単語記事: 黒森峰女学園

編集

黒森峰女学園(くろもりみねじょがくえん)とは、熊本県所在する高等学校である。

概要

ドイツに縁がある学校であり、西住流戦車道とも密接な関係をもつ。
学園艦クリーグスマリーネのグラーフ・ツェッペリン航空母艦の類似形状で、港は熊本港。ただし有明海学園艦が入りづらいことから基本的には天草に停泊したうえで港までは別の連絡手段を使用している。

校章は縁の十字に「黒森峰」の文字を入れたもの。

歴史

黒森峰女学園は、その建学からし戦車道西住流とドイツとの強な後押しを受けた学校と言ってよい。

その流は18世紀中頃、肥後熊本における西住流騎射の成立まで遡る。詳細は割愛するが、西住流はその後、立花誾千代など九州の女傑に影を受けた婦女子向けの薙刀幕末に取り入れたプロイセン騎兵術による砲術への変化により、内で後の陸軍女性騎兵隊(知波単学園戦車道の祖でもある)の流を形成。維新後、かねてから縁のあったプロイセン(のちにドイツ)との間で交流を深めていった。

しかし、第一次世界大戦において日本ドイツと敵対。ドイツ東洋植民地への攻撃により、多数のドイツ兵捕虜が生じたが、西住流は過去の縁から彼らを厚くもてなした。黒森峰女学園は、この時の縁を基に、日本の西住流と、厚遇を受けて帰し政財界の重鎮となったドイツのもと捕虜たちが協して設立した学校なのである。

この交流は当然、一時大戦後に始まった戦車道においても活用された。西住流ともどもドイツ戦車を多く導入するきっかけとなっただけでなく、現在に続く黒森峰戦車道チームの栄にも大きく寄与しているのだ。

校風

ドイツとの交流は若干疎遠になりつつあるが、それでも生徒の気にはドイツのところが多々見受けられる。すなわち、強い責任感、正義感、行動といったメリットと、その裏返しである融通のきかない教条義、保守的な頑固さ、権威義といったデメリットである。あと口下手。

交通

前述のように、学園艦がふだん港に着することがないため、合いに停泊した学園艦から陸までを結ぶ交通手段が発達している。

な手段は連絡船であるが、速度められるときなどのためにフォッケ・アハゲリスFa223といったようなヘリコプターを多数使用している。その他に、校章入りの大飛行船も所有している。

戦車道について

63戦車道高校生大会時の黒森峰女学園戦車道チーム
西住まほ隊長逸見エリカ隊長

高校戦車道における黒森峰女学園は、西住流という強大なバックを持つ優勝常連校にして自他ともに認める全最強校であり、前人未到となる全大会9連覇の偉業を成し遂げた経験も有する。

車両は前述の交流を通じて戦後すぐに入手することができた強ドイツ戦闘車両各種であり、ティーガーⅠティーガーⅡパンターGといった戦車駆逐戦車エレファント駆逐戦車ヤークトパンター駆逐戦車ヤークトティーガーⅣ号駆逐戦車70(V)ラングといった駆逐戦車、さらにはⅢ号戦車Jから戦車マウスに至るまで多戦車を所有する。ほとんどが整備に難のある重量級の戦車ではあるが、いずれも璧な整備によって見事な稼動状態を維持していると考えてよい。

その得意とする戦術は、整然とした隊列を組んでの電撃戦であり、高火力重防御の車両群の猛攻にく対抗し得る学校はけして多くない。西住流の影もあって、いかなる敵が相手であれ最高の手を打ち全を尽くす姿勢は、まさに王者の格と言える。しかしその反面、搦め手に弱く想定外の事態に混乱しやすい弱点もある。

現在の戦車道チーム

63戦車道高校生大会においては、隊長は第62回大会時に引き続き三年生の西住まほが、副隊長は二年生の逸見エリカが務めている。

西住流宗の長女であり、際強化選手でもある西住まほ隊長揮は正統にして重厚、厳格にして堅固。まさに西住流の後継者の名に恥じない圧倒的な実を有し、副隊長を始めとする隊員の絶大な支持を受けている。その逸見エリカ隊長もまた隊長の側を護るに相応しい優秀な長であり、同時に前線揮の役をも担う。

近年では第62回大会で惜しくも10連覇を逃して準優勝、第63回大会では壮絶な一騎打ちのすえ大洗女子学園に敗れ、再び準優勝に留まった。特に、第63回大会決勝戦における敗因には機動と個々の判断に優る大洗女子側の巧妙な撹乱に各が翻弄された点があり、西住流依存の問題と保守的な気を打ち破っての変革の必要性も認められつつある。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%BB%92%E6%A3%AE%E5%B3%B0%E5%A5%B3%E5%AD%A6%E5%9C%92
ページ番号: 5385847 リビジョン番号: 2336580
読み:クロモリミネジョガクエン
初版作成日: 15/12/07 01:47 ◆ 最終更新日: 16/03/13 17:58
編集内容についての説明/コメント: 関連イラストを追加、関連項目の学園艦の位置を修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒森峰女学園について語るスレ

105 : ななしのよっしん :2016/08/11(木) 00:48:31 ID: CYtL9RkFbl
>>103
最初に相手が取った戦術がひどいものだったけれど、それに対応できてたので
かえってヒーローとしての黒森峰が上がった、と一応のフォローはできる。
でも、あのマンガ黒森峰役ではないので、今後再起する展開を数話に渡って描きはしないだろうから
負ける展開にしたのは後味悪すぎるのでよくないなと思う。
106 : ななしのよっしん :2016/08/13(土) 15:26:44 ID: wAEotegDxu
>>104差っていっても確かに決勝の猛獣軍団は火力と装甲は最強かもしれないけど 大洗戦車相手じゃオーバーキルで足回りの弱さや燃費の悪さとか考慮すると明らかに効率が悪すぎる。
 しかも、部隊の半数近くが機動戦に不向きの駆逐戦車だし 本来重戦車は数輌に留めてパンター3号中心の編成の方がよっぽど戦いやすいけどプラウダ対策に備えた訓練車輌の関係上そのまま挑まざるをえないっていう校側には多くのマイナス要素がある決勝だったわけで
107 : ななしのよっしん :2016/08/14(日) 13:35:54 ID: PxgWi8mO+P
リボンはパラレルとしてアニメ世界から全に切り離されてるからへーきへーき


108 : ななしのよっしん :2016/08/14(日) 14:47:40 ID: Ww8Vr8vTmV
>>106
足回りや燃費の問題は作中でも触れられてるけど負けの原因ではない
5両や10両脱落したならともかく、黒森峰戦車はほとんど健在で地にたどり着いたから

いろいろ言われるけど黒森峰の致命的なミス一、フラッグの孤立を許したことに尽きる
ほかのミスはたいがい許されるぐらいの圧倒的有利だった
109 : ななしのよっしん :2016/08/16(火) 19:43:04 ID: wAEotegDxu
>>108 フラッグ孤立の直接的な原因は機動戦に不向きな車両が多く軽快な大洗部隊に対して後手に回らざるを得ず戦に持ち込まれたことだからね おそらく今までの戦いは10話の電撃戦みたいなので決着がついてて長期戦に持ち込まれることすら想定していなかったんだろうな
110 : ななしのよっしん :2016/08/17(水) 00:05:50 ID: Ww8Vr8vTmV
>>109
地戦になったことも遠因にはあるけど直接的ではない
上で書いたミスというのはもっと単純に、閉所に逃げ込んだ号をフラッグが先頭で追って
P虎に入り口を塞がれたあの数秒間のこと

そして地戦そのものは特に黒森峰不利でもない
待ち伏せに適した場所が増えるにしても、フラッグには護衛を付けて
残りの車輌が矢面に立って追い詰めれば済む状況だった
111 : ななしのよっしん :2016/08/21(日) 11:09:45 ID: xbvlYS9eQf
部員の煽り耐性さすぎるんだよなぁ…

112 : ななしのよっしん :2016/08/24(水) 05:21:26 ID: e68xFDGMEJ
みほはである黒森峰揮の性格も把握しており
フラッグ同士のサシへ持ち込める算段があるうえで作戦遂行してっからね。
挑めばは回避しないであろうことも勘定に入ってる。
113 : ななしのよっしん :2016/08/24(水) 23:05:00 ID: xbvlYS9eQf
逆にまほがみほの戦術に対処しきれなかったのは、大洗に行ったことで、西住流に縛られない柔軟な戦い方に攻め手を欠いたから。
あと黒森峰時代のみほは今より臆病で、柄でなんとなく戦車道やってて、自分の戦車道を見つけていなかった。
それでも1年生で副隊長だったんだからかなり優秀だったんだろうけど、みほは大洗に行ったことで、潜在を大幅に引き出すことができたんだろう。
114 : ななしのよっしん :2016/08/28(日) 00:20:27 ID: CYtL9RkFbl
大洗全体がフラッグどうしのタイマンにもって行こうとしている以上、王者まほがその挑戦を視する訳にはいかないから、フラッグの孤立は対処のしようがい。

でも、別に孤立したからといってまほチームが弱くなるわけではなかったから、
最後の最後まで勝敗は分からない試合だったと思う。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015