単語記事: 黒田博樹

編集

黒田博樹(くろだ ひろき、1975年2月10日-)とは、日本大阪府出身の元プロ野球選手投手)である。現役時代は広島東洋カープなどに所属していた。

概要

広島東洋カープ時代

1996年ドラフト2位広島東洋カープに入団。

ルーキーイヤーから投3試合、封1試合を経験。しかし6勝9敗防御率4.40と成績は振るわず、翌年の登板は18回に留まる。

1999年シドニーで行われたインターコンチネンタル杯での活躍がきっかけで先発ローテーションの座をつかみ、2001年にはオールスター初出場、2003年には開幕投手を務め投勝利を挙げるなどカープエースに成長した(と同時に現在までに至るムエンゴ病エースとして定着する)。

2005年には最多勝のタイトルを獲得、カープでは非常に稀な2億円プレーヤーとなった。カープでこれ以前に年俸2億をえた事のある選手は前田智徳金本知憲のみで、投手では初めてである。

2006年は7・8月と二ヶ連続でのMVP受賞、13勝6敗1S・防御率1.85で最優秀防御率タイトルを獲得など期待に応える活躍を見せた(なおこの年ムエンゴ王となるが、勝利<敗北どの中で一倍以上の勝ち数を稼いだ)。
そしてこの年のオフFA権を獲得するが、FA宣言せずに4年総額12億円(いつでもメジャーに挑戦できるオプション付)の契約で残留。会見ではどんなに考えて残留を決断したのか?という記者の質問に対し
カープで優勝することが、自分のこれからの野球人生の中で高いモチベーションになるんじゃないかな?というのが一番だったと思います。」
と答えた。
また、このときFAでは内の他球団には移籍しないという、内限定の「生涯広島宣言」を行った。

※なお同じ年、新井貴浩マスコミによれば黒田と同様の発言を行ったと言われており、これが彼の阪神FA移籍時に波乱を呼ぶ一因となる(詳細は新井貴浩の記事を参照)。

2007年オフFA権を行使し、12月15日ロサンゼルス・ドジャースに(当初4年を提示されたものの、本人の意向により)3年契約3,530万ドル(当時約39億円)で入団した。

メジャーでの活躍

ロサンゼルス・ドジャース時代

2008年は、31試合に登板し9勝10敗防御率3.73と、相変わらず打線の援護がなかったこともあり、あまりぱっとしないものではあった。
しかし、あと一歩で完全試合(8回の1安打以外は四球安打封)という日があったり,ポストシーズンで2勝を挙げたりと要所で活躍。


2009年は前年の活躍を受け日本人メジャーリーガーで3人の開幕投手を務め、シーズン初勝利を挙げた。


2010年打線の援護に恵まれず試合に負けることが多かったものの、自身メジャー初のシーズン二桁勝利を記録。
その年が契約最終年だった為、シーズンオフには複数のメジャー球団が獲得をし、古巣である広島カープも獲得に乗り出すなど去就が注された。
結局、1年契約でのドジャース残留が決定し、その後、自身のブログにて「日本に復帰するならカープしか考えていなかった」と、めて内限定の『生涯広島宣言』を明言している。


2011年においては、所属球団のオーナーが球団資の私的流用による影により球団の破産申告。そのため球団が資不足に陥り、一時はトレード補にもなったものの最終的にトレード拒否権を行使し、ドジャースにとどまった。その行為はファンからは好意的にとられ、彼を「サムライ」と賞賛された。
(やはり)打線の援護に恵まれなかったこともあり、が先行していたが、日本人では松坂大輔以来のメジャーで2年連続二桁勝利達成し、昨シーズンを上回る勝ちを上げている。


2012年ニューヨーク・ヤンキースと1年契約を結んだ。

ニューヨーク・ヤンキース時代

ヤンキース移籍1年は、ホーム開幕戦で初先発・初勝利を始め、毎試合好投・結果を出し続けた。場には負けが先行して失速したものの先発投手が故障者続出した中で1年ローテーションを守り抜き、最終的に200イニングス、自己最多の16勝を上げた。
また、その年のポストシーズンでも第三戦に先発、勝利を収めた。イチローと言い本当に30代後半かこの人たち・・・
その活躍が認められ複数年契約オファーが出たものの将来の日本球界(広島)復帰も視野にいれていた事もあり、これを固辞。
その後、一時は古巣のドジャースを始めとした複数団の競合にまで発展、一時ボストン・レッドソックス1800万ドル(約14億7900万円)を提示したが、最終的には年棒1500万ドル(約12億3000万円)の1年契約で残留した(なお余談であるが、広島の総年俸は約18億円。そのうち黒田の割ける額は3億円と言われており、その差からタルボキンドバーなどのネタが生まれた)。


2013年ロサンゼルス・ドジャースに勝利し、ナ・リーグ全球団から勝利を達成。一時防御率トップに躍り出たが、後半戦から調子を崩し、11勝13敗と負け越した。オフFAとなり、ヤンキースと再契約を結んだ。


2014年は開幕から閉幕まで先発ローテーション入り。9月14日ボルチモア・オリオールズで日通算3000投球回を達成。5年連続2ケタ勝利となる11勝を記録したが、デトロイト・タイガースに勝てなかったため日本人史上初のMLB30球団勝利はならなかった。

広島復帰

同年オフヤンキースからFAとなり、古巣ドジャースパドレスなどが争奪戦を展開。年俸は40代ではメジャー市場最高の21億円になることが予想されていた。ところが2014年12月27日広島東洋カープから同球団への復帰が発表された。推定年俸は4億円+出来高、背番号はかつてと同じ15。

元々黒田は「内へ戻るなら広島しかない」「戦になるうちに広島へ戻りたい」という発言をしており、実際広島オフのたびに復帰の要請をかけていたが、メジャーでも屈の選手となった黒田内復帰を選ぶとは到底思えず「黒田が戻ってくる」「ねーよww」は秋の風物詩ネタと化していた。広島ファンも「いつかは……」と思えども、メジャーで戦になっているうちは有り得ないと諦めている人が大半だっただろう。

だが黒田17億円差の年俸を蹴り、宣言通りバリバリの戦として広島に戻ってきた。この決断は広島ローカルえ、全メディアで大きく取り上げられた。

2015年の復帰初年度、初登板3月29日ヤクルト戦で速7回失点の好ピッチングを披露して勝利投手となる。
5月には右腓筋腱周囲炎で一時離脱。以降は敗戦投手となることも増えたが、最終的に169.2回を投げて40歳ながら11勝8敗、防御率2.55という成績を残した。これはリーグ7位となるものである。
オフに去就が注されたが、12月8日に現役続行と報じられた。この契約時の年俸6億円+出来高は、金子千尋オリックス)のそれを上回って球界最高年俸であり、また歴史上でも日本人選手では佐々木主浩松井秀喜に次ぎ、阿部慎之助と並ぶ歴代3位となるものであった。


2016年も開幕から先発ローテーションを守り、7月23日阪神タイガース戦にてついに日通算200勝を達成。そして9月10日、優勝マジック1で対読売ジャイアンツ戦で先発し、念願のリーグ優勝を成し遂げる。
10月18日現役引退を表明。日合わせて20年の選手生活にピリオドを打つ事になった。引退表明に関しては年齢的な事情もあり、多くの人が予測していたが広島県内では

など、広島県中で大ニュースとなった。

最後の登板札幌ドームでの北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズ第3戦。
先発登板しわずか1失点の好投を見せたが、6回裏に大谷翔平退させた後に右ふくらはぎを負傷し降した。その後、試合はカープが優勢で進めたが、10回裏に大谷サヨナラタイムリーを打たれて負けてしまった。
その後の第7戦での登板が予想されていたが、シリーズは第6戦で日本ハム日本一を決められてしまい、先発予定の大谷との投げ合いは幻に終わった。

その後、11月5日カープ優勝パレードと優勝報告会に最後のユニフォーム姿で出席。
報告会と合わせて行われた引退セレモニーで挨拶し、20年間の現役生活をつづける原動になったというチームメイトファン感謝を伝えた。
最後はチームメイトと「世界一カープファン黒田、セレモニーのスピーチで)」の見守る中ナインに15回胴上げされたあと、マウンドの前で涙ながらにひざまずき、する広島のグラウンドに別れを告げた。
また日本シリーズ終了後、その功績を讃え、彼の背番号である「15」はカープ永久欠番となった。
これでカープ永久欠番衣笠祥雄の「3」、山本浩二の「8」に続く3つとなる。

通算投手成績

2016年終了時点)

通算:20 登板 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
NPB:13年 321 76 15 124 105 1 0 .541 2021.2 504 1461 858 797 3.55 1.25
MLB:7年 212 6 5 79 79 0 0 .500 1319.0 292 986 564 505 3.45 1.17

関連動画

広島時代

メジャー時代

広島復帰後

関連商品

広島時代

メジャー時代

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%BB%92%E7%94%B0%E5%8D%9A%E6%A8%B9
ページ番号: 4159280 リビジョン番号: 2504870
読み:クロダヒロキ
初版作成日: 09/09/13 18:07 ◆ 最終更新日: 17/07/05 06:47
編集内容についての説明/コメント: 通算成績→通算投手成績
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒田博樹について語るスレ

335 : ななしのよっしん :2016/11/16(水) 10:44:21 ID: wtmilJDI2N
>>334
こんなところで自己陶酔しながら熱い思い書かなくていいから。
球団の掲示板に書いて、どうぞ。
336 : ななしのよっしん :2016/11/18(金) 10:37:18 ID: NLGwUhGj3p
血反吐を出すくらい鍛錬と苦労を積み重ねたのに、結局「頂点」とは一回も縁がかった黒田
反対にいつもニコニコで楽しそうに野球ライフをエンジョイしてる大谷は4年であっさり日本一
なぜこうも人間は等ではいのか
337 : ななしのよっしん :2016/12/20(火) 12:21:47 ID: nFpewQlnlh
>>336
黒田は有終の美飾ったから幸せだろ。
いくら若いとき幸せになれても、晩年になって
井川坂や川上みたいになったら悲惨だからな。

大谷が晩年になるころには大谷以上の選手がいるかもしれないし、
ケガで苦労するかもしれない。大谷の最期が悲惨にならない保
どこにもないんだぞ。
338 : ななしのよっしん :2017/01/01(日) 23:22:11 ID: l/+9v3zvM2
実際最後にチーム新井さんと共に野球人生の綺麗なを咲かせたからなぁ。
最後の二年間もちゃんと規定投球回以上イニング投げたのも地味だけども本当にすごいことだと思うわ。
30後半や40代になってもしっかり規定分投げられる投手はそれこそ歴代でもしいし、安定して計算できるローテPで抜けた黒田ガチで心配する必要があるってのもすごい話でもあり。
チームの成績々と選手人生としての幸福とはまた別の話よね。
339 : ななしのよっしん :2017/04/18(火) 18:10:06 ID: kOqNhaI9sP
そのままアメリカまっすぐ帰ると思ったら、解説者として
テレビに出てきていてびっくりした
度々日本に帰して解説者をやっているみたいだな
340 : ななしのよっしん :2017/04/18(火) 19:28:37 ID: 5fAe4WGqdL
アメリカにも居場所がある、広島にも居場所がある
良いことよ、居場所がたくさんある人ほど余裕が生まれ余裕から幸せが生まれるものだ
341 : ななしのよっしん :2017/05/26(金) 01:12:07 ID: 7ar7cVQ0Nv
>>336
お前の節には楽しそうなだけに見えてるに過ぎず、大谷辛いとはなぜ考えられないのか
だいたい、等とか言ったら、黒田以上に頑っても200勝した黒田以下の成績しか残せない選手も居るだろうよ
、才、運、環境、ありとあらゆる要素が絡み合った末に残される結果のみが等なのがプロ世界
黒田はこんなに頑ってるのに……とか甘ったれたことを言っても仕方ない
342 : ななしのよっしん :2017/07/02(日) 19:53:54 ID: JHUJRJ2vZ6
浪が二軍戦で危険球連発していて黒田の正しさが明された
馬鹿アンチ共は男気恐とか煽ってきたけど
343 : ななしのよっしん :2017/08/24(木) 17:26:16 ID: 5+EIVqh+7y
煽りカスに乗せられて浪も黒田馬鹿にしている連中が一番滑稽なんですけどねえ(白目
当の本人達はすっかり打ち解けたというのにw
344 : ななしのよっしん :2017/09/15(金) 20:34:50 ID: l/+9v3zvM2
今の広島投手
投狙いのノーコンスタミナマンの若いころの黒田タイプ岡田薮田、大瀬良?将来的に加藤も・・・?)
コーナー突いたりゴロ打たせたり、イン攻めしたりで確実に試合を作る後半生の黒田タイプ野村、九里、助っ人だけどジョンソン等)
何かしらの形で受け継いだのが多いよなぁ
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829