単語記事: 鹿

編集

鹿とは、動物の一種である。哺乳類・(鯨)偶蹄目・シカ科。

鹿(動物)

世界各地の山野にいる中型の草食動物。オスは角をもち、メスはたいてい角を持たない。森に暮らし、果実や葉っぱ、ドングリなどを食べる。

一方でシカは若芽、特に稲の若芽を好んで食べることが知られ、そのため農業害獣として地方ではありふれた存在でもある。

ニホンジカ

日本にはニホンジカが生息している。生息地によりエゾシカ、ホンシュウジカなどの亜種に分類されている。角は毎年春に生え変わり、新しい角が生える。日本でも古くから親しまれた。古くはシシとも。

現代の日本では奈良公園内にある春日大社のシカが特に有名。春日大社とシカの縁起はかつて春日大社の主祭神が鹿島から三笠に遷座した際、神が座したという白鹿が同地で繁殖したものとされている。以来、シカは神使の子孫として丁重に保護されていた。
そのため、かつては春日のシカを打ち殺すと周囲の人間が同様に打ち殺すという厳しい掟が存在する時期もあった。かくしてシカは人と接することができる場所を闊歩しており、しかせんべいを求めて執拗に徘徊するのである。

また、「鹿」そのものが秋の季語、夏の間に生える茶色に白斑という特徴的な体毛をして「鹿の子」という夏の季語にもなっており、ニホンシカは古代から深いかかわりが存在する。

鹿をモチーフにしたキャラクター

  • カクカクシカジカ - ダイハツのコンテのCMに登場するキャラクター
  • しかお - 鹿島アントラーズのマスコットキャラクター
  • せんとくん - 平城遷都祭2008のキャラクター。二次創作では大人バージョンの「せんとさん」も存在。
  • 地デジカ - 草彅剛の代理
  • 八丈島のキョン! - がきデカのギャグ時のコスプレ
  • auシカ - 沖縄セルラー(au沖縄)のキャラクター

鹿の名所

  • 華山(宮城県)
  • 奈良公園(奈良県)
  • 宮島(広島県)
  • 第一階層(某迷宮)

その他の意味

  • 鹿 - 中国語圏の姓
    • 鹿鍾麟(1884年 - 1966年) - 中華民国から中華人民共和国の軍人
    • 鹿伝霖(1836年 - 1910年) - 中国の清末の官僚

漢字として

鹿
Unicode
U+9E7F
JIS X 0213
1-28-15
部首
鹿部
画数
11画
音読み(常用)
ショ
訓読み(常用)
-
意味
シカ、四角い米倉、天下、帝位、(と通じて)ふもと、(と通じて)しあわせ。
字源
シカの全身の象形。〔説文解字・巻十(段注本)〕には「獸なり。頭、角、四足の形に象る。鳥・鹿の足相ひ比す。比に从(したが)ふ」とある。
音訓
音読みはロク(漢音、呉音)、訓読みは、しか、か、しし。
規格・区分
常用漢字である。1951年に人名用漢字に採用され、2010年に常用漢字表に加わった(人名用漢字からは削除)。JIS X 0213第一水準。
部首
鹿は部首である。鹿に関する字が属する。
声符
鹿を声符とする漢字に、廘、漉、䍡、、簏、轆などがある。
語彙
鹿苑・鹿角・鹿巾・鹿砦・鹿車・鹿茸・鹿皮・鹿鳴・鹿毛・鹿鹿

異体字

  • 𢈘は、江戸時代中期の書〔同文通考〕の省文の項に「𢈘、鹿なり。凡(おほよ)そ鹿に从ふの字、𢈘に从ふ」とある。JIS X 0213には鹿の参照面区点として載っている。JIS X 0213第四水準。
  • 𢉖は、〔字彙補〕に「鹿と同じ」とある異体字。
  • 𢊩は、〔漢語大字典・異体字表〕にある異体字。
  • 䴪は、〔漢語大字典・異体字表〕にある異体字。〔字彙補〕に〔宋史・符瑞志〕を引いて「天䴪は、純靈の獸なり」とある。
  • 𪋵は、〔漢語大字典・異体字表〕にある異体字。〔康煕字典〕に「䴪字の譌」ではないかとある。

互換文字

  • ⿅は、Unicodeにおいて鹿と互換とされる字で、部首としての鹿を表す。
𢈘
Unicode
U+22218
JIS X 0213
2-94-51
部首
广部
画数
9画
𢉖
Unicode
U+22256
部首
鹿部
画数
11画
𢊩
Unicode
U+222A9
部首
广部
画数
14画
Unicode
U+4D2A
部首
鹿部
画数
24画
𪋵
Unicode
U+2A2F5
部首
鹿部
画数
27画
Unicode
U+2FC5

関連動画

関連商品

関連項目

  • 紅葉
  • 花札
  • 鹿の伝説
  • 鹿島アントラーズ
  • スガ鹿男
  • 山中幸盛(通称、鹿介)
  • 久保ユリカ(愛称、シカコ)
  • 鹿(ふさ子)
  • 久弥直樹(シナリオライター)
  • シカ(踊り手)
  • F.O.E(世界樹の迷宮シリーズ)
  • 動物の一覧
    • エゾシカ(北海道に生息するニホンジカの亜種)
    • カモシカ(シカと呼ばれるが牛の仲間)
    • トナカイ(実在しない空飛ぶ鹿)
    • 馬鹿(馬と鹿のハイブリッド)
    • キョン(台湾などに生息するSOS団平団員)
  • 海外の姓名の一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%B9%BF
ページ番号: 607180 リビジョン番号: 2377335
読み:シカ
初版作成日: 08/09/29 23:02 ◆ 最終更新日: 16/06/26 22:41
編集内容についての説明/コメント: スタイル修正、説明修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鹿について語るスレ

57 : ななしのよっしん :2016/04/10(日) 13:02:16 ID: qvQzarcPLj
>>55
里山放置も関係ない
猟師の数までも減った方が問題
58 : ななしのよっしん :2016/04/10(日) 13:03:27 ID: qvQzarcPLj
>>56
駆除した分は土に埋めて養分を山に返すべき
人間が食ったらそれこそ無駄になる

まあたしか法律で埋めたらだめだとか聞いたことあるが
59 : ななしのよっしん :2016/04/10(日) 13:23:22 ID: hj1hBL8CcU
そもそもシカは増えてないという説もある。

増えてないが縄張りと行動範囲が広くなって食われる草木の範囲が広くなったというもの
60 : ななしのよっしん :2016/04/14(木) 17:25:27 ID: kMr7eXdRDu
>>59
増えてはいるんだろうけど本当にそんなに生息してるのかって思うんだが。
>2010年度には北海道全域における生息数が約65万頭と推定
北海道の面積が77,984.41km²だから1km四方あたり10頭近く居ることになるんだよね。本当にこんなにいたら農業被害今の規模で収まらない気もするんだが
61 : ななしのよっしん :2016/06/27(月) 11:59:26 ID: sMfzyRC4ia
>>60
ヒグマ「餌一杯でまいう~」
62 : ななしのよっしん :2016/08/16(火) 21:07:18 ID: +JTbCzG0iq
>>61
エゾヒグマはほとんど狩りしないぞ
狩りが下手糞でシカやノウサギには簡単に逃げられるからどんぐりや植物ばかり食べてる
連中が簡単に捕らえられるのなんてドン臭い万物の霊長様とか昆虫ぐらいか
北海道のヒグマはほとんど鮭捕らないし
63 : ななしのよっしん :2016/09/17(土) 22:32:51 ID: PJQmJl6oUv
シカでした
64 : ななしのよっしん :2016/12/19(月) 01:41:50 ID: Dxux9pYj3v
検索したら食われてる動画ばっかだな
65 : ななしのよっしん :2016/12/19(月) 01:52:50 ID: OR+vSIfWad
美味いからな
牛よりよっぽど食っていたい
66 : ななしのよっしん :2016/12/19(月) 09:13:46 ID: sMfzyRC4ia
イノシシと並び農家の天敵。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015