単語記事: 顔TV

編集

顔TVとは、格闘ゲーム大会「GODSGARDEN」、及びGODSGARDEN催者である総師範KSKが行なっている、Twitch.tvニコニコ公式チャンネルニコニコユーザー生放送で配信している生放送のことである。

併せて、総師範KSK、及び顔TV!レギュラー格闘ゲームプレイヤー・かつて存在したゲームセンターGamer's Vision店員・関係者など)で行っているニコニコ動画ユーザー生放送裏・顔TV!」についても詳述する。

概要

顔TV!、及び裏・顔TV!は、GODSGARDEN催している総師範KSKが、週に1回~数回の頻度にて「Twitch.tv」「Ustream」「ニコニコ生放送」で配信している生放送配信である。

GODSGARDENスピンオフ企画として発足。幾度かの試験配信を経て、2010年5月ごろより本配信を開始した。当初は「総師範TV(仮)」という番組名で配信されていたが、総師範KSKの「顔がでかい」ことに起因し、同配信のことを「顔TV」と呼ぶリスナーが続出。最終的にはGODSGARDEN公式サイトにて「顔TV」と紹介されてしまった。現在では総師範KSK自らが配信名を「顔TV」と書くようになり、すっかりこの名前が定着してしている。
ちなみに、GODS公式サイトや配信説明文などを見る限り、「顔TV」とびっくりマーク尾につけるのが正式名称のようである。

かつて、2009年末~2010年前半の日本では、各ゲームセンターなどによる試合動画配信が中野TRF、西横浜Gamer's Visionなどで実施されていたものの、まだ格闘ゲームプレイヤー個人による映像配信が浸透していなかった。そんな中、総師範KSKは周囲の懐疑的な視線を受けながらもり強く顔TV!の配信を継続現在では格闘ゲームプレイヤーによる配信番組のパイオニアとして、いろいろな意味で確固たる地位を築いている。

顔TV!

毎週金曜日23時25時前後Twitch.tvGODSGARDENチャンネルで放送されている定期配信。

スパIVをはじめとした格闘ゲームの対戦配信や雑談配信、プロアマ内外を問わずの有名プレイヤーから、企業の方を招いての大会や、格闘ゲーム関連の企画デバイスの広報を体とする。

2016年2月現在G-Tune東京都台東区に用意した配信スタジオG-Tune顔巣 秋葉原」で配信されている。かつては「Gamer's VISION」店内、「真実邸」、小池隆一郎氏が用意した神奈川県横浜市関内に用意した配信スタジオ顔巣><」およびすぐ近くに存在する総師範KSKの自宅でも配信されていた。現在、顔巣内で飼われているKSKねこすけ」がマスコット的存在。

当初は毎週火曜日深夜に配信が行われ、その後毎週月曜日午前2時に、さらに2010年11月第2週より「毎週金曜日23時~」に再度配信時間を変更して配信が続けられている。

GODSGARDENに関する重要な発表はこの配信を通して行われるケースが非常に多い。

KSKが不在の際は、横浜に残っているメンバーで配信を行った(これまで行われたな臨時配信に「マゴTV」などがある)。また、名古屋よりがまの油Ustreamチャットデレータとして2011年まで参加したほか、助っ人としてこくじんがまの油が配信自体に参加したケースも多い。

金曜日23時からという時間帯ながら、毎回2,000人以上、時には3,000人~6,000人をえる同時視聴者叩き出すという、格闘ゲーム配信として有数の人気配信になるまでに成長した。

現在は配信プラットフォームを「Twitch.tv」へ移行している。

現在確認できている、顔TV!の後援企業は以下のとおり。

出演者

出演者
出演者
総師範KSK GODSGARDEN催者。
不敗神話を誇る伝説のゲーマー
稲葉央明 GODSGARDENのもうひとりの催者。
現役の放送作家称はボス、なばちゃん。
かみちゃん GGBBSCVなどで名が知られるトッププレイヤー
Gamer's VISION店員。農民。
マスクマジシャン」「園」とも。
レン(格闘ゲームプレイヤー) 覇王。かつてはジン全一補と呼ばれた格ゲーマー。
バーチャロンTAYP-RENと同一人物。
幼卒かまいたちの夜を乗り越えた男。
まりを BBジントッププレイヤー、及び中立実況者
出演は裏・顔TVメイン筋肉
かずのこ(格闘ゲームプレイヤー) ストIVGGシリーズで活躍したプレイヤーイノウエ
TOPANGAでも活躍しているコウモリである
板橋ザンギエフ スト、バーチャ、SCなど多くのシリーズで名を残す古
一時期板橋の半分が消し飛び、になっていた。
猫舌(格闘ゲームプレイヤー) ストIVプレイヤー
長時間耐久配信をしていたことから
ストリームミュータントと呼ばれているハーオマエ
なるお ストIVプレイヤーチンパン
ふり~だ MVC3エクサム社のゲームなど多くのゲームで活躍する。
クソゲーマイスター
ぺこス 鉄拳で逆5タテの伝説を打ち立てた男。
1ぺこス=24時間の耐久配信記録も作った。
ひらがなの「こ」であり、カタカナの「ニ」ではない。
大須 かつて傑と呼ばれたVFプレイヤー現在カメラを持つアニオタである。
ソウジ BBアラクネヴァルケンハイントッププレイヤー
まちゃぼー Mr.最適解。GGで名を馳せた現役トッププレイヤー。苦手なものが非常に多い。
かずのこと共にGG講座を不定期に開催中。
えいた いいやつ。
Goshi 奴隷スタッフ現在は多忙につきレアキャラ
池田 奴隷スタッフ。現役の僧侶(お坊さん)。
前に出ないのに妙に濃い存在感の持ち
称は池P、ピーノ(フィリピーノチャンプに似た容姿が由来)。
過去の出演者
マゴ Gamer's VISION店員
MADCATZ所属のプロゲーマー
2D神と呼ばれたトッププレイヤー
現在TOPANGAで活動中。
ときど Gamer's VISION店員
MADCATZ所属のプロゲーマー
現役東大ゲーマーとして有名。
現在TOPANGAで活動中。
通称なぎなぎ。アイドル占い師。貧乳
死神ナカジマ(格闘ゲームプレイヤー)
FAXギモト
魔法少女ざんぎたん
KENZO

裏・顔TV!

上述した「顔TV!」以外での配信、ニコニコミュニティでのユーザー生放送で行われている配信の総称。通称「裏顔(うらかお)」。多数のストモンを抱えているため総配信時間は「顔TV!」よりも多い。

定期配信は以下の通り。出演者の都合などにより不定期に休止・延期になることもある。他にも、これら以外の時間帯や、時にはサブコミュニティを利用しての同時配信など、ほぼ常に何らかの配信が行われていると言っても過言ではない。

定例配信スケジュール

出演者
曜日 配信者 配信内容
月曜日 占・顔TV!
格闘ゲームプレイしたり、
企業ゲーム広報活動を行う。
たまに占いをすることも。
火曜日 レン ブレイブルーとした格ゲー
他にもアクションゲームTwitchでのFF14
バーチャロンフリーゲームなど多岐に渡る。
一番の玉はかまいたちの夜
水曜日 板橋ザンギエフ モチベ配信」。
板橋ザンギエフの自宅「高モチベ邸」からの配信。
2D、3Dと問わない格ゲーから、
Steamアーカイブレトロマイナーゲームの配信もある。
木曜日 まりを ブレイブルースーパーマリオ
過去には「デモンズ」シリーズなど。
筋肉についての講座が行われることも。
よく落ちるの受験生の試聴は自己責任
金曜日 総師範KSK
かずのこ
かみちゃん
定期「World of Tanks」配信企画
企業から定時されたお題をクリアすることで、
各自には現による報酬が支払われる。
現在オリジナルルールフラッグ戦」の対戦相手である配信者プレイヤーを募集中。
顔TV開始前の20時から22時までの2時間番組。
土曜日
日曜日
オールスター 顔TVから残留したメンバーをはじめ、全員が思い思いに配信を行う曜日。
現在開催中のブレイブルーオンライン大会「ひろゆき杯」の予選が土曜日に行われている。

ユーザー生放送「裏・顔TV!」の誕生

KSK稲葉央明が催しているGODSGARDENでは、当初よりGODSGARDEN動画ニコニコ動画開しており、それに併せてユーザーコミュニティGODSGARDEN」を開設していた。また、2010年ごろよりコミュニティプロフィールに「こっちでも配信するかも」と、ユーザー生放送での配信を検討していることを示唆していた。

2010年9月1日KSKゲーマーズビジョン店員かみちゃん」によるテスト放送がニコニコ動画ユーザー生放送にて行われた。当日の配信ではKSKによるランキングマッチが行われ、こくじん乱入KSKに敗れるという事件も発生した。
9月3日には多画面+マイクテストを経て、ときどKSKによるテスト配信が行われた。同配信ではいわゆる「ときど塾」(エピソードの項を参照)が実施された他、ユーザー生放送進出の動機や今後の展開などがられている。

9月7日GODSGARDENコミュニティのお知らせが更新され、

宣言
自由にやる!

との宣言が掲載された、またこの日はかみちゃんまりをレンによるブレイブルーコンティニュアムシフトBBCS)の対戦配信、及びマゴクリエイトマッチを行った。同配信にてKSKは、今後「裏・顔TV!」として、スーパーストリートファイターIVに限らず、様々なゲームタイトル・配信形態をユーザー生放送で実施していくとの意向を示した。

ユーザー生放送を開始して以降、コミュニティ参加者が飛躍的に増加し、レベル105を突破した。
すでに配信では視聴者数の上限に達するケースが多く(満員・2,000人)、2010年9月3日の配信では、同コミュニティとしては初めてちくわちゃんニコ生ランキングにて1位を記録した。
また、現在ちくわちゃんランキング公式ランキングの上位常連である他、かみちゃんレン(格闘ゲームプレイヤー)まりをなどを輩出。同配信を基盤に活躍を続けている。

配信内容

現在は「ブレイブルーシリーズの対戦配信、及びその他の「格闘ゲームタイトル実況プレイ配信を中心とする。

西横浜Gamer's Visionゲームセンターとして営業していた時期は、定期的に開催されていた「ブレイブルーCS平日大会」に合わせて、同大会の配信が火曜日に配信された(火曜日以外に平日大会を開催した場合も原則として配信は行われた)。また、大会開催後にかみちゃんレンまりをなどによるブレイブルーCSの対戦配信を行うのが通例となっていた。

現在ブレイブルーシリーズなどの格闘ゲーム、及び非格闘ゲームの配信を不定期に行っている。
これまでのところは、平日日中突然始めたり、さらにはまったくの前触れもなく突然深夜(ヘタすると)に始まったりと、突拍子もない時間帯から配信開始となるのがお約束となりつつある。

2010年9月12日深夜には、格闘ゲーム以外のゲームタイトルとして初めて「TrialsHD」を採用。総師範KSKかみちゃんによるプレイ動画配信を実施した。この配信は初めて「予約」を実施した配信でもあり、予約延長無料時間を利用し、最大連続時間である「6時間」の長きに渡り配信を実施、コメント数が20,000を突破し、ちくわちゃんランキングでも1位を記録した(この時点で2度1位)。
これ以降、非格闘ゲームプレイ配信は常にちくわちゃんランキング1位を奪取するほどの人気配信として定着した。配信が開始されてからわずか数分ほどの間に立ち見が発生するのは日常茶飯事で、ユーザー生放送側の配信が満員になることもザラである。まさしく、多くの視聴者から支持されていると言えよう。

現在ニコニコ生放送軸に配信を行っている。

主な配信タイトル

これまでに配信された、ゲームタイトルは以下のとおり。

格闘ゲーム

非格闘ゲーム

公式チャンネル進出

そして、顔TV!はついにニコニコ公式チャンネルに進出する。
2012年7月20日に配信された「顔TV!」において、正式にニコニコ生放送の公式チャンネル(779ch)が開設されたことを発表。 同日の配信では企画会議と称した雑談配信を実施し、公式chからの配信についてユーザーから企画を募る旨も併せて表した。
現在ニコニコユーザー生放送で実施される「裏・顔TV!」のミラー配信を行なっており、ユーザー生放送における「2,000人」の定員を自で突破した形。 公式chではゲーム配信にこだわらず、あらゆる内容の配信を実施する予定とのこと。公式チャンネルでは、いわば「ファミリー」とも言うべき現レギュラー写真トップページに採用されている。

当初より出演を続けていたときどマゴの両名は2011年2月26日の同配信を顔TV!を「卒業」し、TOPANGA TVに出演の場を移したが、配信を再開した2011年5月からは新レギュラーを迎えた他、協賛企業とのコラボレーション企画なども積極的に実施した。
また、2012年9月17日には「顔巣><。」「高モチベ」の2会場から同時に配信を実施する「多重配信」を史上初めて敢行し、公式ch+ユーザー生放送2チャンネル活用する体制になるまで成長。上記の「採用ジャンル制限解除」や、下記「こくヌキ顔TV!企画、そして各レギュラーの配信意欲の高さなども相まって、配信当初よりのモットーである「ユルく行こう」を絶妙にキープしながら、個性あふれる配信内容になっている。

エピソード

ここでは、過去顔TV配信におけるエピソードについて述べる。

2010年5月~2011年2月

無念の一時休止、そして復活

同配信を行っていた「Gamer's Vision」は、2010年10月31日を持ってゲームセンターとしての営業を終了した。

ゲームセンター営業終了の翌日である11月1日は、当初の予告どおり「顔TV!」の配信が行われた。
配信では、「顔TV!」(Ustream)の配信時間変更についてトークが行われ、チャット勢へのアンケートその他もろもろの結果、「毎週金曜日午後11時23時)~」に配信時間を変更することになった。
そして11月12日には、予定通りに48分遅れで金曜では初の「顔TV!」がスタートTOKYO GAME NIGHT #21 「稲毛合同上陸作戦!」会場からの出張配信となった。出演者はKSKときどさかもとmatsujun稲葉央明(見切れ出演のみ)。ときどSoCal Resionals出場直後ということもあり、最大視聴者数が4,300人を突破した。

また11月2日には総師範KSKかみちゃんにより、「裏・顔TV! Halo:Reach 「Lv.97記念、農民・総師範雑談しながら」」を実施。その後も不定期ながら裏・顔TV!の配信が随時行われていた。

2011年2月26日未明に配信された「顔TV!」において、稲葉央明、マゴときどの3名が出演し、Gamer's Visionの再開が実らず、2月いっぱいで物件から退去することになったこと、及び総師範KSKが復活を遂げるまで顔TV!の定期配信を一時休止する旨が明かされた。
ただ、総師範KSK自身の単独配信については「KSK次第」とした他、「顔TV!に顔がいない、というのも…。彼が復活すれば、顔TVも行われるだろう。彼の復活を待ちたい」とコメントした。

休止から2ヶ以上が経過した5月6日深夜2時15分頃、突如Ustreamにて「顔TV!」の配信が実施された。
配信はKSKが新たに構えた自宅にて行われた。配信内では「顔TV!復活」と銘打たれ、KSK稲葉氏の他にこくじんさかもと、Almfelt、Goshi、matsujunなどが出演した。
3時間に渡ってスパIVランクマ配信→KSK vs almfeltによる「顔ゲーム」を実施した後、ニコニコ生放送にて「裏・顔TV!」も併せて実施。 同時視聴者数は金曜深夜という時間帯ながらも1,500名を突破し、顔TV!の復活を飾った。

今後の配信内容については未定、としながらも、以前と同様、1週間に1回の頻度にて「顔TV!」の配信を実施する「予定、というか前向きに善処していきます」と宣言。 また格闘ゲームに限らず「他のゲームもやる」と言明し、格闘ゲームだけではなく、顔TV!でも非格闘ゲームの配信を実施する方向性を示した。

2011年5月~

「堀TV!」

「こくヌキ顔TV!」

TOPANGAチャリティーカップにて俺達のチーム「顔TV!」歓喜の準優勝

2012年4月8日格闘ゲーム団体「TOPANGA」は、前年に引き続き東日本大震災チャリティイベントTOPANGAチャリティカップ」をプラザカプコン入間店にて開催した。表・顔TV!レギュラーは、この大会においてチーム名「顔TV」での出場を決める。メンバーは、かずのこ板橋ザンギエフ猫舌なるお。そして、総師範KSKである。

総師範KSKにとってこの大会は、かつて自らと共に出演し「卒業」していったマゴときどと、実に1年以上ぶりに同じ画面に収まる可性がある絶好の機会である。KSKに、マゴに、ときどに、そして、視聴者それぞれに去来する思い。かずのこら顔ファミリーの面々は、この大会に並々ならぬ意欲を秘めていたようだ。その一端は、大会当日の配信において実況を務めたアールが明かしている。

アールかずのこ自身は、この顔TVチームにかなり思い入れがある、ということで。
     『一試合でも多くこのチームで頑りたい』 とのことでした」

直前に行われた顔TV!「浪の夢、大阪の思い出…、チャリティの向けての合宿は心霊と共に」では、KSKアベルレギュラーが育てる、という内容に。この配信で、板橋ザンギエフKSKにこんな提案をする。「優勝したらKSKさん坊主プラスKSKさんが対戦で勝ったら、勝利数に応じて何か奢ろう!」 ……そして、当日を迎える。

大会では、顔TVチーム全員が遺憾なく持ち味を発揮する展開になり、対するチームを盤石の立ち回りで退けていく。
かずのこAE全一ユンを縦横尽に操り続け、ザンは着あるザンギエフでバンバン相手を投げまくる。なるお殺意リュウが画面を跳び回れば、猫舌アベルが強気の二択での山を築きあげる。
そして、KSKアベルは……、やはりKSKであった。

 

気がつけば、チーム顔TV!は決勝の舞台にいた。

決勝前の壇上インタビュー。板橋ザンギエフが「優勝したらKSK坊主」をアピールした後、満を持してKSKマイクを握る。

アール「何かちょっと前にも坊主になっていたようですが…w そのご本人様が来たので…、お願いします!」
ヌキ「オワイいいよー! オワイキター!!!」

KSKいやー、まさか、このがこの映像に映ることになるとはね……」(会場爆笑
KSK今日はね、あのー、懐かしい二人に、会いに来たんすよ」(会場どよめく)
KSKでもなんか、この舞台にいないみたいなんで、まだ、その時期じゃないのかなーと」(会場爆笑
KSK運命がそう言ってるのかなーと思いました
KSKいまの新しい顔TV!メンバーと、頑って優勝したいと思います!

決勝は、AブロックTOPANGAチームなど強を退けた「三太郎と愉快かもしれない仲間達」(だしお、三太郎、洋、冷血非、NISHIKIN)との対戦。試合は今大会で絶好調さを見せていただしおが牽引する展開になり、KSKなるおザンが立て続けに敗れてしまう。副将のかずのこなんとかだしおを倒すものの次鋒の冷血に敗れ(かずのこはこの敗戦が今大会一の)、チーム顔TV大将猫舌くも登場、背水の陣に。
しかし……、ここから「俺達猫舌」が覚醒した。猫舌は「ジャンケン王」の二つ名を体現するような試合展開を演出し、二択をことごとくモノにしていく。ぶっとい択を通すたびに会場から音のような歓が上がる。そして冷血、三太郎を2タテし、副将の洋を引っりだすことに成功するに至る。
この戦いは洋に軍配が上がり、チーム顔TVは残念ながら準優勝に終わるが、KSKにしてみれば「坊主を回避した上に理論上の最高順位」。チーム顔TVは、考え得る最大限の活躍を見せ、大会において強存在感を残した。

顔TVが志半ばにして配信の中断を決意してから、1年余り
配信を再開してからもすでに1年近くが経過していた。そんな中訪れた、思わぬ邂逅の機会。
もうおなじみのドヤ顔をしながらマイクを握ったKSKの心中に去来したものは、如何なるものであったか。それはKSKにしかわからない。だが、そこには間違いなくドラマがあった。顔TVが紡いできた過去と、現在と、未来。それらが一つにつながり、画面の向こうからその歴史を追いかけてきた々の眼前に突如として現れた、一つのカタルシスであった……と表現するのは、大げさだろうか。

KSKドヤ顔インタビューを受けている中、屈託のない笑顔で拍手を送っていたときど
KSK×ヌキ戦で、往年とど変わることのないKSKへの煽り笑顔で入れていた、マゴ

それぞれの思いが交錯しながら、こうして、 顔TV!の3年は幕を開けたのである。

「GODS忘年GARDEN」

2010年12月29日23時より、顔TV!の年末スペシャルとして、ニコニコ生放送Ustreamを股にかけた長時間配信「GODS忘年GARDEN」が行われた。これは西横浜Gamer's Vision跡地にて開催されたGODSGARDEN忘年会の模様を配信したもので、当初予定されていた「12時間」を大幅にえた「24時間近く」にも及ぶ大規模配信となった。また、関東で活躍する著名プレイヤー配信者が数多く出演するなど、な内容となった。
なお、総師範KSKによれば、内容については「ノープラン」だったとのこと。

その他

その他、KSKの重要エピソードである「EVOトイレ事件」「自分は強くないとは言わない事件」はこの顔TVでその全容がられた。またときどPP7,000叩き出していた際に形容された「ときど建立」や、いわゆる「五神ネットワーク」などのウメスレベースにしたエピソードもこの顔TVが発祥である。出演者の人となりを示す上でも、顔TVは重要な位置にあると言うことができよう。

主な出演者・ゲスト

主な出演者

GODSGARDEN、及びGamer's Vision関係者。出演回数が数回程度の関係者を含む。順不同。

これまで出演したゲスト

※「顔TV」「裏・顔TV」のタイトルがついた全配信、ニコニコミュニティGODSGARDEN」の全配信、及び総師範KSKがホストを務めた突発配信を対とする。
EVO PVでの配信を含む。GODS大会本配信については割愛した)。

国内

海外

関連動画、関連コミュニティなど

有志による総集編動画

有志によるMAD動画

関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%A1%94tv
ページ番号: 4452464 リビジョン番号: 2375580
読み:カオティーヴィー
初版作成日: 10/09/02 03:21 ◆ 最終更新日: 16/06/21 21:31
編集内容についての説明/コメント: メンバーの更新
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

顔TVについて語るスレ

11 : ななしのよっしん :2011/12/28(水) 03:07:55 ID: 0VhKB4fTsD
いやぁ懐かしい!当時まだ学生だったが、研究室遅刻する原因が金曜顔TVだったよ。
3時間越えたあとの録画外の配信が限定感と一体感あって面かったなぁw
12 : ななしのよっしん :2012/06/05(火) 22:05:01 ID: DNsm2lY1rK
忘年会のやっていくスタイルには笑ったなぁ~
あと、オナもw
13 : ななしのよっしん :2012/06/19(火) 08:12:26 ID: SNZ3LQLLpU
何気に今の顔は要なほぼ全ての格ゲーの強プレイヤー
レギュラーメンバーにいるんだな
14 : ななしのよっしん :2012/08/04(土) 01:27:05 ID: KMYHYNSkS0
1期2期3期とかって呼び方いつから出たの?
そんな区切りいい活動してたっけ?
15 : ななしのよっしん :2012/08/19(日) 02:51:23 ID: Ge2Vs/JD5J
>>14
あー、これは勝手に便宜的につけたもんなので、表現を変えますね。
16 : ななしのよっしん :2012/10/16(火) 22:34:13 ID: vQJlbxrXdB
>>sm19115370

まさかのMAD動画
17 : ななしのよっしん :2014/07/30(水) 17:45:09 ID: ldAJvp4reS
そういや裏顔TVゲーム実況って公式でやってる番組みたいにコピーライト表記してないけど大丈夫なんやろか。これまでの実況履歴見る限りは実況OKを言してない所の作品もあるんだが。まぁ根回しはしてるのかな、にしてもコピーライト表記も「許諾を得ています」も書かないのはどうかと思うが。
18 : ななしのよっしん :2014/08/04(月) 14:15:44 ID: uJAplc+6rS
否定的なこと言ってないから大丈夫だろう
お前みたいに口うるさくて許諾って書けば何してもいいって
思ってるばっかじゃないと思うから
19 : 名無し :2016/05/15(日) 18:23:02 ID: 3q73LBgqPy
なんjクズが顔巣にくんな
20 : ななしのよっしん :2016/09/26(月) 18:42:33 ID: q3bvfqo76B
この実況恪ゲーのネガキャンにしかなってないな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015