単語記事: 飛行船

編集

飛行船とは、航空機の1種である。に、以下の2つに分けられる。

  1. 巨大なガス袋でゴンドラ等をり下げながら、を飛ぶ航空機
  2. 創作作品に登場する、読んで字の如くを飛ぶ船舶。

それ以外の飛行船

1.の概要

水素ヘリウムなどといった、空気よりも重の軽い気体を敷き詰めた気嚢(ガス袋)でを飛び、バランサーや取りの機を果たす尾や推進を発生するための設備(プロペラ、エンジン等)、そして乗組員及び客を乗せるためのゴンドラ部分を取り付けた乗り物
通常の気球とは違い、進行時に空気抵抗を少なくするために気嚢部分はほぼ決まって縦に細長い形状をしている。

20世紀前半まではたる航空機として移動手段の流であったが、1937年にヒンデンブルク号の爆発事故が発生したのを皮切りに用いられる気体は水素からヘリウムへと移り変わり(ヘリウムの産出は米国のほぼ独占状態で、かつ米国ナチスへの輸出を禁止したためドイツ水素からヘリウムへの切り替えができなかった)、飛行船が用いられる的も現代では移動手段よりも専ら広告や大気周辺の観測といったものになっている。

ただし、誤解してほしくはないのだが飛行船れた理由は水素が危険だからでもヘリウムが高価だからでも飛行機が進歩したからでもない。強、特に横に弱いからである。横を受け流すように全体をにする。すると船体自体が揚を発生してエンジンの出により浮以上の重量を安定して運べるようなる。こうした飛行船ハイブリッド飛行船といい、重量物運搬向けに研究が進んでいる。

前述のヒンデンブルグ号を建造したツェッペリン飛行船会社は、別の飛行船による世界一周飛行を行い、1928年に日本にも飛来し、大ニュースになった。

その後バブル期には複数の広告飛行船日本を飛んでいたが、現在飛行しているものはメットライフアリコの「スヌーピーJ号」1機のみである(公式サイトで飛行スケジュールが見られる)。

2.の概要

基本的には1.で説明した代物と同じだが、こちらの場合はを渡る船舶のもの(中にはマストを展開した帆船もある)や戦艦そのままの姿・形状でを飛ぶ船も同様に飛行船と呼ばれている。「飛ぶ船」などの呼び名もある。
ファイナルファンタジーでは「飛艇」の名称でおなじみ。

こちらの場合は用途も移動手段のみならず、居住間や行動拠点として用いられることも多く、また宇宙空間が舞台となる作品の場合は航空機だけではなく宇宙船を兼ねているケースもある。
また敵部隊と戦闘を繰り広げる場合は、船に搭載された武器を用いて兵器として運用されることもある。

船をへ浮かべている場合はその原理も様々で、魔法で浮遊しているとされる場合もあれば、大昔に存在したとされるロストテクノロジー未来オーバーテクノロジーが使われていると言われる事もある。ゲーム聖剣伝説3」やアニメ映画カールじいさん飛ぶ」ではなんと船をぶら下げてを飛ぶという凄いものもあったり。

フィクション作品における飛行船、空飛ぶ船など

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E8%88%B9
ページ番号: 4788281 リビジョン番号: 2349887
読み:ヒコウセン
初版作成日: 11/12/24 12:30 ◆ 最終更新日: 16/04/14 22:34
編集内容についての説明/コメント: ていせい
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

飛行船について語るスレ

13 : ななしのよっしん :2015/04/15(水) 20:33:13 ID: RTWO5/9A4h
>>10-11
飛ぶ船の方に分類されるから入ってるんでしょ。

記述削除した人もちゃんと記事読もうぜ。
14 : ななしのよっしん :2015/06/27(土) 21:48:59 ID: EEaJx/A+N0
エスコン3に出ていた空母フィルナも飛行船じゃなかったっけ。
15 : ななしのよっしん :2015/07/26(日) 20:40:01 ID: LqdAOxWlcY
日本での運用がキツいのは係留で鯉のぼりみたいに
の方向でぐるぐる回る飛行船用の広大な土地と
台風等の対策に専用格納庫をセットで準備しないと行けないところ
16 : ななしのよっしん :2015/08/30(日) 06:45:09 ID: hOB8W0zch/
人を載せてるやつじゃなくて単に宣伝などで使われてる飛行船ってまだ飛んでるの?
昔は割と見たけど最近全然だわ
17 : ななしのよっしん :2016/02/03(水) 21:32:00 ID: D/ObNRjlAB
>>15
台風等の対策に専用格納庫
飛行船じゃなく係留気球だが、米国では地に気球を降ろして上から網をかぶせるという荒業でをしのいだヤツがあるとか。
18 : ななしのよっしん :2016/04/22(金) 18:41:07 ID: rjLqvisEuj
>飛行機が進歩したからでもない
いや、飛行機が進歩したからだろ。
もし重航空機がなかったら、飛行船は今でも偵察や航空攻撃の手段として重用されていた。
19 : ななしのよっしん :2016/04/23(土) 17:01:11 ID: 0lt34QtLMc
↑ところが、横の影を受けにくいハイブリッド飛行船の登場により飛行船が再び重量物運搬用として復活する可性が出てきた。

こいつとかね。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1603/25/news164.html

あと、「エアロクラフト」でググッてみるといい。
20 : ななしのよっしん :2016/04/30(土) 01:17:52 ID: rjLqvisEuj
飛行機が進歩したからでもない
この書き方は、例えライト兄弟がいなくても飛行船の衰退は決定していた、という書き方だがそんなことはい。
確かに飛行船は使いづらい手段だが、重航空機が存在せず、それが一の輸、偵察手段と言うのであれば、飛行船は各で重用されていたはず。
飛行船より横に強く、速度が大きく、飛行可高度でも勝る重航空機というライバルが存在したからこそ飛行船が衰退したんだ。そこを勘違いさせちゃいかん。
飛行船が解決したのは横の問題だけじゃない。速度、高度、あらゆる面で旧来の飛行船駕し、垂直離着陸ライバルに大差をつけているからこそ注されている。
21 : ななしのよっしん :2016/07/05(火) 10:54:39 ID: 4yRw+wzkg5
戦時中はもっぱら見たの大きさで敵をビビらせたそうな
22 : ななしのよっしん :2016/07/24(日) 22:06:13 ID: 9oGX+4YWW4
>>19
テロリストにとっては狙いやすい的になりそう
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015