単語記事: 高坂桐乃

編集

高坂桐乃 少しデレながら微笑 「せっかくアニメ化したんだから、1回くらいは見てね!」 高坂桐乃

高坂桐乃(こうさか きりの)とは、電撃文庫原作ライトノベル及び漫画化・アニメ化ゲーム化作品、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のヒロインである。

CV竹達彩奈

概要

ハンドルネームは「きりりん」。主人公高坂京介であり、本作の中心人物である。

中学2年生で、身長165cm、体重45Kg。スリーサイズはB82/W54/H81。

毎日を過ごしそれに満足している(京介談)京介とは正反対で、自分が興味を抱き一度やると決めた物事には努を惜しまないという良くも悪くも自分に厳しい節があり、一人で悩みを抱え込む事も多い。

その努と才の結果からか、有名雑誌の専属モデルを勤め、勉学は県内でもトップクラス、更には陸上部期待のエースであり、学校では友人が大勢いる人気者。と、まさに非の打ち所の完璧超人、なのだが・・・

その正体は美少女ゲーム(R-18含む)やアニメ、特に物をこよなくするという、筋入りのオタクである。

部屋の隠し収納には大量のゲームDVDが山積みとなっており、ニュースサイト(かーずSP・アキバBlogなど)を巡回しては衝動買いを繰り返している。(資モデルの収入)

世間体を気にして、にも自らのオタク趣味を打ち明けられずに一人で悩んでいた所、偶然の事故で京介に秘密を知られてしまい、それがきっかけとなり人生相談』を持ち掛けた。
その結果として学校での友人(あやせ・加奈子など)に加え、オフ会で知り合ったオタク友達(黒猫・沙織)と付き合っていく事となる。

この初めての人生相談』を機に、と油の様だった兄妹関係が徐々に変化していく・・・。

京介の事は普段「ねえ」「アンタ」と他人行儀な呼び方をしているが、心を開いてからは極稀に「兄貴」と呼ぶ様になる。
(ちなみに、桐乃り部を務める短編や小冊子の地の文では「京介」と呼んでいる)

また学校の友人にべ、京介オタク友達への言動が別人の様に厳しいが、嫌っているわけではなく、接し方が分からない不器用さからの対応である。どちらも素の桐乃であり、両サイド共に桐乃にとって大切な存在である。

但し田村麻奈実に対してだけは、わざと京介が嫌がる様に地味子と呼んだりと余り良い感情を持っていない。どうやら過去京介絡みの因縁がある模様。

桐乃の経歴は全て才と、自分の体や心を削ってまでもの並々ならぬ努の結晶であり、全てにおいて妥協はせず、また『中途半端な過程や結果は同じ土俵のライバル達に失礼だ』と考えている。しかし特にその中で陸上においては、小学校低学年当時は運動音痴であったものの『何か』切欠にして今の実になる程に至っている。因みに恋愛として見れるのは3つ年上の高校2年生』から。

また、本人は気付いてないみたいだが料理が壊滅的に下手である模様。原作でそういうシーンはないが、公式Twitterでは京介父親あやせに振る舞い、いずれも体調不良おこしてしまっている。

アニメ第9話では桐乃流のエロゲーの楽しみ方、というか妹ゲーへの異常な程のが遺憾なく発揮されていた。全裸待機風呂等で身を清めるなどの行為はネットでもよく見るネタであるが、実際に行う猛者は少数ではないだろうか。

因みにこの際桐乃プレイしていたエロゲー×0しすこんラブすとーりぃ0』×読みシスター×シスター略称はしすしす、×)で、所謂泣きゲーに属するもの。ヒロインは生意気な茶髪ショートりんこと、優しい黒髪ロングみやびの二人であり、どちらも実妹である。桐乃く「マジ神ゲー」らしいが、作中の某大掲示板でも「×真実」と評されており、その他のネット上の評価も高く名作泣きゲーとして扱われている。

プレイ中自分の事は棚に上げ(桐乃二次元三次元を区別している為でもあるが)りんこの態度を非難して、みやびを先に攻略しようとするものの、フラグ選択を間違え結果的にりんこルートのEDを迎えることとなる。また、プレイ中徐々にりんこの言動や選択肢意味深な表情をする様になったり、京介への対応に微妙な変化が見受けられる。

原作ではストーリーや結末はみやびルートの一部のみ描写されており、りんこルートはとある事情からその内容は不明であった。このりんこルート及び、アニメ第9話での桐乃の描写は後の重要なフラグであると考えられる。

原作第6巻~)

陸上海外留学組に選抜された際、留学先でルームメイトになった褐色少女リア・ハグリィライバルであり、友人であり、そしての様な関係であった。因みにリア性の才を持つ世界最速の小学生でもあり、桐乃より速い。

桐乃の帰リア高坂ホームステイしにきた際、桐乃自身が言っていた二次元三次元では違う』という言葉が良く分かる姉妹関係だった事が判明する。桐乃ゲームの様に溺するのではなく、黒猫京介に対してと近い言動』で応対し、リア桐乃を小馬鹿にしたりわざと怒らせる等、喧したり文句を言い合いながら世話をしたりとまるで『本当の姉妹の様な関係』京介談)なのであった。

また、リア桐乃から色々と聞いていたのか京介の事を知っているだけでなく、初対面からとして非常に慕っており本当に高坂が一人増えたかの様な状態になっていた。

原作第7巻~)

とある事情から京介人としてデートを楽しんでいたのだが、加奈子に人って感じじゃなくね?」と言われたり、京介「『』と『人』って大して変わんねーな」や「嫌々人の『振り』をしてやってる」と言われたりと、人』としての関係を否定され続けた。最終的には逆鱗に触れたかの様に態度を一変させた挙句、次からは『本当の彼氏』に付き合ってもらうと京介に吐き捨てるに至る。

そして後日・・・桐乃事務所繋がりの知人で美男子、一流ブランドのジュエリー制作を任される才を持ちながら、かつ桐乃以上にアニオタな事が判明した御を両親と京介『本当の彼氏』として紹介したのであった。

かしこの行動はデートでの一件に加え、京介黒猫と親密な関係になりつつある事を察した桐乃が、京介に自分自身をもっと見て欲しいという思いの丈をぶちまけたものあった。実際には御彼氏の『振り』を頼まれただけであり、京介の気を惹こうとした桐乃に協していただけである。

要約すると、桐乃は独占したい程京介の事が好きだった、という事である。(京介読者視点では、この時点恋愛感情か兄妹かは明らかになっていないが……。)

原作での兄ラブ行動一覧(以下スクロール)

ネタバレ注意 ※※注意※※
本節は原作最終巻についてのネタバレを含みます

  1. 冷戦状態でほっとかれても、のためだけに化粧をする(電マ11月留守番、本編開始1月前の話)
  2. 寝ている乗り(1巻p45)
  3. の容姿が友人にほめられると否定し、けなされると友人が不思議に思うほど黙りこむ(2巻p59~61
  4. わざわざPCのキャッシュをチェックまでしての動向を探ろうとする(2巻p188
  5. 団体行動中、が自分と離れようとすると激怒(2巻p221222
  6. が自分がシスコンであることを否定すると、怒ってアキレス腱を蹴る(3巻p62、4巻p138)
  7. 携帯操作にかこつけてに体を押し付ける(3巻p123
  8. 中学2年のクリスマスは、上手いことやってクリスマスデート(3巻3章)
  9. 自分をモデルとした主人公モデルとしたキャラクター恋愛する小説を書く(3巻3章)
  10. の年齢が自分の恋愛に入っていると、に向かって直接アピール(3巻p157
  11. ラブホテルに入るため、に冷をかぶる(3巻p171
  12. が女と電話しているとみるや、電話の相手に自分とラブホにいることをアピール(3巻p180
  13. ラブホテルで自分のバスローブ姿にが欲情しているか探りを入れる(3巻p182
  14. 中学1年のクリスマスに、ストーキングする(3巻p183184
  15. デート中、を盗んで似顔絵入りの観察記録をつける(3巻p278)
  16. そのときに買ってもらったと思われるピアスを後日友達に自慢(4巻p20)
  17. に女を連れてきたら当然いびる(4巻2章)
  18. 自分のより親友の裸を見たがるの顔面に一撃(4巻p179
  19. に密着することを想定して寝る前にも関わらず香水をつける(4巻p256)
  20. アメリカと二人きりになったら、シリアスな場面でも性的アピール(5巻p274)
  21. エロゲー攻略傾向は当然チェック(5巻p276)
  22. 久しぶりにに会えたら、陸上で今まで一度も勝てなかった相手に勝てた(5巻p296~298
  23. からの携帯ワンコールで出る(6巻p25)
  24. 一番の親友にはの話ばかりする(6巻p77
  25. が別の女を部屋に入れたと知って怒り狂う(6巻p117~)
  26. ベットでくつろいでいる女は、親友であろうと本気のフライングニードロップ(6巻p122
  27. が他の女のことを心配すればすかさず嫉妬する(6巻p134
  28. 美人に見とれてたら、を引っる(6巻p193
  29. 援を受ける度に加速(6巻p266~268
  30. デートの待ち合わせではく着きすぎたより先に待ってる(7巻p12)
  31. デートではに腕をからめて胸のふくらみに押しつけてアピール(7巻p13)
  32. デートではちゃっかりを下の名前で呼んで赤面(7巻p13~14)
  33. 「彼氏になってよ」と告白してドン引きしたらに。慌てて彼氏のフリのお願いにごまかす(7巻p16)
  34. に演技で「愛しているから!」と言われてを潤ませて恥じらう(7巻p22)
  35. 化粧品会社の女社長が監視に来るという話をでっち上げて、とのデートを強行(7巻p29)
  36. 腕を組んでラブラブなところを幼なじみに見せつけて上機嫌(7巻p35)
  37. とのデート恋愛映画を見ようとする(7巻p37)
  38. とのデートカップル用のパフェストローが二本付いたドリンクを頼もうとする(7巻p42)
  39. とのデート中に割り込んできた友達に殺視線(7巻p48)
  40. 友達にが扮した彼氏の好きなところを聞かれて「優しい、頼りになる、あたしのことメチャクチャ好きなとこ」と惚気る(7巻p53~54
  41. カップル専用プリクラと寄り添いツーショット撮影。フレームノータイムハートを選択(7巻p6265
  42. プリクラから出てきたところを撃した親友にとの親密さを見せつける(7巻p66~69)
  43. 可愛い彼女を大切にね」と言われてもないへの伝言を伝える(7巻p72
  44. ヤキモチでツーショットプリクラに投げつけたが、その前に自分用を保管(7巻p7587
  45. 彼氏ができたかをが手を掴んで真剣に問いつめてくれたらたちまち上機嫌に(7巻p136)
  46. 親友に見繕った可愛いの前で着られてショック(7巻p160162
  47. 夏コミで親友とを2人きりで残さないように挨拶回りをあきらめる(7巻p166)
  48. 夏コミで自分とモデル近親相姦SM同人誌をすかさずGET(7巻p209)
  49. 親友のへの告白撃してフリーズ(7巻p246)
  50. の気持ちを確かめるために偽の彼氏をに呼ぶ(7巻p260~)
  51. コスプレ写真アップされたサイトをしっかりチェック(8巻p50)
  52. が自分とのツーショットプリクラ携帯に貼っているのを見て発狂(8巻p54)
  53. 7巻でヤキモチで投げつけたとのツーショットプリクラをいつの間にか回収(8巻p55,193
  54. 冷蔵庫に貼ったツーショットプリクラをはがさず写メにとる(8巻p130)
  55. して帰ってきたを見て心配(8巻p130)
  56. iPhoneイヤホンなしでも聴けるのに自作小説アニメのサンプルボイスを一つのイヤホンと一緒に聞く(8巻p188)
  57. イヤホンが届かないことを理由にの体と密着(8巻p188)
  58. とのツーショットプリクラ携帯に貼る(8巻p193)
  59. コスプレ写真携帯の待ち受けに(8巻p194)
  60. 2巻では寝るとき部屋の鍵をかけていたのに、がいつでも夜這いできるよう8巻では鍵をかけない(8巻p234)
  61. 中に人生相談しに来たに抱きつきキスしようとする(8巻p236)
  62. 中に人生相談しに来たをみて夜這いと勘違いする(8巻p238)
  63. 中に人生相談しにきたメイクしていない顔を見せたくなくて電気をつけさせない(8巻p239)
  64. 彼女に振られて落ち込んでるに後ろから抱きつき胸のふくらみを押しつけ抱擁(8巻p244)
  65. の「お前可愛い写真をソッコー送ってくれ」のメールに1分で気合い入った写メを送信(9巻,p120)
  66. とのツーショットプリクラを未だに携帯に貼りっぱなし(9巻,P203)
  67. ブラコン腐女子の友達にシスコン兄貴自慢して発狂させる(9巻,P207-)
  68. ウエディングドレス姿でスーツ姿のと手をつないでライブ会場に到着(9巻,p272-)
  69. エロいこと」の京介要約を聞き、密かに抱いている望みと同じなので、むせる(10巻,p13)
  70. 新郎新婦の姿で人みたいにしっかり手を繋いで帰宅(10巻,p17)
  71. 冷蔵庫プリクラ摘されになって京介をたたく(10巻,p18)
  72. 京介が一人暮らしをさせられることを簡単に承諾するのが気に入らず、露にいやそうな顔(10巻,p25)
  73. 一人暮らしの京介の面倒を見てやるため、京介アパートの合鍵を入手(10巻,p81)
  74. アパート手料理を作る下準備のため、冷蔵庫プレゼント(10巻,p82)
  75. やましいことをする気満々だったのに、京介にその気がないことを知って衝撃を受ける(10巻,p86)
  76. 「押しかけ妻」のエロゲを渡し、自身の願望を示唆(10巻,p87)
  77. 京介との会話をスマホで常時録音していることを暴露(10巻,p91)
  78. ラスボスとの対決で京介への想いを告白する展開を想像し、らめて京介を見る(10巻,p177)
  79. 京介の模試終了までラスボスを牽制するため、通い妻したい自分も抑えてあやせにお願いする(10巻,p210-211)
  80. 深夜一時にメールすると数十秒で即返信(10巻,p244)
  81. キャンパスの正門で模試が終わるのを、かなり前から待っている(10巻,p323)
  82. 京介に帰ってくる日に合わせて髪型を変え、気合の入った新作のを着る(10巻,p333)
  83. 京介がいない間、京介の部屋で寝ていたが、京介がいない寂しさを紛らわすため、その部屋をオタクグッズでいっぱいにする(10巻,p334)
  84. 幼馴染を褒めたらとたんに不機嫌に(11巻,p28)
  85. 小さな頃はお兄ちゃんっ子だったことが判明。小学2年生までは「お兄ちゃん」呼び(11巻,p57-)
  86. 「いままであたしあんたに対して、素直じゃなかったからねー」(11巻,p65
  87. 小学6年生時点で、京介を「異性として」好きだったことが発覚(11巻,p310)
  88. クリスマスデートの誘いに内心うれしいのに、ツンデレヒロインノリノリで演じる(12巻,p12-18)
  89. ついついやりすぎてしまい京介が部屋に帰りそうだったので、慌ててOKする(12巻,p19)
  90. クリスマスデートでは待ち合わせ時刻の何時間も前から待つ(12巻,p20)
  91. 「周りからカップルに見られてんのかな」の台詞に「ば、ばっかじゃないの!?」とキョドる(12巻,p23)
  92. ツリーの前で京介とのツーショット写真を撮りたがる(12巻,p29)
  93. 京介に「ホテルとってあるから」と言われラブホテルと勘違いする(12巻,p51)
  94. 京介に「,好きな人がいるんだ」と言われ、あまりのショックに涙を流して駆け出す(12巻,p73)
  95. 京介パンツ減少疑惑(12巻,p92)
  96. 京介に貰ったヘアピンくさないよう、同じものを大量購入し常時装着(12巻,p109)
  97. 京介に「どこにも行くな! 結婚してくれええええ」といわれて「はい」(12巻,p203)
  98. 恋愛的な意味で」と言われて「ほ、ほう……へぇ~……」と、うれしそうに、にやける(12巻,p203)
  99. 京介クリスマスプレゼントに買った指輪を婚約指輪と勘違いする(12巻,p232)
  100. 結納のとして婚約指輪をはめてもらうことを望む(12巻,p234)
  101. 京介には厳しい兄妹現実を知って欲しくなかったから、それ系のエロゲーは渡さなかった(12巻,p236)
  102. 京介から何もしないときいて、残念そう(12巻,p239)
  103. 京介告白してこなかったら自分から告白するつもりだった(12巻,p241)
  104. エロゲーよりすごいことをしてしまい、視線を合わせられない。読者にも言えない(12巻,p246)
  105. 宿泊前提で、ワンピース着替えを用意(12巻,p250)
  106. 京介ベッドに潜り込んで防備に眠る(12巻,p286)
  107. 京介が脱いだばかりの制服のにおいをかぐため、京介制服の置き場所を自分の部屋に(12巻,p299)
  108. (小学生時代)大好きなお兄ちゃん写真を全部自分のアルバムに(12巻,p307)
  109. (小学生時代)大好きなお兄ちゃんへの想いを忘れないようiPodに録音(12巻,p310-314)
  110. 腐女子の友達に京介のことをノロける(12巻,p326)
  111. 卒業式の日に約束場所で待っていたが、京介く会いたくなって校門まで来てしまう(12巻,p334)
  112. 京介の第二ボタンネクタイゲット(12巻,p335)
  113. 京介を巡って麻奈実と殴り合いの喧(12巻,p342-345)
  114. 自分の夢より京介未来を優先し兄妹に戻る(12巻,p367)
  115. 約束」により兄妹に戻ったが、せめて結婚したとしておもちゃの「魔法指輪」をねだる(12巻,p372)
  116. 新たに交わされた「模試の約束」、またそれに反するかに見える京介の不意打ちキスにたじろぎ、を染める(12巻,p374)
  117. 「帰ったら、人生相談」――最初の人生相談と同じように、兄妹は、二人だけの秘密を抱えて終わる(12巻,p374)

アニメ版での兄ラブ行動一覧(以下スクロール)

  1. 隣室との薄いを挟んでベッドと頭の位置がくっつくように自分のベッドを設置(1話~)
  2. ネグリジェ間をチラ見せながらにじり寄って、妹ゲー好きな理由をに説明(1話)
  3. エロゲーするときのために、ロードするデータ主人公の名前を京介にしておく。(1話)
  4. 照れてを部屋から追い出した後にドアを開けてチラ見(2話)
  5. では口も聞いてないのに、モデルで掲載された雑誌に「休日は大好きなお兄ちゃんと買い物」と願望を書く(3話 参照)
  6. モデル仲間の親友をデレデレ見たことに嫉妬(4話)
  7. ぐるぐる眼鏡の友人とが、自分が知らないところで連絡してたことに嫉妬(4話)
  8. 幼馴染みが泊まった椅子や部屋のドアヤキモチで蹴る(6話)
  9. いつもはの中で化粧までバッチリなのに、がいないは廊下でトイレの後にだらしなくパンツを直す(6話)
  10. 幼馴染みから帰ってこないに拗ねて、の部屋と反対側を向いて寝られないを過ごす(6話)
  11. が不在なのをいいことに、部屋に侵入してパンツ着用疑惑(6話)
  12. とのクリスマス渋谷デートでは、いつもと違ってピンクマニキュア(7話)
  13. 「好きな人にもらったプレゼントが心の支えになる」と言いながら指輪おねだり(7話)
  14. ラブホテルで「本当は身を寄せ合って寝るはずだった」と願望を表す(7話)
  15. ラブホでシャワーを浴びた後に、すかさずに買ってもらったハートピアスを装着(7話)
  16. 体調不良としながらもの部屋のドアに体当たりして助けをめる(8話)
  17. エロゲー攻略で、隣室のを意識しながらが取るだろう選択肢を選択(9話)
  18. エロゲーの「お兄ちゃん、大好き」を限リピートしながらベッドえ転がる(9話)
  19. 自分似のエロゲ妹キャラとのHシーン前にして自分もシャワーを浴びる(9話)
  20. シャワーに行く途中にとぶつかり、替えのパンツを落としたのを見られて赤面(9話)
  21. 自分似のエロゲ妹キャラとのHシーンに備えて、以前に胸を触られた時の下着を装着(9話 参照)
  22. 自分似のエロゲキャラとのHシーンモードになって、隣室のに嬌を浴びせる(9話)
  23. の部屋の物音を盗聴、録音疑惑(9話)
  24. 兄妹で結ばれちゃいけないというエロゲシーンに自分とを重ねて、ロードせずにそのまま進める(9話)
  25. エロゲー別離ENDの「ずっとずっと好きだったよ」のキスシーンで自分とを重ねて切なく沈み込む(9話)
  26. その後にの顔をまともに見られず、別離ENDに対してつぶやいた言葉を言いながら蹴りを入れてしまう(9話)
  27. (子供時代)と一緒にお風呂に入りたがる(2期1話)
  28. からの電話ワンコールででる(2期1話)
  29. とのデート前日、とのデートコース妄想して絶(2期7話)

2011年1月27日発売の『俺の妹がこんなに可愛いわけがないポータブル』ではルートによって彼女の本心や京介への思い、さらにはIFの関係を見ることができる。

関連動画

関連静画

お絵カキコ

高坂桐乃 高坂桐乃 高坂桐乃 高坂桐乃高坂桐乃高坂桐乃高坂桐乃 高坂桐乃 高坂桐乃 高坂桐乃 高坂桐乃 俺妹

関連商品

関連チャンネル

関連コミュニティ

 

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%AB%98%E5%9D%82%E6%A1%90%E4%B9%83
ページ番号: 4489708 リビジョン番号: 2001442
読み:コウサカキリノ
初版作成日: 10/10/23 12:00 ◆ 最終更新日: 14/04/05 19:47
編集内容についての説明/コメント: 記事修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


きりりん

桐乃

デレデレ桐乃

高坂桐乃

桐乃

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

高坂桐乃について語るスレ

497 : ななしのよっしん :2015/05/10(日) 22:41:26 ID: /sD7vKFvjQ
>>496
自覚しでいいなら1巻時点からすでに多少の恋愛感情はあったと思う
2巻であやせに対して叫んだ台詞ってだいたい本心だろうし、割とネタバレなこと言ってる
逆説的にはエロゲ程度でおかしく(を好き)なったりしないというなら、エロゲする前から好きってことだし

>押し倒されたとき、京介はなかなかどこうとしなかった
ラブコメテンプレだよな

>ずっと聞こうと思っていたんだけど、>>495的に好きな俺妹シーンってどこ?
絞りきれないからアニメの話をすると、2期10話の痛チャリとかかな
498 : ななしのよっしん :2015/05/17(日) 03:10:41 ID: jLm5R3UJ7i
>>497
自覚しでいいなら1巻時点からすでに多少の恋愛感情はあったと思う
2巻であやせに対して叫んだ台詞ってだいたい本心だろうし、割とネタバレなこと言ってる
逆説的にはエロゲ程度でおかしく(を好き)なったりしないというなら、エロゲする前から好きってことだし
今だから言えることかもしれないけれど1巻のラスト京介桐乃に「ありがとね、兄貴」と言われて「俺の妹が(略)」と絶叫するのもその伏線ってことかもね。
アニメ2期のOP(お兄ちゃんお風呂入ろうのシーン)で散々罵倒されて「俺の妹がこんなに」って夢オチで終わったけれど、恐らく「こんなに生意気なわけがねえ」とか言いたかったのかも。

>ラブコメテンプレだよな
この作品、確かにテンプレもあるけど、予想外の行為もあったよね。特に10巻の黒猫VSあやせの口げんかの時の黒猫のあの台詞はねえ・・・。
「私は京介が実のセックスしていても構わないわ」「私は京介近親相姦上等の鬼畜だったとしても何ら問題なくせるし、桐乃が望むのなら一番など喜んでくれてやるわ」
原作セックスに、TV版は近親相姦にピーが入ったけど円盤は両方しっかり入ったし、よくOK出たよな、と思った(これ隠すと俺妹じゃないから伏せないほうがいいとは思うけど)。仕事とはいえ澤さんはどういう気持ちだったんだろう・・・。本当によく強制終了食らわずに終われたよな。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
499 : ななしのよっしん :2015/05/30(土) 13:50:47 ID: /sD7vKFvjQ
1巻ラストは「俺の妹が~」と思っただけで口には出してない
だからこそ初めて口に出した10巻ラストが特別
まあ、2巻冒頭で1巻ラスト笑顔を思い出すだけで目眩がするとかやばいことに変わりはないけど

自分はあんまり広く手を出さないから声優とかは他作品はよく知らないな
2周以上読み返したのも俺妹だけだしね
500 : ななしのよっしん :2015/05/31(日) 02:25:34 ID: jLm5R3UJ7i
>>499
>1巻ラストは「俺の妹が~」と思っただけで口には出してない
だからこそ初めて口に出した10巻ラストが特別
まあ、2巻冒頭で1巻ラスト笑顔を思い出すだけで目眩がするとかやばいことに変わりはないけど
あれだけ嫌い合っていたのに、それ(笑顔)を思い出すだけで目眩とは・・・。桐乃桐乃だけど京介京介ってことか・・・。

>自分はあんまり広く手を出さないから声優とかは他作品はよく知らないな
2周以上読み返したのも俺妹だけだしね
も何週も読み返したのは(ラノベでは)俺妹とこの前言った「ゲーマーズ!」だけ。とらドラ!とか甘ブリとかも読んだけど1回で終了した。キャラストーリーに感情移入できないんだよね。中の人はお気に入りのキャラとかじゃないと有名でも知らなかったりするから、それはいいんじゃない。
そのためか、俺妹PSP(続じゃないほう)最近やったけ桐乃ルートくなかった・・・。桐乃に感情移入出来なかったんだよね。ただのウザイ女、それだけ。桐乃ガチオタラブ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
501 : ななしのよっしん :2015/08/26(水) 20:42:50 ID: PpoRwinmwQ
某所で俺妹ハッピーエンドじゃないと書いてあったが違うよなぁ。
桐乃の自分の信念を貫くというところに周りが感化されて各々がラストに向けて行動したと思うんだ。桐乃趣味も友達も兄弟であることも全部失わない(欲る)ように行動したわけだし、黒猫あやせも他のメンツも全員がそうした。
桐乃黒猫あやせの中がこじれなかったのは各々がそれでいいんだと納得していたからだしそれを作者は何巻もかけて訴えていた。麻奈実は現実を訴える役割を背負ったから分かりにくいけど京介の最高の理解者でかつ京介幸せを願っているからこそあの場面で告白した。
京介・沙織・桐乃黒猫サークルはぐれ者の集まりに新メンバーが入れるなんてどんなやつなんだといた京介だけど、その言葉通りかなり限定されるはずで、あやせオタク作戦の進捗と成果が描かれていない以上、新メンバーあやせだと思う。
最後に口にキスをしたのは信念を貫くことをあきらめてないこと、まだ物語が終わっていないことを示すものだった。アニメのほっぺにキス変はありあえなかった。作者が納得しなかったのは当たり前のことだと
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
502 : ななしのよっしん :2015/09/11(金) 22:00:05 ID: jLm5R3UJ7i
>>501
>某所で俺妹ハッピーエンドじゃないと書いてあったが違うよなぁ。
どういうのがハッピーエンドかで全然違ってくるから、絶対こう、とは言い切れないけど、
個人的には100%ハッピーエンドじゃない、とは思う。
桐乃にとって)無理ゲーに近かった京介との人関係を成就させ、「兄妹で付き合ってます」と思いっきり宣言したり、結婚式(仮)をやったり、という面ではハッピーエンドだとは思う。
けど、麻奈実と京介との関係崩壊(これは避けて通れないけど)や、家族バレのリスク、世間からの偏見、差別というエグイハードルも出来たし。これは2人とも覚悟しているようだけど。
最終巻で作者も(京介が言う形で)「(兄妹もののエロゲーで)付き合ってからのことはあやふやにする」って言ってるしね。
まあ突然ハーレムルートに行ったり、実は義兄妹でした、ってならなかったのはすごいよ。あれだけ売れても最後に一番批判の来やすいルートを選んだから。作者意だと思っている。
最終巻の前にゲームで義兄妹でのハッピーエンドルートを作ったのもそうじゃないかな?徹底的にイチイチャさせて結婚させて子供作って。「原作実妹エンドで行きます。その代わりゲーム版でラブラブな2人を楽しんでください」的な。原作終了後のインタビューでも答えていたような。
アニメのほっぺにキス変はありあえなかった。作者が納得しなかったのは当たり前のことだと思う。原作はこれ以上のない終わりだった。
そうだったっけ?あとで最終巻読み直す。納得できなくてもしょうがないといえばしょうがないが・・・。成人コミックでもないのに普通なら実の兄妹で付き合うって表現でアウトなんだし(実際最終巻のレビューとか批判だし)。
でもそれが出来たからこその俺妹だし、自分自身にとってのラノベなんだよね。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
503 : ななしのよっしん :2015/09/18(金) 06:46:49 ID: d5p00R09ro
何年も連載続けた作品でハーレムや義理落ちなんてやったら今以上に批判大きかったと思うよ
原作全12巻主人公メインヒロインしか表にいないラブコメサブヒロインとくっつけるわけにはいかないし元から他の終わらせ方なんてなかったんじゃないかな
504 : ななしのよっしん :2015/09/22(火) 15:37:40 ID: jLm5R3UJ7i
>>503
ホントだ。表は2人以外いない。
でもこの作品まで鳴かず飛ばずだった作者が(本人の意思は別にして)ああいった終わらせ方を決められるかな?
俺妹の連載時は東京都の例の条例とかで、オタク分野は攻撃されてたし、これもBPOの議題に上がっていたし。そんなときに「実の兄妹人になります」なんてやったら、作者だけじゃなくて会社(角川)も大炎上確実だと思う。
それが出来たのは、12巻で500万部オーバーっていう驚異的な売上げを達成したのと、いろいろな所(千葉ロッテとか千葉モノレール)とコラボしたり、千葉県知事(だったかな?)が公式エールを送ったりしたからだと思う。
嫌な言い方だけど、結果を残したのと、批判が出来にくい空気にしたっていうのが実情だと思う。
作者ストーリー好きだし(アニメ1期9話のオリジナルとか特に)、言いたくはないけどね。絡んでくるやつは重の隅をつつくように絡んでくるしね。
505 : ななしのよっしん :2015/12/27(日) 02:37:35 ID: xLoQEP/WRg
なんだこの長文は…
が滑る…
506 : ななしのよっしん :2016/07/05(火) 12:17:35 ID: 8uR61kbJ7t
くっさ
嫌なら見んな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015