見てるんだけどこことか他所のゼオンとかロデュウの悪の話を聞いてフォウード戦の序盤辺りから見る気がまるでくなってしまった
アニオリがウザイから再アニメ化して欲しいけど諸々の事情で理なんだろうなー…
500 : ななしのよっしん :2018/01/21(日) 00:51:07 ID: CkBQvZTAx1
アニオリ要素は元々他番組のツナギで一年で完結する予定だった、原作連載中に始まったので話が追いついてしまった、放送時間的に見るのは子供…などなど色んな大人の事情があってな
アニメ化しても2クールとかが限界だろうからどっちにせよ変は逃れられんな…
501 : ななしのよっしん :2018/02/08(木) 22:42:31 ID: z3tkJdzWbf
ファウード編は1階~3階までの全てがゲストを含めた戦闘す事く送還される
コントロールルームに着く頃には身内の雑魚集団しか残っていなかった
って事がければカンペキだったのにな
バリーとリーヤはせめて残してやれや

>>499
ロデュウやジェデュン、ゼオンは当時の原作リーヤvsザルチム戦終了後だった事もあるから仕方がいと言えば仕方ない
如何にガッシュを褒め称えるかに重点を置きすぎて違和感しかかったけどね
502 : ななしのよっしん :2018/02/12(月) 10:26:30 ID: 7oaDU2jCSM
フォルゴレのもげソング有名だけと ビッグボインの歌もある(白目
503 : ななしのよっしん :2018/02/12(月) 20:29:18 ID: xXlDDY2Qg4
>>493
パートナーとともに成長するだけの時間がかったんだろう
初期状態ではザケルでも数発しか撃てないからリミッターがいとパートナーが衰弱死してしまう

逆に最終決戦で持ちとしてシンを撃てるのは、
成長して魔界へと帰ったからだと思う

同系統の魔物の子を見てると、
ダニーにもパムーンにもシンは有るんじゃないかとは思う
連携の必要上、シンでは使いにくかっただけで
504 : ななしのよっしん :2018/02/12(月) 20:31:15 ID: xXlDDY2Qg4
有り得る話で、ダニーとパムーンのシン
・最大限回復と強化するが短時間でも反動で動けなくなる
とか
・ビットの一定範囲を差別に破壊する
だったら、最終決戦に持ち込むと逆に使いにくいだろうしな
505 : ななしのよっしん :2018/02/13(火) 09:02:02 ID: 7oaDU2jCSM
登場しなかったのは「コマ割り・ページ数の都合上」と「全キャラ出すと尺が長引く」が理由じゃないか? シンドラグナー・ナグルは順に発動していく必要いから、他のシン呪文も欠点らしい欠点はくなってるかも
506 : ななしのよっしん :2018/02/17(土) 03:46:55 ID: CBh3JccT3/
もう、読まないから売ろうか迷ってた。
まぁ最後だし読んでから売ろうと思ったけどやっぱりダメだった
何度読みながら泣いたかわからん位泣いて、
メインキャラの退場のところで嗚咽を漏らしながら鼻水だらだら流して泣いた
もう手放せない、漫画だった
下手なジャンプ作品より
パートナー同士の友情
クリア編を含めて全編通しての努
ボス含めて対ブラゴでの勝利
メインでなくても、ダニー、コルルウォンレイ、の退場のシーン泣いた
やっぱりこの作品は後生に残すべき漫画だと思う
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829