単語記事: 錦織圭

編集

錦織圭にしこりけい)とは、島根県松江市出身のプロテニス選手。

5歳からテニスを始め、2007年17歳プロデビュー。その翌年には四大大会のひとつ、全オープンベスト16まで勝ち残るなどくからその才を見出され、2014年には日本男子初のATPランキングトップ10入り、同年全オープンでは日本人初の男子シングルグランドラムファイナリストにまで登り詰めた。ツアー現在11勝を挙げている。

数多くの日本テニス界の記録を塗り替え、世界でも次世代のトップう地位まで登り詰めたスーパースターである。

特に有名なのが、エア・ケイ」と呼ばれる強ジャンピングショット。彼の代名詞でもある。

概要

プロフィール

1989年12月29日生まれ。身長178cm、体重70kgと、男子プロテニス選手の中では小柄な体格である。

幼い頃からその才を嘱望され、2003年、「盛田正明テニスファンド」の出資対となったことで、IMGニックボロテリーテニスアカデミー(本拠地はアメリカ・フロリダ)に留学。以降、アメリカを拠点に活動。

2007年17歳プロデビューを飾り、翌年にはいきなり全オープンベスト16に入ったり、ATPツアー初勝利を挙げるなど噂通りの若き才としてテニス界をwktkさせるが、その攻撃的なスタイルに身体がついていかなかったのか、1年以上に渡ってあちこちの怪に苦しむことに。

も癒えた2010年からは地に成績を積み重ね、2011年に新しくコーチに迎えたブラッド・ギルバー錦織に「醜く勝つ」=慢強い、守備的なテニスを伝授。自慢の攻撃に加わった新しい武器が、以降の彼の躍進を支えていくことになる。同10月上海マスターズでベスト4入りを果たし、世界ランキング30ジャンプアップ日本人世界ランク記録を更新し(前記録保持者は松岡修造の46位)、日本歴代最高のテニスプレイヤーへと成長した。

2012年ツアー2勝ランキングも自己最高の15位を記録と、シード選手としての地位を確立しはじめる。2013年日本人として75年ぶりに全ベスト16まで勝ち残るなど、怪の多発にも耐えて成績を維持。2014年も引き続いて怪と闘いつつ、新たにコーチに迎えたマイケル・チャンが彼に強メンタルを注入。トップ10を伺える場所で停滞しかけていた彼に、新を吹き込んだ。

男子テニス界に長年君臨する「ビッグ4」(フェデラーナダルジョコビッチマレー)相手にも、互の戦いを演じ、時には勝利をもぎ取るまでになった錦織2014年5月にはついに世界ランキング9位を記録し、日本人男子には不可能では…と言われていた「トップ10」に足を踏み入れた。

そして2014年、足親の手術明け間もなくの全オープンベスト16まで勝ち進んだ錦織は、まずラオニッチ(世界ランク6位)を4時間えの死闘の末撃破。準々決勝ではワウリンカ(世界ランク4位・2014年チャンピオン)を、こちらもフルセット・4時間えの末撃破。そして準決勝ではビッグ4のひとり、ノヴァク・ジョコビッチ(世界ランク1位)と対戦。その絶対王者相手に会心のテニスで勝利をもぎ取り、日本人として初のグランドラム決勝進出を、グランドラムでのビッグ4初撃破で成し遂げた。

惜しくも決勝ではマリン・チリッチに破れて優勝は逃したが、その後もATPツアーで2勝を積み重ね、またしても日本人男子初、「ツアーで1年を通して好成績を収め続けた選ばれし8人」しか出場出来ない今季最終戦ATPワールドツアーファイナル出場を決めた。

2015年、全ベスト8まで進み、メンフィスオープンは大会3連覇を達成。アビエルト・メキシコテルセルオープンでは、1回戦のA・ゴンザレス戦に勝利した結果、通算200勝(当時の対戦成績:200勝107敗)を達成した。決勝でD・フェレールストレートで敗れ、2週連続優勝こそ逃したが、3月2日付けATPランキングにて、日本人選手最高位の4位に浮上した。

世界の頂点をして未知の領域に挑み続けている。

主な経歴

ジュニア時代から現在に至るまで々しい戦歴を収めており、今後もトロフィーの数が増えそうなのでな戦歴に絞って紹介したい。もっと詳しく知りたい方はファンサイトなどをご覧下さい。

グランドスラム戦歴・世界ランク変遷

'07 '08 '09 '10 '11 '12 '13 '14 '15 '16
OP 不参加 不参加 1回戦 不参加 3回戦 Best8 Best16 Best16 Best8 Best8
OP 不参加 予選 不参加 2回戦 2回戦 不参加 Best16 1回戦 Best8 Best16
全英OP 不参加 1回戦 不参加 1回戦 1回戦 3回戦 3回戦 Best16 2回戦 Best16
OP 予選 Best16 不参加 3回戦 1回戦 3回戦 1回戦 準優勝 1回戦 Best4
世界ランク 250 63 56 98 24 15 11 5 4

世界ランクは年度内(1月1日12月31日まで)に記録した最高位を記載。
オレンジ背景セルは大会での最高成績。 

ATPツアー大会優勝歴

 2016年2月現在ATPツアーで11勝を挙げている。

特筆すべき戦歴

プレースタイル

スピードとフットワークが持ち味のアグレッシブベースライナーストローク戦を得意としライジンショット度のついた打球で相手を追い込む。また、快足を生かして届かなさそうなボールに追いつきカウンターショットを打つ。時折ネットプレイも混ぜ相手を翻弄する。またサービスリターンや打球予測も評価が高い。

かつてはサービスの威不足を摘されていたが、2014年頃からトレーニングの成果が実り始め、200km/hをえるサーブでエースを決める回数も増えた。

エピソード・こぼれ話

関連動画



関連項目

公式サイト他


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%8C%A6%E7%B9%94%E5%9C%AD
ページ番号: 4758553 リビジョン番号: 2411765
読み:ニシコリケイ
初版作成日: 11/11/06 10:32 ◆ 最終更新日: 16/10/01 10:51
編集内容についての説明/コメント: そろそろ記事がパンパンになってきたので、スリム化してみたい…してみたくない?
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

錦織圭について語るスレ

752 : ななしのよっしん :2016/10/01(土) 20:05:48 ID: 2wx3J3nMPs
>>750
は単純に選手の中で成績が良い人をさして言ってる、深い意味はない
753 : ななしのよっしん :2016/10/01(土) 20:10:36 ID: rMd2fb7Jrp
1回辛勝しただけで実が拮抗してるとか言い出すんだもんなぁ…
それだとジョコやマレーに勝った事がある(もちろんその何倍も負けてるが)錦織はその二人より格上って事になっちゃうのに
754 : ななしのよっしん :2016/10/02(日) 00:38:47 ID: j2M3UGDbNO
流れぶった切って申し訳ないけど、編集コメントにも反応してあげようよ

全体的にはまだ大丈夫な気がするけど・・・
スクロールとかあった方が良さそうなくらい?
関連動画は新しいのがあれば追加した方が良い気がする
755 : ななしのよっしん :2016/10/27(木) 20:37:48 ID: 2wx3J3nMPs
・・・またサーブの話なんだけどさ
錦織さんの通常サーブって前に書いた他選手の共通解とべてラケットの進行方向とボールの進行方向がほぼ行だよね
他の選手の多くはラケットボール斜めに進入して少し外側に進行していって、その分ラケットの面が傾いて、ボール右上を擦るように、進行方向と面の向きのバランスの中で前に飛んでいくように見える
錦織さんは後ろからっすぐ進入してフラットいてるように見える時が多く感じた
最新の試合ちょっと見たけど、腕をきっちりまっすぐ伸ばす感じが少し和らいでしなりが出てきた気がした。ラケットの進入度も少しだけ斜めになったように感じた。わずかに共通解に近づいて見えた。
もちろん共通解が絶対なわけじゃないし、錦織さんが積み上げてきたものもあるし、悪いとかじゃなくて、単にそういう違いがあるなと何度も見て感じただけです。

>>754
編集の事を視する気はないけど、デザインの事はテニス以上にわからないので何とも言えない。
756 : ななしのよっしん :2016/10/28(金) 09:33:58 ID: 2wx3J3nMPs
>>755
ごめんこれ間違い、ちゃんと見たら解にわずかに近づいたじゃなくて
大部分をちゃんと抑えたサーブになってた。もうそんなに特徴的な部分は残ってないや。これし。
757 : ななしのよっしん :2016/11/02(水) 17:33:57 ID: 41Z7yhMlYI
何にせよ、スイスデルポトロストレート勝ちしたし、ランクが下の選手に苦手意識を持つ相手は皆無になったじゃないかな。
758 : ななしのよっしん :2016/11/16(水) 19:44:18 ID: e1hoXfsWHf
ここまで来たらキャリアのどこかで1回くらいはグランドラムを制して欲しい
759 : ななしのよっしん :2016/11/17(木) 16:53:12 ID: 2wx3J3nMPs
マレー戦凄かった・・・
錦織さんサーブのトスを上げる寸前の重心が後ろ気味だからトスを上げた直後の体勢、上体が後ろに倒れることが多い
上体がっすぐ上に伸びた時、後ろに傾いてるとき、どちらも連続してるときは安定してたけど
を消耗した3セットめ、サーブ一本ごとに上体の高さ(膝の曲げ具合)度(後ろへの傾き)が変わってる時期のサーブはやや不安定だった
上体の度を安定させてボールとの位置関係を安定させたらファースト入る確率上がりそうと思った
760 : ななしのよっしん :2016/11/23(水) 11:24:28 ID: z1pq8bGwWh
なおマレーはラオニッチとも死闘を演じ、翌日には錦織を一蹴したジョコを破って優勝する離れ業を成し遂げた模様 「BIG4最弱」「人類代表」などと馬鹿にされがちだったマレーだけどやはりこの人も他3人と同じ人外だった
そして錦織は1試合単位で見れば確かにジョコマレーと好勝負を演じる事も多くなってきた気はするけどトーナメント全体・シーズン全体を通じて見た場合、やはりジョコマレーとは歴然たる差が未だにあるんだなあ・・・
761 : ななしのよっしん :2016/11/28(月) 09:24:35 ID: 2wx3J3nMPs
連戦後の疲労状態でなぜあのパフォーマンスが保てるのか
そもそも疲労しているのか、疲労が軽いならどこで負荷を軽減しているのか
回復がいならなぜなのか

  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015