単語記事: 鳥山明

編集

鳥山明とは、日本を代表する漫画家イラストレーターである。

概要

愛知県出身・在住。デビュー以来、名古屋にいながらにして漫画家活動を続けている。

週刊少年ジャンプ連載の『Dr.スランプ』で大ヒット作家となり、続く『DRAGON BALL』で日本漫画界の頂点に立つ。
当時のジャンプ編集者鳥嶋和彦Dr.マシリト)とは盟友のような関係で、二人三脚で漫画界に革命を起こし続けた。

現在では手塚治虫トキワ荘組らに続く、生きに近い扱いを受ける漫画界の大御所であろう。

実は鳥山明という名前はペンネームでなく、本名である。当初「水田二期作」というペンネームを考えていたのだが、「どうせ売れるわけない」と本名を使用したところ、Drスランプドラゴンボール爆発ヒットにより変えるに変えれなくなってしまったというエピソードがある。(そのため、名古屋在住の鳥山明なんていう名前は非常にしく、いたずら電話がすごかったという話まである)

作風

としては、背景シンプルにとどめ、構図やデッサンや効果だけでダイナミックな動きのある絵を描く。
また、スクリーントーンを最小限にしか使わず、「」と「」のペン画だけであらゆる世界を描き出す。
カラーイラストDr.スランプ時代は安物の性のサインペンを絵皿に塗り、それをで溶いて着色するという偶然発見したという色ムラの少ない独特の手法を使っていた。本人く、田舎住まいのため手法や画材を知らなかったため、このような手法を編み出したのだという。DRAGON BALL時代は少女マンガから教わったルマという絵の具をパレットに入れて使っていた。滲みやくとムラになるという欠点もあるため、計算してテキパキ塗るのがコツだという。
岸本斉史真島ヒロなどが使っていることで有名なカラーマーカーCOPIC(コピック)は一時使用を試みたことがあったが、当時の製品では思ったような色合いとならなかったため、使用を断念したという。

元来、アメリカテイストを持つSF寄りのギャグ作家であったが、『ドラゴンボール』連載中から人同士のバトル表現において覚ましい進歩を遂げるようになった。
ドラゴンボール』中期以降のスピード感&立体感溢れる高速戦闘や筋肉描写、怒りで覚めたキャラクターオーラによって岩が浮き上がるような演出、球から線を引くエネルギー波といった表現は、後の尾田栄一郎柴田亜美をはじめとするあらゆる作家たちに多大な影を与えている。
また、メカが大好きで、独特の丸味を帯びたメカ鳥山ワールドの特徴的なアイコンとなっている。
いわゆる「黄金期ジャンプ」の立役者

ドラゴンボール』連載終了後は、マッキントッシュを用いたCG作品をマイペースで描き続けている。

アニメ、ゲーム界への影響

ドラゴンボール』のアニメアジアから欧州に至るまで各国語翻訳されて世界に浸透しており、大友克洋宮崎駿らと並んで世界的な影を持つ作家と言える。
まさに「世界のトリヤマ」。

漫画だけでなく、エニックスRPGドラゴンクエストシリーズでのキャラクターモンスターデザインを手掛け、日本中の子供たちのカリスマとして君臨した。
堀井雄二すぎやまこういちと共に『ドラクエ』には欠かせない人物である。
ほかに、『クロノトリガー』、『ブルードラゴン』などのゲームキャラデザインを担当している。

人となり・エピソード

本人は手な生活や財産に対しては頓着で、原稿料をしまう場所に困って冷蔵庫に突っ込んでいた話など浮世離れしたエピソードも多数。
そのほかにも鳥山に関わる税収(鳥山の個人事務所であるバースタジオ法人税収入)は彼の住む愛知県および清須運営に大きな影を与える規模であるため、地元では鳥山が快適に生活できるよう、鳥山の前の道路を整備したという都市伝説もささやかれるほどである。
鳥山名古屋空港までの直線道路を引いたという、通称「鳥山ロード」なるバリエーションが有名。)
また、作中にはニコちゃん大王(『Dr.スランプ』)のように名古屋弁のキャラクターが時折登場し、地元を覗かせる。
中日ドラゴンズファンでもある。

元々愛知県立起工業高校デザイン科に通っており、漫画研究同好会に所属していたが、その当時漫画を読むことも描く事もぜんぜんかったと言う(悪ふざけレベルで書いていたかもとは言っている)。漫画を読むのは小4ぐらいで止まってしまったらしい。何故それなのに同好会に入ったかと言うと、「楽しそうだったから」と言う理由だそうな。
高校卒業後には第一名古屋支社にデザイナーとして勤務していたが、1977年1月に退職、以後はイラストアルバイトを細々と続けていた。
当然ニート状態であった彼はに困ることとなって、少年マガジンの賞100万円にみ、描いた事もなかったマンガを描き始める。
これが処女作『あわわワールド』であるが、マガジンの締め切りに間に合わず、代わりに毎募集をかけていた第100ヤングジャンプ賞に投稿例新人漫画賞の最終選考まで残ったものの、落選し、これをバネに第二作『レインジャック』(スターウォーズパロディ作で、後の鳥山作品で定番となる砂漠いという話)を描く。
このレインジャックマシリトこと鳥嶋和彦に見出され、以後彼の元で修業に励み、Dr.スランプの連載が決まる。
最初は「10週で終わりだから」と言われてはじめた週刊連載だったが、漫画家になることなぞ想定外だったため、アシスタントも使わず、ほぼ一人で描いていたという(後にひすわしやまつやまたかしアシスタントになっている)。しかし、その「新しい表現」は絶大な支持を集め初連載作は社会なるほどの大ヒット、さらに次回作ドラゴンボール世界的なギガヒットコミックとなり、ドラゴンボール完結後は細々と単行本1巻分程度の短編を発表しながら現在に至る。

ハードスケジュールエピソードもあり、Dr.スランプのクレイジーハネムーンの巻はデカイが登場したあたりはペン入れの記憶がい、宅急便かった時代なので当時最もかった航空便を使って原稿を贈るで信号の色がわからないぐらいに疲労していた(前のが前進したことで認識していた)、1週間のうち20分しか寝なかったといったこともあったという。ドラゴンボール初期では5週連続カラーというすさまじい荒業もこなしている。

このような殺人スケジュールにもかかわらず、ジャンプ連載時、取材等で仕方なく休載した以外はたとえ風邪を引いて腕が動かない状況だろうと一回も原稿を落としたことがない(つまり鳥山氏個人の都合での休載や原稿を落としたせいでの休載は一回もない)。本人く「納期通りに納めるのはそれが仕事なんだから当たり前」だからで、前述のサラリーマン時代を経験したことで社会の仕組みを少しでも知っていたのが良かったということである。

また、漫画家なのにもかかわらず非常に面倒くさがりで有名で、超サイヤ人は「黒髪のベタを塗るのが面倒だった」という理由から金髪にしたり、「マンガの作業ではない」と極端にスクリーントーンを使用しなかったりとこちらも中々なエピソードがある(ただし近年の作品はPCマンガを描いている関係上スクリーントーンを多様している。おそらく貼る作業が簡単にできるからだろう)。

プラモデル趣味としており腕前も凄く、過去タミヤ兵士人形改造コンテスト(歴史が長く現在も開催されている)に応募しており、実際にノミネートされていたほど。メカもよく描き、非常に緻密かつリアルメカの描写であるが実は本人は個々のパーツの機や役割はあまり詳しくないという。『睡眠』という行為が不要なのであればずっと趣味に没頭していたいとも言っている(仕事はヤダそうな)。

トイレの前でプロポーズの練習をしていたところたまたまトイレに入っていたみどりに聞かれそのまま結婚した『Dr.スランプ』のセンベイや、結婚を食べ物と勘違いしたまま結婚してしまった悟空など、描くのが恥ずかしいという理由で恋愛話はほぼギャグになってしまっている。
しかし、鳥山明本人のプロポーズ菓子パンを食べながら電話で世間話をしたついでにしたものという自分の漫画以上に色気のないプロポーズだった。

基本的に立つことを嫌うらしく、自画像が必要な場面ではガスマスクをつけたようなロボットの姿を描く。
テレビ出演などほぼ皆無に等しいが、過去に『徹子の部屋』(テレビ朝日)に出演したことがある。
また、後姿のみではあるが、『ブルードラゴン』のテレビCMにも出演し話題となった。
テレビで動く鳥山明が登場したのは、『徹子の部屋』以来約20数年ぶりの出来事である。

忘れっぽい性格でも知られ、尾田栄一郎との対談ではその記憶を心配させる会話がなされていた。

尾田:下一武道会でランファンっていたの、おぼえてます?
鳥山お~、いたいた!
尾田:「おぼえてます?」って聞くのも変だけれど、色んなキャラ、忘れていらっしゃるみたいだから(笑)
    で、ランファン、脱いだじゃないですか。あのときのワキが、すっげえ上手かったんですよ。
    ぼく、こんなにちゃんとワキ描くひと、はじめてだと思いましたもん。
    ワキばっかり描いてましたね、あのころのぼくは。
    あと桃白白(タオパイパイ)の手ですね。
鳥山タオパイパイ…?ちょっとビミョーキャラになってきたぞ。
尾田:エ~!?桃白白なんて、めちゃくちゃメジャーキャラじゃないんですかぁ。
鳥山おさげのヤツ?
尾田:そうそう、殺し屋ですよ柱飛ばして、自分で乗っていくヤツです。
鳥山あ~描いた描いた。

主な作品

漫画

キャラクターデザイン

関連動画

関連静画

関連商品

↑数少ない鳥山の画法が学べるDVD。本人インタビューもあり。残念ながら顔は出ない。

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%B3%A5%E5%B1%B1%E6%98%8E
ページ番号: 964920 リビジョン番号: 2347015
読み:トリヤマアキラ
初版作成日: 09/01/16 01:32 ◆ 最終更新日: 16/04/07 09:36
編集内容についての説明/コメント: 概要に追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


めか

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鳥山明について語るスレ

446 : ななしのよっしん :2017/07/20(木) 09:17:50 ID: tEoglCqQZr
今は個々人の記憶や過去メディアなどの情報ガッツリ共有したりできる時代だからな
設定の矛盾キャラクターのブレなんかはどうしても嫌われる
特に「強さ談義」とか「キャラクターの性格の一貫性」は色々火種になるものだから結構気をつけなきゃいけないんだけど…

一番の問題は成長したキャラのその後を描く話なのに、それがあまりうまくいってないというか…
結構いい年になった息子をいつまでも子供扱いをするお父さんみたいな感じだ
447 : ななしのよっしん :2017/08/01(火) 08:11:09 ID: wg1KCloTNv
復活のFでだいぶ不信になってアニメ漫画版を含めた未来トランクスラストでかなり信仰心が削られてしまった
宇宙サババル編の最後には手のひら返しさせてくれよ頼むから
448 : ななしのよっしん :2017/08/10(木) 23:25:35 ID: edcNrNcECT
シリアスがあれなだけで
平和的なノリの方が本人も見てる方も楽しいと思うんだけどなぁ
宇宙サババル編は正直宇宙消滅はなくてよかったと思うわ
神と神の高い標を見つけることと新しい世界への入門悟空の本音を聞けたこと
第六はベジータ以来の自分に近いライバルとか神龍への願いで全員が得をした終わり方がよかった
449 : ななしのよっしん :2017/08/14(月) 22:50:12 ID: SqVS6R5qQO
ネコマジンとかDB以降の連載見ると、鳥山明本人のストーリー制作はこんなもん
編集がいなかったら、DBだって設定とか展開とかめちゃくちゃになってたと思うよ
漫画ドラゴンボール」は編集のとの相乗効果がすごかったんだと思う
450 : ななしのよっしん :2017/08/14(月) 23:11:12 ID: wZNdXErk79
それを言うなら、DBだってストーリーと設定は決して褒められたものじゃない
キン肉マン男塾よりは多少マシな程度、まあ当時のジャンプバトル漫画はだいたいこんな感じだけど
原作付きの北斗の拳ですら細かい所では設定の齬がある
全体のストーリーの整合性より、一話一話のハラハラ感を優先させる方針だったから

DBの凄さは鳥山明の持ったキャラクター作成バトルの描写尽きる
そして編集のやった事は、おそらくあまりバトルを描くのに乗り気でなかった鳥山明DBの方向性を絶えずブレずに伝え続けた事
これが最大の功績でしょ
451 : ななしのよっしん :2017/08/14(月) 23:24:09 ID: WrxboESocv
ジャンプ連載当時はストーリー構成も充分あるよ、鳥山の一番すごいところは、本当に必要な要素以外をばっさり切れるところ。だからテンポの良さと面さの密度が濃くなって、色褪せずに何回も読み直せる作品になる。
何でも詰め込んで引っりたがる(結果的に冗長になる)作者は山ほどいるけど、これができる作者少年誌だとあまりいないと思う。
ギニュー特戦隊とか、あれだけ鳴り物入りで出した敵幹部なのにコミックス1巻分ぐらいの話数で全員片付いちゃうからね。それでいてちゃんと全員キャラも立ってるから印にも残るのが凄い。
452 : ななしのよっしん :2017/08/14(月) 23:41:58 ID: Sis0WCbpvF
>>451
下一武道会も、おいっぱいになる程あれだけバトルばっか描いてんのに単行本2冊ぐらいで終わるんだよなぁ。異常情報量。
トーナメントしたがるバトル漫画は他にも色々出てきたけど、もっとダラダラ話数割くのが多くて、ドラゴンボールれると間延びして感じる事が多いのは確か。
453 : ななしのよっしん :2017/08/15(火) 00:07:44 ID: WdbFZ/Mv3J
ストーリー面だとセリフ回しのセンスが抜群によくて感心するのはあるな、思想めいた事を滔々とりだしたり、長々説教したり、回想や身の上話披露し始めたり
こういう「臭い」事をあまりせず当意即妙に盛り上げられるから、本当の意味でエンターテイメント性が凄い
内面描写がかなり少ないのに、キャラをあれだけ生き生き見せられる漫画って中々ないわ、もちろん圧倒的な画力の高さのおかげでもあるんだけど
454 : ななしのよっしん :2017/08/15(火) 00:31:18 ID: PocSaZ2vzn
突然、「ボスキャラを全面的に変えろ」という、それまでに組み立てたストーリーの根幹をぶちこわすな要をされても(大看作者にそんな事気で言える当時の編集も恐ろしいが)
「みんな一体何と戦ってるんだ・・・!?」ってトランクスセリフと表情の1コマだけで、計算されて出来たミステリーかのようなワクワクドキドキ感を出せるのは「漫画家」として天才やなと思う
455 : ななしのよっしん :2017/08/19(土) 03:13:20 ID: edcNrNcECT
でも、ストーリーだけ見ると神と神が一番よかったんじゃないかなって思う
連載時も評価されてるストーリーだけど
別に編集が有能というわけでもないと思う、編集がストーリー摘するとは思えんしそもそも本人が行き当たりばったりって言ってるし
ストーリーが行き当たりばったりだからこそ練られた取り繕ったものじゃなくて本心が出るんじゃないかなって
原作後半はやたら悟空地球危機をかけてまで後釜作るのに執念燃やしてたのも週刊少年ジャンプの存亡の危機がかかってても悟空(ドラゴンボール)の後釜を作ってよっていうアンチテーゼにも見えるし
魔人ブウ全な悪役でもなく和解できそうだったのもバトル漫画を描きたくない気持ちの表れにも見えた
全部自分の妄想なんだけどね
では後釜に執着してないのを見ると(ウーブがいるからってのもあるだろうけど)やっぱり環境の変化が作品に多大な影を与えてるんじゃないかなって先生の場合
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829