単語記事: 黒森峰女学園

編集

黒森峰女学園(くろもりみねじょがくえん)とは、熊本県所在する高等学校である。

概要

ドイツに縁がある学校であり、西住流戦車道とも密接な関係をもつ。
学園艦クリーグスマリーネのグラーフ・ツェッペリン航空母艦の類似形状で、港は熊本港。ただし有明海学園艦が入りづらいことから基本的には天草に停泊したうえで港までは別の連絡手段を使用している。

校章は縁の十字に「黒森峰」の文字を入れたもの。

歴史

黒森峰女学園は、その建学からし戦車道西住流とドイツとの強な後押しを受けた学校と言ってよい。

その流は18世紀中頃、肥後熊本における西住流騎射の成立まで遡る。詳細は割愛するが、西住流はその後、立花誾千代など九州の女傑に影を受けた婦女子向けの薙刀幕末に取り入れたプロイセン騎兵術による砲術への変化により、内で後の陸軍女性騎兵隊(知波単学園戦車道の祖でもある)の流を形成。維新後、かねてから縁のあったプロイセン(のちにドイツ)との間で交流を深めていった。

しかし、第一次世界大戦において日本ドイツと敵対。ドイツ東洋植民地への攻撃により、多数のドイツ兵捕虜が生じたが、西住流は過去の縁から彼らを厚くもてなした。黒森峰女学園は、この時の縁を基に、日本の西住流と、厚遇を受けて帰し政財界の重鎮となったドイツのもと捕虜たちが協して設立した学校なのである。

この交流は当然、一時大戦後に始まった戦車道においても活用された。西住流ともどもドイツ戦車を多く導入するきっかけとなっただけでなく、現在に続く黒森峰戦車道チームの栄にも大きく寄与しているのだ。

校風

ドイツとの交流は若干疎遠になりつつあるが、それでも生徒の気にはドイツのところが多々見受けられる。すなわち、強い責任感、正義感、行動といったメリットと、その裏返しである融通のきかない教条義、保守的な頑固さ、権威義といったデメリットである。あと口下手。

交通

前述のように、学園艦がふだん港に着することがないため、合いに停泊した学園艦から陸までを結ぶ交通手段が発達している。

な手段は連絡船であるが、速度められるときなどのためにフォッケ・アハゲリスFa223といったようなヘリコプターを多数使用している。その他に、校章入りの大飛行船も所有している。

戦車道について

63戦車道高校生大会時の黒森峰女学園戦車道チーム
西住まほ隊長逸見エリカ隊長

高校戦車道における黒森峰女学園は、西住流という強大なバックを持つ優勝常連校にして自他ともに認める全最強校であり、前人未到となる全大会9連覇の偉業を成し遂げた経験も有する。

車両は前述の交流を通じて戦後すぐに入手することができた強ドイツ戦闘車両各種であり、ティーガーⅠティーガーⅡパンターGといった戦車駆逐戦車エレファント駆逐戦車ヤークトパンター駆逐戦車ヤークトティーガーⅣ号駆逐戦車70(V)ラングといった駆逐戦車、さらにはⅢ号戦車Jから戦車マウスに至るまで多戦車を所有する。ほとんどが整備に難のある重量級の戦車ではあるが、いずれも璧な整備によって見事な稼動状態を維持していると考えてよい。

その得意とする戦術は、整然とした隊列を組んでの電撃戦であり、高火力重防御の車両群の猛攻にく対抗し得る学校はけして多くない。西住流の影もあって、いかなる敵が相手であれ最高の手を打ち全を尽くす姿勢は、まさに王者の格と言える。しかしその反面、搦め手に弱く想定外の事態に混乱しやすい弱点もある。

現在の戦車道チーム

63戦車道高校生大会においては、隊長は第62回大会時に引き続き三年生の西住まほが、副隊長は二年生の逸見エリカが務めている。

西住流宗の長女であり、際強化選手でもある西住まほ隊長揮は正統にして重厚、厳格にして堅固。まさに西住流の後継者の名に恥じない圧倒的な実を有し、副隊長を始めとする隊員の絶大な支持を受けている。その逸見エリカ隊長もまた隊長の側を護るに相応しい優秀な長であり、同時に前線揮の役をも担う。

近年では第62回大会で惜しくも10連覇を逃して準優勝、第63回大会では壮絶な一騎打ちのすえ大洗女子学園に敗れ、再び準優勝に留まった。特に、第63回大会決勝戦における敗因には機動と個々の判断に優る大洗女子側の巧妙な撹乱に各が翻弄された点があり、西住流依存の問題と保守的な気を打ち破っての変革の必要性も認められつつある。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%BB%92%E6%A3%AE%E5%B3%B0%E5%A5%B3%E5%AD%A6%E5%9C%92
ページ番号: 5385847 リビジョン番号: 2336580
読み:クロモリミネジョガクエン
初版作成日: 15/12/07 01:47 ◆ 最終更新日: 16/03/13 17:58
編集内容についての説明/コメント: 関連イラストを追加、関連項目の学園艦の位置を修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒森峰女学園について語るスレ

171 : ななしのよっしん :2017/03/23(木) 23:58:23 ID: FR7YVdhy56
とりあえず、らぶらぶ大作戦会長にいじられるモブ長組が面かったな。
172 : ななしのよっしん :2017/03/24(金) 00:06:31 ID: qV6L02ClPC
一騎打ちに乗らなかったら乗らなかったで、
「格下の戦車相手にビビった臆病者」
と罵るやつは絶対現れる。

アンチってのはそういうもんだ。
173 : ななしのよっしん :2017/03/24(金) 01:09:00 ID: IYirQe6TkT
西住流、特に黒森峰のそれは「電撃戦をモチーフにした機動重視の奇襲・突撃」であって
あくまでも戦車道用の戦術だから厳密な意味では電撃戦とは違うよ
この辺はそういうにちゃんと一貫した設定がついてる

あと最後の一騎打ちはそもそも集団でフラッグ追撃してたところを分断されたから生じた状況であって
ああなったからには増援来るまで逃げ回るか増援来るまで自分でも戦うかの二択しかない
そしてティーガーvsⅣ号なら普通ティーガーの方が有利だから後者でも充分勝率高い
(足回りは最後まで事だったことから問題点ではなかったと事実明している)

と言うわけで一騎討ちはまほ自身の意図だったわけでもいし、そこまで悪手だったわけでもないかと
174 : ななしのよっしん :2017/03/26(日) 18:38:25 ID: 3FcOLDc7u4
対戦相手の最大戦ポル虎がフリーでどこから出てくるかまったく分からん局面だってのに
分断されるまでのシーンじゃキッチリってた隊列をけて先頭走り出す理由なんてあるんですかね

シュターデンの様に間違っちゃいない作戦の裏をかかれ続けた挙句
最後にタイマンの計算ミスって王虎抱え落ちしたアホより
戦車道がこいうもんなんだよ、元だし相手に逃げられなかったんだよ、監督も後悔してるんだし製作側の手落ちってことでいいじゃないか、
とかのがまだマシじゃないのかなあ
175 : ななしのよっしん :2017/04/03(月) 21:31:29 ID: FR7YVdhy56
P虎が強引に割って入ったとかだったらまだマシだったかも。
実際、ゼロ距離?みたいな位置でラングパンターが撃破されていたし。

とはいえ、さらば宇宙戦艦ヤマト好きな身としては、フルボッコにされながらも耐えるP虎が真田さんを守って仁王立ちする齋藤と重なって堪らない場面だったから、「格好良いんだし、細けえこたあ良いんだよ」でOKなんだろうね。
176 : ななしのよっしん :2017/04/14(金) 01:54:22 ID: 2fjsyYLtJn
ドイツモチーフである以上勝てない運命
まぁ劇中前は連勝してるけど

新生黒森峰主人公スピンオフでも来ないと
汚名返上は理よな
177 : ななしのよっしん :2017/04/14(金) 10:10:30 ID: 3FcOLDc7u4
生産性と整備性を大概視できるドイツ戦車軍団が他所するとか勝つだけ汚名被るんじゃねえかな・・・
高校戦車道じたいが西住の庭みたいなモンとかいう大正義っぷりだし
トモにお話にしようとしたらPL学園並に西住諸共落ちぶれた所からスタートするくらいじゃないとダメかも
178 : ななしのよっしん :2017/04/14(金) 18:38:26 ID: 2fjsyYLtJn
結局今ぐらいの描写が妥当なんだろうね
179 : ななしのよっしん :2017/04/15(土) 05:25:23 ID: ubC2kWMxP7
フェイズエリカ中学)だと猛獣軍団が居ないから自然に勝ったり負けたりできるけど対外試合やるんだろうか
メイプル時代のカチュノンとか出たらおいしそうだが
180 : ななしのよっしん :2017/04/15(土) 06:16:19 ID: Ww8Vr8vTmV
>>177
スポーツ物において主人公チームが立ち向かうべき校が大正スペックなのは当たり前じゃん
黒森峰主人公チーム物語ならそれこそ「強ドイツ戦車を持っているが整備性の悪さから実を発揮できない」とか設定で枷を付けてた思う
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015