単語記事: 長野業正

編集

長野業正ながの なりまさ)(延徳3年~永4年/1491~1561)は、戦国時代の武将。上野

群雄ひしめく関東にあって、武田信玄の侵攻をたびたび退けた猛将である。

朝倉宗滴宇佐見定満・北条幻庵一栗放牛などと共に、戦モチーフにした作品では戦スーパーチート)爺と言われている。

概要

長野氏は輪(群馬県)の族で、在原業平の子孫と言われている(そのため、長野は先祖代々名前に「業」の字が使われている)。

業正は子宝に恵まれ、12人とされる達を近隣の諸族(小幡氏等)にがせ、勢を堅実なものにしていた。それによって形成された長野氏筆頭の輪衆は、上泉信綱等の名将も備わり、関東管領山内上杉に属する勢として活躍した。

しかし、そのために悲劇が起こってしまう。
山内上杉と言えば・・・そう、業正はあの上杉憲政の配下だったのである。すなわち、あの河越合戦に参加してしまったのである。
それで、長男である吉業は重傷を負い、ほどなく死去。そもそも業正は政とはあまりそりが合わなかったらしく、政は業正の忠言をあまり聞かず、それで政は笛吹武田に敗れたという話まである。政が悪いとは言えないが、業正は相性の悪い君の下で、子供を失う等の苦労を経験していた。

業正はそれでも関東管領上杉拘り政が逃れた長尾景虎(上杉謙信)の勢として活躍し、武田信玄を散々に悩ませることとなる。
信玄が上野に侵攻した際は、諸族を取りまとめて信玄に対抗。野戦では敗れたものの、殿軍として活躍、さらに籠して数度に渡って武田軍を撃退した。これらの活躍から、後世では「上州の斑=虎の意)」と呼ばれた。

だがこの通説には疑問が残る。渾名を付けられるほど恐れられた業正だが、その活躍には不明瞭な点も少なくない。
一説には業正の籠による信玄撃退回数は6回に及ぶとも言われるが、これは江戸時代の創作の可性が大いに高く、実話ではないという研究がかなり進んできている
もともと、業正の活躍が大いに記されているのは関八州古戦録という江戸時代の軍記物であり、戦当時の記録には彼の活躍がほとんど残っていないのである。
また、もし信玄が同じ相手でしかも自分より小勢である業正に6回も敗れていたら、おそらくはその威信がガタ落ちして武田が成り立たなくなってたはずである。実際に6回だったとしても、おそらくは小競合いも含めての回数であろう(現に中島の戦いも5回戦ったと言っても、第4回以外はごく小規模もしくはにらみ合い程度に過ぎない)。
しかし、たとえ業正が6回も信玄を撃退していなかったとしても、信玄が業正の外交などを恐れていた可性は存在する。
最近の研究によると、業正が亡くなった年から信玄の輪侵攻が本格的になったという話が見えてきており、むしろ信玄が業正と戦うのを避けていた可性もあるのである。

業正が、上杉氏・北条氏・武田氏の狭間に位置するという危険地帯にいながらも、領地を死守して長野氏の盛を築いたことは確かである。
榛名白川椿名沼を、周辺には多くの支網を備えていたの屈強さ・上杉という強な後ろ楯の存在の2つを差し引いても、業正が名将であったことに違いはい。
しかし、そんな業正も病には勝てず、71歳(あるいは63歳)で死去。

そこで有名なアレである。三男で嫡男である業盛に対しての凄まじい遺言である。

「わしが死んでも葬儀はするな。墓は一里塚(標)の形式を取れ(もしくは遺骸は捨てよ?)。それで、一人でも多くの敵の首を供えよ。敵には絶対に降伏するな。武運が尽きたなら玉砕せよ。わしはそれで満足じゃ。」

というような武溢れる(酷く言えばはた迷惑な)ものである。

そして業盛はそれを儀に守り、永9年(1566)に武田軍の侵攻にあって自害した。享年19。
そこで一言。業正子達は、毛利一族と並ぶ結束を持っていたのだと思う。

武田信玄撃退と一子業盛

前述のとおり、武田信玄の侵攻を6回に渡って撃退したスーパー爺として定評のある業正だが、この撃退についてはまだ続きがある。

長野は業正死後、三男である業盛が17歳督を継ぐも、武田信玄の猛攻を支えきれずついに2年後に滅んでいる。一説によると、信玄は陥落まで業正の死を知らなかったらしい。また、業正は第3回防衛線の最中に没したととも言われている。

あくまでも一説だが、つまり信玄はスーパー爺業正にも散々なに遭ったばかりでなく、20歳にも満たない業盛にまで数回に渡り煮え湯を飲まされているということになる。もちろん、それをサポートした臣団やそれだけの体制を整えた業正の功績も大であろうが、業盛も(壮絶な最期を遂げていることも含めて)パネェ武将だったのは確かなようだ。むしろ信玄の戦いっぷりが下手だったのかもしれない

ちなみに、最終的にが陥落したのは信玄が信濃を併合した後であり、最初の頃より武田軍の容や規模がかなり違う。にも関わらずを2年間とはいえ守ったとして、業盛はもっと評価されるべきではないだろうか。最近はだいぶ見直されているとはいえ、その辺どうなんですかコーエーさん。


関連動画

戦国大戦

「人は一代・・・名は末代なり!」

戦国大戦での彼は系以外の群雄達がひしめく他に属している。他はやたらと足軽が多い中彼は2.5コストで武8統率10で柵を持っている足軽・・・と他の数少ないチートスペック武将の一人。ちなみに松永久秀も他チートスペックである。

計略の「老虎の奇手」は範囲内の敵の武・統率・移動速度を全て下げるという計略で、士気こそ7とかなり重いが元々寄せ集め感漂う他においてになり得る計略として重宝されていた。
しかしVer1.10の移行と同時に範囲縮小・効果時間短縮というダブルパンチに加え兵種が異様に偏っている他は兵種を補うために混色になることが多かったため当時大流行した武井の「分断の調略」の格好の餌食にされるという追い討ちをくらい、他の使用率そのものが低下。以後他は使用率5台という本格的なの時代へと突入した。
Ver1.20では他カードが多数追加されたことにより彼の出番も再び増えた。

ちなみに息子の業盛は、Ver1.10までエグザムライ勢を除いて一の騎隊だったためそれなりの出現率だったが、Ver1.20龍造寺大友等様々な勢が他に参入した結果、1.5の騎隊の他の選択肢に押され彼の出番も少なくなった。

信長の野望

信長の野望シリーズにおける長野業正一覧チート爺の名は伊達ではない。
ちなみに義理がとても高く設定されている。革新だと96

軍事 内政
群雄伝 戦闘 - 政治 - - 野望 -
武将風雲録(S1) 戦闘 82 政治 47 66 野望 62 教養 59
覇王 采配 87 戦闘 87 智謀 66 政治 53 野望 35
天翔記 戦才 182(A) 智才 164(A) 政才 114(C) 73 野望 35
将星 戦闘 93 智謀 86 政治 52
烈風 采配 84 戦闘  91 智謀 79 政治 49
世記 采配  97 智謀 91 政治 45 野望 50
統率 86 知略 80 政治 36
下創世 統率 86 知略 80 政治 36 教養 60
革新 統率 97 武勇 80 知略 91 政治 40
統率 95 武勇 80 知略 87 政治 53

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%95%B7%E9%87%8E%E6%A5%AD%E6%AD%A3
ページ番号: 4399313 リビジョン番号: 1782713
読み:ナガノナリマサ
初版作成日: 10/06/27 04:07 ◆ 最終更新日: 13/04/02 03:06
編集内容についての説明/コメント: 信長の野望での能力を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

長野業正について語るスレ

33 : ななしのよっしん :2012/06/16(土) 15:16:37 ID: Bh0mcj6fcv
戦国大戦でついに他が奮起、爺ちゃんもあちこちでおにかかるように。
ただし、逆に息子の方は他隊の充実ですっかり影が薄く……。
34 : ななしのよっしん :2012/08/10(金) 23:08:13 ID: xZpH3A50R2
自称だけど、業正は在原業平の子孫
そして信玄は言うまでもなく清和
このあたりに、なにか縁を感じる
35 : ななしのよっしん :2012/10/01(月) 07:33:37 ID: EiqIRxmwL/
>>30
記事書いた本人に代わって説明してみますと
戦国時代当時の資料によれば、業正と信玄が戦った記録がろくになく
江戸時代の講談が元なんですね
信玄は1561年9月の第4次中島まで、
信濃謙信との戦いに集中しており、
それを示す書状や記録は多数あるのですが、業正関連のは全然ありません
業正は1561年5月死亡してますが、信玄が西上野に侵攻するのは
1561年9月の第4次中島が終わって、信濃情勢がひと段落した後の
1561年11月からなんですね
これらの史実における武田の動き、さらには業正と戦ったという事を示す資料が江戸時代の講談以外にろくにない事から、業正の6回撃退説は
現代ではかなり否定されてる感じです
36 : ななしのよっしん :2013/06/13(木) 21:52:19 ID: 0bZy2muCXD
>だがこの通説には疑問が残る
これは某漫画パロディなだけだろ

資料がないから不確かなのは忠節の方で
6度という回数はともかく長野業正が死ぬまでは武田が攻めあぐねてたのは史実通り
資料が少ないから結局どの視点から見るかで変わっちゃう

ちなみに上泉信綱の方は生誕祭したりしてるよ
37 : ななしのよっしん :2013/08/28(水) 18:25:49 ID: EiqIRxmwL/
えー?「攻めあぐねていた」も何も第4次中島が終了するまで
武田はろくに西上野に侵攻してないのですがね
まったくとはいいませんが。
中島に西上野族が参戦してる形跡があるので
第4次終了までにも武田軍はある程度の成果を
得ていたのだろうとは見られてる。)
38 : ななしのよっしん :2013/11/14(木) 17:17:06 ID: SBS8uwA8Pj
火坂志の「業政駆ける」から来たグンマーでござい
39 : ななしのよっしん :2013/12/03(火) 15:06:35 ID: fg0HZuQu5q
ある書籍では「武田信玄長野業正と戦った時は全て押しだったから敗北した」って書かれてたがいくらなんでも全部押しだったらか止めろよってレベルだよな。
40 : ななしのよっしん :2014/10/06(月) 21:39:27 ID: I5H6bA5Wdq
たちを北関東の諸将にがせたのは有名だけど、里見義堯いでるんだよね。後に土岐為頼のいでるところ見ると死にしちゃったっぽいけど。
こういう姻戚関係は上野の一人領には留まらない影を行使していると考えるべきか、上杉による関東諸侯の懐柔策の一環なのかは分からんが。
41 : ななしのよっしん :2015/12/13(日) 12:00:15 ID: 2oGzDNWlm/
長野業盛も最近のコーエーだと高いね
北条・武田の執拗な襲撃で領地荒らされて人口と生産落ちたところへ、上杉軍が後詰に来れないタイミングで総攻撃仕掛けられてはどうしようもない
42 : ななしのよっしん :2016/08/30(火) 11:06:55 ID: 55ZghJKArh
軍記の類で業正の功とされていたものが業盛(氏業)の代のものの可性が高くなったりしてるね
長野氏は大名化しきれなかった有の一例として、泥臭い地方史好きにはたまらん
上杉氏~真田氏支配までの上野史は楽しいね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015