単語記事: 魔法少女まどか☆マギカ

編集
曖昧さ回避 この項目ではシリーズ全般について記述しています。
  • 劇場版(総集編)については「劇場版魔法少女まどか☆マギカ」を、
    劇場版(新編)については「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」を参照。
  • PSP版ゲームについては「魔法少女まどか☆マギカ ポータブル」を参照。
  • ブラウザゲームについては「魔法少女まどか☆マギカ オンライン」を参照。
  • PSV版ゲームについては「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ the battle pentagram」を参照。
  • 外伝作品については「魔法少女かずみ☆マギカ」「魔法少女おりこ☆マギカ」「The different story」「魔法少女すずね☆マギカ」「魔法少女たると☆マギカ」「魔法少女まどか☆マギカ[魔獣編]」をそれぞれ参照。
  • アンソロジー作品については「魔法少女まどか☆マギカ アンソロジーコミック」「魔法少女まどか☆マギカ 4コマアンソロジーコミック」をそれぞれ参照。
  • 専門誌については「まんがタイムきらら☆マギカ」を参照。

魔法少女まどか☆マギカ ロゴ

魔法少女まどか☆マギカ』は、2011年に放送された全12話のオリジナルテレビアニメ。

概要

みんな一緒に

通称は「まどマギ」、あるいは単に「まどか」、「まどかマギカ」がよく使われる。その他の愛称としては「まどっち」「ままま」「魔まマ」などがある。

放映発表当初こそ「よくある魔法少女アニメ」としてさほど注目されてなかったが、制作スタッフの面子(後述)を見た一部の人々は、この作品を「血だまりスケッチ」と称した。
キャラクター原案が可愛らしいキャラクター達のほのぼの漫画「ひだまりスケッチ」で有名な蒼樹うめであったのに対し、脚本が暴力表現と硝煙の匂いに定評のある虚淵玄という異色の取り合わせであったためである。このため、本作は当初どちらかといえばイロモノ扱いであり、また業界にあまり詳しくない人からも併せて前評判は芳しくなかった。

放送開始直後も見かけ上は普通の魔法少女ものであり同様の傾向が続いたが、第3話で衝撃的展開を迎え、その後もそれが単なる驚かしではない事を示すかのように重い内容を取り扱い、最終的に「魔法少女」というジャンルそのものを揺るがす作品となった。

それら内容と、可愛らしいテイストの絵柄とのギャップに評判が広がり、結果的に2011年冬アニメの中でも突出した話題性を持つ作品となった。

近年は売り上げの不安定さからオリジナル物のアニメ製作が敬遠される傾向があり、一方で原作付アニメ作品の原作ストックやアニメ化候補の作品の枯渇、原作改悪による批判などが問題になっていた。そんな中、「先が読めない面白さ」というオリジナルアニメの長所を改めて作り手や視聴者に認識させたこの作品の意義は大きい。

2011年1月より、MBS・TBS・CBCで放映されたほか、ニコニコ動画などでTVから1週遅れで最新話が無料配信された。しかし、2011年3月11日の東日本大震災を受け、大規模な災害シーンが登場する10&11話の内容もあり、TV放送および配信を自粛。その後の放送が危ぶまれたが、翌月の2011年4月21日深夜にそれまで放送できなかった最終話までの3話分の一挙放送が決定した。この手のアニメ作品では異例の事態であり、視聴率はMBSで2.3%(占有率22.6%)を記録した。

現在ニコニコ動画ではTV本放映版とほぼ同じ内容である「ニコニコ動画版」を、2038年まで有料で配信している。2011年6月18日には日台同時一挙生放送が行われ、タイムシフト予約数約10万、来場者数約95万、総コメント数約190万と新記録を樹立した。
ニコニコニュース『「まどか☆マギカ」一挙配信の視聴者は約100万人』より

続く2011年10月19日に再び本編一挙生放送が行われ、二度目にもかかわらず来場者数約81万、総コメント約130万と未だ根強い人気の高さを証明した。

そして、2011年11月には劇場版の決定が告知された。テレビ版を再編集した2本は2012年10月に、完全最新作1本は2013年10月の公開された。詳細は「劇場版魔法少女まどか☆マギカ」「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」をそれぞれ参照。

2012年7月にはMROでの放送が決まり、東名阪以外では初のネット局が登場した。

2012年9月29日には3回目の本編一挙生放送が行われ、来場者数約63万、総コメント数67万を記録した。

イントロダクション

大好きな家族がいて、親友がいて、時には笑い、時には泣く、そんなどこにでもある日常。
市立見滝原中学校に通う、普通の中学二年生・鹿目まどかも、そんな日常の中で暮らす一人。

ある日、彼女に不思議な出会いが訪れる。この出会いは偶然なのか、必然なのか、彼女はまだ知らない。

それは、彼女の運命を変えてしまうような出会い――
それは、新たなる魔法少女物語の始まり――

魔法少女まどか☆マギカ公式HP
ストーリー・イントロダクションより

登場人物

各登場人物の詳細は、それぞれの大百科記事を参照。

主要人物

鹿目まどかかなめ - ) - 声:悠木碧
本作の主人公。
ごく普通の中学二年生だったが、ほむらやキュゥべえとの出会いをきっかけに魔法少女の世界に足を踏み入れる。
暁美ほむらあけみ - ) - 声:斎藤千和
まどかが夢の中で出逢った、謎を秘めた魔法少女。
巴マミともえ - ) - 声:水橋かおり
まどかより一つ年上の、面倒見の良いベテランの魔法少女。
美樹さやかみき - ) - 声:喜多村英
まどかとはクラスメイトで仲の良い、元気で活発な恋する少女。
佐倉杏子さくら きょうこ) - 声:野中藍
まどかの住む町にとある事情でやってきた、好戦的で食欲旺盛な魔法少女。
キュゥべえ - 声:加藤英美里
魔法少女につきものなマスコット。
「契約」と称し、一つだけ願いを叶える代わりに少女を魔法少女にする役割を持つ。

サブキャラクター

志筑仁美しづき ひとみ) - 声:新谷良子
まどかとさやかのクラスメイトで仲良し三人組の一角。
上条恭介かみじょう きょうすけ) - 声:吉田聖子
さやかの幼馴染の少年で、さやかの想い人。
鹿目詢子かなめ じゅんこ) - 声:後藤邑子
まどかの母。第一線で戦うキャリアウーマンであり、鹿目家の家計を一手に引き受ける。
鹿目知久かなめ ともひさ) - 声:岩永哲哉
まどかの父。妻・詢子に代わって家のことを引き受ける専業主夫。
鹿目タツヤかなめ - ) - 声:水橋かおり
まどかと11歳離れた弟。まだまだやんちゃ盛りの3歳の現役幼稚園児。
早乙女和子さおとめ かずこ) - 声:岩男潤子
まどかたちのクラスの担任の先生。担当科目は英語。

モブキャラクター

中沢 (なかざわ) - 声:松岡禎丞
まどかたちのクラスメイト。本編及びドラマCDに登場。
ホスト二人組(ショウさん) - 声:飛田展男、三木眞一郎
8話に登場。さやかが乗り合わせた電車の乗客。

魔女と使い魔

  • 公式サイトの魔女図鑑に、それぞれの魔女や使い魔の解説が掲載されている。
  • こちらの記事も参考に→魔女(魔法少女まどか☆マギカ)/使い魔(魔法少女まどか☆マギカ)
  • 魔女の名前の表記に使用されている特殊な文字の読みについては主にPuella Magi Wikiにて考察されている。これら文字の解読方法については公式には言及されていない。第3話に登場する「お菓子の魔女」のみ、魔女名の日本語表記が「シャルロッテ」であることがいくつかの公式グッズにおいて明かされていた…のだが、一部を除き現在は「お菓子の魔女」に修正されている。また、設定資料集において「薔薇園の魔女」の公式での日本語表記が、「ゲルトルート」であることも判明した。
  • 以下の表の「性質/役割」の項目は、魔女の場合「性質」、使い魔(手下)の場合「役割」となっている。
魔女/使い魔の名前 読み方の一例 解説 性質/役割 登場
Anthony アンソニー 魔女の手下 造園 第1,2話
Gertrud ゲルトルート 薔薇園の魔女 不信 第2話
Adelbert アーデルベルト 薔薇園の魔女の手下 警戒
Suleika ズライカ 暗闇の魔女 妄想 (未登場)
Ulla ウラ 暗闇の魔女の手下 第3話
Charlotte シャルロッテ お菓子の魔女 執着 第3話
Pyotr ピョートル お菓子の魔女の手下 チーズ探し
H.N. Elly(Kirsten) エリー(キルステン) ハコの魔女 憧憬 第4話
Daniyyel+Jennifer ダニエルとジェニファー ハコの魔女の手下 運搬
Albertine アルベルティーネ 落書きの魔女 無知 (未登場)
Anja アーニャ 落書きの魔女の手下 童心 第5話
Gisela ギーゼラ 銀の魔女 自由 第7話(回想)
Dora ドーラ 銀の魔女の手下 主張
Elsa Maria エルザ・マリア 影の魔女 独善 第7話
Sebastian ゼバスティアン 影の魔女の手下 盲信
Uhrmann ウーアマン 犬の魔女 渇望 (未登場)
Bartels バルテルス 犬の魔女の手下 インテリア 第8話
Oktavia von Seckendorff オクタヴィア・フォン・
ゼッケンドルフ
人魚の魔女 恋慕 第9話
第10話
Holger ホルガー 人魚の魔女の手下 演奏 第9話
Klarissa クラリッサ バックダンサー 第10話
Izabel イザベル 芸術家の魔女 虚栄 第10話
Michaela ミヒャエラ 芸術家の魔女の手下 作品
Patricia パトリシア 委員長の魔女 傍観 第10話
Mathieu マテュー 委員長の魔女の手下 クラスメイト
Kriemhild Gretchen クリームヒルト・グレートヒェン 救済の魔女 慈悲 第10話
Roberta ロベルタ 鳥かごの魔女 憤怒 第10話
Gotz ゴッツ 鳥かごの魔女の手下 軽薄無思慮
????? 通称:ワルプルギスの夜 舞台装置の魔女 無力 第10,11,12話
????? ????? 舞台装置の魔女の手下 道化役者

漫画・小説

アニメ本編放映と平行して2011年2月より、ハノカゲによるアニメに準拠の書き下ろしで単行本『魔法少女まどか☆マギカが刊行されている(全3巻)。

また、2011年3月号~2013年1月号まで、『まんがタイムきららフォワード』外伝『魔法少女かずみ☆マギカ』(作:平松正樹、画:天杉貴志)が連載された。全5巻。

番組終了後、描き下ろしの公式外伝として、『魔法少女おりこ☆マギカ』(ムラ黒江)も刊行した(全2巻)。

小説版『魔法少女まどか☆マギカ(作:一肇、イラスト:ゆーぽん)は上下巻で刊行中。
(注:ただしこの小説版は書籍ではなくアニメグッズ扱いな為、一般書店では購入できない。のちに一般流通版が芳文社より発売された。さらに加筆訂正を加えられた文庫版が星海社文庫として出版された)

2012年10月から11月にかけてハノカゲによるスピンオフ漫画『The different story』が発売された。全3巻。

そのほかアンソロジーコミックが存在している。

また、まんがタイムきららキャラットの増刊号として、主に本作の公式二次作品を取り扱った『まんがタイムきらら☆マギカ』も季刊誌として創刊されており、まれに公式外伝である『おりこ☆マギカ』の番外編なども掲載されている。

ゲーム

2011年9月20日からソーシャルゲーム「魔法少女まどか☆マギカ」がサービス開始。2012年11月19日に後継タイトル「魔法少女まどか☆マギカPlus」への移行に伴いサービス終了。「魔法少女まどか☆マギカPlus」は2012年10月18日から事前登録を開始している。

2012年3月15日にPSP用ゲーム「魔法少女まどか☆マギカ ポータブル」が発売。プロモーションとしてスマートフォン用の無料アプリ「マミのドキドキ ティロ・フィナーレ」が配布された。

2012年8月27日からブラウザゲーム魔法少女まどか☆マギカ オンライン」がプレサービス開始し、2012年9月4日に正式サービスへと移行している。

各話リスト

原作(テレビアニメ版)

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 予告イラスト
第1話 夢の中で逢った、ような・・・・・ 芦野芳晴 宮本幸裕 江畑諒真 ハノカゲ
第2話 それはとっても嬉しいなって 芦野芳晴 向井雅浩 高橋美香 実原登 鳥山冬実 氷川へきる
第3話 もう何も恐くない 芦野芳晴 八潮祐樹 溝月一也 神谷啓大 津路参汰
第4話 奇跡も、魔法も、あるんだよ 笹木信作 小窪真一 小関雅 小林尽
第5話 後悔なんて、あるわけない 小俣真一 間島崇寛 本多美乃 松本麻友子 小菅和久 ゆーぽん
第6話 こんなの絶対おかしいよ 笹木信作 浅利藤彰 宮島仁志 福永純一 ウエダハジメ
第7話 本当の気持ちと向き合えますか? 西田正義 城所聖明 小林亮 かどともあき 天杉貴志
第8話 あたしって、ほんとバカ 小俣真一 川畑喬 近藤優次 松本明之 イラスト:藤真拓哉
協力:田中研太郎
第9話 そんなの、あたしが許さない 七嶋典子 向井雅浩 片山みゆき 半澤淳
関口雅浩 松本元気
潮月一也 岩崎安利
伊藤明彦
なまにくATK
第10話 もう誰にも頼らない 笹木信作 八潮祐樹 伊藤良明 潮月一也 ムラ黒江
第11話 最後に残った道しるべ 伊藤智彦 渡邉こと乃 宮前真一 藤澤俊幸 ブリキ
最終話 わたしの、最高の友達 笹木信作 宮本幸裕 谷口淳一郎 高橋美香 蒼樹うめ

漫画版

作画:ハノカゲ

※原作とサブタイトルの違うところを赤字で示す

話数 サブタイトル 原作該当話
第1話 夢の中で逢った、ような・・・・・ 第1話
第2話 それはとっても嬉しいなって 第2話
第3話 もう何も恐くない 第3話
第4話 奇跡も、魔法もあるんだよ 第4話
第5話 後悔なんて、あるわけない 第5話
第6話 こんなの絶対おかしいよ 第6話
第7話 本当の気持ちと向き合えますか 第7話
第8話 あたしって、ほんとバカ 第8話
第9話 そんなの、あたしが許さない 第9話
第10話 もう誰にも頼らない 第10話
第11話 最後に残った道しるべ 第11話
最終話 わたしの、最高の友達 最終話

小説版(一般流通)

文:一肇
イラスト:蒼樹うめ・シャフト

※原作とサブタイトルの違うところを赤字で示す

話数 サブタイトル 原作該当話
第一章 夢の中で逢った、ような・・・・・ 第1話
第二章 それはとっても嬉しいなって 第2話
第三章 わたしなんかで、良かったら 第3話
第四章 そんなの、聞いてない 第4話
第五章 わたしが、心を決める時 第5話
第六章 こんなの、絶対おかしいよ 第6話
第七章 哀しみも、苦しみも 第6話、第7話
第八章 わたし、サイテーだよ 第8話、第9話
第九章 友達なんて、いないんだから 第9話
第十章 もう誰にも頼らない 第10話
第十一章 あなたも、わたし 第11話、最終話
エピローグ 最高の友達 最終話

音楽

オープニングテーマ「コネクト」
作詞・作曲:渡辺翔 / 歌:ClariS
絵コンテ・演出:板村智幸 / アニメーションレイアウト:今村亮 / 作画監督:中村直人
※第10話、最終話においてはオープニングをなくす代わりにエンディングテーマとして使用された。
 第1話のCDショップの他、第6話のゲームセンターでもアレンジ版が使用された。
エンディングテーマ(メインテーマ)「Magia」
作詞・作曲・編曲:梶浦由記 / 歌:Kalafina
アニメーション: 鈴木博文
※第3話から第8話まで。TV放送第1話、第2話、第9話、第11話はエンディングが無い仕様。
 第1話、第2話、第10話においては挿入歌として使用された。
エンディングキャラクターソング「また あした」
作詞・作曲:hanawaya / 編曲:流歌、田口智則 / 歌:鹿目まどか(悠木碧)
イラスト: 蒼樹うめ
※DVD/BD版第1話、第2話のエンディングテーマ、兼鹿目まどかのキャラクターソング。
エンディングキャラクターソング「and I'm home」
作詞:wowaka / 作曲・編曲:wowaka、とく / 歌:美樹さやか(喜多村英)、佐倉杏子(野中藍)
イラスト: 蒼樹うめ
※DVD/BD版第9話のエンディングテーマ、兼美樹さやか・佐倉杏子のキャラクターソング。
サウンドトラック
"ORIGINAL SOUNDTRACK I, II, III" はそれぞれBDまたはDVDの第2・4・6巻(生産限定版)に付属。曲名はほとんどがラテン語になっている。
※曲名、通称など詳細についてはまどか☆マギカBGMリンクを参照。

スタッフ

原作 Magica Quartet
監督 新房昭之 『魔法少女リリカルなのは』(第1期)『コゼットの肖像』など
脚本 虚淵玄(ニトロプラス) 『鬼哭街』『沙耶の唄』など
キャラクター原案 蒼樹うめ 『ひだまりスケッチ』
キャラクターデザイン 岸田隆宏 『serial experiments lain』『ノエイン』など
シリーズディレクター 宮本幸裕 『まりあ†ほりっく』『荒川アンダー ザ ブリッジ』など
総作画監督 谷口淳一郎、高橋美香 『おおきく振りかぶって』(谷口氏)など、『成恵の世界』(高橋氏)など
プロダクションデザイン 劇団イヌカレー 『さよなら絶望先生』『化物語』など
音響監督 鶴岡陽太 『けいおん!』『ローゼンメイデン』など
音楽 梶浦由記 『NOIR』『MADLAX』『舞-HiME』『ツバサ・クロニクル』など
プロデューサー 岩上敦宏 『ギャラリーフェイク』『かんなぎ』『空の境界』など
アニメーション制作 シャフト ぱにぽにだっしゅ!』『化物語』など

舞台モデル

本作の舞台は近未来都市となっているが、群馬県前橋市内の建築物がいくつかモデルとして挙げられている。第7話で一瞬映った建物は群馬県庁舎、第8話の駅舎のモデルはJR両毛線の前橋駅ホーム、第11話で暁美ほむらがタンクローリーで特攻する場面では群馬大橋と思われる建造物が見られる。それ以外にも、第9話で佐倉杏子が食べていたお団子のような食べ物は群馬を代表する郷土食のひとつ「焼きまんじゅう」に似た形をしている。

他にも背景に登場する建築物のモデルとして、ドバイ、ドイツ(ケルンやフランクフルト)、台北、シンガポール、ブラジル(クリチバ)など世界各国の有名建造物がモデルとして挙げられている。これらについてはPuella Magi Wikiの考察が詳しい。なかでもまどか達の通う見滝原中学校はそのモデルとしてオーストリアのレオーベンのガラス張り刑務所が挙げられている。

受賞歴

  • 第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞
  • 第16回アニメーション神戸賞作品賞・テレビ部門
  • ニュータイプアニメアワード 作品賞・女性キャラクター賞(暁美ほむら)・マスコットキャラクター賞(キュゥべえ)・主演女優賞( 悠木碧)・助演女優賞(斎藤千和)・主題歌賞(コネクト)・劇伴賞(梶浦由記)・監督賞(新房昭之)・シナリオ賞(虚淵玄)・キャラクターデザイン賞(蒼樹うめ,岸田隆宏)・撮影賞・美術賞(劇団イヌカレー)・色彩設定賞・エフェクト賞
  • ネット流行語大賞2011銅 「僕と契約して、○○になってよ!」
  • 東京国際アニメフェア2012・第11回東京アニメアワード テレビ部門優秀作品賞・個人部門監督賞(新房昭之)・個人部門脚本賞(虚淵玄)
  • 日刊スポーツ第1回日刊アニメグランプリ クイーンオブヒロイン賞(鹿目まどか)・ワーストダークキャラ賞(キュゥべえ)・ベストテレビアニメ賞・ベストアニメ楽曲賞(コネクト)・MIP女性声優賞(悠木碧)
  • 第6回声優アワード 主演女優賞(悠木碧)・助演女優賞(加藤英美里)
  • 32回パリ・ブックフェア第19回アニメ&マンガ大賞最優秀エスポワール賞
  • Licensing of the Year 2012 in JAPAN選定委員特別賞
  • 第43回星雲賞 メディア部門
  • 第11回Sense of Gender賞 シスターフッド賞
  • 2chアニメ最萌トーナメント2011 優勝(巴マミ)・準優勝(佐倉杏子)

お絵カキコ

魔法少女まどか☆マギカ ロゴ

ゆのっちとキュゥべえいつか夢見た在りし日の光景伏線と名高いI don't wanna cry alone・・・・・みんな一緒に>>3が理解できることが不幸>>399658 らくがき>>8884

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z ß ウムラウト
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z ß ウムラウト記号ÄÄÖÖÜÜ

関連動画

本編動画はニコニコチャンネルで配信中!

内容はテレビ版とほぼ同じであり、DVD・BD版の演出などが修正されたものとは異なる。

MAD

まどか☆マギカMADリンクの項目を参照。

視聴者の反響や考察など

視聴者の反響

考察系

インタビュー系

その他

ニコニコ生放送履歴

Webラジオ

関連静画

お題

イラスト

関連立体

関連コミュニティ

※その他関連コミュニティは魔法少女まどか☆マギカの関連項目一覧の項目を参照。

関連商品

魔法少女まどか☆マギカの関連商品一覧魔法少女まどか☆マギカの関連書籍一覧の項目をそれぞれ参照。

関連項目

魔法少女まどか☆マギカの関連項目一覧の項目を参照。

外部リンク

公式

公式以外

魔法少女まどか☆マギカ
アニメ 第一期 テレビアニメ | 劇場版(総集編)
第二期 劇場版(新編)
スピンオフ漫画 魔法少女おりこ☆マギカ | 魔法少女かずみ☆マギカ | The different story
魔法少女すずね☆マギカ | 魔法少女たると☆マギカ | [魔獣編]
ゲーム ポータブル | オンライン | ペンタグラム
登場人物 インキャラクター 鹿目まどか - 暁美ほむら - 巴マミ
美樹さやか - 佐倉杏子 - キュゥべえ - 百江なぎさ
サブキャラクター 志筑仁美 - 上条恭介 - 早乙女和子
鹿目詢子 - 鹿目知久 - 鹿目タツヤ
モブキャラクター 中沢 - ショウさん - エイミー
おりこ☆マギカ 美国織莉子 - 呉キリカ - 千歳ゆま - 優木沙々- 浅古小巻
かずみ☆マギカ かずみ - 御崎海香 - 牧カオル
浅海サキ - 若葉みらい - 神那ニコ - 宇佐木里美 - ジュゥべえ
ユウリ様 - 飛鳥ユウリ - 双樹あやせ - 和紗ミチル - 聖カンナ
すずね☆マギカ 天乃鈴音 - 奏遥香 - 日向茉莉 - 詩音千里
成見亜里紗 - 美琴椿 - 日向華々莉
たると☆マギカ タルト - リズ・ホークウッド
メリッサ・ド・ヴィニョル - エリザ・ツェリスカ 
その他 魔女 - 使い魔 - 魔獣 - ナイトメア
楽曲 TV版 コネクト | Magia
また あした | and I'm home | (サウンドトラック
劇場版(総集編) ルミナス | ひかりふる | 未来
劇場版(新編) カラフル | 君の銀の庭 | misterioso
関連人物 スタッフ 新房昭之 | 虚淵玄 | 蒼樹うめ
宮本幸裕 | 岩上敦宏 | 岸田隆宏 | 劇団イヌカレー | 鶴岡陽太
アーティスト 梶浦由記 | ClariS | Kalafina | 貝田由里子
関連団体 シャフト | ニトロプラス | アニプレックス | MBS
一覧 関連項目一覧 | 関連商品一覧 | 関連書籍一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%81%BE%E3%81%A9%E3%81%8B%E2%98%86%E3%83%9E%E3%82%AE%E3%82%AB
ページ番号: 4493944 リビジョン番号: 2423265
読み:マホウショウジョマドカマギカ
初版作成日: 10/10/30 02:52 ◆ 最終更新日: 16/10/31 18:46
編集内容についての説明/コメント: 生放送タイムシフト
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


習作

BUG

適当なまどか的な何か的な何か

わけがわからないよ!

\(^o^)/

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

Credens j...
Sis puell...
マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカについて語るスレ

18155 : ななしのよっしん :2017/01/10(火) 22:57:16 ID: ACeyDEPADT
2年前くらいに公式が
続編作ってますよ!何も音沙汰なしで放置だとかわいそうだから
ていってたはずなんだけど続編とはマギアレコードのことかな?
虚淵氏が関わってたらソシャゲでも期待大
18156 : ななしのよっしん :2017/01/31(火) 10:48:40 ID: BUBlwgxLSd
結構例のPV知らない人いるんだな
新作はアニメだぞ。映画かテレビシリーズかは知らないが
18157 : ななしのよっしん :2017/01/31(火) 13:29:09 ID: NHqqQrpEc+
>>18156
ヒント:PV「だけ」作って本編は作らない

…つーか、アニメ作る気あるならさっさと作ってくれよ…
出し惜しみだか時間稼ぎだか知らないがいい加減露骨過ぎる
18158 : ななしのよっしん :2017/02/02(木) 11:59:22 ID: BUBlwgxLSd
出し惜しみ以前に確かまだ設定とかまとめてる段階だと思うぞ。きらマギでもそんな感じのこと書いてあったし
まずそんな半端な状態で出してもストーリーが無茶苦茶になるだけだし、それならじっくりいいものを作ってもらいたい
18159 : ななしのよっしん :2017/02/05(日) 07:50:25 ID: lQQZtsztqG
PVって図録には収録されるのかな? https://www.aniplexplus.com/itemooctAJZR
宣伝ページには曖昧な書き方しかされてなくて、不安になる
この書き方ならPVも入ってるだろう、とも思えるんだけど…
18160 : ななしのよっしん :2017/02/07(火) 02:12:44 ID: o9ROLqZ+hu
元々まどかシリーズっていつも公開まで情報隠してたから
叛逆もインタビューでほむらとマミさんと杏子の話って嘘つく位
その後でコンセプトムービー作ったり設定資料出したりでネタバレ丸出ししてると
完成させる気あるのか微妙になってくる
18161 : ななしのよっしん :2017/02/08(水) 17:45:13 ID: 37pkQ1jb3S
>叛逆もインタビューでほむらとマミさんと杏子の話って嘘つく位
ソースがあったら一応知りたい
18162 : ななしのよっしん :2017/02/12(日) 19:36:49 ID: Cd4u7qh+hF
こんだけ新情報がないのも設定やらとか別に何か事情があるんだろうか?
年内に新作発表あれば良いが、結局新情報無かったとかのパターンに終わりそう
もうそう言うのに慣れちゃったし、期待が年々薄れてるからだろうか・・・
18163 : ななしのよっしん :2017/02/15(水) 17:24:34 ID: nyGBBvuI1M
またまどかとコラボしたゲームが・・・・・・
18164 : ななしのよっしん :2017/02/16(木) 02:35:59 ID: vOWaVLRaYy
もうこれだけ遅れたら2021年に10周年記念で続編公開でいいと思う
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015