単語記事: 魔女

編集

魔女(まじょ)とは、

  1. 中世~近世のヨーロッパで信じられていた伝承。悪魔や悪霊などと契約を交わし魔を得た人間のこと。Witch
  2. 1をモデルにした、創作作品に登場する現実離れした魔法)を使う事ができる人物。
  3. 転じて、喩表現として男性を魅了し、騙したり陥れたりするような女性。魔性の女。悪女

伝承上の魔女についての説明は「魔女狩り」にも詳しい記述があるので参照のこと。

伝承上の魔女

中世~近世までのヨーロッパでは、人間が悪魔契約を交わし、魔法や魔を用いて人々に様々な悪、病気、死をもたらすことがあると考えられていた。この「悪魔契約を交わし、人に厄災を与える存在」が魔女である。この伝承は近世まで欧州では広く信じられていたため、多くの人々が魔女の疑いをかけられ、「魔女裁判」にかけられ迫されたり処刑されたりした。

現代では女性の印が強いが、中~近世のヨーロッパでは男性魔女の疑いをかけられたようである。日本語魔女と言っているからおかしな印を受けるが、当時の西洋では"witch"を女性と限定しない、あるいは男性のそれには専用の呼び方が用いられていたと思われる。

民話やお伽話から現代に伝えられる魔女の一般的な印は、女性、特にカギ鼻の老婆で、いとんがり帽子いローブをい、を使って魔法をかけたり、大きな釜で魔法を煮こんでいたりする。またほうき)やに乗ってを飛ぶ。人里離れたの中に住み、黒猫ふくろう等、不吉とされる動物使い魔として使役している。また占い師などオカルト的なものと一緒にされることも多く、水晶玉に手をかざして占ったりする姿も見られる。

このような「魔女」の印は、魔女裁判が行われていた頃から徐々出来上がったものであると言われている。その多くは一人暮らしの孤独な老人を裁判にかけるために都合の良い印付けであるとも考えられている。

現代では欧でも魔女狩りのような差別・迫はなく、魔女ファンタジー作品の世界の住人として受け入れられており、創作作品などに頻繁に登場する。

日本の創作作品における魔女

日本では明治時代には数多くの文学作品に魔女が輸入され、芥川龍之介などの文の多くも魔女が登場する作品を描いている。

1960年代にはアメリカテレビドラマ奥さまは魔女」のヒットをきっかけに、そういった作品が人気になり「魔法使いサリー」などの作品が作られた。

現代では漫画アニメにおいても、魔女はお染みのキャラクター像となっている。ミステリアスな雰囲気、わかりやすい衣装、魔法という未知のなど、特徴付けがしやすい要素が多くキャラクター性が高い。元の伝承が多岐に渡り不明瞭な点も多いことから、独自のアレンジも加えやすい。

このように魔女の登場する作品は多いが、作品の中での魔女の概念は様々であり、魔導師魔術師などの魔法使いとの区別、宗教政治との関係性も作品によりまちまちである。

魔女のキャラクター例

(ほぼ年代順)

魔法使いとは違うの?

魔女魔法使いのひとつだが、特に悪魔契約によって魔を得て邪悪面に落ち、人間に厄災を与える「黒魔術」を使用する黒魔術師の女性に対しての呼称である。

魔法使いの中には高い知識・技によって魔法を獲得し、人々に有益な形で魔法を使用する「魔導師」「魔術師」も含まれる。これらは黒魔術に対して「魔術」と呼ばれ、乞いや病払いなどの呪術・祈祷の類において古来から活躍していた。

創作作品においての魔導師魔術師は、魔女の邪な印と相対するキリスト教者のイメージで描かれることがある。を基調とした祭のような装、人々からの信頼は厚く、や、時にはなどを持ったり、魔導書を手にする。しかしキリスト教魔法全般に否定的であるため、魔導師者であるというイメージ現実的には不自然である。

魔女」「魔導師魔術師」「呪術師・祈祷師」そして「賢者」などは時代によっても認識が異なり複雑である。さらに創作作品ではオリジナル要素も入ってくるので、作品によってはまちまちであると考えたほうが良いだろう。

魔法少女・魔女っ子

魔法少女とは、日本アニメ漫画において、魔女から生し独自の発展を遂げた作品分野である。「魔女」→「魔女っ子」→「魔法少女」と発展し現在ではほぼ別物と言ってもいい存在ではあるが、細部には「魔女」の特徴を引用した箇所が数多く残っている。
この記事では魔女魔法少女の共通点を列挙するに留めるので、魔法少女についての詳細な記述は該当記事を参照すること。→魔法少女

魔法少女魔女の共通点として、魔法を使用する際に(ステッキ)などの具を使用する。(ステッキ)に乗ってを飛ぶ。お供の動物を連れている(魔女で言う使い魔に相当する)。お供の動物との契約によってを与えられる。などが挙げられる。

また魔法少女であることは秘密にしなければならず、普段は通常の少女としての生活を送っているという展開が一般的である。これは、姿を隠して生きていたとされる魔女伝説イメージ引用と考えられる。ある意味では、下手に「魔女らしい」姿で歩きまわる魔女キャラクターよりもずっと元来の魔女に近い要素であるとも言えるだろう。

ただし「魔女」が持つ、暗い印は徹底的に排除されており、装はピンクなどの手で女の子らしい衣装、お供の動物ぬいぐるみのようなかわいいキャラクターであり、基本的には「人間に幸せをもたらす存在」であったり、「悪と戦う正義の味方」として描かれることが多い。

代表的な魔法少女・魔法少女アニメ

(ほぼ年代順)

関連立体

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%AD%94%E5%A5%B3
ページ番号: 384093 リビジョン番号: 2398195
読み:マジョ
初版作成日: 08/07/22 21:20 ◆ 最終更新日: 16/08/25 01:02
編集内容についての説明/コメント: 「関連立体」の節に「「調合中…」 / -m さんの作品 - ニコニ立体」(td16335)を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

魔女について語るスレ

91 : ななしのよっしん :2014/05/08(木) 21:39:08 ID: 6T6NJNfqv1
ETかな?
92 : ななしのよっしん :2014/05/24(土) 12:58:37 ID: CsFMwi/6l2
そうだな。の代わりに丸太に立ち乗りする魔女とか出してもいいよな。
93 : ななしのよっしん :2014/07/09(水) 15:07:00 ID: Vb178htqTG
魔女魔女というけどわりと名前のある魔女は見ない気がする
マルゲリータとバーバヤーガと疑惑だけどジャンヌダルクくらい
94 : ななしのよっしん :2014/09/10(水) 14:03:27 ID: sUbS4hpur9
>>92
防・ハンドルマフラー・推進装置がバイクみたいにゴテゴテとついた魔法に乗ってる魔女コス魔法少女ならいるな
95 : ななしのよっしん :2014/09/14(日) 01:54:34 ID: o45eSe5EAL
>>94
御意見
彼女に追いつける魔法少女はいねー
96 : ななしのよっしん :2014/10/18(土) 04:18:30 ID: 1OnGJb9HaP
>>90
が代表になってる理由のひとつとしては
実際に「飛ぶ」のにを使ってる女がよくいたから
魔女セットで描かれるようになったという説もある

魔女の柄に塗る→跨って股間にグリグリ→飛んじゃう!
※これは下ネタギャグとかではありません

鉱物や動植物から胡散臭いを作りだす女性
そして彼女から買ったを使い淫らな行いにふける
中世ヨーロッパ魔女像にはキリスト教的な価値観が密接にかかわっている
97 : ななしのよっしん :2015/02/03(火) 11:12:49 ID: UOiaiP/4Z8
魔女ってエロカッコイイ系のイメージ

他は、臓器などの部位を手に入れ、黒魔術生成に励む
これも仮だけれど。
98 : ななしのよっしん :2015/11/02(月) 18:30:14 ID: UziWQRxvMS
 ハロウィンでは女子の定番コスチュームの1つだけど、最近は魔女コスチュ
ームしている人、特に大学生以上だと少なくなってきていると思う。むしろお化け系とは関係のコスチューム(アニメキャラナース、ポリス等)が多くなってきてる。ハロウィン魔女クリスマスサンタみたいに徴的なコスなのに。
 ちなみに自分が好きな女子のコスチュームベスト3は、1位カウガール2位サンタ、3位魔女です。
99 : ななしのよっしん :2016/03/28(月) 14:22:52 ID: 2eaGybEwEm
男性にはWizardって言うんじゃなかったっけ・・・
100 : ななしのよっしん :2016/05/19(木) 08:04:59 ID: sB6VE84Yz7
大魔法峠はこの大百科に載せられるだろうか・・・内容がけっこうカオスだから危ういかな?

>>94
なにそのデコトラみたいな魔法www

  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015