単語記事: 高橋紹運

編集

高橋紹運

高橋紹運(たかはし・じょううん 1548 ~ 1586)とは、松永久秀を煎じて飲ませたい武将ナンバーワン九州一の義理固さ(ギリヒャク)を誇る戦国時代の豊後大友の重臣であり、立花道雪の最高のタッグパートナーであり、西無双なる猛将立花宗茂の実。  

別名は吉鎮理(よしひろ・しげただ)、高橋鎮種(たかはししげたね)。紹運は法号。

名前の読み方は色々な場所やゲームではしょううんと表記されるが正しくはじょううんであるので気をつけよう(wikipediaでもじょううんとなっている)

763

概要

豊州三老の一人吉弘鑑理の二男に生まれる。はじめ吉鎮理と名のり、に背いた宝満高橋鑑種の後任として同を預かり、高橋姓を名のる事となって名を高橋鎮種めた。

その後、雷神立花道雪を補佐して北九州方面を担当し、の戦いで大友島津に大敗すると、呼応するかのように発生した叛乱に対して知略・武勇を発揮してこれを大いに撃破した。

キン肉マンテリーマンの関係の様な立花道雪より、長男高橋統虎を養子に請われたが、自身も高橋統虎の類稀なる資質と器量に期待していた事もあって最初は拒絶するも、度重なる要請に

殿が争うことになったならこの太刀を討て

と言って一振りの脇差と共に高橋統虎を養子に出した。

この高橋統虎こそ後の西無双立花宗茂であり、婿入り相手は立花ギン千代立花誾千代)である。

その後、大友を滅ぼすべく北進してきた島津軍(2万とも5万とも)と763人で岩屋にて相対する。島津軍の武将が再三発する降伏勧告を

盛しているときは忠勤に励み、功名を競う者あろうとも、が衰えたときには一命を掛けて尽くそうとする者は稀である。方は島津が衰退したときを捨てて命を惜しむのか。武に生まれた者として恩・仁義を忘れるものは獣以下である  

とはね除けて九州一の義理高さを見せつけ、半月の間徹底抗戦した末に763全員が玉砕した。

高橋紹運が玉砕するまで持ちこたえ、その後立花宗茂立花山城で持ちこたえた事もあってか豊臣秀吉九州征伐が間に合い、大友は滅亡を免れ、島津九州制覇の野望は打ち砕かれたのだった。

※その他「高橋紹運」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照

高橋紹運とその妻

高橋紹運が妻を娶る事が決まった際、戦続きで婚儀が延期に延期を重ねていた。

この間に結婚相手が「病を患って容貌が醜くなった」と言う事で婚約を破棄する旨を伝えてきたが、

私は彼女の容姿に惚れて婚約を決めたのではない、
心の優しさなど内面に惹かれて婚約を決めたのだから、容姿が変わろうとも問題はない。

として予定通り結婚した。さすが義理100を誇る男は違う。その後夫婦は仲まじく暮らして立花宗茂立花直次らを設けた。

なお、西無双として知られる立花宗茂と共に、立花直次もまたに並ぶとも劣らぬ猛者である。

763!岩屋城の戦い

岩屋は、 太宰満宮の近くにあった山城である。

島津龍造寺を飲み込んで勢いを増す一方で、遠征失敗(の戦い)と立花道雪の病死で大友の勢は急速に衰えていた。島津九州を制覇をせんと大軍をもって北進して来た時に、対抗する将は高橋紹運とその二人の息子しか残って居なかった。かくして高橋紹運は、玉砕を承知で僅か763人の兵と共に岩屋に籠るのである。

大友将たる高橋紹運がこのような行動出た理由はいくつか考えられる。一つは背後の立花山城には長男立花宗茂が籠って居る事。もう一つは宝満に紹運の妻や次男の高橋統増、岩屋から避難した女子供が籠って居る事。そして島津軍にとって高橋紹運視できない武将であった事である(仮に他の将を岩屋に籠らせていたら、島津軍は一部だけを残して本体は回していたであろう)。つまり高橋紹運は、息子領民を救うため、自らを囮として島津軍を岩屋に釘付けにしようとしたのではないだろうか。

60倍以上の敵戦に対して、時に果敢に打って出て、時に矢やを降らせ、宰府を流れる染を鮮血で染めたという死に物狂いの抵抗を行って島津軍に3000もの損を与えたものの、衆寡敵せず兵は全員玉砕し、高橋紹運切腹してかきだした腸を投げつけて果てる壮絶な最後を遂げた。

辞世の句

屍をば 岩屋のに 埋みてぞ 井のに 名を止むべき

戦後の首実検にて、相対した島津忠長は、

々は類まれなる名将を殺してしまったものだ。
紹運殿は戦の化身のようであった。
その戦功と武勲は今の日本に類はないだろう。
彼の友になれたのであれば最高の友になれただろうに…

とその勇戦を評して涙を流した。

想定外ダメージを負った島津軍は、軍の再編成の時間をとられた上に、その後の立花山城戦では高橋紹運息子立花宗茂の前にを落とすことが出来ず、豊臣秀吉九州征伐軍の到来と共に退却する事となった。

豊臣秀吉はその義理100ぶりと寡兵での勇戦振りを

この乱れた下克上乱世で、紹運ほどの忠勇の士が九州にいたとは思わなかった。
紹運こそこの乱世に咲いたである。

と讃え、息子立花宗茂を大名に取り立てて報いた。

本当に、どっかのボンバーマンを煎じて飲ませたい義将である。 

なお、子孫のひとりに第92内閣総理大臣麻生太郎がいる。

戦国大戦

「今、戦となりて、が敵を討つ!」

Ver1.2で他(大友)として参戦。立花の関係者はライトセーバーを持っているので、宗茂のである彼もまた持っている。知勇兼備の武・統率に騎隊ではしい防柵持ち、更に大友全員に標準装備の制圧持ち。
その格好がどっかのジェダイマスターと酷似しているため、通称はジェダイ

計略の「戦(いくさがみ)の采配」は、味方の武と兵を上げる計略。コストが高い程効果が大きく、当初は3コス以上なら大名采配級の武上昇に更に兵が6割くらい回復とデッキ編成は選ぶものの恐るべき効果を誇っていた。彼、立花道雪龍造寺隆信という新武将3枚デッキが他ケニアとして環境を席巻した。

計略はその後下方修正され以前のような戦ゴリ押しゲーはできなくなったが、それでも高コストへの兵回復はVer1.20E現在でも4割ほどある。高コストの武将は武も高いため、状況によっては奮起の大号令のような悪夢を見ることになりうる。

関連動画

秋月軍の中核をなす17歳トリオの一人として活躍している「律子の野望」(初登場の第6話/マイリスト

▼盟友:立花道雪、実子:立花宗茂と共にチートとして登場。763

高橋紹運の作品を紹介

▼岩屋の戦いが取り上げられた動画
 

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける「高橋紹運(吉鎮種・高橋鎮種)」の一覧

※義理は全作で最高値

軍事 内政
群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 80 政治 52 66 野望 50 教養 70
覇王 采配 91 戦闘 92 智謀 26 政治 48 野望 13
戦才 186(A) 智才 102(B) 政才 96(C) 87 野望 43
将星 戦闘 94 智謀 70 政治 43
烈風 采配 81 戦闘 88 智謀 65 政治 40
世記 采配 81 智謀 59 政治 25 野望 20
統率 81 知略 59 政治 21
下創世 統率 82 知略 63 政治 19 教養 54
革新 統率 95 武勇 94 知略 70 政治 22

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E7%B4%B9%E9%81%8B
ページ番号: 1989362 リビジョン番号: 1752698
読み:タカハシジョウウン
初版作成日: 09/03/15 23:08 ◆ 最終更新日: 13/02/22 13:29
編集内容についての説明/コメント: 多少は関連のある記事は復帰
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


高橋紹運

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

高橋紹運について語るスレ

31 : ななしのよっしん :2014/04/29(火) 17:15:51 ID: 1do3mqqr+1
戦国無双4島津の章でピックアップされていたが、すっげーカッコよかった
岩田立花山城の戦いの宗茂との会話イベントは、ボタン押す手がちょっと震えちゃったよ
無双は、モブ顔のままでも魅せるときは本当に魅せてくれるのがいいわ。

ひとつ前のマップボスだった例のは知らん。
32 : ななしのよっしん :2014/05/03(土) 20:42:58 ID: lMEwRYfvRe
>>31
欲を言えば立花高橋と明智細川は親子セット無双に出てほしいわ
33 : ななしのよっしん :2014/06/13(金) 17:20:33 ID: YQfXhOblsc
嗚呼壮岩屋
高橋紹運が玉砕した岩屋跡には、臣の子孫の方が立てられたという石碑があります。
大宰府政庁跡から登って、大体一時間弱で行けます。
大宰府に来る事が有りましたら、行ってみるのもいいと思います。
色も悪くないです。満宮と九州国立博物館が眼下に見えますよ。
34 : ななしのよっしん :2014/09/11(木) 10:16:59 ID: lTX5z7vKoY
に玉砕なんて話は紹運に限った話ではなくあるものだが、やはりこの人が印に残るのは息子立花宗茂だってことも強いね。
この親にしてこの子ありと言うか、素晴らしい子を残したと言うか。
35 : ななしのよっしん :2014/10/13(月) 21:30:21 ID: uDkLoasnUX
岩屋の戦いは、よくある意地とかに殉ずるとかの玉砕じゃなくて、
息子たちのために時間稼ぎを行って命と引き換えに戦略的勝利を得た、という「勝ち戦」であるのも大きいと思う
島津豊臣軍によって結局は押し戻されるのは変わらんだろうが、
そこまでの過程で大友や宗茂達が耐えきれたのは紹運達の
死をもっての時間稼ぎであることは事実だと思う
少なくとも最終的にもっと打撃を受けることにはなっただろう
正直出来過ぎレベルの話だよこれ…
36 : ななしのよっしん :2014/11/18(火) 18:13:14 ID: 0xAno/L2pi
当時の九州は本当に魔だと思うわ
鬼島やこの人らを初め、地方族から何から猛将
でも住んでて皆常日頃から戦いの世界に身を置いていたとしか…
37 : ななしのよっしん :2015/06/21(日) 15:29:42 ID: p4H3eNU8jq
画像が下手なので変えて下さい。紹運の肖像画はあります。
それに従って描いてください。下手すぎます。
38 : ななしのよっしん :2015/06/21(日) 15:40:34 ID: BaMjitCjkx
だったら自分で描けばよろしい
39 : ななしのよっしん :2015/11/28(土) 00:44:42 ID: qfFYHsHvSW
島津忠長といい、新納忠元といい、
島津は強さと敵への敬意を兼ね備えているところが
格好良い。

宗茂も関ヶ原後の敗走の際、ドサクサにまぎれて
を襲わず一緒に協しているし、
この、綺麗事など一切通らないはずの血塗れの修羅の中に
確固として存在する士というものの不可思議さよ……
40 : ななしのよっしん :2016/01/27(水) 14:18:47 ID: 0VE8vkvjTQ
 腸投げつけたって言う出典教えてくだされ。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015