単語記事: 黒森峰女学園

編集

黒森峰女学園(くろもりみねじょがくえん)とは、熊本県所在する高等学校である。

概要

ドイツに縁がある学校であり、西住流戦車道とも密接な関係をもつ。
学園艦クリーグスマリーネのグラーフ・ツェッペリン航空母艦の類似形状で、港は熊本港。ただし有明海学園艦が入りづらいことから基本的には天草に停泊したうえで港までは別の連絡手段を使用している。

校章は縁の十字に「黒森峰」の文字を入れたもの。

歴史

黒森峰女学園は、その建学からし戦車道西住流とドイツとの強な後押しを受けた学校と言ってよい。

その流は18世紀中頃、肥後熊本における西住流騎射の成立まで遡る。詳細は割愛するが、西住流はその後、立花誾千代など九州の女傑に影を受けた婦女子向けの薙刀幕末に取り入れたプロイセン騎兵術による砲術への変化により、内で後の陸軍女性騎兵隊(知波単学園戦車道の祖でもある)の流を形成。維新後、かねてから縁のあったプロイセン(のちにドイツ)との間で交流を深めていった。

しかし、第一次世界大戦において日本ドイツと敵対。ドイツ東洋植民地への攻撃により、多数のドイツ兵捕虜が生じたが、西住流は過去の縁から彼らを厚くもてなした。黒森峰女学園は、この時の縁を基に、日本の西住流と、厚遇を受けて帰し政財界の重鎮となったドイツのもと捕虜たちが協して設立した学校なのである。

この交流は当然、一時大戦後に始まった戦車道においても活用された。西住流ともどもドイツ戦車を多く導入するきっかけとなっただけでなく、現在に続く黒森峰戦車道チームの栄にも大きく寄与しているのだ。

校風

ドイツとの交流は若干疎遠になりつつあるが、それでも生徒の気にはドイツのところが多々見受けられる。すなわち、強い責任感、正義感、行動といったメリットと、その裏返しである融通のきかない教条義、保守的な頑固さ、権威義といったデメリットである。あと口下手。

交通

前述のように、学園艦がふだん港に着することがないため、合いに停泊した学園艦から陸までを結ぶ交通手段が発達している。

な手段は連絡船であるが、速度められるときなどのためにフォッケ・アハゲリスFa223といったようなヘリコプターを多数使用している。その他に、校章入りの大飛行船も所有している。

戦車道について

63戦車道高校生大会時の黒森峰女学園戦車道チーム
西住まほ隊長逸見エリカ隊長

高校戦車道における黒森峰女学園は、西住流という強大なバックを持つ優勝常連校にして自他ともに認める全最強校であり、前人未到となる全大会9連覇の偉業を成し遂げた経験も有する。

車両は前述の交流を通じて戦後すぐに入手することができた強ドイツ戦闘車両各種であり、ティーガーⅠティーガーⅡパンターGといった戦車駆逐戦車エレファント駆逐戦車ヤークトパンター駆逐戦車ヤークトティーガーⅣ号駆逐戦車70(V)ラングといった駆逐戦車、さらにはⅢ号戦車Jから戦車マウスに至るまで多戦車を所有する。ほとんどが整備に難のある重量級の戦車ではあるが、いずれも璧な整備によって見事な稼動状態を維持していると考えてよい。

その得意とする戦術は、整然とした隊列を組んでの電撃戦であり、高火力重防御の車両群の猛攻にく対抗し得る学校はけして多くない。西住流の影もあって、いかなる敵が相手であれ最高の手を打ち全を尽くす姿勢は、まさに王者の格と言える。しかしその反面、搦め手に弱く想定外の事態に混乱しやすい弱点もある。

現在の戦車道チーム

63戦車道高校生大会においては、隊長は第62回大会時に引き続き三年生の西住まほが、副隊長は二年生の逸見エリカが務めている。

西住流宗の長女であり、際強化選手でもある西住まほ隊長揮は正統にして重厚、厳格にして堅固。まさに西住流の後継者の名に恥じない圧倒的な実を有し、副隊長を始めとする隊員の絶大な支持を受けている。その逸見エリカ隊長もまた隊長の側を護るに相応しい優秀な長であり、同時に前線揮の役をも担う。

近年では第62回大会で惜しくも10連覇を逃して準優勝、第63回大会では壮絶な一騎打ちのすえ大洗女子学園に敗れ、再び準優勝に留まった。特に、第63回大会決勝戦における敗因には機動と個々の判断に優る大洗女子側の巧妙な撹乱に各が翻弄された点があり、西住流依存の問題と保守的な気を打ち破っての変革の必要性も認められつつある。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%BB%92%E6%A3%AE%E5%B3%B0%E5%A5%B3%E5%AD%A6%E5%9C%92
ページ番号: 5385847 リビジョン番号: 2336580
読み:クロモリミネジョガクエン
初版作成日: 15/12/07 01:47 ◆ 最終更新日: 16/03/13 17:58
編集内容についての説明/コメント: 関連イラストを追加、関連項目の学園艦の位置を修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒森峰女学園について語るスレ

135 : ななしのよっしん :2016/10/19(水) 09:00:14 ID: wWnwuA48gs
劇場版世界大会は殲滅戦ルールだから~々のやりとりがあったけど、それに対応出来る選手を
育てる意味で高校戦車道大会もフラッグ戦から殲滅戦ルールに切り替える可性ってあるかな?
そうなったら黒森峰が王者に返り咲きやすくなるだろうし、プラウダサンダース等の
他の強校も賛成しそうな気もする。強い戦車を所有してない学校からは非難々だろうけども。
136 : ななしのよっしん :2016/10/19(水) 19:35:01 ID: xbvlYS9eQf
確か殲滅戦だとどうしても最後には物量勝負になるから、戦差を少しでも埋めるために、戦略性が重要になるようにフラッグにしたっぽい。
実際はフラッグ戦でも数や質がある方が明らかに有利だから、強校しかまともに戦えなかったけど、大洗がその逆を乗り越えて優勝してるから、弱くても勝てますみたいな感じでこれからもフラッグ戦だと思う。

あと高校はあくまで授業や部活の一貫のだから、当然履修者が全員プロリーグしてるわけではないし、わざわざプロ仕様にする必要性がないと思う。
137 : ななしのよっしん :2016/10/19(水) 20:02:34 ID: Ww8Vr8vTmV
>>133
普通に数で押し潰すより危険な割に意味が
わざわざP虎より先回りしなくても戦は何倍も上回っていたし、そもそもP虎はどこにいるかわからないんだから
とっくに校舎内で待ち伏せていてティーガーが入ったとたん横合いからズドンで終わりかもしれない
138 : ななしのよっしん :2016/10/20(木) 23:34:36 ID: qV6L02ClPC
>>137
フラッグ見失ったらまた中駆けずり回って探さなきゃならないし、
それでゲリラ戦されて減らされたら数で押すのも難しくなるよ。
139 : ななしのよっしん :2016/10/21(金) 23:31:58 ID: CYtL9RkFbl
>>137
号とP虎を校舎に入れたり、号が校舎に入った後すぐにP虎に入り口を塞がれたら
まほも味方が全員集合してから攻めるだろうというのは山での撃ち合いを見れば分かる。

だけどその味方を待ってる時間はそのままみほが奇策を考える時間にもなる。
プラウダの敗因の一つが大洗に時間を与えたことなので、
まほショートカットしたり、地にマウスを置くことで
みほに時間や余裕を与えないという戦略を一貫している。
だからあそこ号を追って飛び込んだことはまほの戦略と矛盾してないはず。

現実での最大速度は虎Ⅰ=パーシング号>P虎の順なので
麻子や大学選抜に走り負けない虎Ⅰ操縦手の技術があればP虎に遅れることはない。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
140 : ななしのよっしん :2016/10/22(土) 11:59:53 ID: XdlcC6QSr7
まほの戦術がどうであれ、あの局面でエリカを先行させなかったのは、失敗だと思いますよ
みほと互に戦えるであろうエリカなら、劇場版の西住姉妹愛里寿のような状態で戦えるので、エリカを倒そうとすれば、まほに隙を見せることになり、戦術的優位を得れることにまほが気づかないとは思えないんですよ
それだったら、ポルシェティーガーがどんな動きをしても対応可という利点もあります
やっぱり、土壇場で味方を頼らず、自分1人で対応しようとするあたり、二人は姉妹なんだなと思います
141 : ななしのよっしん :2016/10/22(土) 12:36:03 ID: Ww8Vr8vTmV
>>138
相手から行き止まりに入っていったんだから逃げ回られる心配をする必要はなかったぞ
一度逃げられれば2両で10数両を一方的に削れるみたいな仮定もおかしいけど

>>139
P虎は所在不明だったんだから校舎内含めどこに先回りしててもおかしくないんだって
その他もう突っ込み切れんからいちいち摘しないが、黒森峰に不都合だった色々がご都合だと思うならこれもご都合でよくないか
142 : ななしのよっしん :2016/10/22(土) 13:22:04 ID: 3FcOLDc7u4
しほさん反応見るにサンダーススポーツマンシップ知波単の突撃みたいに
黒森峰戦車の質と錬度にモノ言わせた横綱相撲取を続けるのが負けるより尊いって価値観なんじゃないかな

本編戦車道に従って負けるのならおk、ってさんざ提示されてきたのだから
まほ黒森峰戦車道に背いたり外れる勝ち方するくらいなら負けてもいい、
むしろ貼り付けた護衛との連携で勝つより一騎打ち望む所って思ってたんじゃないの
143 : ななしのよっしん :2016/10/28(金) 05:39:43 ID: bk5gHbl5BH
そもそも論として、俺達は結末知ってるから後知恵であれこれ言えるけど、号VS虎Ⅰで一騎打ちをやって虎が負ける事自体が通常考えにくいことないんじゃないかと。

普通は走・攻・守全てにおいて上位互換、しかももが知ってる名門校の隊長を担うような優秀な長以下、最精鋭の戦車兵が乗り込んでるTiger戦車が、性的には下位互換、乗組員はポッと出のどこの馬の骨とも知れない学校かつビギナーズラックみたいな幸運で勝ち上がってきた(ように見える)号中戦車相手に、ひょっとしたら負けるかも……とはあまり考えないでしょうと。
みほがフラッグ同士の一騎打ちに持ち込む作戦に出たのも、あんこうチームメンバーが"たまたま"とんでもないバケモノいだったからああいう「兵は詭なり」を地で行くような奇策が成立したわけだし。
144 : ななしのよっしん :2016/10/31(月) 19:39:18 ID: rFg8VYi7r/
>>103
ぶっちゃけリボンよりリトアミ2の方が
勝ったとしても10対5であそこまで追い詰められるって
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015