単語記事: 黒咲隼

編集
関係な他作品への出張コメント等は控えましょう。
どの作品のファンも気持ちよく作品を楽しめるようご配慮をお願いいたします。
また、出張コメントが不快な方は「璃」等の単NG登録をお勧めします。

黒咲隼

黒咲隼とは、「遊☆戯☆王アーク・ファイブ」の登場人物である。

CV金城大和

貴様、概要か?

ある日突然舞網に現れたエクシーズ召喚使い。
その正体は遊矢によく似た男(=ユート)と同じ世界エクシーズ次元ハートランドシティの住人にしてレジスタンスの戦友。
平和だったハートランドシティ融合次元アカミアデュエル戦士に襲撃され、戦場にされた過去を持つ。
以前から本人やデニスの発言でられていたが、平和だった頃はプロデュエリスト養成校であるデュエルスクール・スペード校にユートと共に通っており、彼に援を送る子供たちもいたらしい。また他校在籍のライバルカイトがいる。

一見ほっかむりにも見える複雑な髪形スカーフがトレードマーク
この髪型のうち前璃と似通っており、柊柚子セレナリンとも似ている。

舞網で頻発するデュエリスト襲撃事件の犯である(沢渡シンゴ戦のみユート犯人)。
アクションデュエルではない状況でもデュエルで衝撃が発生したり、デュエルで倒した相手をカードに封印するなどの特殊なの持ちで、襲撃したLDSの関係者をカードに変え、赤馬零児の下へ送りつけた。
赤馬零児にして先代LDS社長赤馬零王に囚われているためLDSを強く憎んでおり、デュエリストを襲撃し続けたのも、トップ零児を引き摺り出し捕え、王との人質交換を持ちかけるためであった。
相手がLDSの関係者とみるや時・場所・場合もお構いなしにデュエルを仕掛けようとするなど、心優しいユートべると少々過な印を受けるため、視聴者からは「LDS絶対殺すマン」と呼ばれることも。

その後、人質にするため接触した零児から「自分に人質としての価値などない」こと、「LDSは独自に王に対抗する計画を進めていること」を知り、一時的に零児と協し、LDS所属のデュエリストとして舞網チャンピオンシップジュニアユース部門へ参加することに。

大会中止後は正式にランサーズに加入。
メンバー集合した時には、消えたユートカードである「ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」を所持している遊矢に向けて疑いの言葉を投げかけるが、遊矢の中に眠るユートを幻視し、諭されている(ユート自身からの干渉かとも思われるが、詳細は不明)。
他のメンバーと共にシンクロ次元へ渡るが・・・

_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
> 
しかしそこでは黒咲が大活躍をしていた!  <
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

いつの間にか地下デュエル場に染んで連戦連勝を重ね、セキュリティにより捕縛され収容所に送られたかと思えば極めて高いリアルファイトで「自脱獄!?」と言わんばかりのパワフルな立ち回りを披露。フレンドシップカップでは地下での功績からアンダーグラウンド帝王二つ名を得ている。
どれもっ当な理由で動いており極めて優秀な働きをしているのだが、衝撃的な絵面にどうしても視聴者の印が濃くなってしまう。ネタ面でもシリアス面でも本格的に動くたびに強に印に残る男になってしまっている。

しかし、ランサーズとして共にシンクロ次元に降り立ち、地下デュエル場で一戦交えていたデニス・マックフィールドには常々不信感を抱いており、フレンドシップカップにて再戦が実現した際、その化けの皮を剥がし、彼がアカミアの人間だということを暴露することに成功する。
さらには彼の口から、彼が璃誘拐犯の一人であることを知り昂。湧き上がる怒りと憎しみをデニスにぶつけデュエル自体には勝利をするも、彼のデュエルディスクに搭載されていた人間のカード化機零児によって制限されており、復讐を遂げることはできず、そのため不信感を爆発させてしまう。
周囲全てに敵意をむき出しにしながら、クロウ・ホーガンとの準決勝に臨む…が、デュエル中にタナーがソリッドビジョンに巻き込まれるアクシデントが発生。アクションデュエルであることを利用した黒咲の機転によりタナーは救われるが、このアクシデントにより、黒咲かつて自分も子供たちの援を浴びていた平和な時間があったことを思い出す。敵意が消えた黒咲は、対戦相手のクロウが己と似た者同士であることを自覚し、敵意ではなく純デュエルクロウとぶつかりあった。
試合には敗れてしまうが、ランサーズですら味方ではないと断言した黒咲も、クロウ仲間と認め励、黒咲自身も笑顔を取り戻している。腹パン同盟結成。

その後、ジャン・ミシェル・ロジェの起動した装置の暴走に巻き込まれ、榊遊矢達と共に故郷のハートランドに飛ばされる。遊矢達と一人別行動をとり、壊滅したレジスタンス拠点を訪れた黒咲は何を想うのか…
レジスタンスとの合流を手引きし、一行を引っり、元仲間カイトの説得を試みるなど精的に動いていたが、オベリスク・フォースとのデュエル中にデュエル外の事故で意識不明となり、戦線離脱してしまう。
しかしアカミアから離脱したエドの尽により復活し、彼と共に融合次元アカミアに乗り込む。ついに璃との感動の再会を果たすが、彼女は既に「パラサイト・フュージョナー」による洗脳を受けており、望まぬ戦いを強いられてしまう……

上記及び下記の印に残りまくる奇行シーンもあって、ARC-Vキャラの中で高い人気を誇っている。
その事もあってか、2015年に行われたカードプロクターデザイン投票では「黒咲隼&RR(レイド・ラプターズ)」が第1位き、2016年1月に商品化された。

漫画版

地下デュエル場で全身が焼けつくような熾デュエルめていたが、ニコ・スマイリーの紹介を受けた赤馬零児によりレオコーポレーションスカウトされる。
自らの渇きを癒すデュエルめ、沢渡紫雲院素良と共に“ファントム”こと榊遊矢を追っていたが、後に独断で単独行動に走り、柊柚子が遊矢と共にいたことから、柚子柊修造を人質に遊矢をおびき出す。

本作においてはかつて児童暗算選手権優勝という実績を持った天才児であり、身体にも優れていることが明言されている。
黒咲の出場した時の同選手権では柊柚子が準優勝しており、本人も思わぬ形で再会を果たしている。

アニメとは違った意味で気性が荒く、素良く「気質」。
「遊矢(ユーリ)vs素良」において素良の(参照:関係ねぇよ!妹と一緒に地獄に逝け!!)を全く疑うことなく信じ零児を疑い、だとバレてっ恥をかき沢渡にすら笑われるといった一面も見せた。

漫画版でも使用デッキは変わらず「RR」。
アニメOCGとは異なる命名の「RR-ナパーム・ドラニアス」や、エクシーズモンスター「RR-ブレードバーナーファルコン」を使用している。

なお、視聴者からは散々セルゲイ・ヴォルコフ黒咲の戦い方の類似を摘する話があったが、よりセルゲイの戦い方に近い漫画黒咲に対しての煽り文が「この痛み…美しい全にセルゲイネタであり、遂に公式ネタにされた。

ニコニコ動画では

璃のこととなると普段の冷静さがなくなることがネタにされやすい。
璃と似ているらしい柊柚子と遭遇した時は「!? なぜ璃がここに!?」と、ひどく動揺し柚子に迫った。牛尾さんこっちです。
怯える柚子うためか、追っ手の澄を前にとっとと退散しようとしたためかは不明だが直後に腹パンで気絶させられる姿はあまりにも印深い。
その一連の
璃?なぜ璃がここに!?(無言の腹パン)ユート「彼女は璃ではない」
というやりとりは最テンプレ
一応ユートが「柚子璃」と考えていることやその根拠については後に説明されている。

上記の印的なシーンに加え、普段の身を隠す姿(ロングコートにマスクゴーグル着用)がいかにもな不審者ルックであるためか、変態不審者的に扱われる事もしばしば。しかし最近は璃に似た柚子セレナに対しても取り乱す事なく、作中でも屈の実を持つデュエリストとして活躍する事から、不審者とは呼ばれにくくなっている。
とはいえ、回想にて普段の私を着ている過去の姿が映っても、今までの姿に慣れきった視聴者からはそれはそれで違和感が生じるのだが…。通称「ユニクロ咲」。

故郷は戦火に包まれ、は攫われ、僅かな希望めて次元え、二の親友は消息不明、息子に手綱を握られるわ、おまけに似た女の子や親友に似た少年やらがいるわ、しかもほとんど全員融合召喚を使うわ、トドメに新たに結成された仲間璃誘拐犯が紛れ込んでいるわと、何かと心労が多いことから、胃痛キャラ扱いされることも多い。ついでに笑顔も少ない。

そんな中遊戯王DMマスター放映後に流れるARC-V漫才予告において、
 遊矢「黒咲…クロ…ハッ、そうか!」「明日ゴハンはクロワッサンにしよっ!」
と発言されたことで、クロワッサン」「ワッ咲」といった称も新たに広まった。
クロサキ腹のパン祭り

その濃厚なキャラクター性と先述の印的なシーンから、っ当に活躍しているにも関わらずネタキャラとしてもくようになってしまう。
しまいには本編公式素材、果ては漫画版の出番を切り抜いたBBGB素材が大量に増加し、「マジキチ黒咲素材シリーズ」などと言われてしまう始末である。その潤沢な素材から、最近はブルーバック素材関係動画での出番や単純に動画素材としての出番といった形で、ニコニコ動画での大活躍の場を着々と増やしている。

※同時に「全ての動作を切り抜かれる男」などというタグがついている時もあるが、こちらは既に先例があり、他のネタに飛んでしまうので注意。

ネタに関しての注意

天城カイトの影か「璃ィィィィィィ!」と叫ぶコメント何故か多いが、2016年8月までこのように叫んだ描写はなかった中の人は先だってトークショーで叫んだが。
関係ない動画で多用され、周囲を不快にさせることも多々あるため、そういった出張コメントは控えるようにお願いします。

デュエルについて

「RR(レイド・ラプターズ)」の名称を持つ、闇属性獣族のエクシーズデッキを使用。
ユートと同じように「の意思や鋼の強さ」を持つデュエルを信条とし、本物の戦場の中で培ったであろうから立ち上がり、敵を殲滅する不屈の反逆精コンセプトとしているようである。
さらに、「常に最悪の事態を想定」し、「奪われた仲間は必ず奪い返す」ための、コントロール奪取用カードをあらかじめデッキに投入している。

融合次元アカミアに襲撃されたために、融合召喚そのものを嫌悪しており、24話で光津真澄融合召喚を披露した際には苦を噛み潰したような顔をしていた(通称・融合アレルギー)。

エースモンスターは「RR-ライズ・ファルコン」。
特殊召喚されたモンスターを倒すことに特化したモンスターであり、融合シンクロなど彼らの敵に対抗するためのモンスターなのであろう。

24話では墓地からトラップカードを発動、ワンターンスリーキルゥ・・・など、今までのアニメシリーズを思わせる展開の連続、LDS3人組の勝負はガチガチソリティアからの一発逆転、さらにライズ・ファルコンエクシーズ召喚や攻撃時の気合いの入ったエフェクト中の人の熱演も相まってそれまでのイメージを一気に覆すカッコいい活躍を魅せた。

33、34話の紫雲院素良戦では、融合モンスターによる素良の猛攻をサポートアクションカードによって捌き、魔法カードの扱いに長ける非な才を見せた。
果ては、2枚のRUMを使いライズ・ファルコンランクアップエクシーズチェンジさせ、「RR-ブレイズファルコン」、「RR-レヴォリューション・ファルコン」という新たな切札も披露。
遊勝塾の中でも底の見えぬ強者であった素良との熱戦を制した。

チャンピオンシップ2回戦のバトルロイヤルでは、突如乱入してきた紫雲院素良を始めとするアカミア兵と再び戦うも、驕りと侮りを捨て復讐心に燃える素良に敗北し負傷する。
その後、権現坂昇沢渡シンゴセレナ月影らといった後にランサーズとして並び立つデュエリストや、茂古田未知夫、大漁旗鉄平に助けられる。
この際権現坂にペンデュラムカードを託され、初めてペンデュラム召喚からのエクシーズ召喚を披露。
ユートが消えてから孤軍奮闘が続く黒咲に「仲間」らしきものができた間だった。

そしてシンクロ次元編において、その恩返しとばかりに、窮地に追い込まれた沢渡と権現坂に対し、乱入ペナルティによる自らの危険を顧みず助太刀に参上。
二人のモンスターを奪い返してエクシーズ召喚を決め、「何?レベルを持たないならレベル0ではないのか!?」「ワンターンスリーキルゥ…」など過去ネタを彷彿とさせるワンショットキルを披露した。
かつて素良戦で言い放った仲間は…必ず奪い返す!!」の言葉から考えるに、先に恩がある権現坂のみならず、少しずつランサーズ仲間達との距離は近づいていると思われた。
―――が、先述の通り仲間のはずのデニスがアカミアの人間ということが発覚。ランサーズとしての関係に裂が走っている。このフレンドシップカップ1回戦最終戦では、煮えたぎる怒りと憎しみ叩きつけるかのように「RR-サテライト・キャノン・ファルコン」を使用している。
続く2回戦でも当初は怒りのままに戦っていたが、タナーの一件で落ち着きを取り戻しクロウとも和解。究極のRR-アルティメットファルコン」でクロウと熱戦を繰り広げた。

関連動画!? なぜ関連動画がここに!?

関連チャンネル

(無言の関連商品) ウッ・・・

「彼女は関連コミュニティではない…」

関連項目

一般項目

使用するカード


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%BB%92%E5%92%B2%E9%9A%BC
ページ番号: 5272937 リビジョン番号: 2400814
読み:クロサキシュン
初版作成日: 14/09/28 20:43 ◆ 最終更新日: 16/09/01 20:04
編集内容についての説明/コメント: 最近の動向を追記など
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒咲隼について語るスレ

2916 : ななしのよっしん :2016/11/28(月) 21:20:42 ID: bYp6jM3vmk
>>2915
果たしてそうかな?
>>sm30119100
2917 : ななしのよっしん :2016/11/29(火) 23:26:41 ID: z9OFNuuGM4
素良2戦は相当がっかりだったけどデニス戦でのサテライトキャノンファルコンで持ち直した感はあった
特に重要じゃない場面でデニスの正体が明らかにしたり話は乱暴で
その後のデュエルは酷いもんだけど
2918 : ななしのよっしん :2016/12/01(木) 09:43:55 ID: 6kZK/dkhgG
デニス戦は恰好よかったしな。あそこまでは間違いなく人気キャラを歩んでいた
やっぱ転落のきっかけはワロウ戦だわ。がないからレアカード満足えられない一般人Aのキャラ
ガチ勝負で切り札出して敗北⇒地下から復帰しても全く活躍の機会なしで人気が落ちてきた
ロウの登場で一番割を食ったのはシンジだが2番黒咲だと思うわ
2919 : ななしのよっしん :2016/12/01(木) 09:48:29 ID: 7J+5xSETDg
いやそれはどうだろう
少なくとも違和感覚えたのはユウヤと特にきずな深めたりしたわけでもないのに突如としてのおかげでとか言い始めたあたりからだな。
そのままユウヤに引きずられるような形、というか付き合わされるような流れでどんどんかっこ悪くなっていったと思う。
2920 : ななしのよっしん :2016/12/01(木) 17:46:17 ID: vJbDl/EHdJ
アクションカード仲間あああ

>>2915
最近ウザい出張コメなくなったと思ったら運営仕事したのかw
2921 : ななしのよっしん :2016/12/01(木) 21:02:35 ID: Mcma5riuEq
を深める機会も救出の役も奪われ、残ったのは他所の動画出張する遊戯王厨だけ。
2922 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 05:14:48 ID: TBwAXo0elR
クロウ優遇の為の噛ませにされたりOCGでも究極差し置いてウル奪われてたり
デッキも結局微妙なままで急に言い出して遊矢信者にされた上気絶気絶で制作側からぞんざいな扱いされる元人気キャラ()とか実に笑えますねぇ
これがファンサービスちゃんですかw
2923 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 23:04:27 ID: lCUKVjl0Ro
>>2915
>>sm30108467

こんあところでも極寒ネタ使ってるやつがいるからそろそろ身の程をわきまえてほしいものだわ。
2924 : ななしのよっしん :2016/12/05(月) 19:05:55 ID: LCxpkNOQOG
カイト戦の黒咲さんはほんと酷かったな
カイトが言う通り、腑抜け仲間みたいな綺麗事連呼するだけの雑魚になったようにしか見えなかった
作画演出も良くなかったせいでAカード必死こいてかき集めるのとかかなりダサかったし、デュエル構成も先攻ライズとかね・・
2925 : ななしのよっしん :2016/12/05(月) 21:28:09 ID: Ko7jaBwSzK
>>2915
真剣にやって負けたんならそれで良いけどね
舐めプして負ける方が問題だし真剣やる気がないなら腕につけてる塊さっさと外して失せろってずっと思ってる(最近だとユーリ
だからバレットセレナ以外の融合中大っ嫌いだし先行ライスとかし始めた黒咲も嫌い
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015