単語記事: 鹿目知久

編集

鹿目知久(かなめ ともひさ)とは、テレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の登場人物である。

担当声優は顔芸ことマリク・イシュタールで知られる岩永哲哉。

概要

鹿目まどかの父親。会社勤めの妻・詢子に代わって、鹿目家の家事全般を取り仕切る専業主夫。趣味で家庭菜園も営んでいる。温厚な性格に加え、詢子とはお互いに信頼し合う強い絆で結ばれており、鹿目家を影で支えるその姿は、男ながら内助の功という言葉がよく似合う。

まどかパパの憂鬱

そんな彼であるが、魔法少女まどか☆マギカ本編の全登場キャラクター中、記事が作られたのが一番遅いことからもわかるように、とにかく影が薄いのがネックである。

現時点での登場人物の記事作成順は以下の通り。
(*はTV本編の登場キャラクター、魔女は除外とする)

  • *巴マミ(11/01/22 04:54)
  • *鹿目まどか(11/01/28 14:39)
  • *美樹さやか(11/01/28 14:59)
  • *暁美ほむら(11/01/28 15:44)
  • *キュゥべえ(11/01/28 16:05)
  • *志筑仁美(11/01/29 13:38)
  • *佐倉杏子(11/02/02 09:05)
  • *上条恭介(11/03/16 14:30)
  • ユウリ様(11/05/02 00:32
  • かずみ(11/05/03 16:30)
  • 呉キリカ(11/05/15 22:00)
  • 千歳ゆま(11/05/18 00:05)
  • 美国織莉子(11/05/19 11:31
  • 飛鳥ユウリ(11/05/25 07:20)
  • 浅海サキ(11/06/21 16:59)
  • *ショウさん(11/06/21 22:44)
  • *中沢(11/07/02 22:02)
  • ジュゥべえ(11/07/05 00:53)
  • *早乙女和子(11/07/13 22:00)
  • *鹿目詢子(11/07/13 23:00)
  • *鹿目タツヤ(11/07/21 22:00)
  • エイミー(11/07/21 23:00)
  • 双樹あやせ(11/07/27 15:28)
  • 神耶ニコ(11/07/28 01:24)
  • *鹿目知久(11/07/30 00:00)
  • 若葉みらい(11/10/08 21:23)

まず、本人の穏やかで控え目な性格が、まどかの母・詢子に比べて印象に残りにくくしている感が否めない。しかも、本編で名前のあるキャラでは唯一名前を呼ばれたことが無く、視聴者から名前が忘れられてしまったり、レビューサイトなどでも表記が「智久」「友久」など間違えられてしまうことが時々ある。また、サブキャラクターでありながら出番も活躍も少なかったため、モブキャラながら一部の間でマニアックな人気のある中沢ホスト二人組のようにスポットを浴びることも、ネタキャラ扱いされることもほとんど無いのが現状である。そして、中の人が闇マリクをはじめ多くの個性的な役柄を演じているにもかかわらず、こうした声優ネタもほとんど見られない(もっとも、本人にとっては幸いかもしれないが)。

そして決定打となったのが、第11話~最終話における彼の扱いである。ワルプルギスの夜と戦う暁美ほむらを助けようと避難所を飛び出したまどかだったが、母・詢子との間には親子の絆を伺わせる名場面があったのに対し、まどかが父・知久に向かって言った最後の台詞は、よりにもよって「ちょっとトイレ・・・」である。これはひどい。その上、まどかによって改変された世界では、詢子や息子・タツヤのように、まどかの記憶が残っている描写が無く、美樹さやかとは別の意味で不幸な人物だったと言えよう。

そんな人畜無害そうなイメージの知久だが、妻の詢子が20歳の時にまどかを産ませている。知久は若いころは肉食系男子だったといえる。

鹿目家の家庭事情

これではあまりにも不憫なので、彼個人ではないが、鹿目家全体について少し解説したい。
鹿目まどかが劇中の他の魔法少女と決定的に異なるのは、幸せな家庭に育ったことである。

他のキャラクターを見てみると、

巴マミは、交通事故で家族を失い、また佐倉杏子と考え方の違いから離別して以来、魔法少女として戦い続ける苦悩を誰とも共有出来ず、誰にも打ち明けられない日々を送っていた。
暁美ほむらは、小説版によると一応両親とも健在ではあるらしいが、両親との交流どころか両親自体の描写がアニメ本編中に皆無で、彼女は両親から離れ、通称ほむホームにて一人暮らしをしている。
美樹さやかは、彼女が行方不明になった時にまどかがさやかの母親と連絡を取っていたところなどから、ごく普通の家庭(但し、さやかが悩みを打ち明けられず一人で抱え込んでしまう性格とこうした年頃のため、悲劇を防ぐことができなかった)であったとは思われるが、それでも彼女の両親、家族に関する描写はアニメ本編中に極めて少ない。
佐倉杏子は、彼女が魔法少女になったことを苦にした父親が杏子の母・妹と一家心中を遂げ、ただ一人残された杏子は家も無く学校にも通えず、飢え死にしないため、そして自身の精神の安定を保つために窃盗などを繰り返す悲惨な環境に身を投じてしまっている。

さらにスピンオフ作品『魔法少女おりこ☆マギカ』にも目を向けると、
千歳ゆまは、両親から激しい児童虐待を受けており、両親が魔女に殺されていなければ自分が両親に殺されていただろう(事実、後に発表されたおりこ☆マギカの外伝においては、ゆまが両親の虐待によって殺されてしまう未来の可能性の光景が織莉子によって予知されている)。
美国織莉子もまた、杏子と同様に父の没落と死によって人生を狂わされた一人である。織莉子の父の身に何事も無ければ、彼女が魔法少女として契約することも、ゆまを契約へと駆り立てることも、まどかの命をつけ狙うことも無かっただろう。

こうしてみると、まどかのような物的な意味では無く精神的に充実した環境に育った魔法少女は希有なケースである(本来、インキュベーターは心身共に満たされない少女につけ込んで契約させるのだから…)。まどかと正反対の境遇に置かれている杏子は「恵まれてるアンタが簡単に魔法少女になろうとするなんて、そんなのあたしが許さない」と述べているが、これはまどかのような幸せな家庭環境を願っても二度と手に入れられない彼女だからこそ重みのある言葉である。
しかし、こうしたまどかの恵まれた環境は同時に、まどか自身の大きな強みにもなった。まどかが我が身を犠牲にして救済を施す新世界の神となったの理由(わけ)は、もちろん自分を助けるために何度も血のにじむような思いで戦い続けたほむらや、キュゥべえを信じながら裏切られて非業の死を遂げたマミ・さやか・杏子をはじめとする魔法少女たちを助けるためでもある。
だが同時に、まどかが初めて魔法少女となった理由が、黒猫のエイミーを助けるためということからもわかるように、「守りたいものを守るため」であることは共通している。それは多くの人間がそうであるように心の奥底で見返りを求めていたのでは無く、無償であるが故に揺るぎなき信念となった、と言えるのではないだろうか。

折しもアニメ本編が放送された最中に起こった東日本大震災によって、日本人は平穏に一日を過ごせることがいかに貴重で大切なものであるかを思い知った。これと同様に、まどかも魔法少女を待ち受ける残酷な運命と悲劇を目の当たりにすることによって、自分がどれだけ恵まれて幸せな身であるかを痛感したに違いない。
魔法少女の中では異端とも言えるまどかの背景には、娘としてだけではなく一人前の女性として対等に接してくれる母・詢子、連れ添った伴侶の生き方を誰よりも尊重する心優しき父・知久、そして純真無垢にしてわずか3歳という幼さ故に社会的には最も弱者であるために自分が守るべき立場となる弟・タツヤの三人の存在がある。そのどれか一人でも欠けていたら、今のまどかはなかっただろう。

同様の例として「新世紀エヴァンゲリオン」の主人公・碇シンジは、TV・旧劇場版と新劇場版ヱヴァンゲリヲンでは人物像そのものが全く別方向に変化したが、これもシンジ本人だけでなく、保護者の葛城ミサトをはじめとする周りの環境が大きく異なっているからと言われている。
まどかをめぐる鹿目家の家族三人は、一人一人の劇中に占める活躍こそ少ないが、彼らが築き上げた幸せな家族があるからこそ、まどかがそれらを守るために立ち上がったのである。これが最終的に世界をも変える運命を担ったことを考えると、鹿目家そのものが物語の鍵を握る重要な存在であることには間違いないだろう。それは同時に、まどかが示した愛情というものが欠落しており理解しようともしなかったキュゥべえにとって、自分の境遇すら書き換えられてしまう最大の誤算となったのである。

確かにまどかの父・知久は、家族の中でも特に地味な目立たない存在である。しかし、まどかの性格は母・詢子よりむしろ父親似であり、彼女の人物形成に与えた影響は大きい。

魔法少女まどか☆マギカの二次創作において、「まどか教」というものがある。
鹿目まどかが女神まどかとして崇められるまでに至ったまどか教では、鹿目詢子も酒豪で豪快という異色の聖母とされる。仮に「まどか=イエス・キリスト」「詢子=聖母マリア」とするならば、鹿目知久はマリアの夫にしてイエスの育ての父親であるナザレのヨセフに相当する立ち位置だろう。もちろんまどかは神の子ではなく、最終的に一人の人間としてこの世界に帰還することがまどか教の教理にも記されていることから、まどかが詢子と知久の娘であることには変わりは無い。
円環の理という重き役目を成し遂げ、女神まどかがごくありふれた一人の少女・鹿目まどかに戻り、懐かしき鹿目家の元へ帰る日がいつか来ることを願うばかりである。

関連動画

この記事が作られた当時、タグが付けられた動画は右のMADただ一つである。現在もこのタグが付いた動画は2つしかない。
まどか「ひどいよ・・・、こんなのあんまりだよ・・・」

上記にもある通り、物語本編の殺伐とした内容の中で、鹿目家の日常風景はある意味異色の存在である。しかし、まどかの家族の描写を改めて見ると、まどかの人物形成に与えた影響がいかに大きいのかがわかるだろう。

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

  • 魔法少女まどか☆マギカ
    • 鹿目まどか / 鹿目詢子 / 鹿目タツヤ / 暁美ほむら
  • 岩永哲哉
  • まどか教
  • Gisela(記事の作成が最後繋がり)
  • 魔法少女まどか☆マギカの関連項目一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%B9%BF%E7%9B%AE%E7%9F%A5%E4%B9%85
ページ番号: 4686708 リビジョン番号: 1892458
読み:カナメトモヒサ
初版作成日: 11/07/30 00:00 ◆ 最終更新日: 13/09/15 23:33
編集内容についての説明/コメント: 「鹿目家の家庭事情」に関して不確定なもの、追加された設定、一次設定と二次設定が混同されている等の部分について大幅に編集しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


劇場版OP

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鹿目知久について語るスレ

50 : ななしのよっしん :2014/07/17(木) 18:35:24 ID: GNHoycW7Nx
>>sm15748532
51 : ななしのよっしん :2014/07/17(木) 18:38:11 ID: GNHoycW7Nx
パパの中の人ネタならこれでしょww
52 : ななしのよっしん :2014/08/27(水) 12:30:35 ID: u/tYZ0+R5f
劇場版にて詢子が先生が結婚できないことに関して
「よくも悪くも妥協しねえからなあ」とコメントしてたのを見て、
詢子自身は妥協したってことなのかな?と深読みしてしまった。
家庭を守る上ではいいパパだったけど、外へ出てお金を稼ぐことは
苦手だったのかな。
53 : ななしのよっしん :2014/12/22(月) 17:03:24 ID: udMBpfVWp1
臨床心理学者・結婚カウンセラーのウィラード・ハリーって奴が1986年~2006年の間に1万5千組のカップルをカウンセリングしたところ、彼らの悩みの大部分は「夫の稼ぎ」だった。
これは女性がバリバリ稼いでるキャリアウーマンでも変わらず。女性にとって男は、更に言うと社会的立ち位置の高さや稼ごうとする野心が重要な評価対象。
愛情だの男女同権だの色々建前は言えるが、女性の本音としては稼いでる男に守られてないと嫌なんだよ。
男女の心理なんて方々で研究されてるけど、「男は」ってのはもうはっきりしてて議論の余地はない。
妥協したとするなら妥協したのかもな。
54 : ななしのよっしん :2014/12/23(火) 16:27:57 ID: aPFfSwzEkk
まぁ稼がない男はひもっていう風潮が強いし、妥協っちゃあ妥協だろう
しかし妥協しなかった結果が・・・
55 : ななしのよっしん :2015/03/01(日) 01:40:57 ID: iS8Fvo7Fgv
アニメ規制版だと、まどかとの最後の会話が
知久「まどか、どこへ行くの?」
まどか「エヘヘっちょっと、トイレ」
なんだよなあ
56 : ななしのよっしん :2015/09/11(金) 18:30:16 ID: vCOG3Ngf5w
思うんだがなぜまどかは自分には特徴がないって悩みがあるのに何もしなかったんだ?
こんなお父さんいるなら料理や野菜の育て方とか教わればいいのに
57 : ななしのよっしん :2015/12/25(金) 22:19:21 ID: VzmFtNMWSE
かずみの立花さんと知り合い、って設定のSSあって、すごいほっこりした。
58 : ななしのよっしん :2016/09/14(水) 10:09:14 ID: p0vzWJTlBa
ギーゼラ(記事の作成が最後つながり)で大草原不可避
59 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 09:25:12 ID: 9AGIEhj+ng
家庭菜園てうまくやればボンボン取れるよね
劇場版はもはや野菜困って無さそう…
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015