単語記事: 錯覚

編集  

錯覚英:illusionとは、五感による情報とそれを通した認識が、実際の物体や状態と齬を起こす現である。幻覚も同様に、現実とは異なるものを認識するが、一般には区別される。誤りを特に摘する場合は、勘違い、ともいう。

日常的錯覚

見間違い、聞き間違いなど、人間は日常的に錯覚を起こす。「幽霊の正体見たり枯れ尾」と昔から歌われるように、何気ないものでも、ある種の状況に置かれると、認識に齬をきたすことはままある。また、を人間や、その他の形に見えてしまうのもよく知られた錯覚である(パレイドリア)。顔文字(例えば、(^o^))も、人間の認知を利用した、錯覚といえる。

五感の錯覚

  • (視覚)の錯覚 - 最近は、VR技術などで応用されている。「錯視」の記事も参照。
  • (聴覚)の錯覚 - 「錯聴(auditory illusion)」。周波数の高い音が低く聞こえたり、右にある音が左に聞こえたり、同じ音に対する聞こえ方が変化したり、存在していない音が聞こえたりする。空耳も錯聴の一種ともいえる。バロック音楽では、一度に複数の音を出せない楽器で、異なった音をすばやく交互に鳴らすことで、あたかも複数の旋が同時に奏でられているように錯覚させる手法(音の流れの分凝)が使われている[1] 。現代のオーディオビジュアルも錯聴を取り入れており、ステレオチャンネルといったものは、臨場感を生み出す為に、広く普及している。
  • 鼻(嗅覚)の錯覚 - 科学技術の向上により、人為的に匂いを作れるようになった。それを利用して、近年は、映画館で「匂いのVR」として、より臨場感溢れる体験を謳うものもある。
  • 舌(味覚)の錯覚 - 味覚は、他の感覚器官によって影される。例えば、鼻詰まりを起こしていると、何も味を感じなくなることはよく知られている。視覚も味覚にとって重要であり、「で楽しむ」という言葉は、食べ物の見たが味に影を与えることを端的に表す。そのことを逆手に取って、「ブルーラーメン」などあえて通常の色と異なる染色を行ない、そのギャップを楽しむこともなされている。よくネタとして、「うんこ味のカレーカレー味のうんち」という究極の二択が出されるが、味と見たは切っても切り離せないものの1つである。重力状態の宇宙では、味覚が鈍く感じるとされ、宇宙飛行士の向井千秋氏は、「地上で試食した時よりも、料理の味が薄く感じました。濃い味のもの、塩分の多いもの、甘いドリンクなどがおいしかった」とっている[2]
  • 手(触覚)の錯覚 - 触覚もまた、視覚など他の感覚器官によって、影される。代表的なものは、ラバーバンドイリュージョン。これは、例えば、手を机の上に置き、それを何か手を隠せるもので覆う。そしてそのそばの見える位置に、本物の手と似た偽物の手を置く。そしてその偽物の手に触れると、本物の手に触れられたように感じるというものである。

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

外部リンク

錯聴が聞けるサイト

脚注

  1. *錯聴について
  2. *200X年。宇宙旅行者のための基礎知識

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%8C%AF%E8%A6%9A
ページ番号: 5506388 リビジョン番号: 2534743
読み:サッカク
初版作成日: 17/10/22 18:07 ◆ 最終更新日: 17/10/22 18:07
編集内容についての説明/コメント: 新規作成
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

錯覚について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/10/22(日) 18:14:01 ID: 1C4H3D5NO3
ん?錯覚…?
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829