単語記事: 鉄

編集

Fe 原子番号:26
原子量:55.845
密度:7.874kg/m3
融点:1535℃
沸点:2750℃
とは、元素記号Feで表される金属元素である。

概要

鉱石を精錬する事では生産される。は合として加工されることで様々な特性を持った金属材料に変化させる事が出来、それら合は様々な具、製品、構 造材他、各種産業ならびに一般生活にいて極めて広い用途で使われている。人間社会くてはならない金属素材の一つである。

といえば、「錆びる」と思う人も多いだろう。しかし、現在では純度99.9999%高純度東北大学により製造に成功しており、この高純度は柔らかくて錆びにくく、や極低温にも強いというイメージをことごとく覆すような性質を持つ。つまり、われわれが知っているの性質とはの性質にすぎなかったのだ。


を「あかがね」、を「しろがね」と呼ぶようにを「くろがね」と呼ぶ事もある。

くろがね
Ferrum

鉄と社会

工場

と人間との関わりは深く、器時代以降、強固さが要される具は次々と製に置き換えられ、それらを使う作業の効率化をもたらした。武器にもが用いられるようになり、製鉄技術の有が文明の存亡を左右する事もあった。

産業革命以降の近代国家にとっては、製鉄・技術の高さが国家を決定づける重要な要素を増してゆく。

文明にとっては、すなわち「強さ」であり「技術」のだったのだ。

現在は情報技術や半導体産業が世界の先端を突き進む為の重要なテクノロジーとなり、にはかつてのようなに直接関わるほどの「強さ」からは一歩退いている。が、人間社会や産業におけるの重要性やポジションは変わっておらず、この傾向は当面変わる事はないだろう。

鉄と生命

-蚕豆とアサリのパスタ- というと、金属材料としての役割がクローズアップされやすいが、その一方で人間が生きていく上で欠かせない重要なミネラル分であることも忘れてはならな い。鉄分は特に血液中のヘモグロビンとして含まれており、体内の鉄分が不足すると貧血症状となることはよく知られている。

ただし、鉄分を補給するにあたっては、塊をなめても意味がい。きちんと鉄分を含んだ食品(あさり・レバーひじき海苔ほうれん草など)を適度な量、摂取する事が肝心である。また、ミネラル分の極端な過剰摂取にも気をつけたい。

鉄はどこからやってきたのか?

ビッグバン

さて、はそもそもどこから来たのだろう? 地下? 鉱脈? それはある程度正しい。

しかし、もっと根的な問題へと掘り下げれば、今は亡き、見知らぬ、名も知れぬ恒星から生まれた事になる。

時間を遡って宇宙ビッグバンで誕生してから1億年頃まで戻ろう。

その頃の宇宙に存在する元素の大半は水素ヘリウム、そしてごくわずかのリチウムベリリウムぐらいしかなかった。それらを材料にして宇宙で最初の恒星たちが生まれる。

恒星の中では原子核融合で起こる様々な反応によって、炭素窒素酸素など、より重い元素が作られていった。また、ある程度巨大な質量を持つ恒星中心部では、より強な圧高温によって酸素よりも更に重い様々な元素が次々と作られ、最終的にコアを形成するに至る。

コア完成した段階で、その恒星の原子核融合反応は終了する。核融合反応による反発という「支え」を失った恒星は自らの質量を支えきれずに、急速に恒星の中心部に向けて落ち込んでしまう。いわゆる「重力崩壊」である。

重力崩壊時に急速に恒星中心部へ落ち込んでいった物質が中心部のコアしく衝突する事で外側へ強な衝撃波が反射する。よって、大なエネルギー恒星を形作っていた大量の物質は外側へと爆発的に拡散してゆく。これが超新星爆発である。

超新星爆発によって、恒星の内部にあった様々な元素は宇宙空間拡散してゆく。また、超新星爆発の強大なエネルギーによって、よりも重い元素が作られる。

こうして、拡散していった物質は超新星残骸という状の広がりとなり、宇宙空間の分子などに対し収縮等の影を与え、その中でも物質の密集した箇所で新たな恒星の素となる原始が形作られてゆく。

間物質の密集により、引は増大し、周辺への影を加速度的に増してゆく。この過程で、恒星惑星の原が次々と形成され、かつて超新星爆発によって宇宙と化した恒星を構成していた物質は「次の世代」の恒星惑星の材料となって生まれ変わる。

現在の太陽地球を含む太陽系惑星群はもちろんの事、私たち人間などの生物を形作っている水素酸素炭素窒素リン……生命活動に欠かせない元素たち。更には他のありとあらゆる物質もすべてが、かつて存在した名も知らぬ恒星から生まれたものなのだ。

そして何よりも、「」もその中の一つであることを忘れてはならない。

銀河
銀河
恒星
超巨星
超新星爆発
原始惑星
地球

漢字として

本来は「」が使用されていたが、中国でも古くから「」が俗字として用いられた。日本においては1946年に告示された当用漢字表では「」が採用され、現在の常用漢字に至る。「失」は「テツ」という読みを表すための音符でしかないが、「を失う」と解釈し、験担ぎとして社名(あるいはそのロゴ)に「」や「鉃(偏に矢。字義は鏃)」を用いる鉄道会社もある。

人類と密着した金属なだけあって、異体字・俗字の種類も豊富である。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%89%84
ページ番号: 469430 リビジョン番号: 2061822
読み:テツ
初版作成日: 08/08/17 12:21 ◆ 最終更新日: 14/07/30 00:59
編集内容についての説明/コメント: 超高純度鉄について追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鉄について語るスレ

26 : ななしのよっしん :2012/03/11(日) 19:09:31 ID: RMVXwVC/Bh
のような味がする」と言って「お前食ったことあんのかよ」というツッコミが漏れく返ってくけども、
鉄分は必須栄養分だからそう言う意味ではむしろ食ったことない人はいない。
27 : ななしのよっしん :2012/03/12(月) 03:11:26 ID: NaHcks+quz
棒さわった時とかにいわゆる「のにおい」がするって言うけど
は本来臭。棒単体でにおいを嗅いでも何も感じないようにね

あれは、人間の皮脂ととが反応してできた有機化合物のにおいらしい
28 : ななしのよっしん :2012/05/29(火) 07:10:46 ID: EkoIFaFzEJ
一番安定な元素だっけ? 最終的の最終的には全てFeに置き換わるとか
数が多いって事もあるけどってのはいつでも重要視されていたのを思うと何かを感じるな

まぁ、本当は加工や強度、その他もろもろの理由からより使い勝手が良かっただけだと思うけど
29 : ななしのよっしん :2012/05/29(火) 11:19:27 ID: NaHcks+quz
>>28
加工の容易さは 器>器 だよ。世界史でやったこと忘れたか?
30 : ななしのよっしん :2013/08/13(火) 01:11:56 ID: NqrBSd3sbw
鉄分を頑って集めればになるのかな……ずっと気になってるんだが答えが見つからなくって
31 : ななしのよっしん :2013/08/18(日) 14:09:02 ID: AsvB5fgjYT
スーパーパワーで人体から鉄分を集めて鉄球を作るってどっかの映画でやってたな
32 : ななしのよっしん :2013/12/09(月) 21:18:29 ID: KFe+MZctIM
って魅的だよな
33 : ななしのよっしん :2013/12/09(月) 22:14:51 ID: MeXPxyWY7j
>>30
ほとんどがなんかの化合物として存在するんで大変だけどな
器の利用が器より遅れたのも、の地作るのがの地作るよりはるかに難しかったのが理由だし
34 : ななしのよっしん :2015/01/11(日) 01:25:32 ID: 8UKhlpghdQ
>>30
大量のホウレンソウから砂を抽出した実験がある。
35 : ななしのよっしん :2016/04/22(金) 15:55:57 ID: lYpwBryWUs
どこからやってきたっていうか宇宙は最後全部になるって話聞いたんだけどそれが熱的死とイコールでよろしいの?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015