単語記事: 銀河任侠伝

編集

銀河任侠伝とは、昭和62年(1987年)に稼働開始したジャレコアーケードアクションゲームである。

概要

主人公やっちゃんを操作し、宿敵コブラにさらわれたお嬢さんを救い出すのが本作の的である。

スクロールアクションゲームで、ステージ数は全5面。1,3,5面は中ボスを倒すとSTGになる。敵を倒して出現するアイテム("義""理""人""情"の4文字)を取ると武器のドスがパワーアップしていく。画面下部の"E"は体で、くなると残機が1つ減る。アイテムとして取ると一つ回復する。まねきを取ると体が全回復。スーパーマムシを取ると体全回復し、ウェーブ状のショット20発撃つことができる。

これだけならどこにでもありそうなアクションゲームに過ぎないのだが、このゲームがそれにとどまらない異形の作品たる所以は、その度を越したパロディ洪水にある。

デモ画面で「恐怖のコブラ軍団」と称した敵キャラクター一覧が表示されるのだが、見るとゴ○ラ、中○、寺○貫太郎○次郎、大○王など、「え、これってアリなの?」と思わずにいられない、見たことのあるキャラクターオンパレードである。当然ながらアリなわけいのだが、当時ジャレコは、これらのキャラクター達をゲーム内へ一斉投入という然とやってのけたのである。(ゲームクリア後のエンディングクレジットNTVサンライズなどにお詫びとして版権者・企業の名前を出しているが当然ながら今だったら100%NGモノである)

その版権視っぷりはステージ構成全般にまで行き渡っており、木造アパートに入ってみると掃除中の美人管理人さんに出くわしたり、キ○ンシーが大量投入されたかと思いきや腕をダランとさせた刺さりに行きそうな髪型ボクサーがものすごい勢いで突進。クロスカウンターお見舞いされる中、ふとステージ背景屋台を見渡すと、ヒゲ宇宙戦艦艦長や鼻毛の伸びた植木職人が軒を連ねる異次元間が広がっている。ちなみにボクサーは倒すと真っ白になる。

全編こんな調子で、他にもこんな世紀末救世主を遮っていたり、あんな阪神選手バットを振り回しながら襲いかかってくる。BGMはもちろんあの曲ステージクリア時にはどういうわけか必ずアイキャッチが入り、闘◯星矢タッチ主人公があおりパースで仁王立ちしていたり、当時のジャレココマーシャルの一部が使われていたりとやりたい放題である。

そんなわけで後世の二次創作を先取りしたかのような悪乗りセンスに満ちた闇鍋ゲームの本作だが、現代では商業作品でこんな芸当ができるわけもなく、従ってバーチャルコンソールゲームアーカイブスの恩恵を受けることも有り得ず、クソゲーともバカゲーとも形容しがたい、前にして絶後の怪作としてビデオゲーム史の裏面にひっそりと名を残しているのである。

・・・と思いきや、その後また何かやらかしていたらしい⇒ゲーム天国

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E4%BB%BB%E4%BE%A0%E4%BC%9D
ページ番号: 4682271 リビジョン番号: 2172512
読み:ギンガニンキョウデン
初版作成日: 11/07/23 22:28 ◆ 最終更新日: 15/03/08 11:51
編集内容についての説明/コメント: BGM追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

銀河任侠伝について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2013/07/25(木) 04:51:24 ID: 14M71zocjU
関連に
はぬまあん(やっちゃんボイス)、ANO清水(キャラデザ)、元義徳(サウンド)
が欲しいね
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829