単語記事: 高橋和希

編集  

高橋和希とは、日本漫画家である。制作スタジオとして「スタジオダイス」を持つ。
ニコニコ動画では『遊☆戯☆王』の原作者として知られる。ファンからの称は『和希』。

概要

東京都出身。代表作は『遊☆戯☆王』。
アシスタント伊藤彰影山なおゆき佐藤史、友永浩。4名はそれぞれ『遊戯王』の生作品の漫画を手掛けたことがある。

遊戯王』は元々、の秘宝『千年パズル』のによって闇の番人となった主人公が、次々と登場する悪党に闇のゲームを仕掛け、心理戦を繰り広げ、最後は罰ゲームで成敗してゆくという物語であったが、シャーディー編に突入してから人気は低迷の一途を辿り、打ち切りの話も囁かれるようになった。どうにかして漫画を続けたかった和希は、以前登場させた『マジック&ウィザーズ』が高い人気を得ていた事を思い出し、作中に再び『マジック&ウィザーズ』を登場させる事にした。この判断は担当編集者によるも大きかったようで、後押しされたところも大きいようである(DEATH-T編は元々大長編であったが、この為に短縮を決断したともっている)。

こうして作品の人気は復活し、『遊戯王』は『カードバトル漫画』へと路線転換。小中学生を中心に高い支持を集め、日本国内のみならず世界的なヒット作となった。海外においては『第二のポケモン』と評され、高い支持を集めるように。

そんな『遊戯王』も2004年に連載が終了。漫画家としては筆を休めつつも、『遊戯王R』や『GX』などの漫画監修を務め、『遊戯王OCG』ではデザイン提供を積極的に行うなど、依然として『遊戯王』とは関わりを持ち続けている。

2010年4月頃に制作スタジオスタジオダイス)のホームページを開設。和希本人によるブログイラスト、ラフスケッチなどが開され、内海外からも注される事となった。本人によれば『未熟で上手くなりたいけれど、やはり見てもらえる環境を作らなければサボってばかりだと思った為』『ファンの皆さんから画集要望のがあった為(後述)』であると開設の理由をっている。また、イラストの描き方なども開されており、ファン必見の内容となっている。(なお、現在は休止中)

2016年6月13日劇場版遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS開の御礼として悪戦苦闘しながらInstagramを始めていたことが判明。iPadを用いて描いた、新たなイラスト開している。

経歴

子供の頃から絵を描くのが好きで、中学1年の頃に担任の教師から『高橋お前は喰って、ウンコして、寝るだけのウンコ製造器じゃあ!』とからかわれた事から、漫画家となる決意を固める。この頃はテニスクラブ活動に没頭し、漫画趣味としてやっていたという。

高校生の時に手塚プロダクションアニメ背景スタッフの採用試験を受けに行っており、将来はアニメ仕事がしたかったともっている(絵が下手すぎて結果は不合格だったという)。和希にとっては一つのチャレンジだったようで、いい思い出だったようだ。

19歳の時に製作した漫画が某少年誌にて入選し、一応のデビューを果すも、他の漫画家アシスタントをし、出版社を渡り歩き漫画を見せるなどして、10年もの歳が経過。そんな頃に『週刊少年ジャンプ』のある編集者から良い評価を受け、漫画を描く機会を与えられたとる。その結果、『遊戯王』の誕生に繋がり、30歳を過ぎてようやく漫画家としての大成功を収めるに至った。このように漫画家としては大変な苦労を重ねている努である。

とにかく貧乏漫画一発当てたいという気持ちがあったようで、『闘王の』執筆時には将来の標は「リッチマン」であるとコメントしていた。

漫画家として成功する以前はゲーム会社で働いていたという経歴を持つ(スロットマシーンのパネルデザイナーをしていたという。漫画家への夢を捨てきれなかった為、再度挑戦し、今日に至るとっている)。

漫画家ではなく別の仕事に就いていたとしたら、『ゲームデザイナーになっていただろう』と述べている。

作風

漫画家としてのタッチの幅は広く、『遊戯王』ではアメコミのような筋肉質なモンスターから可らしい美少女、果てはディズニーのようなカートゥーン調のものなど、様々なものを描き上げている。インタビューでは『今の絵のスタイルに落ち着くまで、コミカルな絵、リアルな絵、アニメ絵と様々な絵柄を転々とし、その全てに影を受けている。』『最終的に全てのスタイルを集大成して、遊戯王が生まれたと思っている。』とっており、そのタッチの幅の広さは和希の努の賜物であるといえよう。

同じく漫画家荒木飛呂彦を敬愛しており、『ジョジョの奇妙な冒険』を読書に挙げている。『遊戯王』の初期のタッチには荒木飛呂彦の影が垣間見える。

人物

かなりのゲーム好き。RPGテーブルゲーム全般を好している。

実は遊戯王カードで遊んだ事は一度もないらしい。その理由を氏は「漫画キャラクターが一番で、カードはあくまで小具。カードに作品を操られないようにするために、あえてカードで遊ばないように心掛けていた(要約)」と、津田健次郎との対談でっている。とはいえ、99年発売のザ・ヴァリュアブル・ブック1では「デュエルは何回もした事はある」とコメントしている為、実際のところは不明。

オンラインゲームにも関心はあるが、『ゲームというものは人間と人間が向かい合ってするもの』『相手の表情を見て、心理的に作戦を練るのが面いんです』と述べた上で、『オンラインゲームバーチャル世界モニターに映し出されただけのものであり、主人公が見る実際の世界ではないですからね』とっており、作品に登場させる事はないという。実際、『遊戯王本編にはオンラインゲームが登場した事はなく、後述の読み切り漫画TRANSCEND GAME 遊戯王』にVRゲームが登場した程度である。
当の和希氏自体は少なくとも2016年7月配信の「Pokémon GO」をプレイしているようである

なお、当の和希本人は、元アシスタント伊藤彰「パソコン音痴」伊藤は和希氏がInstagramを始めたことにたいそう驚き、「こんなに成長されて・・・」といている。しかしコメント読み方すら分からず、コメントをつけるイラストすら間違えていたという。ちなみにフォロワー一番乗りは影山なおゆき

遊戯王』では『父親』や『親殺し』を裏テーマとし、『父親』をシビアな存在として描いているが、和希と父親との関係は至って良好である。単行本12巻の作者コメントによると、正月久々実家に帰った時に、家族の皆に『遊戯王』のカードダスを見せようとしたら、親父が既に持っていたという。るところによると親父は隣町までバスに乗って買いにいったらしく、ぼつぼつとその事をっていたらしい。なんともお茶親父さんである。

大のアメコミ好きであり、『遊戯王』の作にも反映されている。好きな作家サイモン・ビズリー、好きな映画として『スパイダーマン』を挙げている。く、『正義めつつ、自分の人間性を失わない事は、現代のヒーローの条件なのではないか』との事。

海外動物愛護団体TeachKind』を訪問し、動物虐待などに関してインタビューに応じた事もある。動物好きのようで、インタビューによると好きな動物は『』であるとの事。

ペットとして柴犬のタロを飼っている。また、タロをモデルにした『柴戦士タロ』というカードが『遊戯王OCG』に存在する。自分の飼っているペットOCG化する等、和希の情が垣間見える。

主な漫画作品

画集要望の声

遊戯王』の大ヒットによって高い知名度と人気を得、今やベテラン漫画家としてその名が知られる和希であるが、不思議な事に今まで画集が発売された事はない。

その為、画集出版を熱望するファンは非常に多く、その域は検索をかければガンガンヒットするのは論のこと、出版嘆願同盟なるものまでヒットするほど。公式ホームページ開設後もメールを通じて要望のを送るファンは少なくない。

これに対し和希は2011年6月25日ブログにて、『画集要望のがあった時は、作品数が少なかった事もあり、昔のカラーページデジタル処理で描き直そうと試みたが、作業は困難を極め断念した』と画集を出せない理由を発表。その代わりとして、ホームページギャラリー制作に励み、ファンの皆さんに楽しんでもらう、と述べた。

『今でも画集要望のメールを沢山貰っており、その事をうれしく思っている』とる和希は、今後はそのに応じてイラストを沢山描き、ホームページに載せていくようである。

残念ながら、この事からおそらく、今後画集が出版される事はないと思われる。
ただ、ホームページに展示されているイラスト、今後展示されるイラストを含め、何年後でもいいから画集としてまとめ、出版してほしいというのがファンの心情であろう。

…だが2011年11月某日、集英社サイトの新刊案内にて突如、画集の発売情報が掲載され、2011年12月16日にめでたく発売された。多くのファンが『夢のまた夢』と諦めていたことが現実になろうとは…!ありがとう和希…!ありがとう集英社…!これは和希からのクリスマスプレゼントとして、ファンならぜひとも購入するべし。

遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS

そして映画遊戯王最新作「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」が発表される。
和希は製作であり、脚本とキャラクターデザインも担当する。後に絵コンテと原画スタッフも兼任していたことが判明。

本作はアニメではなく漫画遊戯王の続編であり、原作終了後の話が初めて作品となる。
本作開に伴い、原作ラスト映画の間の物語である前後編の読み切り漫画TRANSCEND GAME 遊☆戯☆王』を手掛け、週刊少年ジャンプ本誌に再び姿を見せた。

関連動画

関連商品

情報元

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%92%8C%E5%B8%8C
ページ番号: 4141129 リビジョン番号: 2386968
読み:タカハシカズキ
初版作成日: 09/08/15 03:28 ◆ 最終更新日: 16/07/24 14:49
編集内容についての説明/コメント: instaglamのおはなしに追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

高橋和希について語るスレ

261 : ななしのよっしん :2017/06/14(水) 00:09:15 ID: KvBXQ3lFlc
VRお絵描き凄すぎてお金払って映画館アホ面で口開けて見たい
262 : ななしのよっしん :2017/06/15(木) 23:21:14 ID: VpbhmQPA5K
この人どんどん絵うまくなっていってるよね
263 : ななしのよっしん :2017/07/28(金) 16:50:39 ID: B1Bko5g/y1
また遊戯王キャラデザやってくれないかなー
264 : ななしのよっしん :2017/08/26(土) 09:17:50 ID: FLgBWHu8Un
久しぶりに遊星描いてたな
今でも雄也さんと親交があるようで
265 : ななしのよっしん :2017/10/21(土) 13:04:26 ID: w/p1EbWJ3z
連載時の急病で〇んで遊戯王終わってくれてればよかったと最近思うようになった
自分で名作原作を壊していく鳥山明はどうかと思うが、駄作に関しては「見てない(笑)」でシカト決め込むこいつよりマシ
結局>>208に書いてある通り絵が上手いだけのパクリ野郎ではあるが
人徳の良さなどでそういうのは見逃されてたわけだ
映画インタビューでの「アニメシリーズの偉大な原作とは一切関係ないパラレルですらない(意訳)」とかほざきだした時点で?となったが
まさか過去作レ〇プされてもだえ苦しむファンを放置とはたまげたなぁ
結局印税ゲバだったわけだ、パチンコに作品売り渡すと同じ
266 : ななしのよっしん :2017/10/21(土) 13:07:54 ID: basdl4+Kmp
>>265
アークソの犯は小野と上代であって、カズキングとファン小野ニーの犠牲者でしかないからな?
267 : ななしのよっしん :2017/10/21(土) 13:26:22 ID: WGmZAvCnTM
>>265
あの時期は映画あってその読切も描いて忙しかっただろうし
アークからキャラデザやらなくなったし
本当に見てないんじゃないかとも思うぞ

パラレルですらないってのは曲解でしかないし
>>208については散々反論されてるだろ
268 : ななしのよっしん :2017/11/03(金) 19:51:45 ID: c0Kt38YYaC
>>265
お前みたいな勘違い野郎がカズキングるなんてヘドが出るわ

あんたの頭の出来が腐ってるってよくわかったよ
269 : ななしのよっしん :2017/11/15(水) 03:00:24 ID: io7yEle4Wg
いやこれ普通削除案件だろ
そういうのの申請ってどうすりゃいいの
270 : ななしのよっしん :2017/12/11(月) 18:05:03 ID: 67bun38tvD
はぇ〜、やっぱり遊戯王アンチは和希先生にも殺意を抱いてるんすね〜

アンチ嫉妬アンチコメントするしてるから、まあそれはスルーしとけばオッケー
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829