単語記事: 魔法つかいプリキュア!

編集  

合言葉は、キュアップ・ラパパ!」

魔法つかいプリキュア!とは、2016年放送のプリキュアシリーズ第13作モフ~!
テーマ「手をつなぐ」

概要モフ~!

2016年2月7日から2017年1月29日まで放送されたプリキュアシリーズ第13作。前作『Go!プリンセスプリキュア』が「プリンセス」というわかりやすいモチーフだったことから、本作もわかりやすいモチーフをと、ここ最近女児アニメで使われていない「魔法」が選ばれた。「魔法つかい」のネーミングプリキュアシリーズの産みの親、今作でも企画で携わっている鷲尾天のこだわりによる。ちなみに東映アニメーションにとってこの年は、創立60周年にあたるとともに、現在魔法少女モノの元祖ともいえる『魔法使いサリー』の放送開始から50年という節の年でもある。内藤Pはこのことについて「偶然だけれどもちょっと運命的な物を感じた」とっている。

プリキュアの定番ともいえる初期2人編成チームで、フォームチェンジが序盤から4つ存在するという初の試みが行われる。2人で一緒に変身するのは「スイートプリキュア♪」以来となるが、今回のパートナー妖精に当たるモフルン魔法によって動くようになったぬいぐるみであり、さらに2人とモフルンが手を繋いで変身するという、変身に関して新たな要素を組み入れている。その一方で人間界の少女魔法界の少女2人が2つの世界を行き来し、魔法学校での魔法修行も描かれる、変身したら大人っぽく成長するなど、かつて東映アニメーションが展開してきた魔女っ子系作品の流れを意識した作でもある。とはいえ、魔法が中心と言ってもそこはプリキュア、「魔法(物理)」と言うべきかこれまで通りの肉弾戦も健在である。また、『ふたりはプリキュア』を彷彿とさせる、「敵組織が壊滅後新たな敵が出現する」という、実質的な前後期の2部構成ともなっている。

スタッフには、シリーズディレクターにこれまでプリキュアの演出を長年支えてきた三塚雅人が満を持しての昇格。シリーズ構成には初期シリーズや「プリキュアオールスターズDX」3部作で脚本を担当、近年は「マジンボーン」で構成を務めた村山功。キャラクターデザインシリーズ中期や「聖闘士星矢Ω」などで作画を手掛けた宮本美子が初のキャラデザ担当となる。音楽は前作に引き続き高木洋が担当。東映アニメーション側のプロデューサーも、木優が本作単独映画製作に携わる形で離れ、『ワールドトリガー』のアシスタントプロデューサーを担当した内藤に交代となった。この他、製作局のABCアニメ事業が子会社ABCアニメーション分割承継されたため、7月より製作としてABCと共にABCアニメーションクレジット表記されている。

声優は、朝日奈みらいキュアミラクル)役に最近活躍がめざましい若手の高橋李依リコキュアマジカル)役にはアニメファンにはおなじみ、プリキュア的には『ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ』でのつむぎ役の好演が記憶に新しい堀江由衣が起用され、例年にない年齢(キャリア)差の主人公コンビとなっている。パートナーモフルンは『ふたりはプリキュアSplashStar』の日向みのり役などで知られる齋藤彩夏が担当、こちらの起用についても感慨深い印を持っている人が多い。過去作ではシフォンアイちゃんに相当するもう一人の妖精はーちゃん、そして3人となる妖精からプリキュアになった花海ことはキュアフェリーチェ)役には早見沙織が起用され、第1話の時点でクレジットされて「もしや!?」と思った人が多かったようである。

題歌はオープニングテーマを前作『Go!プリンセスプリキュア』ではエンディングを担当した北川理恵がOPに移動する形で続投、『スイートプリキュア♪』以来となる前後期で曲が変わる形となる。エンディングシリーズ初となるプリキュア役の声優2人(後期からは3人)が歌うキャラクターソングとなっており、振り付けも前作まで3年間担当してきたMIKIKOに変わり、前年「プリキュアたいそう」「プリキュア音頭」の振り付けを手がけた原ななえが担当する。

ストーリーモフ~!

私、朝日奈みらい!今度中学2年生の13歳!
休みのある日、小さい頃からずっと一緒のクマのぬいぐるみモフルン」と出かけたら、
リコちゃんと出会ったの。リコちゃんは、何と魔法つかい!!
リンクルストーン・エメラルド」っていう強いを秘めた石を探しに、
私の町にやって来たんだって!
でも、それを探してたのはリコちゃんだけじゃなかったみたい…。
闇の魔法つかい「ドクロクシー」の仲間が、「リンクルストーン・エメラルド」を渡せって
私たちの前に現れたの。そんなこと言われても知らないし!?
闇の魔法で生まれた怪物「ヨクバール」に追い詰められたその時、

「キュアップ・ラパパ!」

魔法の言葉をリコちゃんと手をつないでとなえたら、
伝説魔法つかい「プリキュア」に変身しちゃったんだ!!
ぬいぐるみの「モフルン」がしゃべるようになるし、
楽しくてワクワクな「魔法学校」に通うことになっちゃうし!いったい、どうなってんの!?
とにかく、「リンクルストーン・エメラルド」は「ドクロクシー」たちには渡さない!
私たち「魔法つかいプリキュア!」が見つけるんだから!

ABC公式サイトより抜

キャラクターモフ~!

魔法使いプリキュア!

スタッフモフ~!

主題歌モフ~!

小ネタモフ~!

関連商品モフ~!

玩具

CD

Blu-ray

漫画単行本・関連書籍

関連項目モフ~!

プリキュアシリーズ

関連リンクモフ~!


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%AD%94%E6%B3%95%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%84%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A2%21
ページ番号: 5389767 リビジョン番号: 2550061
読み:マホウツカイプリキュア
初版作成日: 15/12/26 12:26 ◆ 最終更新日: 17/12/28 11:32
編集内容についての説明/コメント: ハグプリ追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


魔法使いプリキュア!

いったん保存

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

魔法つかいプリキュア!について語るスレ

2606 : ななしのよっしん :2017/12/21(木) 09:05:37 ID: 4mVfYF/1e2
>>2603 >>2605
なにわざわざ同じ事書いてるんだか
2607 : ななしのよっしん :2018/01/19(金) 16:10:55 ID: SGiZGr+tVO
しっかし、今年のプリアラは絶賛レイプ目祭りなわけですが
まほプリメンバーって本編ではダメージ過多による変身解除や
レイプ目になったことなかった気が

混沌の使いって基本慢心からくるゴリ押ししかしてないから
(連中の中では頭が回りそうなオルーバですらジョーカー
エリシオからしてみれば子供だましレベル)、プリキュア側に
対抗できるがある分歴代でも一番戦いやすく弱かった
(つまりプリキュアの苦戦度が低かった)かもしれない
2608 : ななしのよっしん :2018/01/20(土) 03:56:15 ID: ffGEgbUCvu
>>2607
と言うかガメッツ決戦及びラブ決戦以外苦戦らしい苦戦した記憶い。
あくまでもメイン日常パート戦闘最低限のノルマでやってただけ
って部分が一番色濃かったからと言うのも影してそう。
2609 : ななしのよっしん :2018/01/20(土) 08:23:29 ID: 0tYJ6V8WA0
スーパースターズの予告見ると流石にラストだろうなって
思って寂しいな、流石に今後も映画に登場はいだろうし
2610 : ななしのよっしん :2018/01/28(日) 13:41:20 ID: 4C55ubDLsa
まほプリ最終回いちかプリアラ最終回で一人営業始めた後のいちか
って説が今日の放送でだいぶ真実味を帯びてきたけど、
「じゃあドリスタとプリアラ映画はどう説明つけるんだ」
って、(ほんの一部で)議論になってたので、個人的に
『ドリスタ~プリアラ映画に出てたまほプリ組は別の世界線世界)から召喚されてた説』を提唱したい。
プリアラ決戦時に映画キャラも居たのにまほプリ組居なかったし、
この説で全て丸く納まるんじゃないかと、あくまで個人的にだけど・・・
2611 : ななしのよっしん :2018/01/28(日) 16:22:21 ID: Z3T/3+BBK6
オフシャルコンプリートブックによると
子供たちに解りやすくバトンタッチを示すものだから、整合性については考えなくてもいい(鷲山P
最終話でのいちかの登場に関しては当初予定した3部構成でプリキュアオールスターズ的な事をする案があったがさすがに役であるみらい達がんでしまうとの事で話し合った結果、50話のみキュアホイップを出すことになった(内藤P)
まほプリプリアラ世界観は繋がってはいなくて、オールスターズ同様のパラレルワールドと考えている(シリーズ構成村山功)
最終話で次回作のプリキュアを登場させるのはSDを任される前からの決定事項。当然その時は次回作のコンセプトテーマも決まっていない(三塚SD

50話での共演はオールスターズのような「感謝祭」のようなものだから理屈抜きで楽しんで欲しい(内藤P)
50話のみオールスターズのような独自の世界観が舞台の特別編にする案もあったが、あくまでまほプリ最終話として描きたい思いもあり、両者の共演は理屈は抜きの奇跡の出会いであると考えている(三塚SD
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
2612 : ななしのよっしん :2018/01/28(日) 16:53:06 ID: 4C55ubDLsa
>>2611
うん、公式的にはそうなってる、ってのは重々承知してる。
だから>>2610はこうだったら面いな、っていう想像、いや、妄想かな?
まほプリ50話も今回のプリアラ最終話本編の後日談としては申し分ないし、
地上波に乗ってお茶の間に広く届けられたんだから単なるパラレルで片付けちゃうのは
もったいないというか寂しいなっていう、言わば個人のワガママだから、
単なる酔狂なヲタクの戯言だと思ってもらうと助かる。
2613 : ななしのよっしん :2018/01/28(日) 17:50:01 ID: 0tYJ6V8WA0
大人になったエンドデフォみたいになって来てるけど
大人の姿出してその後書くのが難しいって理由があるので
1話丸事って展開は年齢弄れるまほプリにしか出来んな
2614 : ななしのよっしん :2018/02/02(金) 00:03:31 ID: Ez9v0rBfM8
1年楽しませた大団円の後に後日談まで用意してるとか
まほプリスタッフめてファンサービスの鑑
2615 : ななしのよっしん :2018/02/02(金) 09:39:56 ID: ffGEgbUCvu
そう言えば戦闘区域から都合良く人がいなくなる事はあっても
敵が強制的に人々の気を失わせる術みたいなの使った事ってあったっけ?
(終盤の世界変展開を除外して)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829