単語記事: 集団的自衛権

編集

集団的自衛権とは、国家を個人としたときの正当防衛権である自衛権の内、同盟関係の他を援助できる権利。

定義

自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、自国が直接攻撃されていないにもかかわらず、実力をもつて阻止する権利

平成16年度版防衛書資料9

概要

もっと詳しく知りたいなら「自衛権(Wikipedia)」をご覧下さい。

個別的自衛権と集団的自衛権の違い
個別的自衛権 を殴るやつは殴り返すからな」
集団的自衛権 の友達を殴るやつは殴り返すからな」

本来自衛権は、「自に対する攻撃に対して反撃をして良い」という、個人における正当防衛権として生まれた(このような個人の防衛権を、現在では個別的自衛権と言う)。これに対し、防衛対となる範囲を同盟に適用したのが集団的自衛権である。

以前の政府見解では、「(集団的自衛権を行使することは)憲法上許されない」としていたが、
2014年7月、政府は「集団的自衛権」の行使を限定的に認める閣議決定をした[1]
2015年9月平和安全法制(戦争法案)が成立した。

似たような言葉に「集団安全保障」というものがあるが、これは(国連のような)敵味方含め多くの国家間で同盟を結ぶことによって互いを牽制しあうことである。ただ、集団的自衛権は味方同士が同盟を結んで敵に対抗することなので全く概念が違うので注意。

少なくとも、人によって解釈が違ったりする曖昧なものでなく拡大とか縮小されて解釈できるものでい。(「実」の定義が曖昧であるが、これはむしろ、自衛隊の定義の話であろう)

なお「集団的自衛権」は、2014年ユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれた。受賞者は辞退している。

ネット世論調査

2014年5月実施分

2014年5月22日公式ニコ割アンケートとして実施されたネット世論調査における、集団的自衛権に関する質問への回答状況は以下の通り。

右の動画グラフによる較が行われているほか、こちらのページからより詳細な結果を閲覧できる。

なお回答者は21時21分頃に動画を閲覧していたニコ動ユーザーのうち94,913人である。
Q4.集団的自衛権の内容をどの程度理解していると思うか
総合 年代別 男女
50
以上
40 30 20代 10代
以下
男性 女性
よくわかっている 25.4 36.9 31.3 23.8 19.2 20.8 33.2 17.4
少しわかっている 37.9 32.5 37.8 39.4 36.2 34.2 38.3 37.5
あまりわかっていない 26.7 21.9 23.4 27.5 30.4 27.2 20.6 33.1
全くわかっていない 9.9 8.7 7.5 9.3 14.1 17.7 7.9 12.0
Q5.(集団的自衛権の内容を説明した上で)集団的自衛権の行使に対する賛否
総合 年代別 男女
50
以上
40 30 20代 10代
以下
男性 女性
賛成 49.4 55.8 54.7 50.4 40.7 33.8 60.8 37.5
反対 28.7 23.9 25.0 28.6 34.2 39.1 22.0 35.7
わからない 21.9 20.4 20.4 21.0 25.1 27.2 17.2 26.7
Q6.集団的自衛権の行使容認を成文でなく解釈で行うことへの賛否
総合 年代別 男女
50
以上
40 30 20代 10代
以下
男性 女性
賛成 33.9 42.4 37.5 34.6 27.9 23.3 40.9 26.6
反対 43.7 38.6 41.5 44.1 46.3 48.2 40.0 47.5
わからない 22.4 19.0 21.0 21.3 25.8 28.5 19.1 25.9

集団的自衛権の行使自体については賛成が反対を約20ポイント上回ったが、行使容認を解釈の方法で行うことについては反対が賛成を約10ポイント上回った。

2014年7月実施分

2014年7月22日公式ニコ割アンケートとして実施されたネット世論調査における、集団的自衛権に関する質問への回答状況は以下の通り。

右の動画グラフによる較が行われているほか、こちらのページからより詳細な結果を閲覧できる。

なお回答者は21時35分頃に動画を閲覧していたニコ動ユーザーのうち99,276人である。
Q3.集団的自衛権の解釈変更により日本はどうなると思うか
総合 年代別 男女
50
以上
40 30 20代 10代
以下
男性 女性
より安全になる 37.0 49.3 41.3 38.2 29.4 23.2 45.3 28.5
かえって危険になる 26.1 20.3 23.7 24.3 31.7 40.9 20.6 31.7
どちらともいえない 36.9 30.4 34.9 37.4 38.9 35.9 34.1 39.7

関連動画

関連書籍

関連項目

脚注

  1. *与党、安保法制の骨格を正式決定 集団的自衛権行使など - 日本経済新聞

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%9B%86%E5%9B%A3%E7%9A%84%E8%87%AA%E8%A1%9B%E6%A8%A9
ページ番号: 4200699 リビジョン番号: 2373281
読み:シュウダンテキジエイケン
初版作成日: 09/11/07 14:22 ◆ 最終更新日: 16/06/16 09:15
編集内容についての説明/コメント: 脚注位置を微修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

集団的自衛権について語るスレ

3937 : ななしのよっしん :2016/09/05(月) 14:40:54 ID: cLat+dUo1+
そもそもあの憲法自体が敗戦憲法なのでさっさと正しなければならない
3938 : ななしのよっしん :2016/09/12(月) 01:24:06 ID: rdgkzr9JgU
>>3936
北方領土竹島から一度追い出されたら実効支配が固定化してしまった
軍事侵略に対して交渉による返還をめても意味だ
尖閣諸島を護るにはそもそも追い出されないよう実を用いた防衛をしなければならない
3939 : ななしのよっしん :2016/09/13(火) 17:58:52 ID: +G94zDTSQ+
北朝鮮なんて核ミサイルが配備段階なんだぜ

日本周辺はかなりキナ臭い

いつか戦争も起こるだろう
3940 : ななしのよっしん :2016/09/15(木) 20:24:11 ID: VrFCVqCkC0
うむ
うっかり意味な戦争に巻き込まれないように政治屋どもをしっかり監視しなければ
3941 : ななしのよっしん :2016/09/15(木) 20:28:06 ID: cLat+dUo1+
ただ日本シーレーンや安全保障に関わる場合、意味どころか重要すぎる当事者だけどな。
その認識を誤魔化そうとする二重籍党や共産党もしっかり監視しなければ。
3942 : ななしのよっしん :2016/09/17(土) 12:47:17 ID: AHLYZgB5QB
駆けつけ警護の実動訓練始まったみたいだけど、実際にドンパチすることになるかは武装勢の気分次第になってしまうか
3943 : ななしのよっしん :2016/09/30(金) 11:48:11 ID: FwmcPkJpka
>>3938
つまるところ竹島北方領土のためにロシア韓国戦争しようぜ! って意見なのか? それとも戦争はいやだから放棄しようぜとそういう意見なのか?

軍事侵略だろうが何だろうが交渉でなんとかせにゃならんのは世界ルールだから、戦争で取り返したとしても世界はそれを解決とは認めないし、交渉で何とかなった例も多くはないが存在する。

>>3942
自衛隊が駆けつけた結果武装勢ドンパチする気分じゃなくなるならそれこそ警護の意味があるだろう。
3944 : ななしのよっしん :2016/09/30(金) 20:13:23 ID: +2uYnnTs9N
>>3943
軍事侵略だろうが何だろうが交渉でなんとかせにゃならんのは世界ルールだから、戦争で取り返したとしても世界はそれを解決とは認めない

なにその世界ルール
侵略、不法占拠行為に対する自衛権の発動って、国家の基本的な権利のはずだけど。
3945 : ななしのよっしん :2016/09/30(金) 20:18:30 ID: +2uYnnTs9N
それこそ、イラク周辺を不法に占拠してるISISに対して各がどういう対応したか知らん訳じゃないだろに。
3946 : ななしのよっしん :2016/09/30(金) 20:54:14 ID: FwmcPkJpka
>>3944
まずもってISISは軍隊ではなく、故にそこで発生してるのは軍事侵略ではないわけだが。あれはちょっとでっかくなっちまった犯罪組織に対して治安維持行動をしてるだけ。だから各は一切の交渉はせずに一方的叩きのめす方針をとっている。国家間じゃこうはいかんよ。

それとは別にして、詳細な記述をいたのはミスだな、反しよう。
>>3938は「返還」という言葉を用いたから、自分としては領土紛争が発生している地域のことを言っているものと考えた。具体例として挙がった竹島北方領土はまさしくそういう地域だし。だから>>3943の前半はそういう状況に限定した話をしている。

国家間の領土問題は外交交渉による解決が大原則。話がこじれたから爆弾で解決しようというわけにはいかん。それは分かるだろう。
竹島北方について発生しているのは「領土紛争」であり、そこに自衛権を持ち出して武を投入することはできない。そもそも自衛権のあるなしが際的にはっきりしてないから。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015