単語記事: 錦織圭

編集

錦織圭にしこりけい)とは、島根県松江市出身のプロテニス選手。

5歳からテニスを始め、2007年17歳プロデビュー。その翌年には四大大会のひとつ、全オープンベスト16まで勝ち残るなどくからその才を見出され、2014年には日本男子初のATPランキングトップ10入り、同年全オープンでは日本人初の男子シングルグランドラムファイナリストにまで登り詰めた。ツアー現在11勝を挙げている。

数多くの日本テニス界の記録を塗り替え、世界でも次世代のトップう地位まで登り詰めたスーパースターである。

特に有名なのが、エア・ケイ」と呼ばれる強ジャンピングショット。彼の代名詞でもある。

概要

プロフィール

1989年12月29日生まれ。身長178cm、体重70kgと、男子プロテニス選手の中では小柄な体格である。

幼い頃からその才を嘱望され、2003年、「盛田正明テニスファンド」の出資対となったことで、IMGニックボロテリーテニスアカデミー(本拠地はアメリカ・フロリダ)に留学。以降、アメリカを拠点に活動。

2007年17歳プロデビューを飾り、翌年にはいきなり全オープンベスト16に入ったり、ATPツアー初勝利を挙げるなど噂通りの若き才としてテニス界をwktkさせるが、その攻撃的なスタイルに身体がついていかなかったのか、1年以上に渡ってあちこちの怪に苦しむことに。

も癒えた2010年からは地に成績を積み重ね、2011年に新しくコーチに迎えたブラッド・ギルバー錦織に「醜く勝つ」=慢強い、守備的なテニスを伝授。自慢の攻撃に加わった新しい武器が、以降の彼の躍進を支えていくことになる。同10月上海マスターズでベスト4入りを果たし、世界ランキング30ジャンプアップ日本人世界ランク記録を更新し(前記録保持者は松岡修造の46位)、日本歴代最高のテニスプレイヤーへと成長した。

2012年ツアー2勝ランキングも自己最高の15位を記録と、シード選手としての地位を確立しはじめる。2013年日本人として75年ぶりに全ベスト16まで勝ち残るなど、怪の多発にも耐えて成績を維持。2014年も引き続いて怪と闘いつつ、新たにコーチに迎えたマイケル・チャンが彼に強メンタルを注入。トップ10を伺える場所で停滞しかけていた彼に、新を吹き込んだ。

男子テニス界に長年君臨する「ビッグ4」(フェデラーナダルジョコビッチマレー)相手にも、互の戦いを演じ、時には勝利をもぎ取るまでになった錦織2014年5月にはついに世界ランキング9位を記録し、日本人男子には不可能では…と言われていた「トップ10」に足を踏み入れた。

そして2014年、足親の手術明け間もなくの全オープンベスト16まで勝ち進んだ錦織は、まずラオニッチ(世界ランク6位)を4時間えの死闘の末撃破。準々決勝ではワウリンカ(世界ランク4位・2014年チャンピオン)を、こちらもフルセット・4時間えの末撃破。そして準決勝ではビッグ4のひとり、ノヴァク・ジョコビッチ(世界ランク1位)と対戦。その絶対王者相手に会心のテニスで勝利をもぎ取り、日本人として初のグランドラム決勝進出を、グランドラムでのビッグ4初撃破で成し遂げた。

惜しくも決勝ではマリン・チリッチに破れて優勝は逃したが、その後もATPツアーで2勝を積み重ね、またしても日本人男子初、「ツアーで1年を通して好成績を収め続けた選ばれし8人」しか出場出来ない今季最終戦ATPワールドツアーファイナル出場を決めた。

2015年、全ベスト8まで進み、メンフィスオープンは大会3連覇を達成。アビエルト・メキシコテルセルオープンでは、1回戦のA・ゴンザレス戦に勝利した結果、通算200勝(当時の対戦成績:200勝107敗)を達成した。決勝でD・フェレールストレートで敗れ、2週連続優勝こそ逃したが、3月2日付けATPランキングにて、日本人選手最高位の4位に浮上した。

世界の頂点をして未知の領域に挑み続けている。

主な経歴

ジュニア時代から現在に至るまで々しい戦歴を収めており、今後もトロフィーの数が増えそうなのでな戦歴に絞って紹介したい。もっと詳しく知りたい方はファンサイトなどをご覧下さい。

グランドスラム戦歴・世界ランク変遷

'07 '08 '09 '10 '11 '12 '13 '14 '15 '16
OP 不参加 不参加 1回戦 不参加 3回戦 Best8 Best16 Best16 Best8 Best8
OP 不参加 予選 不参加 2回戦 2回戦 不参加 Best16 1回戦 Best8 Best16
全英OP 不参加 1回戦 不参加 1回戦 1回戦 3回戦 3回戦 Best16 2回戦
OP 予選 Best16 不参加 3回戦 1回戦 3回戦 1回戦 準優勝 1回戦
世界ランク 250 63 56 98 24 15 11 5 4

世界ランクは年度内(1月1日12月31日まで)に記録した最高位を記載。
オレンジ背景セルは大会での最高成績。 

ATPツアー大会優勝歴

 2016年2月現在ATPツアーで11勝を挙げている。

特筆すべき戦歴

プレースタイル

スピードとフットワークが持ち味のアグレッシブベースライナーストローク戦を得意としライジンショット度のついた打球で相手を追い込む。また、快足を生かして届かなさそうなボールに追いつきカウンターショットを打つ。時折ネットプレイも混ぜ相手を翻弄する。またサービスリターンや打球予測も評価が高い。

かつてはサービスの威不足を摘されていたが、2014年頃からトレーニングの成果が実り始め、200km/hをえるサーブでエースを決める回数も増えた。

エピソード・こぼれ話

関連動画



関連項目

公式サイト他


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%8C%A6%E7%B9%94%E5%9C%AD
ページ番号: 4758553 リビジョン番号: 2367367
読み:ニシコリケイ
初版作成日: 11/11/06 10:32 ◆ 最終更新日: 16/05/30 10:01
編集内容についての説明/コメント: グランドスラムは上位の常連だけど、もう一歩が見たいなあ(わがまま)
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

錦織圭について語るスレ

668 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 11:09:37 ID: 2wx3J3nMPs
の次年度はか・・・
対策ってどうするんだろう、練習中に濡れたボールでも混ぜるんだろうか
669 : ななしのよっしん :2016/07/02(土) 10:43:05 ID: uCmN1VFFPA
デルポトロが復活し始めてる
今後当たりたくないなぁ
670 : ななしのよっしん :2016/07/02(土) 23:54:56 ID: cRI3Krb1jO
>>669
逆に当たってリベンジしてほしい
今大会はゴメンだがw
671 : ななしのよっしん :2016/07/04(月) 22:56:50 ID: J8kX0Yr5gA
結局今回も棄権か・・・
があっても怪アクシデントくならないと
これ以上上に行くことはできなくなるよ

優勝者達は技術やパワー以外にもタフさをちゃんと持っていた
672 : ななしのよっしん :2016/07/05(火) 00:55:57 ID: qg8xaP+9Mr
簡単に優勝優勝言うけど、最低7試合そのうちQF,SF,Fは世界最高の選手としのぎを削らなきゃならんからなぁ
日本テニスにおいてもう今後80年は出てこない天才なのはテニスを見ればわかるけどそのへんファンはわかってんのかね
まあが言いたいのは錦織最高ってことだぜ
れ負けるな錦織
673 : ななしのよっしん :2016/07/05(火) 01:25:28 ID: XLRrdLAlYg
ケガしないってのはある意味最高の才なのかもなぁ・・・。
それと引き換えに強メンタルを手にしたのかなぁ。
674 : ななしのよっしん :2016/07/05(火) 08:21:13 ID: uCmN1VFFPA
体格やプレイスタイルからして、怪しないほうがおかしい
それでも一時期から考えられないほどタフになってきたと思うよ
675 : ななしのよっしん :2016/07/05(火) 12:53:10 ID: 2wx3J3nMPs
土のコートでの体の使い方を仕様に切り替えるための
トレーニングや調整の技術的なところが足りないんだよ

シーズンの最初、土仕様のスピン量やボールの拾い方が抜けてなかったけど
そういうプレイの質の切り替えの遅さが怪に繋がってる

毎年同じ時期に怪をするのには理由がある。
体の強さで調整ミスを乗り越えるのは才世界だが、正しく調整して素く切り替えて体への負荷をコントロールしたなら、今の体でも耐えられたはずだとは思っている。
676 : ななしのよっしん :2016/07/05(火) 13:06:41 ID: cRI3Krb1jO
ハレは出ない方がいい気がするな
あそこの芝は錦織のフットワークとの相性最悪に見える
逆にウィンブルドンの芝は錦織に合ってそう
677 : ななしのよっしん :2016/07/20(水) 17:19:42 ID: O/L3nZLTwo
まぁ>>675みたいなコメントするだけなら簡単なんですけどね所見さん
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015