単語記事: 銀河英雄伝説

編集

銀河英雄伝説とは

田中芳樹銀河系を舞台としたSF架空戦記/スペースオペラ小説
徳間書店・徳間ノベルズ刊。現在では創元SF文庫より刊行中。

通称、銀英伝ぎんえいでん)。
銀河を二分する勢銀河帝国自由惑星同盟)の闘争を、両勢主人公二人を軸に、史劇体裁で描いている。

概要

地球の没落とその後の混乱を乗り越えた人類は2801年を宇宙1年とめ、銀河連邦立した。
その宇宙800年を数えようという頃、人類は、銀河連邦の腐敗を正すと称して議会を解体し、皇帝と門閥貴族による専制体制を確立したゴールデンバウム朝銀河帝国と、その圧制に抵抗する的で建された民共和義の自由惑星同盟交のない2大の間に入って交易ルートと利益を独占するフェザーン自治領という3勢に別れて長い抗争を続けていた。

ラインハルト・フォン・ローエングラムは、銀河帝国の名ばかりの下級貧乏貴族ミューゼルに生まれた。
アンネローゼが銀河帝国皇帝となった事で困窮から脱するが、最にした皇帝、その所業を許す門閥貴族に独占された権構造に恨みを頂くようになり、腐敗した王を滅ぼし社会構造を正すため、幼馴染ジークフリード・キルヒアイスと共に軍に入る。の七りと陰口をかれながらもその天才的実を次第に顕し、数々の功績を認められて皇帝からローエンラムの姓と伯爵号を賜り、なおもその皇帝を倒す為に頂点へ向けて駆け上がっていく。

一方、ヤン・ウェンリーは、自由惑星同盟にて商人の息子として生まれた。
歴史学者志望だったが両親が諸事情により学費を遺せず亡くなり、タダで歴史が学べる同盟軍士官学校・戦史研究科に入学する。ところが同盟の財政事情により戦史研究科が止され、不本意にも形である戦略研究科へと転属された。卒業して軍後方で事務職に就いたものの評価は芳しくなく、半ば懲罰的な人事で前線に近いエルファシル系に転任。そこで駐留艦隊の敗北帝国軍接近という事態に直面し、彼の才がその意思に反して開することになる。

時に宇宙796年、帝国487年。
ラインハルトとヤン、後に銀河最高の名将と讃えられる両者は、アスターテ域にて邂逅を果たす。

シリーズ一覧

原作小説アニメ作品、原かつみによるコミカライズ原作中途まで)が完結済。

原作小説

本編が長編10作品+外伝が長短9作品
ライトノベル読者向け装丁の徳間デュアル文庫版では20巻+9巻で出版された。
現行の成人向け装丁、創元SF文庫版ではそれぞれ10巻+5巻の構成で出版されている。

括弧内は各文庫版の収録巻。

本編

外伝

アニメ

ストーリーをほぼ省略しないどころかオリジナルエピソードまで随所に加えたため、OVA110話+外伝52話+劇場版3作という超大作になった。劇場版を除いて全話がOVAとして制作され、VHSビデオを毎週配達という特殊な形態をとった(後にVHS/LD販売)。この結果、史上最長のOVAシリーズとなっている。監督石黒昇プロデューサー田原正利。田原正利は河中志摩夫名義で1期後半以降の脚本のすべて、簧原雅人名義で一部絵コンテデザインも担当している。

元々銀河英雄伝説は約610名いるキャラクター差別化を外観ではなく「」で分けようとした。 その結果、可な限り1人1役とするため当時考えられるだけの声優ど使いきってしまい、劇団や役者まで起用したことから、銀河声優伝説とも呼ばれ、現在では役級の大声優が端役にのみを当てている、といったこともしくない。


なお、作中クラシック音楽が頻繁に流れるのも特徴の1つであるが、これは当時下だった徳間ジャパンコミュニケーションズ現在第一興商下)が、ドイツシャルプラッテン・レコードの版権を保有。シャルプラッテンの解散に伴い、一部音を徳間が買取・保有していた事から実現した。因みにこの音を買い付けた担当ディレクターがさらにこの音を買い取ってキングレコードに移籍した為、キングレーベルの「スターチャイルド」が2007年に、作中使用曲全曲を収録した「銀河英雄伝説CD-BOX」を限定生産している。

括弧内は原作から題名が変更されている作品の、原作該当部分。

* 原かつみによる漫画版をベースとしており、他のシリーズとはキャスト等が異なる。

新作アニメ

2014年2月12日、舞台第四章後編初演において、銀河英雄伝説の再アニメ化が発表された。
ソースはこちら→「舞台「銀河英雄伝説」第4章後篇 激突。始まりました! - とある作家秘書の日常

詳細は不明だが、「過去アニメリメイクではなく、原作の「銀英伝」をめてアニメ化する」とのこと。

2015年8月13日にはプロダクション I.G制作し、2017年の展開に向けて動いているむね発表され、公式サイト開された。

漫画

原かつみによるコミカライズ1988-2015、原作風雲篇まで)および外伝『』(1986)、下幸久の作画による外伝『白銀』(1987)が存在する。

このほか、2015年10月より、藤崎竜によるコミカライズが開始された。

舞台

2011年より、全10回に渡る舞台化が行われている。

この内第一章から第二章までの四作は2013年11月3日より四週連続でニコニコ生放送で配信され、後に第四章前篇も有料配信がなされた。ちなみに第一章のみ「篇」でなく「編」なので注意。

舞台化はこの10作で完結バーミリオン域会戦まで)のはずだったが、ヤン・ウェンリー役を務めた河村隆一たっての希望キャストスタッフが再集結、2015年、「特別々の軌跡」として総集編的な新作舞台作品が上演された。

また、宝塚歌劇団でも「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」として演されている。

朗読

kikubon(キクボン)より、本伝10巻、外伝5巻すべての朗読版が配信されている。朗読者は下山吉光
また、「ユリアンのイゼルローン日記」については下山版のほか、OVAユリアン・ミンツを演じた佐々木望による朗読も配信されている。

2015年には、「新プロジェクト」として、OVAキャストによる三つの新たな朗読の配信企画が始動。
OVAオリジナルキャスト+αによる「ユリアンのイゼルローン日記」と「」の配信が開始され、また屋良有作ナレーションと新規声優当てによる「ダゴン域会戦記」も配信されている。「ダゴン域会戦記」は初の音化となった。

年代順

主要な登場人物

声優に関しては銀河声優伝説の項も参考のこと。個別記事のある人物は太文字
あくまで「な」登場人物であるため、記事のある登場人物の一覧に関しては後述の「記事作成順」を参照されたい。

銀河帝国

自由惑星同盟

フェザーン自治領

地球教


個別記事(記事作成順)

  1. パエッタ
  2. ハイドリッヒ・ラング
  3. オルタンス・キャゼルヌ
  4. チュン・ウー・チェン
  5. ウルリッヒ・ケスラー
  6. アンドリュー・フォーク
  7. フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト
  8. ブルーノ・フォン・シルヴァーベルヒ
  9. エドウィン・フィッシャー
  10. エヴァンゼリン・ミッターマイヤー
  11. フリードリヒ4世
  12. カーテローゼ・フォン・クロイツェル
  13. ウランフ
  14. ダスティ・アッテンボロー
  15. オスカー・フォン・ロイエンタール
  16. ヤン・ウェンリー
  17. ジークフリード・キルヒアイス
  18. アレクサンドル・ビュコック
  19. オルラウ
  20. カスパー・リンツ
  21. ビクトル・フォン・クラフト
  22. スーン・スールズカリッター
  23. ジャン・ロベール・ラップ
  24. ラルフ・カールセン
  25. ナイトハルト・ミュラー
  26. ホアン・ルイ
  27. ジョアン・レベロ
  28. ホフマン警視
  29. グエン・バン・ヒュー
  30. アレックス・キャゼルヌ
  31. オフレッサー
  32. ウォルフガング・ミッターマイヤー
  33. ムライ
  34. ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ
  35. ドワイト・グリーンヒル
  36. ルドルフ・フォン・ゴールデンバウム
  37. エルウィン・ヨーゼフ2世
  38. アップルトン
  39. ヘルムート・レンネンカンプ
  40. パウル・フォン・オーベルシュタイン
  41. コルネリアス1世
  42. テオドール・フォン・リュッケ
  43. ザーニアル
  44. エルンスト・フォン・アイゼナッハ
  45. カール・エドワルド・バイエルライン
  46. アウグスト・ザムエル・ワーレン
  47. セバスティアン・フォン・ミューゼル
  48. コルネリアス・ルッツ
  49. エルネスト・メックリンガー
  50. カール・ロベルト・シュタインメッツ
  51. アーダルベルト・フォン・ファーレンハイト
  52. カール・グスタフ・ケンプ
  53. コンラート・ハインツ・フォン・ローエングラム
  54. ルイ・マシュンゴ
  55. ワルター・フォン・シェーンコップ
  56. アル・サレム
  57. ウィレム・ホーランド
  58. アイゼナッハの幕僚たちグリース)
  59. 同上(グリーセンベック
  60. 同上(シャウディン
  61. フョードル・パトリチェフ
  62. シュターデン
  63. フランツ・フォン・マリーンドルフ
  64. シドニー・シトレ
  65. フレデリカ・グリーンヒル
  66. ウィルヘルム・フォン・ミュッケンベルガー
  67. オットー・フォン・ブラウンシュヴァイク
  68. マルガレータ・フォン・ヘルクスハイマー
  69. アントン・フェルナー
  70. バグダッシュ
  71. アドリアン・ルビンスキー(アドリアーナ・ルビンスカヤ)
  72. ド・ヴィリエ
  73. ヨブ・トリューニヒト
  74. ボロディン
  75. ラザール・ロボス
  76. マリネッティ
  77. ルフェーブル
  78. ドーソン
  79. ハウサー提督
  80. ロックウェル
  81. ギュンター・キスリング
  82. フォルカー・アクセル・フォン・ビューロー
  83. ハンス・エドアルド・ベルゲングリューン
  84. アーレ・ハイネセン
  85. ライオネル・モートン
  86. エルンスト・ファルストロング
  87. エンリケ・マルチノ・ボルジェス・デ・アランテス・エ・オリベイラ
  88. オイゲン
  89. アンネローゼ・フォン・グリューネワルト
  90. 元帥
  91. デュドネイ
  92. ヴァーゲンザイル
  93. マリノ
  94. アルフレット・グリルパルツァー
  95. ラオ
  96. ブルーノ・フォン・クナップシュタイン
  97. シャルロット・フィリスの妹
  98. エミール・フォン・ゼッレ
  99. ブルース・アッシュビー
  100. ハインリッヒ・フォン・キュンメル
  101. アレクサンデル・ジークフリード・フォン・ローエングラム
  102. カザリン・ケートヘン1世
  103. マクシミリアン・ヨーゼフ2世
  104. アンスバッハ
  105. ジークリンデ
  106. アウグスト2世
  107. ルードヴィヒ・フォン・ゴールデンバウム
  108. ステファン・フォン・バルトバッフェル
  109. ジークフリード
  110. ジギスムント2世
  111. アウグスト1世
  112. カール・フォン・ゴールデンバウム
  113. にせアルベルト大公
  114. アルベルト・フォン・ゴールデンバウム
  115. オトフリート3世
  116. オトフリート4世
  117. オトフリート5世
  118. サビーネ・フォン・リッテンハイム
  119. フリードリヒ3世
  120. ヘルベルト・フォン・ゴールデンバウム
  121. リヒャルト・フォン・グリンメルスハウゼン
  122. マクシミリアン・フォン・カストロプ
  123. カスパー
  124. クブルスリー
  125. アーサー・リンチ
  126. ファイフェル
  127. バウンスゴール
  128. デッシュ
  129. アンドラーシュ
  130. チャオ・フォン
  131. コーネフ
  132. ホーウッド
  133. ビロライネン大将
  134. ストークス
  135. ゲアハルト・フォン・シュテーガー
  136. ラインハルト・フォン・ローエングラム
  137. カルナップ
  138. アルフレット・アロイス・ヴィンクラー
  139. マリーカ・フォン・フォイエルバッハ
  140. マリネスク
  141. イザーク・フェルナンド・フォン・トゥルナイゼン
  142. ロルフ・オットー・ブラウヒッチ
  143. グリューネマン
  144. ディートリッヒ・ザウケン
  145. ホルスト・ジンツァー
  146. アレクサンデル・バルトハウザー
  147. ユリアン・ミンツ
  148. ヤーコプ・ハウプトマン
  149. ブルックドルフ
  150. ジークベルト・ザイドリッツ
  151. シュテファン・ノイマン
  152. オットー・フランク・フォン・ヴァーンシャッフェ
  153. エーレンベルク
  154. ハムディ・アシュール
  155. セバスティアン・フォン・リューデリッツ
  156. オスヴァルト・フォン・ミュンツァー
  157. ゴッドリーブ・フォン・インゴルシュタット
  158. フレデリック・ジャスパー
  159. ジョン・ドリンカー・コープ
  160. ヴィットリオ・ディ・ベルティーニ
  161. ファン・チューリン
  162. フェルナンデス
  163. ウォリス・ウォーリック
  164. アルフレッド・ローザス
  165. オルトリッチ
  166. マヌエル・ジョアン・パトリシオ
  167. ヒュー・エルステッド
  168. ネイスミス・ウォード
  169. ヨハン・ディートリッヒ・フォン・アイゼンフート
  170. ミヒャエル・ジギスムント・フォン・カイザーリング
  171. ジェニングス
  172. ハウザー・フォン・シュタイエルマルク
  173. ツィーテン
  174. マルティン・オットー・フォン・ジークマイスター
  175. クリストフ・フォン・ミヒャールゼン
  176. コーゼル
  177. サックス
  178. ウェンツェル・フォン・ハッセルバック
  179. リン・パオ
  180. ユースフ・トパロウル
  181. アルフレット・フォン・ランズベルク
  182. ユリウス・エルスハイマー
  183. フランチェシク・ロムスキー
  184. ウォルター・アイランズ

主要登場兵器

銀河帝国

自由惑星同盟


個別記事(記事作成順)

関連商品

小説

漫画

DVD

Blu-ray

関連コミュニティ

関連項目

類似項目

関連リンク

銀河英雄伝説 公式サイト

銀河英雄伝説 ON THE WEB
http://www.ginei.jp/

銀河英雄伝説アニメ公式サイト

新アニメプロジェクト「銀河英雄伝説」公式サイト
http://gineiden-anime.com/

舞台・銀河英雄伝説 公式サイト

舞台 銀河英雄伝説|オフィシャルサイト ポータル
http://www.gineiden.jp/

田中芳樹事務所 公式サイト

らいとすたっふ|入り口
http://www.wrightstaff.co.jp/


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E8%8B%B1%E9%9B%84%E4%BC%9D%E8%AA%AC
ページ番号: 406604 リビジョン番号: 2391849
読み:ギンガエイユウデンセツ
初版作成日: 08/07/28 12:07 ◆ 最終更新日: 16/08/07 14:32
編集内容についての説明/コメント: アイランズを追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


旗艦リオ・グランデ

旧式戦艦

自由惑星同盟

戦艦クリシュナ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

銀河英雄伝説について語るスレ

1288 : ななしのよっしん :2016/08/24(水) 10:38:02 ID: C9DrKmytmR
登場人物のや性格など、結局のところ原作OVAなどに書かれていないことは、推測と想像するしかないからね
娯楽作品らしく、自分が楽しめるように考えておくのが一番だと思う
1289 : ななしのよっしん :2016/08/25(木) 10:13:26 ID: 6Sx3Y1QwIg
ラインハルトやヤンが台頭する前と後では、
戦争(いや、この場合は戦術・戦略面か)の形が違ってきたのよ。

それまでの戦争チェスに例えるなら、
そもそもルール自体を覚えていのがフォーク
定石とかを視して、新たな手を打ち出そうとしたのがワイドボーン。
(多分、ラインハルトが居なければそれ相応の戦果は残せたと思う)
チェスより麻雀しようぜ!」とゲームそのものを変えたのがラインハルト
チェスの方がイイモン!!」と固執し続けたのが、シュターデンパエッタ等の残念提督達。
麻雀も覚えたのがビュコックメルカッツ等の活躍した提督達。
チェス定石を熟知しつつ裏技を使い、ついでに麻雀も強いのがヤン。
1290 : ななしのよっしん :2016/08/25(木) 18:26:17 ID: ARVpSfbHvI
でも三次元チェスは弱い不思議
ユリアンにもフレデリカにも負け越したといふ…

スール、パトリチェフ、ブルーハルトはもっと弱いらしいが
1291 : ななしのよっしん :2016/08/25(木) 21:04:20 ID: eyIW1UqRDO
>定石とかを視して、新たな手を打ち出そうとしたのがワイドボーン
そこはホーランドの間違いじゃないか?
ワイドボーンは定石しか知らなかったニワカって感じかと(それなりに結果は残してるんでちょっと言いすぎかもだが。
1292 : ななしのよっしん :2016/08/26(金) 23:22:32 ID: OShohyYUbU
今週のフジリュー版は、ホーランドの良変もあって本当に面かったのだけれど、
ホーランドべてビュコックウランフの両提督が正直精を欠いた感は否めなかったと思う。
(ホーランドの最初の態度が悪すぎ、自業自得とはいえ、)に飛び込んだホーランド艦隊を救援に向かう描写もしに、「英雄になり損ねた々」とか言われた日には、ホーランドでなくても「あんたら、何しに来てるの?」とか突っ込み不可避だと言いたい。
まあ、原作からのオリ要素の大きいフジリュー版だからこその不満ではあるのだけれどw
1293 : ななしのよっしん :2016/08/27(土) 05:52:39 ID: C9DrKmytmR
ホーランドの艦隊は敵の予測の外にでるという極めて抽的な的で動いてたとはいえ、帝国軍を押していたからこそ、他の同盟2艦隊は動けなかったのだと思うよ

連携をとる気がないホーランド艦隊に合わせるにしても、1万をえる一個艦隊では、命令から艦隊運度終えるまでタイムラグは生じるものだし、敵に突入した味方がどのように動くのか予測できなければフレンドリーファイアの恐れもある
闊に手を出せば、優位であるホーランド艦隊の動きを邪魔してしまいかねない

ビュコックウランフも総令ではないし、責任がある自分の艦隊のこと、最終的な局面の寸前まで自由に動き勝っていたホーランド艦隊の状況を考えると、出来ること非常に少ないと思うのだよね
1294 : ななしのよっしん :2016/08/27(土) 21:46:21 ID: OShohyYUbU
>>1293さん>自分も全く同意見です。
ただ、あの両提督程の方々であれば、ラインハルトの後退を見た間にホーランド艦隊へ光速通信で撤退を呼び掛けるなり、(救援の用意を整えつつ)某ソバカス顔の青年士官に状況説明してたりはしてたなので、
そのあたりも1ページ、いえ半ページでいいので書いてほしかったな~~って事なのですよ。(この贅沢者めw)
1295 : ななしのよっしん :2016/08/28(日) 14:30:49 ID: LE5dgDbF6u
命令伝達や情報戦、それら対応の鈍さは単行本3巻での

戦闘中はジャミングのせいで発信号や連絡艇での通達、視での偵察と、古典的な情報戦への先祖帰り
ワイドボーン大佐が斜行に気付いたのに、長に説明と会議めるワーツ少将の処理
ラインハルト艦隊の迎撃にヤン大佐が出し惜しみしと念を押して、グリーンヒル総参謀長もそれに応えて1万隻を申請したのに、結局は6千隻で済ませてしまったロボ元帥の判断ミス

っといった描写で、技術的なハード指揮官ソフトのいずれの要因があることを、上手く描写してると思ったね。

余談だけど、ビッテンフェルトの登場が見たインパクトに押されていたけど、今にして考えると、連絡艇から受け取った僅かな示だけでが突出する様に敵に突撃して、結果的に撤退を成功に導いた辺り、情報や策を読みあうヤンやラインハルトとは正反対な直情的な思いっきりの良さが、時として成功に導くっていうアンチテーゼだったかも?
1296 : ななしのよっしん :2016/08/28(日) 21:09:43 ID: ARVpSfbHvI
ラインハルトを倒す事のみ考えればミスだけど…
帝国軍の他の部隊も寝てたわけじゃないだろうしそれに対応もしなきゃならなかったと思うと
ロボスの判断もわからなくはないかも知れない
1297 : ななしのよっしん :2016/08/29(月) 06:52:55 ID: MIScmVwSVU
出し惜しみするなの根拠がこいつは放っておいたらヤバいになるぞ……って感覚の世界だから
同じくロボスの感覚で鼻柱を折って大人しくさせれば良しとなれば反論は難しいのよね

包囲成功で25%も戦を失えば後は味方に任せて引っ込んでるだろうから深追いは用って判断も妥当ではあるし
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015