単語記事: 錻力のアーチスト

編集

 錻力のアーチストとは、ポエム変態筋肉イケメンであふれた野球漫画である。

概要

週刊少年チャンピオン」にて連載中。
作者は前作「シュガーレス」でメディア化も果たした細川
前作と同じくアクの強い登場人物や、やたらポエミーで抒情的なセリフ、ブッ飛んだ視覚表現などが特徴。
ex:ジャストミートだと心臓をブッく、変態変化球で首が飛ぶ、スタジアム中を凍りつかせるほどのプレッシャー、燃える投球、etc

タイトルは「オズの魔法使い」の「心のブリキ」から由来する。

天才的なスラッガーでありながら、シニア時代はチームから孤立していた主人公清作雄が、神奈川の県立校、高校野球部で”チーム”を学びながら打者として成長し、甲子園 

あらすじ

チームプレーを嫌い、己の本塁打だけをひたすら追いめていた宮丸シニアの清作雄は、
神奈川の名門・港南学院への入学を熱望していた。
しかし中学最後の試合を痛め、立の高校入学することに。
自分が四番を打つことにしか興味かった清作だが、2年の弐織敏のケタ外れのバッティングをの当たりにし「この人に追いつきたい」と思ったことをキッカケに徐々に変化していくようになる。

単行本第2巻「STORY」より、一部抜して変。

登場人物

神奈川県立桐湘高校

野球部

昨年の神奈川県大会で、立校でベスト8に残った古

その他

私立港南学院高校

神奈川県の絶対王者。全に名を馳せる、100人以上の部員を擁する野球名門私立校。

  • 八子一朗 (やご りょういちろう)
    1年・右投右打。シニア時代の清作のチームメイト
    裏表のある性格で、チームで孤立する清作にも親しげに接しつつ、その実出し抜くチャンスを狙っていた。
    清作の故障にいちく気付くも、強校への進学には清作が消えた方が都合が良いと考え、シニア最後の試合の終盤まで放置していた。
    最速142キロのストレートとキレのいいスライダーを武器に、巧妙なピッチングをする。
    港南入学後は(卑怯な手を使って入部したからか)先輩たちとの体の差を痛感し、食事やトレーニング善、以前とは見違えるような体を手に入れ、球速もさらに増している。通称ゲロっち
    甲子園大会準決勝ではやや格下に描かれていたとはいえ、打撃のある栄を左薙含め0点に抑えて見せた。
  • 弐織義 (にしき ぎいち)
    3年・右投右打。4番打者。の弐織敏の
    プロ神奈川県最強スラッガー。普段の練習時間にもスカウトがくるほどの逸材だという。
    想で、どんな相手の前でも自分の打撃をすることにしか興味クールな性格。
    とは仲が悪く、見下している様な態度が立ち、努を重ねるに「駄なことを」ととは思えぬ発言をしたことも。
    一応これは馬鹿にしているのではない様で、単に当時の実差を述べただけであり、後に敏を含め実者は認めている(敏も後にそれを理解した)。
    バッターボックスに入った途端に応援で沸いていたスタジアム中を凍りつかせるほどの絶大なプレッシャーを放つ。
    その圧倒的な緊感で、並みの投手ではガチガチに固まってまともな投球もできぬまま敗れてしまう。
    パワーもあるが、その素晴らしいスイングであっという間にスタンドボールを放り込む様なホームランを放つ。
  • 穂村 ほむら しんじ
    2年・左投左打。2年ながら名門・港南エースを背負う投手。切れ味鋭いカーブが武器。
    その異常な落差から起こる鎌鼬のようなで、打者は首を刈り取られるかのような錯覚に陥り、イメージでは打者の身体が抉られて内臓が露出する
    天才ゆえの余裕か、対戦相手への敬意は皆無
    ワザと打者に球の握りを見せた上で挑発するなど、真剣味や敬意に欠ける行為も散見するが、カーブという球種の性質上予告投球でアウトを奪えるのは相当の切れ味がある事の裏付けでもある。
    監督から休息を言いつけられては、下の獲物(清作、弐織)のいるの試合を観戦していることが多い。
    肩を休めるためとはいえ、「ヒマなら練習しろ」とツッコミが入ったことも。
    こんな感じなので(読者から)県内の実者の中で実を疑問視される事も。
  • 上根 (かみね あつし
    3年・右投右打。港南トップバッター。右翼手
    走攻守ったうえに状況判断にも優れ、昨年のの予選では打率が7割をえている破格の選手。
    立ってるのに上根さん」というくだらないギャグが穂村を中心に広まっている模様。
  • 園辺 (そのべ)
    2年・右投左打で二塁手ハンサム眼鏡くん。モテる。この世界メガネ男子がモテるのだろうか。
    投手の軸足を狙って打ち返すなど、えげつないプレーを好む。穂村く「涼しい顔して性格悪い」。
  • 池田ホセマリア (いけだ -)
    3年・右投右打の3番打者。留学生ではなくハーフ
    恵まれた体格の強打者。弐織義ライバル視しているが、とうの義興味なし。
    一度桃ちゃんウインクを決めてみせた。残念な時に発する「ノー」という口癖がある。
    描写ではアウトになる事も多いが、中堅手をやっており守備・走塁面での貢献も大きいのかも知れない。
  •  (たちばな
    3年。港南捕手将。
    相手をナメきって不になりがちな穂村を嗜める場面が多い。

栄春高校

神奈川県の有名私立・・・・・・の進学校である。野球部は名で、練習時間も限られている。
だが、1年生左薙の加入と持ち前の頭を活かした戦いにより予想外の攻撃を得たダークホース。反面、守備はザルでスタミナも少ない。

  • 左薙伏 (さなぎ ふく)
    1年・右投左打。1年ながら4番にしてエースピッチャーを担う。
    清作(と八子)とはシニア時代からの知り合い。中学当時は「やる事は真剣にやるが結果には淡」という面が立っていたが、高校での勝負では熱くなる自分に気付く場面も。口癖は「うわぱあ」「わぱあ」。
    フルスイングしすぎて自分の背中を打つ、マウンドの土を食うなど奇行が多いが、
    非常に合理的かつ柔軟な思考と、やや細身ながら長身と長い腕を活かした3種の投球フォームやスライダー、縦のカーブといった変化球、変わった構えと理論的なバッティングなどの技術が武器のまさにクセモノ。
    名の栄を選んだ理由は偏差値もあるが「レギュラー争いに時間と体を使うのが体なかったから」。
    チームの育成、戦術や練習南など、選手のえてチームの中心となっている。
    清作とは何だかんだで試合後も会う(清作の天然発言く「友達ではない」らしいが)事が多く、蓬莱の「自トレ」にも付き合わされた(この時捕手役をしていた)りスタンドからを出して清作を落ち着かせたりもしている。

蔡理高校

打倒・港南学院筆頭に挙げられる優勝補の一

麻生西高校

昨年のの大会で港南に敗れ準優勝の成績を残した強の一
季大会では絶対的エース・永が故障で治療に専念していたために栄に敗れるも、高い攻撃を誇る
相手に17対15(永抜きで)という乱打戦を演じた、攻防スキのチーム
ただ、首が強ゆえの驕りを持っているところがある。

  •  (えいげん あきら)
    3年。右投右打。麻生西の絶対的エースピッチャー
    打者の手元で不規則に動くムービングボールが武器。変化球も非常に落差がある強な武器で、捕手ですらついていけないこともある。決め球はフォーク
    「自分以外のにも期待しちゃいない」とするほど独善的な性格で自信
    敵にも味方にも興味く、ただストイックにの前の打者を打ち取ることを追及している。
    打順は負担を考慮され7番だが打は高い。
    ある意味ではシニア時代の清作に似ているが、違うのは永が確かな実を基にチームメイトからも尊敬され、期待されていることである。

豪徳学園

西東京地区の男子校野球部員は100人近くおり、毎年地区大会のベスト4に入る程の強校。
入学の選手も多い。
監督・久澄の恩師である仙が率いている縁から、毎年合同練習をしている。

聖陽学園

新設の私立校で、野球部は中学で実績のあるメンバーエムオーエヌイーワイ(by先輩)で集めている。
ゆえにスタメンも全員1年生だが、去年のベスト4である倉を倒す実を持つ。
全体的に不で素行がよろしくなく、試合の内外でトラブルが絶えない。

  • 亜嵩 (あたか まなと)
    1年・左投左打。ピエロのように厚い口七色をした奇妙な出で立ちのエースで四番。
    陽で一番をもらっているらしい。
    巨大な鉄球で圧し潰すかのような速球が持ち味だが、投球練習すらマジメに取り組んでいないらしくコントロールは粗雑でムラッ気が多い。
    紛れもなく天才的な才を持つが、それゆえにプライドも高く、試合で勝つことよりも相手の魂を恐怖と屈辱で圧し潰すことに性的奮を覚え執着するド変態チームメイトからも信用されていない。
    父親が転勤族で、様々な地方を転々としていた事も協調性のさの原因らしい。
    またそれにより各地の方言がごっちゃになった話し方がクセになっている。

関連商品

関連コミュニティ

錻力のアーチストに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%8C%BB%E5%8A%9B%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%B9%E3%83%88
ページ番号: 5253757 リビジョン番号: 2376143
読み:ブリキノアーチスト
初版作成日: 14/07/27 20:31 ◆ 最終更新日: 16/06/23 20:45
編集内容についての説明/コメント: 最終巻に備えて編集。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

錻力のアーチストについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2014/07/30(水) 19:41:02 ID: zrj90iVFSP
作成乙だにゃあらー!!
2 : ななしのよっしん :2014/08/11(月) 16:36:12 ID: sbjEIptCLM
桃ちゃん登場で確変したかな
いや、サナギくんくらいからか
3 : ななしのよっしん :2014/08/14(木) 11:16:49 ID: QrUcJFNwtf
記事作成感謝だにゃあらー! 
関連動画、今後出てくるといいな
4 : ななしのよっしん :2014/08/24(日) 08:34:05 ID: s+H2U+6Iod
>>2
サナギからだと思うわ。桃ちゃんさんで爆発したけど。
次の展開が肝要だろねー
5 : ななしのよっしん :2014/09/16(火) 13:14:43 ID: 1TKj6f2vB9
キャラが立ちまくってて面いんだよね
6 : ななしのよっしん :2014/10/08(水) 02:21:48 ID: GRIiUIB/uQ
バッティングの音でキャッチャーが意識飛ばした時は爆笑した

人的な面はちょくちょくあるけどなんだかんだでまともに野球やってるよねコレ
7 : ななしのよっしん :2015/02/17(火) 13:54:35 ID: psqM+1F2ZE
試合終了後に、他のメンバーが笑う中1人残って清作を慰め(?)ながってくれた蛮堂といい、理由はあったにしろ、なんだかんだ他校の選手の清作に打撃導したりする蓬莱見ると清作は蔡理いった方が良かったんじゃないかとも思えてくる。
8 : ななしのよっしん :2015/04/01(水) 21:10:27 ID: ZnKaYNVcZV
6巻まで読んだんだけど
蔡理戦(っていうか蛮堂)が面すぎて燃え尽きてしまった感がある
9 : ななしのよっしん :2015/12/18(金) 08:24:27 ID: x/2Fybucft
正直神奈川レベル高くしすぎた感
投手の穂村は蛮堂並で打線には上根サンに義
港南勝てる気がしない
之路さんの速球ならほぼ全員当ててくるでしょ
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829