単語記事: 香港カーブ

編集

香港カーブとは、旧香港空港(啓徳空港)にて行われていた着陸進入法の通称である。

概要

啓徳空港カイタックくうこう、けいとくくうこう)は、香港にかつて存在していた空港である。香港の玄関、及びアジアの経由地として重要な役割を果たしていた。なお、発着は際線のみであった。1998年7月5日に閉港。

1998年に、郊外に新空港となるチェクラップコク空港完成し、同年7月6日に新空港は開港した。この新空港開港により機を全面移管する形で、啓徳空港7月5日午後11時50分発の最終便をもって閉港となり、1925年に運用開始して以来、73年間の歴史に幕が閉じられることとなった。

正式な名称は香港空港だったが、所在地付近の地名から「啓徳空港」と通称された。日本語では、広東読みとそれから音写されたアルファベット表記から「カイタック」と読まれることが多かったが、日本語の音読みで「けいとく」とも読まれることもあった。

なぜ香港カーブは生まれたか

香港啓徳空港には、南南東から北北西に伸びる滑走路が1本のみ。論両端から着陸は出来るが、この地域の南風が吹くこと多い。通常、飛行機の着陸の際には抵抗を大きくするためにに正対し着陸する。南風の場合は北から着陸することになるのだが、カイタック空港の北側は、小高い丘や山が連なっており、北側から徐々に降下してくるのが不可能な地形だったのだ。
  そこで、香港では障物のい西側から、空港の手前まであたかも、その先に滑走路があるように誘導電波に従って降下し、空港のわずか数キロ手前の「チェッカーボードの丘」(チェッカーボードヒル)でその電波から抜け、その後パイロットの「」によって滑走路に向かい、旋回し着陸を行っていた。
  それを、高度300mと非常に低い高度で、マンションの立ち並ぶ中で行うので迫があったのだ。
これを通称香港カーブまたは香港アプローチと呼び、長く親しまれてきたのである。

余談

この滑走路13への最終進入態勢である香港カーブパイロットの技量が問われ、香港を拠点としていたキャセイパシフィック航空パイロットたちは安全と乗り心地を考えた結果、IGSの誘導電波めに解除し北側へわずかに進路を修正後、緩やかに右旋回をしバンクも少なめにスムーズに着陸することを「秘伝の技」としてあみ出していた。
  逆に慣れていないパイロットは小刻みに変針して滑走路に降りる寸前まで機体の進路が定まらなくなりがちで、同時に乗り心地も揺れが大きく良くなく、接地地点が遠くなり着陸滑走する距離が短くなってしまったりすることもあった。
さらに過密空港だったため、接地後航空管制官からすぐ誘導路へ待避示が出ることが多く、着陸後ブレーキの急制動を掛ける。
  それゆえ、着陸進入に失敗してゴーアラウンドしたり、オーバーランして滑走路先の中に突っ込んだり、もち着陸をしたり、エンジンを地面に接触させたりするトラブルが多かった。

関連動画

 この事故の発端にもこれが絡んでいる。

当時の様子など。

関連商品

香港カーブに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

香港カーブに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%A6%99%E6%B8%AF%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%96
ページ番号: 5299725 リビジョン番号: 2141175
読み:ホンコンカーブ
初版作成日: 15/01/06 21:52 ◆ 最終更新日: 15/01/06 21:52
編集内容についての説明/コメント: 大雑把な内容を執筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

香港カーブについて語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 香港カーブについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829