編集  

魔法戦記リリカルなのはForce単語

マホウセンキリリカルナノハフォース

魔導師高町なのは25歳。
不屈の魂(エースオブエース)――いまだ、健在。

魔法戦記リリカルなのはForceとは、TYPEで毎連載中のリリカルなのはシリーズ第四作である。
原作都築真紀作画緋賀ゆかり
同時展開している第四期シリーズとして、月刊コンプエースで『魔法少女リリカルなのはViVid』(漫画藤真拓哉)も連載中。

しかし、もともと隔連載という形式を取っていたのだが、それでも次第に休載が続くようになり、とうとう2013年9月発売の『TYPE11月号を持って再開時期未定長期連載休止という事になってしまった。
(やっぱり男が主人公だから人気が出なかったのか、それとも製作者側に何か問題が発生したのかは定かではない)

概要

今までのなのはシリーズとは雰囲気を一新し、メインキャラ全新規。
タイトルも「魔法少女」から「魔法戦記」に変更、しかも主人公男性と、これまでの法則を打ち壊す大きな挑戦に出ている。

上記に加え、メイン女性キャラ二人がダブルヒロインであるところから、『とらいあんぐるハートシリーズにも雰囲気が近い。
ピュアスポーツテーマにしたViVidとは違い、魔導による戦いや恐怖』テーマとし、全にシリアスな路線を突き進む第四期シリーズとなっている。

あらすじ

81年、少年トーマは、相棒デバイス『スティード』と共に世界を見て回る一人旅を続けていた。

23管理世界『ルヴェラ』の鉱山遺跡に辿り着いた彼は、そこで物々しい集団を撃し、同時に、彼の頭に念話がく――『助けて』という呼びが。に導かれ遺跡を探索するトーマは、そので一人の磔にされた少女と出会い、救出に成功する。
しかしその束の間、対感染災害用の焼却装置に灼かれそうになった時、少女が与えた『ディバイダー』により、窮地を脱することに。

リリィ・シュトロゼック、と精感応で名乗った少女を保護したトーマは遺跡を後にする。
その後、ふとした縁で少女アイシストーマ達に加わり、リリィ保護のために次元通信可教会に立ち寄るが、そこには惨殺されたシスター達と、トーマと同じ『ディバイダー』を持つ男、ヴェイロンがいた。トーマと交戦の後、彼は言う。「鉱山遺跡のことを知りたきゃ、俺達フッケバイ一家に来い」と。

同時期、要管理世界各地で発生した大規模破壊・殺戮事件。
犯罪一家フッケバインによるものと思われるこの案件に、八神はやては元機動六課のメンバーを招集し、『管理局特務六課』として再編成。高町なのはスバル・ナカジマといったエース達が、再びクラナガンへと集うことになる。

暗躍するフッケバイン、集結する特務六課、そしてトーマ達一行。
次元世界穏は、今静かに打ち破られようとしていた――。

主要人物紹介

現在まで『force』自体の映像化はされていないため、一部キャラCVゲーム版および劇場版特別鑑賞券に付属したドラマCDなどで付けられたものである。

トーマ・アヴェニールCV梶裕貴
本編主人公。第3管理世界ヴァイゼン出身の15歳
7年前に、故郷で起きた鉱山遺跡事故で全てを失った彼は、その相を知る(または、それを忘れるきっかけが欲しい)ためにをしていた。相棒・スティードと共に一人旅を続ける中、リリィとの出いを果たした事で、『エクリプスドライバー(EC因子適合者)』となってしまう。
恩人である「スゥちゃん」には心配されながらも、定期的手紙のやり取りをしている。
リリィ・シュトロゼックCV戸松遥
『シュトロゼック-4th』のコードネームを持つ、本編ヒロイン
ルヴェラの遺跡に囚われていたところをトーマに救出され、彼と誓約(エンゲージ)を交わし、運命を共にした彼とを続けることに。
喋ることが出来ないため、に精感応で意思疎通を行う。
触れた者や周囲を殺す『』と自身を認識し、フッケバインからは『リアクトプラグ』と呼称される。
アイシス・イーグレットCV阿澄佳奈
本編のもう一人のヒロイン。ミッドチルダ北東部リガーテ出身の15歳
ルヴェラの港町で露店を出していた際にトーマ達と遭遇、リリィを見立てる中で、二人の腕に付けられていた『誓約の輪(エンゲージリング)』に興味を持ち、彼らを訳ありと見る。
厄介ごとに首を突っ込みたがる性質のため、その後も盗掘や殺容疑を掛けられたトーマ達と行動を共にすることに。
実は人材派遣会社イーグレットセキュリティー・サービス社の令嬢である事が判明する。
ティード
トーマ相棒を務める、小カメラインテリジェントデバイス
自立浮遊したり、チューブ部分で手の動きを表現したりと、嬌たっぷりである。
高町なのは
元機動六課スターズ分隊隊長にして、時管理局戦技教導官。25歳。
フッケバイン』による事件に対しての切り札の一人で、未だ健在のエースオブエース
スバル・ナカジマ
元機動六課フォワードにして、現港湾特別救助隊防災士長。
なのはと同じく切り札の一人で、はやての要請により特務六課に合流する。
また、彼女こそがトーマの恩人スゥちゃん』その人である。

フッケバインファミリー

現在次元世界で多くの殺戮や破壊活動を行っている犯罪一家
以下の構成員、その全てがエクリプスドライバー(EC感染者)である。
意は不明だが、仲間を集めて「世界を殺せる猛」になる事を的にしている。

ヴェイロン
好戦的で口調が粗野な青年トーマと最初に接触したエクリプスドライバーであり、彼をフッケバインに誘う。所持ディバイダーはショットガンの『928』。
アルナージ
大食少女で、称はアル。陽気で快活だが、ヴェイロン同様口悪し。所持ディバイダーはグリップナイフの『718』。リアクト形態ではプラズマキャノンガトリング砲と言った多数の銃火器を展開する。
サイファー
眼帯褐色の肌が特徴の女士。冷静沈着な性格の持ち。所持ディバイダーはと短の『944』。
ドゥビル
々の男。アルからはビルと呼ばれている。所持ディバイダーは戦の『695』。リアクト形態では全身を装甲をい、体そのものも大きく強化される。
フォルティス
一件優男に見えるが、空き缶を丸め潰すほどのがある。慇懃で礼儀正しく見えるものの、他人に物事を説明する時は虚実織り交ぜて喋るため信用ならない所もあるという。
ステラアーバイン
笑顔が明るい少女。所持ディバイダーは彼等の住処である飛翔戦艇『フッケバイン』そのもので、リアクトすることによって操を行う。普段はあまり喋らないが、リアクト時は非常に口数が多い(リアクト時が本来の性格)。
ソニカ・リーリャン
フッケバイ下の占い師。にがめつい守銭奴。EC感染者ながらディバイダーも持たない非戦闘員だが、接触したものの情報読み取るサイコメトリーに似た「情報窃視」というを有する。
ロザリア
リリィと同じくシュトロゼックシリーズの一人で、ナンバーは「5th」。ハーディス配下のディーゴに酷使されていたが、結果的にヴェイロンに救われ、それ以降フッケバイファミリーの元に身を寄せる事になる。
カレンフッケバイ
フッケバインの首領。綺麗なお姉さんだが、性格は冷酷かつ享楽的。トーマと同じく書物のディバイダーを併用装備している。

グレンデルファミリー

ミッドチルダで活動する武装集団・・・というより不良少年少女の集まり。
最近エクリプスディバイダーのを手に入れて行動を開始するが、特務6課の敵ではなかった。
何故かリーダーカート以外はすべて女子で構成されている。

カートグレンデル
グレンデル一家の首領。
柄の悪いガキ大将キャラで、拳銃ディバイダーによる攻撃のほか、物体を自由に手元に取り寄せるを持つ。
余談だが、将来の野望が「ミッドチルダの一の王になる」という微妙にちっちゃいものである。
マリーヤ・ラネスカヤ
グレンデル一家狙撃手
他のメンバーはおろかリーダーにも悪態をつくほど口が悪い。つまんだものを誘導弾に変える事が出来る。
ロロ・アンディーブ
グレンデル一家の運転手。
元々明るいが性格だが、に乗るとさらにテンションが高くなる。強な発電を持つものの、ディバイダーなどは装備しておらず、戦闘力のほどは不明。
インガーランド
グレンデル一家戦闘員
男勝りで生な性格。チェーンソーのようなブレードのVG4「グラディオン」というディバイダーを装備し、リアクトするとセーラー服ったような戦闘形態となる。

ヴァンデイン・コーポレーション

ハーディス・ヴァンデイン
次元世界ベルタにあるヴァンデインコーポレーション専務取締役
本社にも内密にECウイルス感染者やディバイダーを増産してそれによる技術および産業革命を図る事を的にテロまがいな活動を扇動する分かりやすい悪人で、それでいて自身もオリジナルのECウイルス特性を組み込んでの身体強化を果たしており、フッケバイメンバーとも互以上にれる戦闘を有している。

エクリプスディバイダー

EC因子適合者の意。EC感染者が適合を果たし、ディバイダーと呼ばれるEC兵器を扱う者達は「エクリプスディバイダー」となる。これは「世界を殺せる」と同義の存在。

ディバイダーは「魔導殺し」とも呼ばれ、適合者はこれとリアクターとのリアクトを行う事で、バリアジャケットなどと同様の戦闘防護をその身にい、再生や魔エネルギーの結合分断の化などのが発露する。これは魔で編成・保護された物質全てに効果が及ぶ為、現時点での対抗手段は「武装端末(AEC武装)」か、未完成の「第五世代デバイス」しかない。

なお、EC感染者ウィルスによって強な殺戮衝動を持つ事になり、これを満たさない場合は発狂レベルでの精的苦痛と、死に至る体的苦痛に苛まれ、最終的に自己追滅する。

魔法戦記リリカルなのはForceNEXT

TYPEVol.6より開始された、原作都築真紀イラストレーターの両名によるForce本編登場予定の新装備を、イラスト+設定で描く本編連動連載である。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AD%94%E6%B3%95%E6%88%A6%E8%A8%98%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%AFforce
ページ番号: 4208924 リビジョン番号: 1981111
読み:マホウセンキリリカルナノハフォース
初版作成日: 09/11/17 07:43 ◆ 最終更新日: 14/02/25 23:17
編集内容についての説明/コメント: 魔法戦記リリカルなのはForce Dimension(2)
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

魔法戦記リリカルなのはForceについて語るスレ

401 : 削除しました :削除しました ID: ukoKAz3NOq
削除しました
402 : ななしのよっしん :2018/04/08(日) 00:35:45 ID: z/FvfXV/7j
続けられたところで「設定太り」と「悪党へのダダ甘処分」といった
ストライカーズからの悪癖も続くだけだったと思う。
403 : ななしのよっしん :2018/04/09(月) 23:03:00 ID: m/jbSHLIw+
>>402
つっても悪党へのダダ甘処分に、突っ込みすぎるとフッケバインだけじゃなく、闇の書の騎士として働いてきたヴォルケンリッターやミッドでテロやらかしたナンバーズが六課にいること自体どうなんだってことになるし、かといって人を殺してるフッケバイ一家ダダ甘で通すとそれはそれでなぁ・・・・。
 正直、悪党の扱い方についてはどっちに転んでも、もうたたかれる未来しか見えん。
404 : ななしのよっしん :2018/05/07(月) 03:43:16 ID: AbqAeC1sHX
他作でうと幻影旅団的なポジションかな、それだと全滅しそうだけど
405 : ななしのよっしん :2018/05/27(日) 14:37:13 ID: f5iXC2tklQ
専務グレンデル一味は割と好きなんだがフッケバインはなぁ
406 : ななしのよっしん :2018/06/28(木) 09:48:51 ID: R46LDMTe0A
>>397
フッケバインっていうより、はっきり言って『エクリプスウィルス』。作品の根幹を為す存在なのに、それにまつわる全ての要素を全に持て余していた。
407 : ななしのよっしん :2018/07/04(水) 00:33:25 ID: yUq3exmY2z
トーマ達が々に六課に囲われててしまったのが緊感なくなってアカンかった様な気する
フッケトーマは結局自分らの所に来るって言ってたけど、人間関係や福利厚生は文句のつけようない良好な上、エクリプスの症状もコントロールできてしまっている状態でどうやって悪堕ちさせるのか、作者自身、結局思いつかなかったんだろう
408 : ななしのよっしん :2018/07/07(土) 00:40:53 ID: m/jbSHLIw+
>>407
なのは達をめに出さないと、読者も食いついてくれないと思ったんじゃないか?正直、なのはシリーズ主人公交代するのってかなり難しいと思うんだが・・・というか交代するにしても美少女キャラにした方がよかったんじゃないかな。ぶっちゃけなのはシリーズで男キャラをいきなり主人公に持ってくるのは、いくらなんでもだろ。元々、美少女キャラ重視でやってたのに・・・。
409 : ななしのよっしん :2018/07/23(月) 08:21:56 ID: 3BP9PlXbZd
最大の要因は時代の流れに合わなくなったってことだろうな
エロ抜いたエロゲシナリオ新扱いされてたブームとか美少女ブームとかの勢いに乗った産物で
それ以上でもそれ以下でもなかったことと、それから脱しようとしたけど理だったのがこれ

あと、なまじ一期から非殺傷設定とか死をなるべく遠ざけた作の先入観があるところに
実はテロ日常化してる世界観なんですよ、と言われてついていけなかった連中が出たんだろうな

子供の頃は煌びやかな世界だと思ったら、大人になって入ったらドロドロしてたっていう
ある種のリアリティではあるし、実は一期の頃から伏線自体はあったがクロノ叩きユーノ叩き
レア叩きとか特定の何かが悪いことにして逃避してたし、三期じゃ管理局叩きしかった

これもフッケバイ叩きして逃避しようとしたがヴァンデイン出てきたあたりで
世界観自体がって事実から逃避できなくなった連中がいるんだろうな
410 : ななしのよっしん :2018/07/24(火) 00:00:44 ID: R46LDMTe0A
>>409
後段はとどのつまり、『なのはシリーズの作が実はかなりシリアスダーク寄りだったことに、気付いてないか気付いても〇〇叩きで憂さらしして逃げてた人たちがForceで気付かされて拒絶反応を起こした』っていうことか?
個人的にそこはちょっと違うのでは?? 言う通り一期から伏線フェイト幼女とそのが二人だけで世界ぶっ壊せるレベルテロ行為するとか)はあったが、それはかなり分かりやすいものであった気が。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829