単語記事: 電子書籍

編集

電子書籍とは、電子機器で読むことが出来るようデータ化された書籍、あるいはそのシステムである。

概要

本、新聞、雑誌など、従来のいわゆる"媒体"ではなく、文章や挿絵などを全てデータ化して、専用の機器や携帯電話などの端末で読む書籍である。

大きく分ければ電子辞書なども電子書籍に相当するほか、ウェブに掲載されている小説なども同様である。

現在日本では電子書籍といえばインターネットを経由して購入・ダウンロードを行う書籍データす。他に媒体を直接電子化したデータもあり、特定団体が開していたり個人が所有していたりする。
閲覧に使われるのは各種携帯電話スマートフォンタブレット、電子ブックリーダーPCがある。

古くは、辞典のデータディスクメディアに収録して、(当時としては)小の端末で利用可にしたものなどがあり、ソニーNEC90年代から構想し、現在のものに繋がる要素も持った製品を出してきた。
現在は、インターネットの普及、ひいてはiTunesによる音楽CDメディアからの脱却などに触発される形で、Amazonを初めとする通販サイトが、電子ペーパーなどを利用した、より媒体に近い形での電子端末の開発などによって導入を進めている。

歴史

コンピュータ現実に登場して以来、古典SF作品に、媒体を捨てて電子データとして扱われるようになった書籍という概念はしばしば登場していた。
有名なところでは、『2001年宇宙の旅』の個人用情報端末で、たとえへの旅行途中でも、手の大のコンピュータに新聞や雑誌のデータが一で送られて来る、という、現在スマートフォンなどに非常に近いものが描かれている(余談だが、iPhoneなど現在スマートフォンは、映画版に登場したこの端末の姿にそっくりである)。

技術の発展に伴い、先述の通り、ディスクメディアに辞書などのデータを収録して端末で利用する、という形の、原始的な電子辞書が90年代初頭に登場した。
この時、有名な文の全集が同様にデータ化されていくつか発表されたものの、ど知名度も持たれないまま消えていった。現在電子書籍の概念に最も近いものが、この時初めて形になっていたといえる。

やがて、インターネット爆発的普及が訪れ、学術論文の共有などが利用されるようになると、程なくして、著作権の切れた作品をテキストデータにして配布する青空文庫や、自らの作品をネットを経由して配布する人間が現れるようになった。
かしこの時、音楽業界では既に、iTunesiPod爆発的普及によって、CDメディアの衰退・データ配信の盛が凄まじい勢いで起こっていった。 同業界では、Appleによって、一足先に既存メディアの破壊が行われた。

Appleのような先導者のいない出版業界ではこの流れが遅れるかとも思われたが、00年代後半になると、携帯電話などの端末の高性化により、書籍データを手元で読むことが容易に可となった。
この頃になると、内外で漫画や雑誌などのデータ配信が行われるようになった。

電子書籍の長所と短所

以下ではサービスとしての電子書籍を利用することのメリットデメリットを大まかに述べる。中には電子書籍という形態そのものによるものではなくサービス提供側の意識によって生まれるものもある。

長所

  • すぐに再生できる、アクセシビリティ
    通信環境さえあれば購入手続後にすぐに読むことが出来る。中には一度作品データダウンロードしておくことでローカルですぐに再生できるようになるものもある。
  • の本より安い
    電子書籍は概ねの本よりは割安であり高くても同価格、逆転することはまずない。作品によって異なるがほとんどは10%から30%ほど安くなっている。
    サイトによってはクーポンの配布やセールなどを行っておりさらに安い値段で購入可なことが多々ある。
    さらに時間限定での利用を可にする代わりに値段を抑えるという利用形態が用意されていることもある。CDDVDレンタルのような感覚であるが対応している作品は非常に少ない。おそらくサイトよりは権利元の意向が問題なのであろう。
    また、中には本来有料で配信されている作品を無料開しているサイトもある。この場合多くの作品は複数のサイトで同時に無料開されているがサイトによってはそこでだけ無料開されているものもある(Bookliveの日替わり漫画など)。これらは当然撒き餌であり、多くの場合は閲覧期限が定められている。
  • 携帯性収納性
    電子データも再生できる機器も幅を取らない。
  • マルチデバイス
    1つの作品にPCスマホタブレットなどいろいろなデバイスからアクセスすることができる。
  • 実体がないので物理的破損がない
    情報のやりとりであるための本のように破損するリスクがない。当然機器が壊れることはあるが、それでもサービス提供されている間はアカウントさえあれば対応端末で常時読める。
  • 電子情報ならではのプラスアルファ
    そのファイルが対応していれば文字検索次からのショートカットを利用できる。また電子書籍特典が付随するものがある(設定資料集や書き下ろしなど)。
  • 電子書籍のみで刊行されている書籍を読むことが可
    少数ながら電子書籍としてのみ配信されている本がある。割合としてはITを中心とした技術関連のものが多めである。エンターテイメントでいえば支援者をもたない素人作品だったりもする。の本と違いコストリスクを軽減できるため個人出版が容易に行われるようになったことがこれらの増加をもたらしている。かつて企業媒体で発行していたコンテンツが移行するという事態も増えた。中には企業が扱うコンテンツのさわりをまとめた書籍もある。
  • 誤字・脱字等の修正
    内容に誤字・脱字などが発生している場合、修正版が再配信されるケースがある(の書籍でいうところの第○版)。ただし表現の自主規制での修正が入る可性もある。

短所

短所?

以下は某掲示板など不特定多数が電子書籍そのものについてると必ずといっていいほど上がるものであるが、短所と言い切るにはどうかと思うものである。

  • 本棚が埋まらないので充足感が得られない
    要は個人の慣れと趣味の問題である。
  • 価格が割に合わない
    値引きが足りないというがされる。概ね "従来のの本と違って出版サイドは諸々のコストリスクが大幅に削減できているはずである、逆にユーザーサイドは利用の制限や将来読めなくなるリスクがある、だからこの程度の値引きでは割に合わないと感じる" ことが原因であるとされる。

関連動画

関連商品

電子書籍サービス一覧 (大百科に記事があるもの)

名称 運営 リンク
iBooks Apple
青空文庫 青空文庫
Kindle amazon
kobo 楽天
少年ジャンプ+ 集英社
dmm.com DMM
DLsite.com エイシス
ニコニコ静画(電子書籍) ニワンゴ
BOOK☆WALKER KADOKAWA
マンガ図書館Z Jコミ
Reader(ソニー) ソニー

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%9B%B8%E7%B1%8D
ページ番号: 4753348 リビジョン番号: 2363323
読み:デンシショセキ
初版作成日: 11/10/29 20:25 ◆ 最終更新日: 16/05/18 22:20
編集内容についての説明/コメント: 電子書籍サービス一覧にReader(ソニー)を追加。関連項目編集。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

電子書籍について語るスレ

115 : ななしのよっしん :2017/08/24(木) 14:55:12 ID: z1HUGuVqtG
基本的にの本は買わなくなったな。特に漫画は場所食う・経年劣化する・電子より高い。資の問題もかな?
の利点なんて外れ掴んだときに中古で売れることぐらいだが、基本二束三文にしかならんしな
116 : ななしのよっしん :2017/08/24(木) 20:30:51 ID: I2oUKtuEIs
>>は場所食う
何冊か買ってると、コレがむちゃくちゃデカイ
何で未だにが滅ばないのか、疑問なくらい。
引っ越しとか考えると、ゾッとする。
例え実家暮らしのヤツでも、建て替えで一生に一度くらいはあるイベントだし。
117 : ななしのよっしん :2017/08/24(木) 22:23:14 ID: pe0SPbBcOG
好きな作品の続き物やかなり気になる作品とかはで買ってるな逆に表買いとかするタイプの本は電子書籍だな
まあなんだかんだ棚を見るだけで一気にどういう本があるのか確認できるのと一話完結系の作品だとパラパラ見て気になったページの話を読むことが出来るのはでかいとは個人的に思う
良い方法があるのかもしれないがタイトルうろ覚えの時に探すのがきつい電子書籍
118 : ななしのよっしん :2017/08/24(木) 23:33:57 ID: ugMhXIgtnr
絶版先生ニュースを見て たしかにあの和で出来た表の単行本はわざわざ手元に置いておきたい気持ちわかると思った
119 : ななしのよっしん :2017/08/25(金) 02:21:05 ID: pEqZ1czw9L
ついに電子書籍の所持数が1,000冊こえた(9割以上漫画
32インチの液晶で読んでるけど楽だわ片付けなくていいし
書籍は設定資料集や画集ぐらいしか買わなくなったな
120 : ななしのよっしん :2017/08/25(金) 08:08:03 ID: WdtqwuEqRT
液晶はが疲れるんだよな…
121 : ななしのよっしん :2017/09/15(金) 17:54:54 ID: 3VEHIdNAe9
置き場とか経年劣化とかあるけど
そういう理屈より好き嫌いの問題と思う
の方が性にあってるからの本を買う

でもゲームとかCDとかはパッケージ版に拘ったりしない
122 : ななしのよっしん :2017/10/07(土) 15:59:01 ID: I2oUKtuEIs
短所の、『品えがの本より悪い』これはもう逆転してるかもな
昭和漫画とかも売ってるし、雑誌を遡って購入したりも出来る。

最近気づいたが、重複して買うことがない、もメリット
いや、相当お間抜けさんなら、ありうるか?
123 : ななしのよっしん :2017/10/07(土) 16:05:42 ID: mqgwtDU01m
永続性と保存容量はの本にも言えるしね、特に保存容量に関してはの本の方が制約が大きいと思う

>書籍に手を加えることができない

これもいくらでも修正可電子書籍の方が優位なんじゃなかろうか
124 : ななしのよっしん :2017/10/07(土) 16:07:08 ID: gXMCwjYent
昔は電子書籍にも手を出したけど結局メインに戻ったな
電子書籍時代に出会った良い本もで買い戻し
ただ仕事で使う技術書とかのどうでもいい本は電子書籍で買ってるわ
個人の趣味によるし使い分けという手もある
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829