単語記事: 風の息づかい

編集  

社説:特急転覆 安全管理で浮ついてないか

(略)

強い横が原因、とみられている。
運転士も「突体がふわっと浮いた」と話しているという。
ではに見舞われ、台風並みの強いが吹き荒れることがしくない。
そのにあおられたらしい。
現場付近の速は毎秒約20メートルで減速規制するほどでなかったというが、時と同じ時速約100キロで最上川梁(きょうりょう)を渡ったことに問題はなかったか。
とは言いながら、風の息づかいを感じていれば、事前に気配があったはずだ。
警報下、日本海沿いに走るのだから、運行には慎重であってほしかった。

25メートル速度規制30メートルで運転中止--というマニュアルに違反していない、との説明にも納得しがたいものがある。
設置場所が限られた速計に頼っているだけでは、危険を察知できはしない。
五感を鋭敏にして安全を確認するのが、プロ鉄道マンらの仕事というものだ。
しかも86年の山陰線余部鉄橋事故などを引き合いにするまでもなく、強時の梁が危ないことは鉄道関係者の常識だ。
ましてや「いなほ」は秋田県の雄物では25メートル以上だからと徐行したという。
現場では計測値が5メートル低いと安心していたのなら、しゃくし定規な話ではないか。

(後略)

毎日新聞2005年12月27日

風の息づかいとは、毎日新聞が発した迷言

概要

2005年12月25日に起きたJR羽越本線脱線事故に対し、翌々日発行の毎日新聞が社説でJR東日本運転士を非科学的な精論で罵る内容を掲載したことに由来する。

科学的かつな論理で当事者を非難したこの記事は、ネットの内外を問わず非難を浴びることになった。

これ以降、「風の息づかい」は毎日新聞の酷すぎる報道のひとつとして数えられることになった。

JR羽越本線脱線事故

羽越本線はもちろんのこと、強でしょっちゅう運転見合わせ・運休が発生する鉄道路線が増えたきっかけになった事故。

2005年12月25日19時14分、JR東日本の上り特急いなほ14号485系3000番台6両編成)が北余~砂越間の最上川河畔で脱線転覆、養豚場に突入し先頭車両が大破、乗客5人が死亡する大事故が発生した。

事故原因は突発的に発生したダウンバーストもしくは竜巻車両が横から押されたことだが、事故当時付近に設置されていた速計は20m/s程度と台風以下のしか計測されておらず、JR東日本も事故を予測することは不可能だった。これをきっかけに非常に狭い範囲で起きるダウンバーストの危険性が認識されるようになり、狭い範囲で起きる気ダウンバースト発生の兆を検知できるドップラーレーダーの配備が進められることになった。

なお運転士は事故当時、独自の判断で通常120km/hで走行する区間を100105km/h程度にまで減速して運行していた。また事故後、自身も重傷を負いながらも乗客を優先して救急車に乗せ救助活動を行い、美談として報じられた。

事故現場には2006年に慰霊碑が設置されている。

風の息づかい

このような中で掲載されたのが、毎日新聞の27日の運転士JR東日本一方的に非難する冒頭の社説だった。

風の息づかいを感じていれば、事前に気配があったはずだ」などという科学的根拠のない精論で運転士を攻撃した毎日新聞は当然批判を浴びた。先輩ベテラン運転士すらも「事故を回避できたとは思えない」と口をえるような事故であり、事故車両に乗務していたのはまだ経験の浅い乗務員(当時:運転士29歳,26歳)だが自己判断で徐行をしていたなどむしろよくやっていたほうだと言える。

同じことはJR東日本もいえ、この事故以前はダウンバーストという気自体の危険性が認知されておらず、JR東日本を責める毎日新聞の態度は悪質な後出しジャンケンだと非難された。

しかし毎日新聞は一応の謝罪こそ行ったが、その後もこの問題で自社をたびたび擁護する記事を掲載した。燃料が次々に投下され当時の2ちゃんねる祭りになり、その後しばらく毎日新聞す一種の定として「風の息づかいを~」が定着した。

ここまで頭の悪い記事を発信してしまったのは、同年に100名をえる死者を出したJR福知山線脱線事故の印が生々しく世論に残っていた頃であり、鉄道会社バッシング潮がにわかに漂っていたことが背景にある。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%A2%A8%E3%81%AE%E6%81%AF%E3%81%A5%E3%81%8B%E3%81%84
ページ番号: 5443380 リビジョン番号: 2406579
読み:カゼノイキヅカイ
初版作成日: 16/09/16 10:09 ◆ 最終更新日: 16/09/17 00:14
編集内容についての説明/コメント: 記事導入部で一部を太字化しました。「関連項目」に「鉄道関連項目一覧」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

風の息づかいについて語るスレ

1 : ◆rSBzQMOICI :2016/09/16(金) 19:46:12 ID: /VTPGVBTGr
いなほ号は母親実家に行くために何度も乗ったから、自分も運悪くこの事故で死んでたかもしれない。
2 : ななしのよっしん :2017/03/12(日) 12:36:22 ID: itIOxkIrYF
勘違いとは言いながら、人々の息づかいを感じていれば、事前に気配があったはずだ。
五感を鋭敏にして記事を執筆するのが、プロの新聞屋の仕事というものだ。
しかも94年の松本サリン事件などを引き合いにするまでもなく、憶測に頼った報道が危ないことは報道関係者の常識だ。
3 : ななしのよっしん :2017/07/02(日) 05:23:27 ID: 711eNodJ7q
https://twitter.com/icefiend/status/881240232280023040
4 : ななしのよっしん :2018/04/17(火) 18:48:32 ID: CIAO+yYd22
>>3
キッズすのはやめて差し上げろ
5 : ななしのよっしん :2018/06/06(水) 12:35:34 ID: eGtkvnhkm5
2005年つったらTVスピリチュアルとか流行ってた頃か?
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829