単語記事: 魔女の宅急便

編集  

スタジオジブリ版魔女の宅急便 by あ(゚Д゚)さん

魔女の宅急便とは、野栄子による児童文学、およびスタジオジブリによるその長編アニメ化作品である。

児童文学

野栄子による児童文学シリーズ作品。シリーズ全6冊が福音館書店から発売されている。小学校中級以上向き。表および挿絵は1巻が明子、2巻が広野多可子、3巻以降は佐竹美保。

13歳で親の元を離れ、知らない町で魔女として独り立ちする少女キキの成長を描く。1巻あたり1~2年程度のエピソードが描かれる。5巻終盤で成人を迎え、6巻は15年後の母親になったキキと、双子子ども物語が描かれる。

シリーズ第1作「魔女の宅急便」は第23回野間児童文芸賞、第34小学館文学賞など数多くの賞を受賞した。

1989年アニメ映画化され、大ヒットを記録する(次項)。

長編アニメーション映画

児童文学作品「魔女の宅急便」第1巻を元にスタジオジブリ制作1989年7月29日から、東映系にて開された。監督・脚本は宮崎駿音楽久石譲音楽演出が高畑勲宮崎駿監督を務めたスタジオジブリ作品の中で、初の他者による原作作品である。一部のキャラクター設定やストーリー展開などに原作からの変が見られる。

徳間書店日本テレビヤマト運輸(「宅急便」がヤマト運輸の登録商標であったことが縁)がスポンサーにつき、宣伝活動も活発におこなわれたこともあって若い女性家族連れを中心に人気を集め、開時点での日本劇場用アニメ映画行記録を更新した(それまでのトップ1978年開の『さらば宇宙戦艦ヤマト-愛の戦士たち』)。

題歌にユーミンこと荒井由実(当時)の「ルージュの伝言」「やさしさに包まれたなら」を採用。いずれも映画開の10年以上前に発表された楽曲だったが、映画開によってリバイバルヒットを記録し、現在でも幅広い世代に親しまれている。

2年に1回くらい、日本テレビ金曜ロードショーで放映される。

登場人物・キャスト

旅立ち前のキキとジジ by ハプニングさんキキ
CV高山みなみ
魔女普通の人のあいだに生まれた少女。13歳で相棒黒猫ジジとともに独り立ちし、一人前の魔女す。「ホウキで飛ぶこと」が使えるたった一つの魔法。最初に訪れた町(原作では「コリコの町」)でふとしたことから「魔女の宅急便」を開業し、いろいろな経験をしながら成長していく。
原作挿絵ではロングヘアーで描かれているが、映画では作画上の問題からショートヘアーになった。なお、原作では6巻で既に35歳、双子姉弟母親となっている(旦那さんはもちろんとんぼさん)。
ジジ by はくはくさんジジ
CV佐久間レイ
キキ相棒黒猫で、キキとの間だけで通じる魔女を喋る。原作ではキキと同じ時期に生まれたとされている。
コキリ
CV:信沢三恵子
キキ母親で、古い血筋の魔女。「を飛ぶ魔法」と「を作る魔法」(原作では「くしゃみ」。アニメではリューマチ用のを作っていた)が使える。
オキ
CV三浦浩一)
キキ父親原作では民俗学者をしていたが、アニメではそういった描写はみられない。
オソノ
CV戸田恵子
パン屋「グーチョキパン店」のおかみさん。町で一人途方にくれるキキを居させる。このとき子供を身ごもっていた。
とんぼトンボ
CV山口勝平
飛行クラブに所属するメガネ少年原作ではキキに「とんぼさん」と呼ばれている。また、アニメでは人力飛行機の制作をしていたが、原作ではホウキ絨毯を飛ぶことを研究していた。
ウルスラ
CV高山みなみキキと一人二役)
の中で絵を描きながら暮らす少女。なおこの名前はアニメ中では一度も呼ばれることはなかった。
フク
CV山寺宏一
オソノの旦那で、「グーチョキパン店」の人。無口アニメでは「おソノの夫」とクレジットされた。

関連動画

本編映像を使用したMAD作品の多くは、スタジオジブリによって権利者削除されている。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目・リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%AD%94%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AE%85%E6%80%A5%E4%BE%BF
ページ番号: 2515492 リビジョン番号: 1780605
読み:マジョノタッキュウビン
初版作成日: 09/03/23 17:51 ◆ 最終更新日: 13/03/30 13:53
編集内容についての説明/コメント: 誤字修正 原作では6巻でに35歳→原作では6巻で既に35歳
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ジジ・・・

ジジ・・・

キキ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

魔女の宅急便について語るスレ

160 : ななしのよっしん :2018/01/05(金) 21:47:20 ID: UlOQYU2/on
子供の頃は貴婦人がばーさん!ばーさん!て外見に似合わない呼び方してるなて思ってたけど、あのばーさんの名前がバーサなんだよな。
すげえ紛らわしいな。
161 : ななしのよっしん :2018/01/05(金) 22:51:38 ID: X03KQaW5wz
駿ジジキキのもう一人の自分のらしいが
言葉喋らなくなるまで事あるごとに「やなやつ」みたいに愚痴りまくってたり
逆に勢いに任せて暴走してる時にうような台詞言ってたりするのが
それを頭に置いて見ると中々興味深い
162 : ななしのよっしん :2018/01/05(金) 23:10:29 ID: SrUCgd7j86
ハートが不安定になると使えなくなる魔女魔法
ハートが不安定な時期しか使えない魔法使い魔法

魔法もいろいろやな
163 : ななしのよっしん :2018/01/06(土) 09:07:48 ID: xMeijkPImJ
ジジが喋ってるのがキキのもう一人のだとすればあの白猫リリーだってなぜ分かったんだろ?
164 : ななしのよっしん :2018/01/06(土) 09:15:01 ID: VQtn6T60V8
>>162
ローブを同じくコンプレックスに思ってる所もよく似てらっしゃるw
まあ魔法使いの方は物語進むにつれて気にいるけど。
165 : ななしのよっしん :2018/01/06(土) 23:17:17 ID: X03KQaW5wz
>>163
多分「もう一人の」っていう解釈の違いだと思う
別にジジキキの分身そのものって意味じゃなくて、ジジジジで一個のだけど
そこにキキが合わせの中の自分のように「投影」していたというのか「同調」していたというのか、魔女を持つだけでなくお互いが似た存在である必要があるんだと思う(実際ジジ以外のの言葉分かんないわけだし)
だからジジジジとして、キキキキとして独立するとお互いの波長が合わなくなって言葉が分からなくなる(良くキキが言葉を分からなくなった、と言われるけど逆にジジの方もキキの言ってる事をあまり理解してるように見えないよね)

ジジかの悪態を付く時、それはキキも同じような事を少なからず思ってるんだけど
キキは表に出さないからその代わりとしての言葉で話すいわば一心異体のバランサーのような存在なんだと思う
166 : ななしのよっしん :2018/01/09(火) 08:35:29 ID: xMeijkPImJ
人の言葉喋ってる時のジジ普通になったジジでは作画が変わってるの気づいた人いるだろうか? 
167 : ななしのよっしん :2018/01/09(火) 11:19:17 ID: LI6e1ZGkCP
有名だと思ってたけど
168 : ななしのよっしん :2018/01/10(水) 02:38:07 ID: 5f5VF+wghr
お父さんキキシーンで涙出るわ
キキを抱っこしようとして重くて一回で抱っこできないシーンとか
「いつの間にこんなに大きくなっちゃったんだろう。上手く行かなかったら帰ってきていいんだよ。」ていう台詞がほんとにグッとくる
169 : ななしのよっしん :2018/01/15(月) 13:46:01 ID: V9apdCq1lG
飛行船の乗組員達ってあのあとどうやって救助されたんだろ?
あの時代にヘリはなさそう(?)だし、消防車のはしごだって流石に時計より上には伸びないだろうし
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829