編集  

単語

ウナギ

うなぎ)は、ウナギウナギ科のである。細長い体・びれがいことなどが特徴。食用にもされる。

曖昧さ回避

概要

胴体が細長く、ぬめぬめしている。古来から日本人が食用にしてきた身近なであるが、その生態はそれほど解明されていない。

で生まれて、に来たりに住んだりした後、に戻って産卵する。産卵場所は長らく不明で、場所が分かったのは21世紀になってからである。

現代日本では養殖技術も発展して、食用に育てられている。

外見が似ている生き物アナゴヤツメウナギヌタウナギなどがいる。
 

料理・食材

日本産の天然はとても高額である。台湾中国からの輸入物、養殖物は較的リーズナブル。

栄養として、高タンパクであるほかビタミンAを多く含む。

身を使った料理として蒲焼鰻丼ひつまぶしうざく巻きなどが知られる。他にも頭や肝も食用とする。料理静岡県三島などが有名。

一方、日本国外では英国オランダなどにを用いた料理文化が存在する。英国首都ロンドンを流れるテムズにおいてはが昔はよく取れたと言われており、ロンドンイーストエンド地区にはパイ生地にを入れて焼いた「ウナギパイ」 (イールパイ)、を煮込んだ「ウナギシチュー」、煮たゼラチンで固めた「ウナギゼリー寄せ」といった郷土料理が存在する。  

日本の鰻文化

土用のの日にを食べる習慣がある。古来より梅干との食べ合わせが悪いといわれているが、健康に悪いのではなく「梅干を一緒に食べるとあまりの美味しさに止まらなくなってを壊す」という意味らしい。気になる方は試してみて下さい。

土用のの日にを食べようと言ったのは、江戸時代の発明平賀源内の寂れた屋を活気づかせるための彼の施策とのこと(1822年の書物「明和誌」に記述)。

一方で万葉集に痩せ対策としてを食べることをすすめる歌もあり(大伴持「石麿物申す 痩せに 良しといふものぞ むなぎとりめせ」)、場の滋養強壮にを食べる文化は古くからのものであるという説もある。

絶滅危惧

このように日本の文化、とりわけ食生活とは染みの深いであるが、一方で近年は稚(シラスウナギ)漁獲量が極端に減少し、このため価格高騰を招いていることが知られている。
環境の変化に伴うものであるという説や原因不明であるという説が日本国内では一般的であるが、漁獲のほとんどが日本で消費されるという現実もあり、世界的には乱獲によって絶滅危機しているという説の方が有である。
ニホンウナギヨーロッパウナギなどは現実レッドリスト掲載を招いている状態であり、特にヨーロッパウナギワシントン条約において輸出入も禁止になっている。

そのため、世界中を駆け巡って「ウナギ」を探そうとする日本の姿勢にはグリーンピースなどの環境保護団体などを中心に批判が集まっている。密漁の温床にもなっていると言われており、現実香港ウナギと表記されていながら実際には禁輸であるはずの台湾ウナギであったという事例も報告されているようである。また、内においても暴力団員が不法にシラスウナギを所持していたとして摘発される事例が発生している。

しかしながら、これらの現実日本国内ではほとんど知らされておらず、大手スーパーですらヨーロッパウナギの明確な購入・販売禁止を宣言する店舗が少数である。養殖物であるという言葉に騙され、その「養殖」が「からの孵化も行う養殖」ではなく「稚を出荷適正サイズにまで育てているだけ」であることを知らない消費者がいるのも事実である。

このことから、近年になって養殖のための研究やニホンウナギヨーロッパウナギに代わる種の捜索など様々な対策が取られてはいるが、そこまでの成果が上がっていないのが現状である。

完全養殖

日本においては2010年4月独立行政法人産総合研究センター」がウナギ養殖実験に成功している。開発に成功したのは上記にもあるシラスウナギから育成する技術である。

それから6年たった2016年時点において、まだ市場には産のシラスウナギは出ていない。

これはいくつかの課題が未解決の為、市場に出すことがいまだ困難であるためである。現在の時点で以下の三点が課題として挙げられており産総合研究センターでは手探りを続けながら解決の糸口を探している。

課題の難易度の高さから時間がかかっているが確実に成果は出ていることから、焦らず着実に結果を出すことが望まれる。

近大ナマズ

近畿大学うなぎに近い味(最終標はウナギ味のナマズ)をして開発した代替品としてのなまずである。2016年現在イオンなどで販売されているが残念ながら味はよりも秋刀魚に近いといわれまだまだ良の余地が残っている。近畿大学では現在も鋭意良を重ねている。

ニコニコ動画と鰻

ニコニコ動画の極一部の動画では、音楽メドレーなどでつなぎがうまいことをす。「うまい」+「つなぎ」 = うなぎ

関連動画

関連静画

関連商品

 

ひょっとして

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%B0%BB
ページ番号: 472317 リビジョン番号: 2555442
読み:ウナギ
初版作成日: 08/08/18 09:58 ◆ 最終更新日: 18/01/20 10:36
編集内容についての説明/コメント: ヤツメウナギ、ヌタウナギ追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


蒲焼

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鰻について語るスレ

632 : 削除しました :削除しました ID: LvBN9yS9Gx
削除しました
633 : ななしのよっしん :2018/08/03(金) 01:19:08 ID: Gwpnz+0Fi0
まあ、だねえとしか。
とりあえず、「ウナギ絶滅しても人類は(実際は「は」)困らない」ってのは「ID:LvBN9yS9Gxが死んでも人類は困らない」って簡単に読み替えられるって事は……まあ、理解できないだろうね。多分、妙な全感に支配されてる年頃だろうし。
634 : ななしのよっしん :2018/08/03(金) 01:44:46 ID: Gwpnz+0Fi0
ついでに言っておくと、削除されるのは単純に『ニコニコ大百科の利用規約に違反しているから』。かの都合に悪いとかではなく、単純に「ID:LvBN9yS9Gxがルールを守ってない」から削除になってるだけよ。
まあ、多分利用規約読んでいだろうし、理解する気もいだろうけど……
635 : ななしのよっしん :2018/08/07(火) 18:41:59 ID: ua3MwkErWw
ウナギなんて若年層どころか中年層でもめったに食べないレベルなのにどうして絶滅するんですかね
636 : ななしのよっしん :2018/08/07(火) 18:46:28 ID: he0ehDjt9p
わずかな漁獲が致命的になるくらい資量が少ないってことだろ
637 : ななしのよっしん :2018/08/07(火) 18:47:36 ID: UWBEBWsIsX
そりゃ俺らが食ってるのはの死体だからな
の死体を生産する時点では死んでいて、その死体が駄になろうが食されようが死んだの数が変わるわけじゃない
638 : ななしのよっしん :2018/08/07(火) 19:04:54 ID: nRKrIHemGq
養殖の稚の歩留まりがどれだけだ?って問題もあるからな
639 : ななしのよっしん :2018/08/17(金) 10:58:34 ID: Z5jCbQaoVH
販売業者のの仕入れ量(次に犠牲になるの数)を減らすためにも
不買は必要だと思った。
大損させれば仕入れを控えるだろう。多分・・・
640 : ななしのよっしん :2018/08/21(火) 13:39:33 ID: XpqL/MG4fp
もう一生分食ったとまで行かないが何かウナギに関しては昔から妙に有り難みの高い食い物というイメージを植え付けられてきて育ってるんで食えなくなってもまあ仕方ないっしょ的な気持ちにはさせられる
641 : ななしのよっしん :2018/08/23(木) 22:51:54 ID: Gwpnz+0Fi0
少なくとも、生簀のある専門店の注文があって料理される直前まで生きている状況、でもない限り需要にぴったりな供給なんていからね。
その供給側がセールだ土用の日だの供給ありきで暴走して、コンビニスーパーでの大量陳列やっていればそりゃね…… 最低でも需要にあわせた適宜供給にするべきだろうに、需要を視して『前年より上のセール売り上げを!』で供給側の都合だけを推し進めればそりゃあ絶滅へまっしぐらでしょうよ、と。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829