単語記事: 鋼鉄ジーグ

編集

 鋼鉄ジーグとは、1975年から1976年にかけて放映されたロボットアニメである。
マグネロシリーズの第一弾。

概要

父親に勝手にサイボーグにされ、宝物の隠し場所にされた男の戦いを描くマグネロアニメスーパーロボット大戦に参戦したことによりネット上でカルト的な人気を得る。

などの現在からみるとどこかズレた設定が多いことから2chロボゲーガイドライン板鋼鉄ジーグスレで親しまれる。ちなみに、砂場にこれのおもちゃを持って行ってはいけない。

タカラから発売された玩具マグネモ鋼鉄ジーグは当時としてはアニメ劇中に近い造マグネット鉄球による球体関節の可動により超合金マジンガーZ並みに売れたそうで、番組が終了した後も80年代初頭まで再生産が行われたロングセラーとなった。
また、海外ミクロマンであるマイクロノーツバロンカーザやフォーコマンダーにリデコされ海外に輸出されたとか。復刻版なら安く手に入るので是非とも手に取ってみてほしい。
わかりやすい違いとしては、マッハドリルの先端がっているのが当時品、っていないのが復刻版である。

『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』

放送から41年後の2016年には、何とイタリアで本作がモチーフとなり実写映画された。

監督日本アニメの大ファンであるガブリエーレ・マイネティを迎え、演にはクラウディオサンタマリアキャスティング。昨年のイタリアアカデミー賞であるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では男優賞を含め7冠という評価を得ている。

日本国内では2017年5月開予定。単館上映と規模はそれほど大きくないので、上映する映画館をあらかじめチェックしておきたい。

主な登場人物

主な楽曲

関連動画、死ねぇ!

鋼鉄ジーグのうたにあわせた動画については記事「鋼鉄ジーグのうた」も参照。

関連商品にチャンネル・セット!

関連コミュニティ

鋼鉄ジーグに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%8B%BC%E9%89%84%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%82%B0
ページ番号: 366520 リビジョン番号: 2466200
読み:コウテツジィグ
初版作成日: 08/07/18 00:56 ◆ 最終更新日: 17/03/07 10:17
編集内容についての説明/コメント: 概要を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


あえてのガラケー

全滅だ(いろんな意味で)

水着ミッチー

宙さん!ヒーローが死ねぇなんて言っちゃいけないわ!

全滅DA!

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鋼鉄ジーグについて語るスレ

102 : ななしのよっしん :2016/07/16(土) 11:01:29 ID: VplZJabq5/
ジーグから約10年、マグネロシリーズ後輩がきたぞ「闘影ジ・カイザー」!

>>101
人気なのは分かるが「なぜ人気か?」っていうのはググってもほとんど出てこないなぁ。
ソースがはっきりしないけど「プロレスっぽさが受けた」っていうのを見かけた。
103 : ななしのよっしん :2016/07/16(土) 11:05:57 ID: f3XzE8klu6
>>102
昔「スパロボマガジン」という雑誌のインタビューで見た(うろ覚え)けれども、
邪魔大王の「古代日本科学を持っていた古代文明」という設定と古代日本で統一されたデザインにエキゾチックオリエタルな魅を感じているから、らしい。
その一方でマジンガーシリーズの敵方の設定も世界史で習う割と近所の出来事が絡んできてそれもそれで面いんだそうだ
104 : ななしのよっしん :2016/07/28(木) 21:52:52 ID: VplZJabq5/
>>103
あなるほど。
敵がハニワヤマタノオロチヒミコだからサムライニンジャゲイシャ的にウケたわけか。

マジンガーは元ナチス博士Dr.ヘル)が復活させたギリシャ神話ロボット機械獣)をインド神話な幹部(あしゅら男爵)が動かすという結構際色豊かだな。
105 : ななしのよっしん :2016/10/08(土) 18:47:03 ID: plwNtS9MzG
>>104
しかし最近のあしゅらは本名がトリスタンとイゾルデなのでヨーロッパでもある
106 : ななしのよっしん :2017/05/17(水) 15:56:45 ID: EtTlgxEkLm
イタリア映画でド肝抜かれた
107 : ななしのよっしん :2017/05/17(水) 19:41:11 ID: VqUKpRKuXv
♪情け用 問答用 一気に 死ねぇ!
108 : ななしのよっしん :2017/05/23(火) 14:50:57 ID: /AwjpgRsCK
イタリアのやつ見てきたけど結構陰映画だったな
ジーグ々ってよりイタリア社会の閉塞感とか絶望感みたいなものの方が強く感じられたわ
ジーグはもちろん重要なファクターなんだけどね(ヒーローアイコンとして使われてる感じ)
主人公が四十路の人生詰んでる死んでないだけのおっさんってのがまたキツい
109 : ななしのよっしん :2017/05/26(金) 01:06:10 ID: oXQ29Jyqt3
「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
大傑作なので是非。主人公が「ヒーローになる」間が、陳腐なのに泣けた。
ちなみに↑は正式タイトルな。「邦題」でなく、日本語が「原題」。されっぷりがわかるというもの。

イタリア人気になったのは、まぁいずれも推測の話だけど、
・「ロボットに搭乗する」でなく「変身する」点
・かつ、「ヒロインサポートがないと変身できない」点
イタリア人の気質に合ったのだとか。
あと、イタリア語訳された題歌の歌詞が、少年ハートをつかんだってのもあるみたい。訳探して読んでみると、すごくアツい。
110 : ななしのよっしん :2017/06/03(土) 22:34:52 ID: 1DgUac/tGK
プロット書いた時はグレンダイザーが題材だっけどしっくりこなくてジーグしたらばっちりはまったとのこと
宙も少し不貞腐れてるところあるもんな、親父がああだから仕方ないと思うが
111 : ななしのよっしん :2017/06/15(木) 01:31:30 ID: LaYvLMk10s
「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」観てきたけど、
なんで自分はいい年してヒーローものが好きなのか再確認できたよ。

映画やってない地域の人はソフト化されたら是非。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829