単語記事: 魔法

編集

魔法まほう)とは、一般の人間には不可能・不可解な現を起こすのことである。魔術、呪術、邪術、超能力など、様々な呼び方が存在する。

概要

魔法とは、通常の人間には使うことのできない、不思議な現を起こす・または現そのものの事。

近代以前の社会においては魔法の存在は大衆に恐れられ、神話伝説の中では度々登場する。

日本語としての魔法明治時代以降にmagic等の和訳として造されたとされる。中国語でもmagic魔法と表記するので明治時代に中国語から借用したのかもしれない。

魔法の使用方法、種類は伝承や作品によって異なっており、具を使うもの、呪文を使用するもの、他人を攻撃するもの、自分や他人を助けるもの等、様々な種類が存在する。

現実における魔法

魔法とは、まあ何という笑わしい言葉であろう。  しかし如何なるのいつの代にも、魔法というようなことは人の心の中に存在した。そしてあるいは今でも存在しているかも知れない。

1928年 幸田露伴 「魔法修行者」

現代において、お伽噺に出てくるような科学的根拠のない魔法の存在は否定されているが、現代以前は、魔法を使う者、即ち魔女の存在が恐れられ、魔女狩りのような惨劇の原因になった事もある。なお魔女狩りはそのからしばしば中世の事件と誤解されるが、最盛期は16〜17世紀すなわち近世である(もちろん中世にもあった)。ヨーロッパ魔女罪による最後の死刑執行は1782年という近代で、裁かれたのはスイス女性Annaldiである。

九世紀から二十世紀にかけて明け団という魔術団体が儀式魔術復運動を行い、近代西洋儀式魔術が成立した。

現代でも魔術結社などがいまだに存在し、占い師や霊媒師など、非科学的だとされる内容が現在でも一部で信じられている。 

一方、魔術に似た概念として文化人類学などで呪術が定義されている。J.G.フレイザーは『枝篇』において、古代の権者は祭であると共に呪術師であり、呪術に熟達していると思わせることによって権を獲得する事があったとしている。同書では呪術とは、呪術を宗教ではなく科学の前段階、つまりに祈るなどの宗教的な行動ではなく、現代の医療と同じだという説を唱えている。 

創作作品などにおける魔法

ダンジョンズ&ドラゴンズ
元祖RPG(テーブルトークRPG)であるこのゲームにも魔法は存在する。魔法使い僧侶といった特殊な職業の人間しか使用ができない。また一日に使用できる魔法の回数が決まっていて、これがのちのMPの概念につながった。この魔法を使うことによって体を回復させたり敵を攻撃したりできる。
ウィザードリィシリーズ
ウィザードリィは元祖コンピューターRPGとも言われているゲームの一つである。
魔法の仕組みはダンジョンズ&ドラゴンズの影を強く受けていて魔法使い僧侶といって特定職業しか使えず、魔法レベルごとに使える回数が決まっている。この魔法を使うことによって体を回復したり敵を攻撃したりできる。
ファイナルファンタジーシリーズ
シリーズどにおいて、店で売られており普遍的な技術として浸透しているが、一部では特別な意味合いを持たされている。
FF6では大昔に三闘と呼ばれるによってもたらされたの一環で、幻獣を取り出した人間のみが扱う事が出来、1000年前の戦争でこの世から失われたであるとされている。
FF8では本当の意味での「魔法」は魔女と呼ばれる特別な人間のみが使えるもので、一般の人間が使うものはあくまで模倣技術に過ぎないものとされている。
ドラゴンクエストシリーズ
このシリーズでは基本的に「呪文」と呼ばれており、特別に「魔法」と言う体系がある訳ではない。しかし呪文体に戦う職業の事を「魔法使い」と言ったり、「魔法」などのアイテムがあるあたり、魔法という概念自体はあるようである。
ファンタシースターシリーズ
魔法に類するものとして「テクニック」が登場。これは精によって炎や冷気やを出すという点では魔法と同じだが、本当の意味の魔法とは違い、伝承や御伽噺に登場する魔法科学技術で再現したものとされている。またシリーズによってはテクニックとは別に「マジック」と呼ばれるものがあり、こちらは太古から伝わる自然的なと、本来の意味での魔法に近いものとなっている。
東方Project
キャラクターの一部に魔法使いが存在。
魔法の原理や効果などはキャラクターによって様々だが、霧雨魔理沙魔法魔法の森キノコを様々な方法で加工した品・爆またはミニ八卦炉と言う具を媒介にして自身の魔線として放つ魔法パチュリー・ノーレッジ魔法特定呪文詠唱により精霊を借り、火水木土日の7属性を発現する。アリス・マーガトロイド聖白蓮魔法は詳しい原理が不明。
TYPE-MOON作品
魔法」と「魔術」が存在。
魔法」とは「その時代におけるあらゆる技術を用いても実現不可能な事を実現する」と定義されており、時代によって魔法に含まれる範囲が異なる。例えば大昔は人間がを飛ぶ事は不可能だったので、その時代ではを飛ぶ魔法と呼ばれていたが、現代ではを飛ぶなら飛行機ヘリコプターに乗ればいいので、を飛ぶだけでは魔法にならない。
作中の時代(=現代)においても魔法として分類されているのは、既に使い手も魔法も消滅したものを含めて6種。さらにその中で魔法の詳細または使い手が登場しているのは3種で、第二魔法世界運営」、第三魔法「魂の物質化・の杯(ヘヴンズ・フィール)」、第五魔法魔法(詳細不明、使い手・蒼崎青子)」。また、第一~第六のいずれに該当するか明らかでないものとして「時間旅行」「の否定」が存在するとされていたが、魔法使いの夜にて「時間旅行」に関しては第二魔法に含まれていると判明。
「魔術」とは「その時代の技術を用いれば(時間やが多大にかかったとしても)再現可な事を魔で実行したもの」とされている。昔は魔法であったものも、文明の進歩とともに魔法くなりただの魔術になる事もある。なお「月姫」から登場する「固有結界」という技は、「限りなく魔法に近い魔術」と言われる。
ゼロの使い魔
土の4属性の系統の他、失われた「虚無」の系統、特に属性を持たないコモンマジック、人間以外の種族が使う先住魔法が存在。6000年前に始祖ブリミルによってもたらされた技術体系で、当初は虚無を含めて5系統あったが、作中の時代までに虚無は失われている。
魔法を使うものを「メイジ」と呼び、このは遺伝によってのみ伝わるため、親がメイジでない人間は努しても魔法を使えない。また遺伝であるため、「どの系統が最も適しているか」の性質も遺伝する。各々が自身で何日もかけて契約を行った自分専用の「」を持ち、一般的に会話に用いている言ではなくその系統専用の「ルーン」で詠唱を行う事によって発動する。
コモンマジックルーンではなく口によって詠唱を行う魔法。ごく簡単な効魔法は大抵コモン。
先住魔法は始祖ブリミル魔法をもたらすよりも前から存在していたものであり(そのため「先住」)、形態が全く異なる。その場に存在する精霊契約をする必要があるため特定の場所でしか使えない魔が多いが、その分威は四系統魔法かに勝る。また、四系統魔法では必須とされる「の所持」「ルーンによる詠唱」が必要ないという点も異なる。
魔法先生ネギま!
ごく簡単なものから非常に高度な魔法まで様々なものが登場する。系統はに「西洋魔術」「東洋魔術」の2種類が存在する。
まず「始動キー」と呼ばれる、各人で独自に決めたパスワードに相当する言葉を唱えた後に、ラテン語または古典ギリシャ語による呪文の詠唱をする事で発動。
ドロヘドロ
ドロヘドロ魔法は一般の魔法使いと異なり、魔法使いの自身の体内で精製した魔法の「ケムリ」を魔法として口またはから発射する。作中の魔法使いは姿形こそ人間と全く変わらないが、魔法使いは体内に魔法のケムリを精製する器官と運搬する管をもっておりその器官のおかげで魔法を使う事が出来る。
ケムリの出せる量や魔法効果は先的に決まっており、基本的に一人一種類の魔法しか使えないが応用はある程度効く。一般的な魔法使いと異なり魔法の発生がケムリを作り出す器官や運搬する管なので、そこを攻撃されて傷つけば魔法が使えなくなるという弱点が存在する。
上記の通り魔法効果や量は生まれつき決まっているので、役に立たない魔法を持つ魔法使いやケムリが少量しか出せない魔法使いは作中「下級魔法使い」として差別の対にされている一方で、希少効果や強な効果を持ったケムリが出せる魔法使いやケムリの量が多い魔法使いは「上級魔法使い」として優遇される傾向にある。ケムリの量自体は手術やい粉と呼ばれる魔をあげる粉で増やす事ができ、量が少なく威が低い魔法でもドーピングや応用次第で強になる描写がある。
D.C.シリーズ
明確に魔法が出てくるのは3だがそれ以外の作品でも「手から和菓子を出す魔法」を主人公が行っている
このシリーズ魔法は「想いの」というものを使っている為、恋愛をし、ほんとにする者が出来た時に魔法は使えなくなる(手から和菓子を出す魔法プレゼントを出す魔法など一部例外はあるようだが「老化防止」などの大がかり的なものは使えなくなる)
また3には魔法の名と呼ばれる系があるが必ずしも魔法を使える者が出るとは限らないため繁栄と衰退を繰り返しているようだ
魔法少女リリカルなのはシリーズ
大きくわけてミッドチルダ式とベルカ式の2つの分類が存在し、両者の違いはさほどいもよう
違いを上げるとしたらミッドチルダ式が円、ベルカ式が三角形魔法陣をしている。ミッドチルダ式は効果範囲と汎用性に重点を置いているがベルカ式は逆に威に重点を置いている。など
魔法少女まどか☆マギカ
キュウべぇと契約する事により使う事が可となる。
使える魔法の種類は個人差がある。
その他
この他にも多数の魔法を扱う作品があるがDCシリーズのように特定条件で魔法が使えなくなるあるいは不安定になるなどの影が出る作品も存在する。不安定になる作品の場合は以前よりも強になっているのにも関わらず安定する事がある。もちろん不安定のまま強になり暴走を起こし結果的に使えなくなる事もある

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%AD%94%E6%B3%95
ページ番号: 4187926 リビジョン番号: 2230474
読み:マホウ
初版作成日: 09/10/22 23:49 ◆ 最終更新日: 15/07/11 01:19
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「magic」「オカルト」「ウィザード」「ウォーロック」および他4つを追加しました。項目の順番も変更しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

魔法について語るスレ

93 : ななしのよっしん :2016/02/16(火) 18:53:11 ID: P0vFIEjaYr
魔法にもちちんぷいぷい◯◯になーれ的なおジャ魔女でやってるようなアレ。どう表現すんだこれ)と、何かカタカナだったり長い詞? の詠唱で攻撃するがあるが……

どっちを連想するかで幼い頃親しんだ作品が分かっちゃったりするんかね。
94 : ななしのよっしん :2016/03/13(日) 19:48:26 ID: ZoBTPdagOJ
>>89
それは東方オリオングループの事だから寧ろネガティブだろうけどmagic的には
Ultimately from Old Iranian, probably derived from Proto-Indo-European *meh₂gh- ‎(“to be able to, to help; power, sorcerer”).
らしいんでやっぱ何かを実現するそのものの事をしてるみたいなんだよな。
対してsorceryは
ultimately derived from Latin sors ‎(“fate”), from Proto-Indo-European *seh₁- ‎(“to sort, lineup”)
とあって一連の順序手続きを踏まえた術式の様な物をしてるみたいだ。

だからmagicianてのは何かを実現する人、出来る人って具合の意味合いが強く、sorcererてのは一連の順序手続きを正しく執り行える人って所か?


95 : ななしのよっしん :2016/04/01(金) 21:23:56 ID: yqLcwMxkmK
魔法(に枝みたいな) ゲームとかだとなんとなく忘れられがちになる気がする けどがないと魔法が使えないとかいう理やりな設定作るのもなんか妥協してるみたいでやだからなんとなく存在意義というか設定を考えてみる
・魔が上がる
ドラクエとかにありがちな設定 多分自体にまじないがかけられてる 具として使ったりできる 魔法使い剣術を習ってから魔法を放たないのはが身近にあって物が付いていず扱いやすいだけでなくの形が一番魔法を使うのに適しているからだということにしよう
・使う魔法に身振り手振り・を解いたりすること・長い詠唱などが必要な場合 それを省略する
ハリーポッターとか見てるとよくあれで魔法が使えるなとか思うから多分が何かしてるんだろうと勝手に決める リリカルなのはに出てくるのはコンピューターが内蔵されてるらしいがってそういう物なんだろう
魔法を使う対がはっきりする
が棒状なのはこのせいだということにすればいい 術者側のイメージややりやすさの問題か それとも呪文省略した中に対定するものが含まれ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
96 : ななしのよっしん :2016/04/04(月) 00:09:48 ID: GhBWinrFqL
童貞30歳になる
97 : ななしのよっしん :2016/05/20(金) 06:22:56 ID: 4v7ERttV/n
上でもあったけどプログラミングって魔法と似てるよな
魔法使いも、陰でコード組んだり 魔みたいの解読して作ってると想像すると個人的にはスッと腑に落ちる
しかしいわゆるMP切れってのはどういう状況を想像すればいいんだろう?
集中なら、MPが下がるとそれ以外の行動も制限されそうなもんだが
大気や自然物から魔を預かっているなら場所を変えるだけで補充できそうだ
98 : ななしのよっしん :2016/05/21(土) 21:48:20 ID: zynRLkYBuS
>>98
クライアントコードを組んで、それを大宇宙サーバに送信してるんじゃないの?
通信機器のバッテリー残量が、MPってことで。
99 : ななしのよっしん :2016/05/21(土) 22:35:18 ID: uLIeNWrmMz
>>97
魔法も術式とか呪文があるものはそれこそ理論的なものだろうし(その作品の)物理法則に乗っ取ったもので科学に近いだろうしね

MP切れは電れみたいなものじゃないかな
例えばモーターを動かす為の電を手動式発電機で得ていたとしたら体限界に達したら手動式発電機が動かず電を得られなくなってモーターが動かない
それと同じく魔法使い魔法を使うための魔(電)を自身の体とかで生成(発電)していて連続で作るには限界があるという感じじゃないかね
創作物でも大魔法使ったあとは息がきれぎれみたいな描写はあるし
100 : ななしのよっしん :2016/06/11(土) 00:47:27 ID: yqLcwMxkmK
魔法科学の違いのイメージ
科:物が落ちるの重力のせい
魔:物が落ちるのは物に地面に帰ろうという意思があるせい
科:教科書に書いてあることは全部正しい
魔:教科書の理解には解きが必要

科学も進歩するし魔法も進歩する物だと思う 元々科学物理的にに近づく物に対して魔法は精的に近づく物で 既存の宗教にとらわれがちではあるけれども 宗教のない魔法も多分あるしそういうところで進歩すると思ってる パソコンに干渉するとかの最新の科学に密着するとかだけでなく 魔法世界だけで新しい概念も産み出すとかしてそう
101 : ななしのよっしん :2016/06/17(金) 11:05:58 ID: ZoBTPdagOJ
>>100
そういう説明づけの部分って科学というより実験から出てきたデータを引き起こす元に立てた個々の学説なんだよね。純科学と言えるのはあくまでも正しいデータを取る為の手法の部分だけ。
当代流の学説が科学と呼ばれる節が常にあるけど本来学説自体は別に科学やってる訳ではないというか、「より精確な測定とより詳細な分類」をすのが科学であって、説明付けは二の次の話。

魔法は測定も分類も必ずしも必要としておらず、望むだけの効果を如何に引き出すかを究明するのが的。
たとえば供え物用意して文言唱えたら仕組みはよく分からないけどとにかく魔物を召喚したり出来ましたっていう話でもOKなのが魔術で、あとはこうした場合はこうなるとか試行錯誤重ねて行くっていう話でしょう。
論必要な供物の量とか文言の内容とか諸条件を定量的に分析していって一つの体系にまとめ上げる事が出来れば魔術も科学になりうる(というか科学的手法で魔術を体系化しうる)けど。
102 : ななしのよっしん :2016/07/16(土) 00:10:46 ID: d1I1b24tp6
アニメとかに出てくる魔法の設定が魔法っぽくないことがまれによくある
魔法(超能力)って感じ 魔法円とか取って付けたみたいなのはあるけど
お前それただ魔法って言いたいだけじゃないのかと
魔法と言えば西洋ならハリポタ指輪ファンタジー要素の多分に含まれた現実離れした技術だったりそういうイメージが強い
ただ火を出したりするだけならそれは「火を出す超能力」であって
確かに非現実的なだし魔法と言えるかもしれないが普通そういうのは超能力って呼ばないか

>>101
科学ってより言みたいな物に思える 魔術は元々出発点は科学と同じっぽいし科学的に説明できても何ら違和感がない 最近流行りのscpとやらでは悪魔電磁波とかなんとか言ってたし
ただが思うに魔術は魔法と違うと思う 魔術は禁書魔法ゼロ魔のそれって感じ
魔術は実践だけど魔法想とか神話の中の話って感じだ 不思議なってイメージ
ハウルの動く城には「まず最初にを解く」魔法があるらしい
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015