単語記事: 陶謙

編集  

陶謙とは、三国志に登場する人物である。

 一般的には、配下の不義によって曹操に攻められたかわいそうな人と言うイメージがあるが、
実際は大分異なっている。

概要

陶謙132-194)、字は恭祖。揚州の出身。

若き日の陶謙 

 陶謙父親は幼い頃に亡くなったが、それにもかかわらず1人で生計を立てていた。また、剛直で節義があり、学問に励んでいたので推挙されて出世していき、州、徐州の刺史を経て、190年には徐州太守にまでなった。その頃は徐州が豊かな土地であったこともあって流民も移ってくるほどであった。

晩年の陶謙

 ところが、今までからは考えられないのだが、次第に不義な行為も行うようになる。張昭のような名士を士官させようとしたが断られたため閉したり、朝廷から討伐命令のあった者と結託して山賊行為を働いたりしていた。
 そんな時、曹操父親が配下によって殺されると言う事件が発生(陶謙の命令によるともいわれる) 。それに激怒した曹操は徐州を攻め、人をはじめ等をことごとく虐殺。そのせいで河の流れが止まるほどであったと言う。
ちなみに、一応このときは曹操軍を単独で食い止め、兵糧切れに追い込んでいるなど、なかなかの武将であることが伺える。再び曹操に攻められた際には各地に救援を要し、そのときに劉備と出会い、兵4000人を与え厚遇した。
死の間際には、息子が不出来であるため、徐州は仁に厚い劉備にまかせると糜竺に言い残してこの世を去る。

後年の評価

  いろいろと良いことと悪いことがあるため、評価も2分していたりする。

あるべき規範を守らず、感情に任せて行動したので、法と行政の連携が取れず、多くの善良な人々がを被り、これらによって生じた乱れは時を追うごとに大きくなった

美徳と武勇と知性を兼ね備え、性質は剛直であり、その統治は恩をもって行われた

ちなみに余談として、陶謙を持ち上げる記述は劉備絡みの本文と書・録からの引用が多く、貶める記述は他の本文に多い。虐殺正当化する立場か糾弾する立場か……と考えることもできるかもしれない。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%99%B6%E8%AC%99
ページ番号: 4709460 リビジョン番号: 1462052
読み:トウケン
初版作成日: 11/08/28 09:19 ◆ 最終更新日: 12/03/07 00:49
編集内容についての説明/コメント: 評価について追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

陶謙について語るスレ

20 : ななしのよっしん :2016/05/10(火) 03:15:44 ID: yFSV74g4JY
>>13
酷いに合わされたとはいえ、張昭にとっては故にあたる恩人
な扱いは出来ない
を恩で返して儒教的名アップイベントをこなしただけだよ
意地悪な継によく仕えた的な
張昭の弔辞をもって実は陶謙は名君・・・とはならない訳だ

故吏故の関係は一生涯続くものなので、そういう関係を嫌って固辞したんだけど理矢理士官させられちゃね・・・
21 : ななしのよっしん :2017/09/23(土) 18:59:00 ID: Ch62xUricM
曹操に意趣返しするなら普通親父を人質にするだろうし、殺すならもっとくやっていたんじゃないか?
親の討ちなんて大義名分をわざわざ与えるほど愚かな人物とも考えにくいし、やはり部下の暴走と見るべきだろう。
22 : ななしのよっしん :2017/10/04(水) 20:20:37 ID: Jr853T/fL8
曹嵩を討ったとされる「張闓」と、後に袁術派遣されて宴の席で駱俊を暗殺した「私兵隊長張闓」(もしくは張闓陽)が同一人物だとすると、袁術の影下から離反しようとしていた陶謙を取り込むために袁術が送ったエージェントだったのかななんていう妄想もできる
曹嵩を討ち曹操陶謙を泥沼状態にさせることで北上する袁術漁夫の利を得る…みたいな
23 : ななしのよっしん :2017/10/31(火) 14:42:26 ID: ZtxW3ZQXpS
正史では別々の立場になった親の存在を、意に介さなかった息子戦争をおっ始めて
後から親がそのツケを払わされる形で敵対勢の手によって殺されたのを、
演義では順番が逆になり、別々の立場になった親が先に殺され、その討ちとして、
息子戦争をおっ始めるというストーリーになる。うん、この曹操
徐州大虐殺と物凄く似たような展開、三国志で他にもあったな。有名なのが。


そう、馬超関の戦い。正史では馬超韓遂戦争を起こして、後から馬騰が処断される。
演義ではその逆、馬騰が先に死んで、それを知った馬超韓遂戦争を起こす。
ちなみに当時の馬超韓遂、そして曹操は、構図的には反乱軍側。正史では
袁紹曹操孫堅らは後漢に楯突く反乱軍側。陶謙董卓公孫瓚は体制側。
となると、曹嵩が本当に曹操を頼りたがっていたとする説にも疑問が残る。
後漢書や三国志を見ても、曹操曹嵩は明らかに連携していない。絶縁
24 : ななしのよっしん :2017/10/31(火) 15:15:23 ID: ZtxW3ZQXpS
「曹嵩は曹操にとって大切な父親であり、曹操はその死を悲しんだ」


この潜在的常識を一旦捨て去ることが重要ではないか?そもそも正史の事績を追うのであれば、
曹操は半董卓連合に参加する際も故郷の譙には戻らず、陳留において衛茲とらい挙兵していることが
武帝紀注にある。一方、曹操父親である曹嵩は、後漢書巻78によれば
「及子操起兵,不肯相随,与少子疾避乱琅邪」とあり、むしろ曹操の挙兵に反対して徐州琅邪に
子供(少子「曹疾」)と一緒に避難したとある。そしてそこで後に陶謙に殺される。

この2つの事や文を考慮するに、曹操は曹嵩のもとへいかず兵を挙げ、曹嵩は曹操を避けるように
穏な徐州へ逃れたことになり、子の間は穏どころか反すら起こり得たのではないか?
と考えることすらできる。なお後漢書巻73陶謙伝には「是時徐方百姓殷盛,
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
25 : ななしのよっしん :2017/10/31(火) 15:23:20 ID: ZtxW3ZQXpS
ちなみに曹操主人公とした漫画蒼天航路」における徐州大虐殺
7巻その86で描かれているが、この作品では程昱が報恨、
子が討つという理念曹操は意にも介さず「下への戦争の一つ」としている。
次の8巻その87では州兵を先に立たせて略奪の限りを尽くしている。
蒼天航路正史からも演義からもハズレた作品ではあるが、案外ここは史実に近いのではと思う。

長文失礼
26 : ななしのよっしん :2017/10/31(火) 21:22:29 ID: QXilFH62pz
>>25
いやぁそこはにありがちな曹操マイナス要素
27 : ななしのよっしん :2017/10/31(火) 21:25:22 ID: QXilFH62pz

>>25
いやぁそこはにありがちな曹操マイナス要素は電波発言で誤魔化してっ正面から描くことを避けたようにしか見えないわ…
28 : ななしのよっしん :2017/11/01(水) 10:26:54 ID: ZtxW3ZQXpS
陳宮「もはやこの人にはついてはいけぬ」
あとこのあたりは劉備主人公と見て読んだ方が面
29 : ななしのよっしん :2017/11/02(木) 11:59:52 ID: Jr853T/fL8
実際に親に対して畏敬の念を持ってようが持ってまいが、親族殺されても報復しないような抜けじゃ群雄はやってられんだろうな
まぁその報復の仕方のせい(もしくはネガティブキャンペーン)で後世の曹操の評価にケチがついたわけだが
そもそも陶謙曹操親父を殺そうが殺すまいが曹操に攻め込まれるのは時間の問題だったわけで、遅かれかれ滅んでただろう
孫堅と言い公孫瓚と言い陶謙と言い袁術寄りの諸将はみんな返り討ちで自滅しとるな(袁術自身にも言えることだが)
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829