単語記事: 鰻

編集  

うなぎ)は、ウナギウナギ科のである。細長い体・びれがいことなどが特徴。食用にもされる。

曖昧さ回避

概要

胴体が細長く、ぬめぬめしている。古来から日本人が食用にしてきた身近なであるが、その生態はそれほど解明されていない。

で生まれて、に来たりに住んだりした後、に戻って産卵する。産卵場所は長らく不明で、場所が分かったのは21世紀になってからである。

現代日本では養殖技術も発展して、食用に育てられている。

外見が似ている生き物アナゴヤツメウナギヌタウナギなどがいる。
 

料理・食材

日本産の天然はとても高額である。台湾中国からの輸入物、養殖物は較的リーズナブル。

栄養として、高タンパクであるほかビタミンAを多く含む。

身を使った料理として蒲焼鰻丼ひつまぶしうざく巻きなどが知られる。他にも頭や肝も食用とする。料理静岡県三島などが有名。

一方、日本国外では英国オランダなどにを用いた料理文化が存在する。英国首都ロンドンを流れるテムズにおいてはが昔はよく取れたと言われており、ロンドンイーストエンド地区にはパイ生地にを入れて焼いた「ウナギパイ」 (イールパイ)、を煮込んだ「ウナギシチュー」、煮たゼラチンで固めた「ウナギゼリー寄せ」といった郷土料理が存在する。  

日本の鰻文化

土用のの日にを食べる習慣がある。古来より梅干との食べ合わせが悪いといわれているが、健康に悪いのではなく「梅干を一緒に食べるとあまりの美味しさに止まらなくなってを壊す」という意味らしい。気になる方は試してみて下さい。

土用のの日にを食べようと言ったのは、江戸時代の発明平賀源内の寂れた屋を活気づかせるための彼の施策とのこと(1822年の書物「明和誌」に記述)。

一方で万葉集に痩せ対策としてを食べることをすすめる歌もあり(大伴持「石麿物申す 痩せに 良しといふものぞ むなぎとりめせ」)、場の滋養強壮にを食べる文化は古くからのものであるという説もある。

絶滅危惧

このように日本の文化、とりわけ食生活とは染みの深いであるが、一方で近年は稚(シラスウナギ)漁獲量が極端に減少し、このため価格高騰を招いていることが知られている。
環境の変化に伴うものであるという説や原因不明であるという説が日本国内では一般的であるが、漁獲のほとんどが日本で消費されるという現実もあり、世界的には乱獲によって絶滅危機しているという説の方が有である。
ニホンウナギヨーロッパウナギなどは現実レッドリスト掲載を招いている状態であり、特にヨーロッパウナギワシントン条約において輸出入も禁止になっている。

そのため、世界中を駆け巡って「ウナギ」を探そうとする日本の姿勢にはグリーンピースなどの環境保護団体などを中心に批判が集まっている。密漁の温床にもなっていると言われており、現実香港ウナギと表記されていながら実際には禁輸であるはずの台湾ウナギであったという事例も報告されているようである。また、内においても暴力団員が不法にシラスウナギを所持していたとして摘発される事例が発生している。

しかしながら、これらの現実日本国内ではほとんど知らされておらず、大手スーパーですらヨーロッパウナギの明確な購入・販売禁止を宣言する店舗が少数である。養殖物であるという言葉に騙され、その「養殖」が「からの孵化も行う養殖」ではなく「稚を出荷適正サイズにまで育てているだけ」であることを知らない消費者がいるのも事実である。

このことから、近年になって養殖のための研究やニホンウナギヨーロッパウナギに代わる種の捜索など様々な対策が取られてはいるが、そこまでの成果が上がっていないのが現状である。

完全養殖

日本においては2010年4月独立行政法人産総合研究センター」がウナギ養殖実験に成功している。開発に成功したのは上記にもあるシラスウナギから育成する技術である。

それから6年たった2016年時点において、まだ市場には産のシラスウナギは出ていない。

これはいくつかの課題が未解決の為、市場に出すことがいまだ困難であるためである。現在の時点で以下の三点が課題として挙げられており産総合研究センターでは手探りを続けながら解決の糸口を探している。

課題の難易度の高さから時間がかかっているが確実に成果は出ていることから、焦らず着実に結果を出すことが望まれる。

近大ナマズ

近畿大学うなぎに近い味(最終標はウナギ味のナマズ)をして開発した代替品としてのなまずである。2016年現在イオンなどで販売されているが残念ながら味はよりも秋刀魚に近いといわれまだまだ良の余地が残っている。近畿大学では現在も鋭意良を重ねている。

ニコニコ動画と鰻

ニコニコ動画の極一部の動画では、音楽メドレーなどでつなぎがうまいことをす。「うまい」+「つなぎ」 = うなぎ

関連動画

関連静画

関連商品

 

ひょっとして

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%B0%BB
ページ番号: 472317 リビジョン番号: 2555442
読み:ウナギ
初版作成日: 08/08/18 09:58 ◆ 最終更新日: 18/01/20 10:36
編集内容についての説明/コメント: ヤツメウナギ、ヌタウナギ追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


蒲焼

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鰻について語るスレ

566 : ななしのよっしん :2018/06/21(木) 21:06:52 ID: Gwpnz+0Fi0
というか、この記事にすら
ウナギの旬は
ウナギは脂が落ち、パサパサ気味で一番味が落ちている」
「土用の日のウナギ食は『場の味の落ちたウナギが売れなくなる』事に対するセールとして始まった」
と書いてないのな。そりゃ誤解が解消されないなら、なあなあで続くのも解るか……

実際はバテには(昔は存在せず選択肢にすら上がらなかった)豚肉が『もっと効果的』なので、わざわざ場にウナギを食する意味は、実は既に……()
567 : ななしのよっしん :2018/06/21(木) 21:18:51 ID: D2FXSyXTA4
なるほど、某牛丼チェーン店でうな丼を食べるとき、出始めた頃はおいしいのにが近づくと身が少なくる感じはそういう事だったのか。
568 : ななしのよっしん :2018/06/21(木) 21:20:05 ID: Gwpnz+0Fi0
>>558
っ当な資本主義なら、せめて「先払いの予約限定にして値段を上昇気味にする」んだよな。その方が長期的にけられるし、損もしない。
ただ、他が足並みそろえなかった場合には、損はしないが販売機会が減少する。
その「ちょっとした他社への後れ」を妙に嫌がる。で、損は下に押し付けられる日本経済構造が棄損失を飲み込めて、上にとっては『理をした方がかる(と思い込む)』を許容してしまうのだよなあ。
569 : ななしのよっしん :2018/06/21(木) 21:23:09 ID: Gwpnz+0Fi0
>>567
そうなんだよ。
だから食うなとは言わないが、土用の日セールの大馬鹿乗せられずに、せめてに食ってくれ……
あれもう、供給が需要を視して暴走してる典例なんだから……()
570 : ななしのよっしん :2018/06/22(金) 08:39:58 ID: sk6bNJhCvR
>>564
絶滅危惧種の基準には「個体数が少ない」以外にも「減少率が大きい」「生息地の狭さ・減少」もあるから、
個体数が多い(けど著しい減少率か生息地の脅威がある)場合もありえる
まあどれにしても種の存続の危機なんだけど
571 : ななしのよっしん :2018/06/22(金) 09:27:08 ID: Ex5kguHDNa
>>569
ざっと検索して見たら旬があるのは自然に生息する天然物であって養殖には関係いとの事だが
牛丼チェーン天然物を出すのか?
572 : ななしのよっしん :2018/06/22(金) 10:04:54 ID: K+BXVUze34
イオンニホンウナギからインドネシアウナギシフトするって言ってるけど、日本人理解とそれを支える日本企業の薄利多売の姿勢がそのままならまた資枯渇の可性起こるよね。それくらいはしてから「じゃあ代替出来るウナギは」と話を始めてほしい。
http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20140723_EEL.pdf

なぜウナギにこだわる人間がプロ以外にも多いのかは分からないが、少なくともプロでも味や産地に絶対の序列があるわけではなさそう。
変な産志向もよく考えれば品質にばらつきが生じざるを得ない魚類については非合理的な話だ。
https://style.nikkei.com/article/DGXNASDJ2501M_V20C13A4000000
573 : ななしのよっしん :2018/06/22(金) 22:36:41 ID: qpxOqMQ+hW
二ホンウナギ
 絶滅危惧種
ヨーロッパウナギ
 90年代日本が養種として輸入開始、2008年絶滅危惧種へ。
アメリカウナギ
 日本ヨーロッパウナギの次にをつけた
 資減により2012年より輸出規制の検討開始。
インドネシアウナギ
 日本アメリカウナギの次にをつけた
 日本企業が導入を検討したことが警されたか、2014年に準絶滅危惧種へ。
574 : ななしのよっしん :2018/06/24(日) 00:43:10 ID: Gwpnz+0Fi0
>>571
そりゃ野菜、それもハウス栽培とかの話じゃないか?
あと、ウナギがほぼ『養殖とは程遠い』ことは考慮に入れてる?

繁殖や産卵がらみの脂のノリとか絡むから養殖モノだからとかあんまり関係ない。逆もまた然り。
少し話は変わるが、牛乳の濃さだってじゃ全然違う。養殖だから関係ない、は生物に対する環境の影視しすぎでは。
575 : ななしのよっしん :2018/06/25(月) 07:13:30 ID: Ex5kguHDNa
>>574
養殖じゃないのは当然の前提として
天然冬眠産卵に備えて栄養を蓄えるので~初が旬だが
養殖は餌や温度を管理して育てられ冬眠産卵もしないので季節による差はないというのが理由。
例えば土用のの日ならその時期が食べ頃になるように育てられたものが出荷されると。
自然に近い環境での養殖もあるが、それこそハウス栽培ならぬハウス養殖養殖方法の流らしい。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829