単語記事: 鬼塚豪

編集  

鬼塚豪(おにづか・ごう)とは、アニメ遊☆戯☆王ヴレインズ」に登場するキャラクターである。
担当声優濱野大輝

概要

1話時点で「LINK VRAINS」のカリスマデュエリストランキング1位の男。
マッシヴな姿をしているが、これでも19歳である。
見た通りストイックな性格で努。児童養護施設で生まれ育った孤児の出身であり、かつては子供たちのヒーローとなっており、自体も孤児院に協していた。Aiデータ収集によれば、寄付やボランティアなども積極的に行っていた様子。

……しかし、「VRAINS」内に出現したハノイの騎士を追って現れた「Playmaker」と、彼の登場から巻き起こったデータストームにより再び行えるようになった「スピードデュエル」が話題を席巻。
実質的にヒーローの座を追われ、子供たちのにも映らなくなってしまったは、子供たちの視線という大事な物を取り戻すために、一度は断ったSOLテクノロジー社の依頼を受け、恐らく同社の用意したであろうハノイの騎士の偽アバターを使ってまで、VR間にPlaymakerを誘い出す
己の理念まで捨てて戦いの舞台を整えたは、男の意地をかけ、Playmakerとの直接対決に挑む。

直接対決後は暫く表舞台アニメ本編に出ていなかったこともあってか、無慈悲にもランキングが急落。
しかし、同じ施設出身の君マコトハノイの騎士のPlaymaker狩りに巻き込まれ、VR間に意識を取り込まれたまま戻ってこれない『アナザー』の犠牲になってしまう。
塚はマコトを助けようとしたが間に合わず、実行犯のドクター・ゲノムはウイルス除去プログラムと引き換えにPlaymaker狩りへの協を迫る。それを拒否した塚は、後日LINK VRAINSに攻撃を加えだしたハノイの騎士集団に、Playmakerの偽アバターを利用し乱入することで、再び表舞台に現れる。
ドクター・ゲノムを誘い出すことに成功し、彼にデュエルを申し込むが、その条件は負けたらPlaymakerの正体を伝えること。その正体である藤木遊作は、マコト塚の様子を確認するために一度病院に行っており、塚に接触してしまっていたのだが、果たして……?
なお、この疑問自体は、ドクター・ゲノムとの戦いに塚が勝利したため、これ以上言及されることはなかった。

ドクター・ゲノムとの戦いを終え、塚はあくまで個人としてハノイと戦うことを決意。的を同じくするPlaymakerとは結果的に共闘という形を取る。
そしてハノイの騎士が全ネットワークの破壊機関ハノイの塔」を完成させようとしていることを知り、塚もまたへと向かう。
間近で待ち構えていたリボルバーと対面し、己が倒すと意気込む塚。展開に特化した不屈の戦いを見せるも、一歩及ばず敗北。しかし対峙したリボルバーすらも彼を認め、最期の間は中継が途切れ、不幸中の幸いとして子供たちの夢を壊すことはなかった。そして、そのデュエルを見ていたPlaymakerの眼前で、リボルバーの数多の切り札の情報を暴いたことで、結果としてPlaymakerのデュエルに貢献することになり、その生き様は決して駄にはならなかった。

オレはGo鬼塚。本物のヒーローが、ヒーロー気取りのお前の化けの皮を剥がしに来たぜ!

LINK VRAINSにおけるアカウント名はGo鬼塚(ゴゥおにづか)。普段のアバターは、登場人物としてはしく現実世界と全く同じ。
使用するデッキ戦士剛鬼(ごうき)デッキ。所属モンスターは守備0、いは守備が存在しないカードで統一されている。プロレス元ネタとしたデッキであり、戦闘補助にも優れるが、剛鬼モンスター最大の特徴は除去を受けるなどしてフィールドから墓地に送られた場合に発動するサーチ効果。リンク召喚の展開でも効果が発動するため、展開のみならず延々と戦線を維持することも可
また、彼自身のスピードデュエルでのスキル闘魂は、1デュエル1回、宣言ターン戦闘破壊された剛鬼モンスターを特殊召喚する
以上の傾向により、対戦相手の攻撃を敢えて受け、ピンチを演出し窮地に陥りながら、剛鬼モンスターのサーチ効果を生かすなどして復活、演出に留まらない実利を得て勝利するエンターテインメントデュエルを得意とする。
……が、先述のように子供たちからは既に興味を失われているばかりか、他の観客からも「古臭い」などと言われ、現在ではエンターテインメントデュエルの受けはよくない様子だった。
それでも好きだと言ってくれる観客自体は存在し、彼の方針や人格を理解しているマネージャーも存在するなど、彼自体は未だ人々にされている存在である。ひとえに人徳故か。

しかし、ニューヒーロー「Playmaker」との突の最中、塚の姿にファンは活気を取り戻し、確かな人気が未だ存在することを明した。
また、対戦相手のPlaymaker自体にも、「対戦相手を楽しませ、自らも勝利するという矛盾融合した地にある」と称され、エンターテインメントと勝利の為のデュエルが正しく混ざり合った姿に、表情を崩さないPlaymakerさえも動かし、笑顔を見せるに至った。
決着後も塚は笑顔でPlaymakerを見送り、Playmakerの方は「勝っても負けても、いつまでも戦っていたい。そんなデュエルもある」と振り返っていた。
子供達も、最初は純に勝っている方を応援していたため快な返しに見えたが、二人のデュエルを楽しむ姿に感化されてか、最終的には塚の側を応援しており、勝負には負けたものの、子供たちの視線塚のもとに帰ってきた。
このデュエルを以て彼は、対戦相手も観客も楽しませながら、勝つためのガチデュエルを繰り広げる、本物のエンターテインメントデュエルを体現したのである。

だが、この敗戦がきっかけで己を見つめ直す必要性に迫られた塚は、ファイトスタイルの見直しが課題となってしまう。それでも観客を魅了する己のデュエルを捨てたくない塚は、マネージャーの提案により、己の根幹を変えないままファイトスタイルを大きく変える決断をする。
その結果、ハノイの騎士のPlaymaker狩り乱入した塚はプロレスヒール悪役)のようなデュエルに転向し、で圧倒する戦法をとるようになった。それを示すかのように、召喚した剛鬼サンダーオーガと己自身にヒールマスクを装備、直後カード効果による攻撃と大暴れ。対戦相手のドクター・ゲノムからは酷評されているが、既に塚は観客の心をがっしりと掴んでいる。
……が、実はこの「ヒールターン」すら観客を喜ばせるためのエンターテインメントデュエル中に剛鬼フェイスターンヒールフェイスを脱ぎ捨てた塚は、スタイルに囚われず、スタイルチェンジすらエンターテインメントとして観客に魅せるような戦いにより、己の運命を己で掴み、ドクター・ゲノムを倒したのだった。
これにより、世界一エンターティナーを自負するGo鬼塚全復活を遂げたのだった。

Go鬼塚vsリボルバー戦前に、塚はさらにデッキを組み直し、展開に特化。新たな切り札剛鬼ザ・ジャイアント・オーガを始め、共通効果を持たない剛鬼カードを投入しており、戦線を絶やさないことに特化している。
それがとなってか、リボルバー聖なるバリア-ミラーフォース-が直撃してしまうものの、それにより逆に奮起し、即座に戦線を再構築するなど、その不屈の魂を存分に見せつけた。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%AC%BC%E5%A1%9A%E8%B1%AA
ページ番号: 5489023 リビジョン番号: 2567926
読み:ゴゥオニヅカ
初版作成日: 17/06/06 17:15 ◆ 最終更新日: 18/03/06 23:06
編集内容についての説明/コメント: 情報を最新に更新
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


鳴動のスリーカウント

チャンピオン

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鬼塚豪について語るスレ

227 : ななしのよっしん :2018/05/18(金) 21:29:36 ID: 7/3H6SDkkx
>>224
デッキを調整してきたというモノローグヒールを演じる時はカードだけでなくわざわざヒール用のマスクを用意したりカリスマの立場を捨てた後に使うカードカテゴリからしガラッと変えるような男が抜いてないとは思えない
特に、モンスターヒールムーヴをさせるだけならともかく自分がヒールムーヴをする為のカードなら尚更
以上の2点を根拠とするのは変か?

そもそも、「塚のデュエル」っていうのは「相手に全を出させた上でそれを圧倒して勝利する」っていうのが元々のスタイルだから、相手に見せ場を用意する=舐めプにはならんぞ
元々、遊戯王って「如何に強いか」よりも「如何に自分らしくあるか」の方に重点置いてる作だから「こんな強いカードがあるのに、使わないのはおかしい」って言っても「そりゃ、強いだけで入れるとは限らないし」としか

>>225
あれって、リンクモンスターを排除しつつTレッスルの効果で相手のモンスターゾーンける事を想定した動きなんじゃないの
闊に場に
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
228 : 削除しました :削除しました ID: uxnCsFRnTR
削除しました
229 : ななしのよっしん :2018/05/18(金) 22:22:56 ID: 7/3H6SDkkx
レス失礼

>>223
確かに、マスターオーガを出せば3800で全体攻撃できた・・・
と言いたいところだけど、実はアニメ版ツープラトンの強化効果には「リンクモンスター以外に攻撃できない」というデメリットが存在するから、あの流れだとむしろアンチシナジーの塊だよ
しかも、ツープラトン使わずに出すにしたって削れるライフジャイアント・オーガを出した時と変わらない
しかも、相手側としてはブースタードラゴン生効果で出すドラゴンリンクモンスターだけじゃなく守備表示でのヴァレットでもいいから、ヴァレットリクルート効果でモンスターの数は減らないどころかむしろ増える上に、各種ヴァレットへの効果対策はリンク先に剛鬼いないといけないから使えないも同然
(更に、アニメだと「選ぶ」の効果処理が「対を取る」扱いになる可性もありえる)
そりゃあ、強な効果耐性持ちのジャイアント・オーガ出しますわとしか

サンダーオーガに関してはお互い1ターンだし、後続の剛鬼も用意してたしで単に相手の
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
230 : 削除しました :削除しました ID: /T5nwUATAW
削除しました
231 : 削除しました :削除しました ID: HKVk1+A+QB
削除しました
232 : 削除しました :削除しました ID: 7/3H6SDkkx
削除しました
233 : ななしのよっしん :2018/05/19(土) 07:33:20 ID: kRbn+Zsd2R
舐めプに関しては塚本人が言っていたからね
以前の俺なら勝つことよりエースモンスター同士のバトルを優先したって
脚本が意図しないデュエル構成のミスじゃなく脚本が意図した台詞でやらかしてる
234 : 削除しました :削除しました ID: VD7ZAd+a/I
削除しました
235 : ななしのよっしん :2018/05/20(日) 21:13:11 ID: 7/3H6SDkkx
>>233
エンタテイナーに徹し(説明中略)見せ場を作る為にな」「バウティハンターとなったは確実に勝ちに行く」とは言ってたけど、
カリスマ時代はに勝つ気がない」って事ではないだろうよ

端的に言えば、「今のデュエルかを楽しませる為のものではなくただただ勝利を掴む為のもの」ってだけの話
236 : ななしのよっしん :2018/05/22(火) 02:10:01 ID: qMyM/d5Ufv
マネージャーどうしてんのかな
あの人いつ呼び戻されてもいいように他に仕事してないかもよ

塚がエンタメとか子供達の為とかじゃなく自分の強さや勝利に拘り始めたのってリボルバー戦だった気がするんだけど(なぜそう考え出したのかは思い出せないが)、あの時めていたのは世間の評価とかの為に戦っているとかを度外視した実とそれによる勝利だと思うんだよね
それに対し今は「の事を皆に認めさせる為に勝つ」て言ってるから逆になってんだよね
同じ自分を負かした相手でもリボルバーには執着する様子なくプレメばかり意識しまくってるのも人気への拘りからだと思うし

でも人気者でありたいって願望自体は否定されなくてもいいと思うけどね
人気が気になってしょうがないのはもう塚の性格じゃん
今の恨みがましい感じの精状態はしてほしいが今更キャラ根本は変えなくてもいい
この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829