単語記事: 香風智乃

編集

香風智乃について語るスレ#15

香風智乃(かふう ちの)とは、Koiによる日本の四コマ漫画、「ご注文はうさぎですか?」に登場するキャラクターである。アニメ版での声優は水瀬いのり。

概要

立場、容姿など

作中で物語の中心となっている喫茶店、「ラビットハウス」の一人娘。愛称は「チノ」。名前の由来は「カプチーノ」。

容姿としては、今時のアニメキャラには珍しい小さくて控えめな口に水色のロングヘアと、「×」型の髪留めが特徴的。 服装や状況によって髪型を変えることがあり、お団子だったり、小さめのツインテールだったりすることもある。

また、よく頭の上にティッピーを乗せているが、リゼ曰く「意外とバランスとりにくい」とのこと(リゼの身体能力を考えると、実は結構凄いことをしているのかもしれない)。

身長は144cm。血液型はAB型。誕生日は12月4日である(画集「Café du Lapin」から)。なお、この身長、小学六年生女子の平均身長よりも若干低い。また、親友であるマヤはその4cm低く(140cm)、メグは1cm高い(145cm)。なんにせよ、全員平均身長を下回っている(無論、あくまで現実的に考えた場合の話である)。

性格

年齢は13歳(途中から14歳)。その割には大人びた言動が目立ち、クールな印象を与えている。自称姉であるココアの言動に、呆れたりバッサリ切り捨てたりすることも多く、どっちが年上なのか分からないこともしばしばである。

ただ、コ-ヒーに砂糖とミルクが必須だったり、「酵母菌」を「攻歩菌」と言う危険な菌と勘違いしたり、身長やスタイルについて悩んだり、明らかに正体がバレバレな怖い話で一生懸命怖がらせようとしたり、映画で感動して泣きそうになったりと、子供らしく、また可愛らしい一面もたくさん持ち合わせている。

そんなクールで可愛らしい彼女だが、作中では全くと言って良いほど笑っているシーンがない。しかし、怒ったり、拗ねたり、驚いたり、泣きそうになったりと、それ以外の表情は案外豊かであり(といっても、やはり真顔であることが多いのだが)、単にココアが確認していないだけで、他のメインキャラ達の前では、何度か笑顔見せたことがあるようである。

そんな事情もあってか、2巻の第1話はそのことを題材にした話となっており、最後のコマで、コーヒーに映っているという形だが、ようやくその笑顔を読者に見せてくれた(一応、その前に、口元だけと、ココアの妄想で見せてはいるのだが、明確且つ本物の笑顔はこのシーンが初である)。ちなみに、この話の中では、何とかして自分を笑わせようとするココアに対し、「見下すような嘲笑」を見せていた。 どうやら、母親(もしくは祖母)譲りであるようで、祖父もよく笑われていたらしい。

誰に対しても敬語で話すのは、周りがお客さんや年上ばかりだったため、癖が直らない……というのが理由。無理に話そうとするともぢもぢしてしまう模様(そしてトイレを我慢していると勘違いされてしまった)。

他キャラとの繋がり

親友が2人(メグとマヤ)、メインキャラの4人(ココア、リゼ、千夜、シャロ)、そして青山ブルーマウンテン(青山さん)と繋がりがある。

  • メグとマヤ:二人との交流は、2巻から明確に描写されるようになっており、立ち位置としては、やはりツッコミに回ることが多いようだ(メグも真面目な方なのだが、いかんせん天然ボケが多い)。学校での交流が主であったが、2巻の7話からは頻繁にラビットハウスへ訪れるようになり、時々仕事の手伝いもしてくれている。ちなみに、リゼからはまとめて「チマメ隊」と呼ばれていたりする(それぞれの名前の頭文字から)。
  • リゼ:同じくラビットハウスで働く者として、ココアよりも前に知り合っており、付き合いはそれなりに長いようである。一緒に居るシーンも多く、バトミントンの練習に付き合って貰ったり、(勘違いであったが)バイトを辞めるかもしれないとなったら必死に止めたりと、信頼や親交の深さが窺える。
  • 千夜:甘兎庵とラビットハウスの「競い合っていた」と言う過去に関係なく、悩みを相談するほどの仲となっている。ただ、ネーミングセンスの波長は合わない様子。後に千夜自身は両店の「深い因縁」に関してあまり関心がない(むしろよく分かっていない)ことを知り、一時凹んだりもしたが、最終的には「お互い、立派な看板娘になろう」と指切りをし、より仲が深まったようである。
  • シャロ:「お嬢様」として尊敬と憧れの念を抱いており、「シャロさんのような姉が欲しかった」と口にするほど。後に本当は貧乏であることを知り、そんなこと関係なしに憧れていると必死にフォローしていたが、恐らく「気遣い」からではなく「本心」からの言葉であると思われる。
  • 青山ブルーマウンテン[1]:ラビットハウスにメグとマヤが訪れるようになると、この二人がココアやリゼと打ち解け親しくなっていったため、チノは疎外感を味わうようになった。そんなときに、気持ちが沈んでいたチノに声をかけ、相談に乗ってくれたことで知り合うこととなった(場所は甘兎庵)。その後も何度か交流を深めており、祖父との関係も知り、他人より一歩進んだ関係となっている。チノは彼女のことを「青山さん」と呼んでいる。

本人はあまり人と接するのが得意ではないようであり、メグとマヤの関係に対しても、「あの二人が積極的に話しかけてくれなかったら、友達になっていなかった」 とのこと。

他の交流も、ラビットハウスに縁があったリゼはともかく、千夜、シャロに関しては、ココアとの繋がりがなければ、まず知り合うことはなかったと言え、リゼとも、最初の頃は「軍学校のようだった」らしい。

ただ、ココアと知り合ってから、誰かと話す機会が多くなったこともあり、少しづつ他人と話すことへの苦手意識が克服されつつあるようである。「お爺ちゃんとしか話そうとしない自分を思う必要は、もうない」と言っている辺り、昔と比べれば大分成長しているようである。

ココアに対する想い

姉を自称され、迷惑がったり、呆れたりする描写が多い。しかし、ココアから「姉妹みたいだね」と言われたことに対し、小声で「ココアお姉ちゃん…ですね」と言ったり、なかなか目覚めないココアに対して、これまた小声で「…お姉ちゃんの ねぼすけ」と言ったこともある。どちらもココアにしっかり聞かれ、後者に関しては、明らかに目覚ましより小さい声なのに飛び起きたりした。

また、3巻の11話でブランデー入りのチョコで酔った際には、見境なしとは言えココアのことをはっきり「お姉ちゃん」と呼んだりした。更に、お互いにニンジンを残してリゼに咎められた際には、「お母さん大目に見て?」「お姉ちゃんの言う通りです」と、ネタ的とは言え、姉妹らしく振る舞ったりも。

他にも、ココアのためにメグとマヤと共にスコーンを焼いてプレゼントしたり、ココアが不在の際、気付いたらミルクココアを作りまくっていたり、熱を出した際には必死に看病したりと、その仲や想いは日に日に深まっているようだ。

ちなみに、彼女が昔作った写真立てをココアが褒めようとし、上手くいかなかった後、「お前の母親と、褒め方が同じじゃ」とティッピーが述べ、それに対して「ぜんぜん違いますよ…」と否定しながらも、微笑みを浮かべたこともある(先述にもあるが、これは彼女が作中で初めて笑顔を見せたシーンである)。

将来の夢と才能

家の仕事を継ぎ、立派なバリスタになることが夢。バリスタであった祖父を尊敬し、またよく遊んでもらったこともあって、自他ともに認めるお爺ちゃんっ子だったようである。

そんな祖父のコーヒー占い(カフェ・ド・マンシー)は、「当たり過ぎて怖い」ほどだったらしく、彼女もカプチーノなら「良く当たる」と評判になるくらいの腕前を見せている。他にも、香りだけでコーヒーの銘柄が分かったりと、バリスタとしての才能は十分に持っているようだ。

その他の素質としては、某巨匠の如くの画力が挙げられ、彼女の絵に「1億出す」との申し出がされた逸話まである(1巻カバー裏参照)。だが、迷惑なので本人は追い払ったとのこと。 なお、本人自身はあまり自分の画力を快く思っていなかったが、青山さんの言葉もあり、個性として昇華。「時代を変える力強い絵」と評された(ただ、趣旨は違ったために、点数は低かった)。

また、趣味でチェスを嗜んでおり、その実力は初心者とはいえ将棋を嗜んでいた年上の千夜に勝つほどである。趣味関連では、他にもパズルやボトルシップも嗜んでおり、シャロ曰く「老後も安心の趣味」とのこと。

関連動画

関連静画

関連立体

関連商品

関連コミュニティ

チノちゃんに関するコミュニティはまだないみたいです。

関連項目

  • チマメ隊
  • Petit Rabbit's
  • 振り回され隊
  • 魔法少女チノ
  • ぽっぴんジャンプ♪
  • ときめきポポロン♪
  • 12月4日はチノの誕生祭
  • 青髪
  • ※中学生です
  • 酔拳です
  • クーデレ
  • シャチーロフ軍曹(中の人繋がり/外の人繋がり)
  • 響(外の人繋がり)※外見が瓜二つな上に性格まで似ているためよくネタにされる
  • 弥生(外の人繋がり)
  • リインフォースⅡ(外の人繋がり)
  • 刀藤綺凛(外の人繋がり)
  • テルミヌス・エスト(外の人繋がり)
  • キャロル・マールス・ディーンハイム(中の人繋がり
  • レム(中の人繋がり)※なお双子の姉であるラムはメグと中の人が同じである
  • 或守鞠亜(外の人繋がり)
  • 古川ゆい(外の人繋がり)
  • 宮内れんげ

脚注

  1. *小説家としてのペンネームは「青山ブルーマウンテン」であり原作では本名は名乗らない。画集『Café du Lapin』によると、本名は「青山翠(あおやま みどり)」となっている。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%A6%99%E9%A2%A8%E6%99%BA%E4%B9%83
ページ番号: 5092919 リビジョン番号: 2455980
読み:カフウチノ
初版作成日: 13/05/27 19:19 ◆ 最終更新日: 17/02/05 04:53
編集内容についての説明/コメント: Café du Lapinのeのアクサンがè(アクサングラーヴ)になっていたのでアクサンテギュに修正しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


香風智乃

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

香風智乃について語るスレ

253 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 00:12:30 ID: FI4vlUrXlr
香風チノさんお誕生日おめでとうごさいます。
254 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 01:52:47 ID: Ip6kmx1BD2
誕生日おめでとう!
255 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 09:09:24 ID: EiovAyO4LI
チノちゃん、誕生日おめでとう
去年のチノ誕は忘れられない最高のイベントだった
256 : ななしのよっしん :2017/01/17(火) 07:26:05 ID: Ferb+B3Bov
ちなみに、メイン五人の中で彼女だけ中の人と血液型がちがう。
257 : ななしのよっしん :2017/01/18(水) 18:25:07 ID: hmpsF2WTj7
チノはAGEアンチから見たら無能な働き者らしい
258 : ななしのよっしん :2017/01/26(木) 21:23:08 ID: 8T17Su/TQS
Koi先生によって召喚されたココアという女神が居なかったら人生がハードモードだったろうな・・・。今頃わたモテのもこっち(初期)並みに歪んでるに違いない。
259 : ななしのよっしん :2017/02/04(土) 03:26:36 ID: 0Kq5AijZu2
グリモアとのコラボでゾンビに襲われてる…
https://drive.google.com/open?id=0B0CsqiNZP2ylZnRMSGRoaVJyTnc
260 : ななしのよっしん :2017/02/09(木) 12:45:46 ID: 8T17Su/TQS
>>259
どうやらゾンビとは浅からぬ因縁がありそうだな(中の人的な意味で)
261 : ななしのよっしん :2017/02/09(木) 19:29:24 ID: UcPAcPuCGW
>>258
それ言うなら中学入学時にマヤ&メグと友達になってなければ、じゃない?
ココアと出会ってからは、より笑うようになったのかもしれないけど

小学生の時はどうだったか知らないけどさ
262 : ななしのよっしん :2017/02/21(火) 11:38:38 ID: wTSbp4QS8T
中の人は白狐声優といっていいかも。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015