編集  

単語

カマ

とは、農具の一種である。

曖昧さ回避

概要

一般的には植物を刈るために用いる農具で、湾曲した)を持つのが特徴である。地方によっては直線的な形を持つもあるが、内側にが付いているという特徴は共通しており、側から手前に引いてくる事で植物の茎などを切断する。

また、歴史がかなり古く、石器時代から使われていた農具であるという。

英語圏では大きさや作業の形態によって呼び方が「サイズ(大)」と「シックル(小)」で2種類に別れているが、日本では大きさに関係なくという呼び方で統一されている反面、用途によって呼び名が違う。
具体的には以下の通り。

  • がハサミやのように滑らかになっているもの。ホームセンターなどで販売されている「」「芝刈」などは大体こちらに入る。
  • のような形状になっているもの。先述のでは切断できないような厚い(強い)繊維などを切断するのに用いる。

農具以外の鎌

武器としてのといえば恐らくは死神が携えている大が広く知られていると思われるが、ギリシャ神話では大地と農耕のクロノスが持つ武器としても知られている。さらに、ソ連国旗には農民と労働者の徴を示す「鎌と鎚」というシンボルが描かれている。他にもオーストリアの紋章や日本家紋など、徴として用いるケースがいくつかあったりする。

農作業を行ううえで必要不可欠な物である以上、土地の支配者も所持を禁ずる事が出来ないという事情があったため農民が反乱・一を起こす際に即席の武器として用いた事も多く、さらには農具用のから生した「」という暗殺用のも存在する。通常の農具用のと外見がど違わないため、農民がターゲットの前で堂々と手にしていた事すらあったという。
ただしいずれにしても、戦闘の際は剣、と見べると問題点が多かったのは否めないのだが。具体的には、植物を切断する時と同様に「対側へを滑り込ませ、手前へ引く」という動作が必要な分、突く、るといった普通の武器と同じ動作で攻撃ができない事などが挙げられ、先述のような戦闘用の武器が相手では分が悪い(勝てない)とする意見も少なくない。

また、武器として用いるは上記以外では鎖鎌が有名であろうか。鎖の両端にと分が付いているのが特徴で、鎖で相手の攻撃を弾いたり叩き落としたり、敵の手や足に鎖を巻き付け動きを封じた後にで攻撃を行う、というもの。いは中距離から鎖を振り回して勢いをつけ、末端に付いている(分を投げる場合もある)を投げて攻撃を行うケースもある。ちなみに鎖はの柄の末端に繋ぐ事もあれば、の根元に取り付けている物もあった。
基本的に農民や商人などといった帯を許されない身分の者が身に付けていた武器で、鎖鎌術の流現在も幾つか存在している。
有名な鎖鎌の使い手は、かつて宮本武蔵とも戦ったと言われる宍戸軒が知られているだろう。

また、薙鎌という武器もある。薙刀に似た大きなで、不遷流に残っている。

鎌を使うキャラクター                              

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%8E%8C
ページ番号: 4384800 リビジョン番号: 2398421
読み:カマ
初版作成日: 10/06/12 22:10 ◆ 最終更新日: 16/08/25 20:29
編集内容についての説明/コメント: 記事冒頭の「鎌」を太字化しました。「関連項目」に「戦鎌」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鎌について語るスレ

6 : ななしのよっしん :2013/11/03(日) 16:34:52 ID: xuFW62aLBH
現実で大使うとしたらを小さくして強度上げて殴るくらいしかないよな
7 : ななしのよっしん :2013/11/21(木) 02:14:39 ID: wldzWdnG5N
もし武器として使うなら、形状的に大きく懐へ入り込まなければならないんだけど暗殺でもなきゃリーチ的にそこまで踏み込むのは難儀するよな
しかも引くっていう作業が加わる分行動のロスが大きいのは書いてある通り・・・
リーチを補うために大きくすると今度は重量とサイズ的に取り回しが悪くなる、必然的に体術で補わなきゃならなくなるデメリットつき
っていうか薙刀でいいようなw

に運用するならやっぱ鎖鎌なんだろうか?それか片手に、もう片手に補助武器(ダガーナイフ)持つとか
にするくらいなら持ったほうがマシだし・・・難しいな
8 : ななしのよっしん :2013/12/18(水) 12:25:52 ID: IRTyWghINH
>>6-7
厳密に言うとじゃなく矛の亜種だが、今の大イメージに近い形状(ただし両)なら古代中国の「(カ)」と言う武器があるよ。

どういう用途で使うかと言うと戦車チャリオット)に乗った時。
戦車の横(正面はが邪魔で武器を出しにくい)からこれをつきだして、相手にすれ違う時に振れば戦車の勢いと自分の腕を合成して強な一撃を叩きつけれるわけ。
(他の武器だとリーチいので論外、長があの向きだと滑って殺傷が落ちる、=横から攻撃するので一点集中は狙いにくい、が厚いので重い…という欠点がある。)
実用性は殷代から戦国時代の初期にもまだあった)までこれが使われていた事が答え…やはり戦車セットなのねw
9 : ななしのよっしん :2014/02/11(火) 17:43:05 ID: dVcsnJb7xj
>>8
たしかに実戦で使われたのにもがあったな。あと薙鎌とか。

民話だけどフランスの民話に出てくるアンクウって死神は外向きにがついていたらしいな。というか本来は生者の反対だからそっちなはずだとか。
10 : ななしのよっしん :2014/02/11(火) 18:04:01 ID: dVcsnJb7xj
>>7
なぜ振り子にして遠間からの攻撃ができないと思うのか。

あと諸って実在するからね? しいけどありえなくはない。や鉤も諸のが普通だ。

近現代では諸のカランビットナイフ(内反り軍用ナイフ)だってあるし、実際の歴史での流行りりなんて、に生産の問題がほとんどだからあんまり戦術上の必然性はないんだからね? 重で伝達しないからマイナーだと残らないってのもある。

単にツルハシ亜種として刺し砕くのにも使えるんだけど、なんでフィクションだと切るだけなのかね。その方が難しいのに。固定観念って怖いね。
ていうか元ネタどおりに順手に持って振り下ろさないで逆手に持って刈り取れやと。せめてゴルフスイングでいいじゃん。突きの系統の回攻撃って受けにくいのに。強いかどうかより、その形質を生かそうとして欲しい。
11 : ななしのよっしん :2014/03/10(月) 00:59:35 ID: B1sHzZKI3H
>>10
鶴橋亜種までいくとじゃなくてピックの部類
ウォーハンマーに統合されてる
12 : ななしのよっしん :2014/06/19(木) 14:08:07 ID: 0pIr8xcVT4
海外ならの中間みたいな工具兼武器は割りとあるよ。
グルカ兵のククリナイフは一番有名。
13 : ななしのよっしん :2017/08/10(木) 02:03:49 ID: m7zm6d14Zy
東方エリーが逆を持っているが
武器としてはこの方が自然な気がする
14 : ななしのよっしん :2017/08/10(木) 02:09:25 ID: rqwYD8NX+L
ちゃんとした戦いには向いてないだろうが刈り動画見てると
人の足くらい持って行けそう
15 : ななしのよっしん :2017/12/03(日) 19:22:33 ID: RzabGhLv95
たまにを曲げ過ぎて根元がくっ付いてないアルファベットのDに限りなく近い形状のイラストを見る
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829