単語記事: 鉄分

編集

鉄分とは、原子番号26の元素金属の「」の栄養学的表現。
俗語として、鉄道オタク性癖を表すのに用いられる場合もある。

鉄分と栄養

鉄分は他の栄養学的諸成分と同様、適切に補給されないと人体の生存活動に支障をきたす。そして鉄分の欠乏は大変危険である。血液中の血球の成分であるヘモグロビン鉄分を原料としており、鉄分の欠乏は血球機の障、ひいては血液の成分異常による「血の呼吸困難」、欠乏性貧血を引き起こす場合がある。

鉄分血球が老物になった時点で汗や排物と一緒に体外へ排出されてしまうので、スポーツをやる人ほど貧血になりやすい。だがしかし偏食生活やサプリメントで栄養を補うような生活を続けても鉄分不足に陥りやすいので、鉄分不足由来の貧血が疑われる場合は鉄分を多く含む食材(青海苔ひじき、レバーにぼしほうれん草など)を積極的に食事の品に加えるとよい。

なお、同じだからといって金属とを一緒くたに考えて、金属めてはいけない。人間は他の金属と同様に度を越した金属成分は体内に蓄積されるため、摂取量が体重1キログラムあたり約20ミリラムえると蓄積した鉄分によりの症状を呈し、心臓肝臓に深刻な損傷を与えてしまう。

なお、血球の形成に必要なことからも分かるとおり、ほとんどのい血を持つ生物鉄分める。酷暑の際にウシヤギが土やコンクリートをめたり、牧畜民族が他の生物の血を飲んだりするのは鉄分の補給に理由がある事が多い。吸血鬼も元はそうして鉄分めて血を飲む民族がいたことが根底にあるとかないとか。

 鉄道おたく余話

鉄道ファンにとって鉄分とは、自身の内面、精的に鉄道に支えられている部分、割合あるいは充実度を言う。鉄分が適切に補給されないと貧血に陥る、あるいは筋入りのファンなら生きてさえいけない場合があるかもしれないので大変危険(また、大変な呆。編集した者も呆の内なのでユーモアととって欲しい)である。いうか他の何にも優先して鉄道好するのが鉄道ファンという人種である。時にそのせいで世間様からを向けられたり、家族から疎んじられる者も多い、と思われる(大体どこも一緒だろうと思う)。しかし、女性鉄道ファン子)がいっぱいいることが判明したり、にわかに、あるいはゆるやかに鉄道ブームが来ている昨今、だいぶ鉄道貧血症の人々に時代は優しくなったと言ってよいと思う。

手っ取り鉄分補給するには、電車(客列車気動車を含む)に乗ることが一番であるが、ただ線路沿いに観に行ったり、時刻表を見て旅行の計画を立ててみたり、鉄道誌にを通したり、模型をたしなむのもよいと思われる。銀様に言うと「鉄分採ってるぅ~?」。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%89%84%E5%88%86
ページ番号: 1523414 リビジョン番号: 708449
読み:テツブン
初版作成日: 09/02/22 06:38 ◆ 最終更新日: 10/04/10 03:04
編集内容についての説明/コメント: 一部の言い回しや誤記を修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鉄分について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2010/06/28(月) 10:52:00 ID: jY5E7gf+gV
鉄分が原動政治家
石破茂
前原誠司
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829