単語記事: 鬼塚豪

編集

鬼塚豪(おにづか・ごう)とは、アニメ遊☆戯☆王ヴレインズ」に登場するキャラクターである。
担当声優濱野大輝

概要

1話時点で「LINK VRAINS」のカリスマデュエリストランキング1位の男。
マッシヴな姿をしているが、これでも19歳である。
見た通りストイックな性格で努。児童養護施設で生まれ育った孤児の出身であり、かつては子供たちのヒーローとなっており、自体も孤児院に協していた。Aiデータ収集によれば、寄付やボランティアなども積極的に行っていた様子。

……しかし、「VRAINS」内に出現したハノイの騎士を追って現れた「Playmaker」と、彼の登場から巻き起こったデータストームにより再び行えるようになった「スピードデュエル」が話題を席巻。
実質的にヒーローの座を追われ、子供たちのにも映らなくなってしまったは、子供たちの視線という大事な物を取り戻すために、一度は断ったSOLテクノロジー社の依頼を受け、恐らく同社の用意したであろうハノイの騎士の偽アバターを使ってまで、VR間にPlaymakerを誘い出す
己の理念まで捨てて戦いの舞台を整えたは、男の意地をかけ、Playmakerとの直接対決に挑む。

直接対決後は暫く表舞台アニメ本編に出ていなかったこともあってか、無慈悲にもランキングが急落。
しかし、同じ施設出身の君マコトハノイの騎士のPlaymaker狩りに巻き込まれ、VR間に意識を取り込まれたまま戻ってこれない『アナザー』の犠牲になってしまう。
塚はマコトを助けようとしたが間に合わず、実行犯のドクター・ゲノムはウイルス除去プログラムと引き換えにPlaymaker狩りへの協を迫る。それを拒否した塚は、後日LINK VRAINSに攻撃を加えだしたハノイの騎士集団に、Playmakerの偽アバターを利用し乱入することで、再び表舞台に現れる。
ドクター・ゲノムを誘い出すことに成功し、彼にデュエルを申し込むが、その条件は負けたらPlaymakerの正体を伝えること。その正体である藤木遊作は、マコト塚の様子を確認するために一度病院に行っており、塚に接触してしまっていたのだが、果たして……。

オレはGo鬼塚。本物のヒーローが、ヒーロー気取りのお前の化けの皮を剥がしに来たぜ!

LINK VRAINSにおけるアカウント名はGo鬼塚(ゴゥおにづか)。普段のアバターは、登場人物としてはしく現実世界と全く同じ。
使用するデッキ戦士剛鬼(ごうき)デッキ。所属モンスターは守備0、いは守備が存在しないカードで統一されている。プロレス元ネタとしたデッキであり、戦闘補助にも優れるが、剛鬼モンスター最大の特徴は除去を受けるなどしてフィールドから墓地に送られた場合に発動するサーチ効果。リンク召喚の展開でも効果が発動するため、展開のみならず延々と戦線を維持することも可
また、彼自身のスピードデュエルでのスキル闘魂は、1デュエル1回、宣言ターン中戦闘破壊された剛鬼モンスターを特殊召喚する
以上の傾向により、対戦相手の攻撃を敢えて受け、ピンチを演出し窮地に陥りながら、剛鬼モンスターのサーチ効果を生かすなどして復活、演出に留まらない実利を得て勝利するエンターテインメントデュエルを得意とする。
……が、先述のように子供たちからは既に興味を失われているばかりか、他の観客からも「古臭い」などと言われ、現在ではエンターテインメントデュエルの受けはよくない様子だった。
それでも好きだと言ってくれる観客自体は存在し、彼の方針や人格を理解しているマネージャーも存在するなど、彼自体は未だ人々にされている存在である。ひとえに人徳故か。

しかし、ニューヒーロー「Playmaker」との突の最中、塚の姿にファンは活気を取り戻し、確かな人気が未だ存在することを明した。
また、対戦相手のPlaymaker自体にも、「対戦相手を楽しませ、自らも勝利するという矛盾融合した地にある」と称され、エンターテインメントと勝利の為のデュエルが正しく混ざり合った姿に、表情を崩さないPlaymakerさえも動かし、笑顔を見せるに至った。
決着後も塚は笑顔でPlaymakerを見送り、Playmakerの方は「勝っても負けても、いつまでも戦っていたい。そんなデュエルもある」と振り返っていた。
子供達も、最初は純に勝っている方を応援していたため快な返しに見えたが、二人のデュエルを楽しむ姿に感化されてか、最終的には塚の側を応援しており、勝負には負けたものの、子供たちの視線塚のもとに帰ってきた。
このデュエルを以て彼は、対戦相手も観客も楽しませながら、勝つためのガチデュエルを繰り広げる、本物のエンターテインメントデュエルを体現したのである。

だが、この敗戦がきっかけで己を見つめ直す必要性に迫られた塚は、ファイトスタイルの見直しが課題となってしまう。それでも観客を魅了する己のデュエルを捨てたくない塚は、マネージャーの提案により、己の根幹を変えないままファイトスタイルを大きく変える決断をする。
その結果、ハノイの騎士のPlaymaker狩り乱入した塚はプロレスヒール悪役)のようなデュエルに転向し、で圧倒する戦法をとるようになった。それを示すかのように、召喚した剛鬼サンダーオーガと己自身にヒールマスクを装備、直後カード効果による攻撃と大暴れ。対戦相手のドクター・ゲノムからは酷評されているが、既に塚は観客の心をがっしりと掴んでいる。
果たして塚は、ドクター・ゲノムの言うような「限界」を越え、新たな自分に一歩を踏み出せるのだろうか。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%AC%BC%E5%A1%9A%E8%B1%AA
ページ番号: 5489023 リビジョン番号: 2533458
読み:ゴゥオニヅカ
初版作成日: 17/06/06 17:15 ◆ 最終更新日: 17/10/18 23:03
編集内容についての説明/コメント: 最新話追記、関連項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


鳴動のスリーカウント

チャンピオン

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鬼塚豪について語るスレ

88 : ななしのよっしん :2017/10/18(水) 20:38:57 ID: LZtESWhhD+
ガチ悪人を相手にする大舞台であれだけ手に大見得を切ればな
戦術もヒールとして一貫してたし、それは手段を選ばず相手を倒すって宣言でもあるし、観衆からすればとても頼もしいだろう
それにデュエル前には前座とばかりにハノイ3人を相手に大立ち回りも演じてたしこの時点で観客は味方よな
89 : ななしのよっしん :2017/10/19(木) 01:46:31 ID: ApHfkUIPJ2
なにげに本作のテーマを最初に実行したキャラになるのかな
90 : ななしのよっしん :2017/10/19(木) 07:41:11 ID: Ri99kjG9yN
やべえどっちが勝つかわからないわ
ゲノムもゲノムで強いし塚もプレイスタイル変えられるし
でもヒールだから塚が負けてしまうかもしれないし
91 : ななしのよっしん :2017/10/19(木) 10:56:57 ID: sdOBunoNi/
>>90
そこでゲノムが「ヒールは負ける運命にあるんですよ!」と言ったら逆にゲノムに負けフラグが建つな
ヒールからものベビーフェイスに戻れば勝ちそうな気がする。

そもそも予告で手札にあるカード名が「剛鬼フェイスターン」だからベビーフェイスに戻るのは確定みたいなもの
92 : ななしのよっしん :2017/10/19(木) 11:12:45 ID: jcrm0pOQ1g
一進一退で見ごたえのあるデュエルで何より
「観衆は強いものに惹かれる」というのは正にその通りであって、ファイトスタイルが変わろうが
彼の性根が変わったわけでもないし一般人にとって頼もしい見方であることも変わりないしね

しかし塚とプレイメイカーDNAを掛け合わせる…これは一部のお姉さん方の薄い本が厚くなりそうな…
93 : ななしのよっしん :2017/10/20(金) 10:47:49 ID: m+ApE2J9/m
>>91
ダークデュエルをする」と言った後すぐに「やっぱりベビーフェイスに戻るわ」なんて展開見たいか?
94 : ななしのよっしん :2017/10/20(金) 12:47:52 ID: sdOBunoNi/
93
その時の場合によってスタイルを変えると考えれば、納得できそうな気がするけれど……
演出として見せれば観客も納得すると思うけどなー
95 : ななしのよっしん :2017/10/20(金) 22:55:58 ID: jUcULOEQ3P
フェイスターンの効果が何かが分からんからどういう意図で使うのかも分からんしな
闇堕ちしたヒーローが正気に戻る」とか「悪役正義の心に覚める」的な演出で使うならいけそうな気がするが
結局のところ塚の一番の標は観客たちを楽しませることだしここからどう巻き返すのかな?
96 : ななしのよっしん :2017/10/21(土) 09:13:44 ID: I/6DrizQEM
>>93 >>94 >>95
「悪が正義の側に戻る」ってのは確かに魅的なんだけど、それはそれなりに悪役の期間が長ければのことだからなー。あんまりにもすぐ変わると「悪になる」という決断が軽々しいものになっちゃったり、正義が悪の仮面を都合よく利用しただけに見えちゃう。戦術的にはフェイス/オンオフで緩急が付くから面そうなんだけど。
97 : ななしのよっしん :2017/10/24(火) 10:16:56 ID: y4rg22sUk2
過去には舞台を次々入れ替える演出のスタイルエンタメデュエリストもいたな
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829